JDK Mission Control

Java Flight RecorderとJDK Mission Controlはともに、低レベルかつ詳細なランタイム情報を継続的に収集して事後インシデント分析を可能にする完全なツールチェーンを形成します。Java Flight Recorderは、Oracle JDKに組み込まれたプロファイリングおよびイベント収集フレームワークです。これにより、Java管理者や開発者は、Java Virtual Machine(JVM)とJavaアプリケーションがどのように動作しているかについて、詳細な低レベルの情報を収集できます。JDK Mission Controlは、Java Flight Recorderによって収集されたデータの効率的かつ広範囲な分析を可能とする、高度なツールセットです。開発者や管理者はこのツールチェーンを使用することで、ローカルに実行されている、あるいは実稼働環境にデプロイされているJavaアプリケーションのデータを収集して分析できます。

概要