該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloud Infrastructure—ネットワークと接続

クラウド・ネットワーキングの製品とサービスは、ネットワークの管理と拡張を実現します。クラウド導入の中核となる、カスタマイズ可能な分離された仮想クラウドネットワーク(VCN)に安全に接続できます。データ下り料金が低額なので、企業はIT環境をクラウドに拡張しながらコストを大幅に節約できます。Oracle Cloudネットワーキング・テクノロジーは、物理ネットワークと仮想ネットワーク全体の接続ソリューションを提供します。

OCIネットワーキング
Oracle Cloudへの専用接続

50を超えるFast Connectパートナーの中から1つを選択し、オンプレミス環境をOracle Cloudに拡張します。データをクラウドに転送し、お客様が定義した帯域幅レベルで専用回線を介してデータを戻します。

Oracle仮想クラウドネットワーク(VCN)

Oracleは、競合他社よりも多くの仮想ネットワーク、サブネット、およびルートテーブル上限数を提供します。

Oracle Cloudのネットワーキングと接続が選ばれる理由

最低のネットワーク料金

ネットワーキング料金が低く抑えられているため、お客様は大量のデータ(ライブ・ビデオ・ストリーミング、ビデオ会議、ゲームなど)を非常に低コストで移動でき、他のクラウドと比較して最大80%節約できます。インバウンドデータ転送が無償であることに加え、アウトバウンドデータ転送については、AWSが1 GB、Azureが5 GBだけであるのに対して、Oracle Cloudは10 TBを無償で提供します。

Oracle Cloudの経済性
最低のネットワーク料金

HPC向けのRDMAクラスター・ネットワーキング

Oracleのクラスター・ネットワーキングは、RDMA over Converged Ethernet(RoCE)v2対応の100 Gbpsネットワークへのアクセスを提供し、レイテンシが極めて小さいHPCクラスターを作成します。最高のスループット、最小のレイテンシ、最も要求の厳しいHPCワークロードの実現に最適です。

HPCについて学ぶ
HPC向けのRDMAクラスター・ネットワーキング

グローバルなトラフィック管理

トラフィックをグローバルに管理することにより、インターネットの正確なヘルスモニタリングとトラフィック・シェーピングの自動化が可能になり、アプリケーションとWebサイトのアップタイムが最大限に高まります。

詳細を見る
グローバルなトラフィック管理

Oracle Cloud Infrastructure—ネットワーキング

クラウドでオンプレミスレベルの制御

Oracle仮想クラウドネットワーク(VCN)は、Oracle Cloud Infrastructure内でカスタマイズ可能なプライベート・ネットワークを提供します。VCNでは、従来のデータ・センター・ネットワークと同様に、ネットワーク環境を完全に制御できます。これには、独自のプライベートIPアドレススペースの割り当て、サブネットおよびルートテーブルの作成、ステートフル・ファイアウォールの構成などが含まれます。

主な特長
  • 完全に構成可能なIPアドレス
  • リージョンあたり10のVCN
  • リージョンあたり最大300のサブネット
  • VCNあたり300のルートテーブル
  • ルートテーブルあたり最大100のルール

最小限のレイテンシでHPCワークロードを実行

Oracleのクラスター・ネットワーキングは、RDMA(リモート・ダイレクト・メモリ・アクセス)over Converged Ethernet(RoCE)v2対応の100 Gbpsネットワークへのアクセスを提供し、レイテンシが極めて小さいHPCクラスターを作成します。最も要求の厳しいHPCワークロードに最適です。

HPCの使用事例
  • 計算流体力学
  • 分子モデリング
  • 自動車衝突エミュレーション
  • 3Dビデオのレンダリングおよびアニメーション
  • 天気予報のモデリング
  • 金融リスクのシミュレーション
  • コンテキスト検索
  • 深層学習、AI、機械学習

Oracle Cloudへのプライベートな専用接続

Oracle FastConnectを使用すると、専用のプライベートな高帯域幅接続を介して、Oracle Cloud Infrastructureの仮想クラウドネットワークに直接接続できます。転送データ量ではなく、選択したポート速度に基づく月額一定の低料金で、専用回線を介してデータを移動できます。

主な特長
  • 確実性の高いパスによる予測可能な接続性
  • 50を超えるFastConnectパートナー
  • コロケーション・クロスコネクトを利用可能
  • インバウンドまたはアウトバウンドのデータ転送が無料

Oracle Cloud VPNで安全に接続

VPN Connectを使用すると、オンプレミスのデータセンターからOracle Cloud Infrastructureまで暗号化されたトンネル(IPsec)を確立し、既存のインターネット接続を使用しながらデータを安全に保つことができます。

主な特長
  • 静的ルーティング
  • BGP動的ルーティング
  • 事前共有キー
  • IKEv1およびIKEv2
  • Diffie-Hellmanグループ1、2、5、14、19、20
  • AES 256
  • SHA-2 256およびSHA-2 384
  • HMAC-SHA-196およびHMAC-SHA-256-128

アプリケーションの可用性の向上

Oracle Load Balancingを利用して要求を全サーバーに分散したり、可用性ドメイン全体にトラフィックを自動的にルーティングしたりすることにより、可用性の高いフォルト・トレラントなアプリケーションを実現します。

主な特長
  • レイヤー4およびレイヤー7のサポート
  • SSLオフロード/終了
  • Cookieベースのセッション・パーシステンス
  • 動的なスケーリング
  • 透過的なトラフィック管理
  • TLS 1.2をサポート

WebサイトおよびWebアプリケーションの最適なパフォーマンスを確保

クラウドDNSは、アプリケーションがどこで実行されても、高可用性を確保しながらグローバル・トラフィック・シェーピングを提供し、WebサイトおよびWebアプリケーションの最適なパフォーマンスを確保します。

主な特長
  • アクティブ・フェイルオーバー
  • 比率ロード・バランシング
  • ジオロケーション・ステアリング
  • ASNおよびIPプレフィックス・ステアリング
  • セカンダリDNSによる冗長性

Oracle Cloud Infrastructure FastConnectパートナー

専用のプライベートな高帯域幅接続を介してOracle Cloudに直接接続します。

AT&T
Centurylink
Colt
Equinix
Interxion
Megaport
NTTコミュニケーションズ
Verizon
2019年12月17日

Networking Quickstartウィザードを使用してVirtual Cloud Networkを起動し、Autonomous Databaseに接続する方法

Can Tuzla、シニア・プロダクト・マネージャ

仮想クラウドネットワーク(VCN)とは、Oracleデータセンター内に設定する仮想プライベート・ネットワークです。従来のネットワークによく似ており、ファイアウォール・ルールやさまざまなゲートウェイを備えています。Oracle Cloud Infrastructure(OCI)を使用する場合、通常、最初に行う作業の1つとしてクラウドリソース用にVCNを設定します。

全文を読む

リソース

Oracle Cloud Infrastructureのトレーニング

ここから始めよう


新しいAlways Freeサービス

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入します。一度サインアップすると、2つの無料オファーにアクセスできます。


Oracle Cloudにサインアップする

無料クレジットで始めて、Always Freeサービスにアクセスしてください。


営業担当者に問い合わせる

Oracle Cloudネットワーキングについてはチームメンバーにご相談ください。