該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle WebLogic Serverアプリケーションをクラウドにアップグレード

Oracle WebLogic ServerのワークロードをOracle Cloudにアップグレードすれば、優れたパフォーマンスが得られます。オンプレミスまたはクラウドでOracle WebLogic Serverアプリケーションをモダナイズし、コンテナに移行する方法について、無償のテクニカル・レビューとコンサルティングを受けてみましょう。

Oracle WebLogic Serverが選ばれる理由

Oracle WebLogic Serverは、エンタープライズ・アプリケーションを開発してデプロイするための世界トップクラスのエンタープライズJavaプラットフォーム・アプリケーション・サーバーです。WebLogic Serverは、Webサーバー機能、ビジネス・コンポーネント、バックエンド・エンタープライズ・システムへのアクセスなどのアプリケーション・サービスを一元化します。

Oracle WebLogic Serverは、現在から将来にわたって次のようなアプリケーション・ニーズを満たす、実証済のプラットフォームを提供します。

  • Java EE 8の完全なサポートにより、標準ベースのエンタープライズ・アプリケーション開発を実現
  • GraalVM EEのサポートにより、ミッションクリティカルなランタイムに高いパフォーマンスと信頼性を提供
  • 構成ツール、管理コンソール、スクリプティング・ツール、REST APIなどの豊富な管理ツール・オプションにより、効率的で低コストの運用を実現
  • クラスタリングにより、高可用性、柔軟なスケーリング、高度なメッセージングおよびトランザクション管理をサポート
  • Oracle Real Application Clusters(RAC)との接続を可能にするActive GridLink for RAC
  • Oracle Coherence Enterprise Editionとの組込みの統合により、パフォーマンスとスケーラビリティの向上につながる分散キャッシュを実現
  • 物理システム、VMまたはKubernetes環境へのデプロイを可能にする柔軟なオプション
  • プライベート、パブリック、ハイブリッドのクラウド・デプロイメント全体にわたる完全な移植性と互換性

参考資料

Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructureを発表

Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructureを発表

この動作確認済のOracle Cloud Marketplaceソリューションでは、Oracle Cloud InfrastructureでOracle WebLogic Serverドメインおよびクラスタの高速かつ柔軟なプロビジョニングを使用して、Java EEアプリケーションを開発および展開できます。

Oracle Autonomous Database上のOracle WebLogic Server

Oracle Autonomous Database上のOracle WebLogic Server

データベース管理は世界初の自律型データベースであるOracle Autonomous Databaseに任せましょう。Oracle WebLogic Serverアプリケーションを短期間で稼働させる方法をご紹介します。

Oracle WebLogic Server OperatorによるKubernetesのサポートのアップデートを発表

Oracle WebLogic Server OperatorによるKubernetesのサポートのアップデートを発表

Oracle WebLogic Server Operatorの最新リリースには、ユーザー・エクスペリエンスの向上を実現する一般的なKubernetes APIのセットが付属しています。その他の新機能やインストール・オプションもご紹介します。

Oracle WebLogic Server 14cの最新情報

Javaプラットフォームのアップデート

アップデートされたJava EEとJava SEのサポート
  • Oracle WebLogic Server 14.1.1に、Javaの最新バージョンであるJava EE 8のサポートを組み込み
  • HTTP/2をサポートするJava Servlet 4.0 APIにより、アプリケーションのパフォーマンスと既存のWebアプリケーションに対する互換性を向上
  • リアクティブ・クライアント・プログラミング・モデルとアプリケーションのクライアントにイベントをプッシュするためのServer-Sent Events(SSE)を使用したJava API for RESTful Web Services(JAX-RS)2.1により、RESTサービスのサポートを強化
  • Java EE 8のJSON-P 1.1およびJSON-B 1.0標準によってJSONドキュメントを処理するための新機能を提供
  • Java SE 11の組込みサポートにより、単一コマンドでのJavaファイルの実行などの強化機能を使用して開発

クラウド対応

クラウド・サポート
  • オンプレミスとパブリック・クラウドのいずれにおいても、Docker、CRI-Oコンテナ、Kubernetesでの実行を保証
  • クラウド・ネイティブかつオープン・ソースの強化ツールにより、KubernetesでのWebLogicアプリケーションの実行をサポート
  • Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructureを使用した動作保証済の仮想マシンにより、高速プロビジョニングとデプロイメントの自動化をサポート

高度な機能

新たなテクノロジー統合
  • Coherence 14.1.1の卓越したキャッシュにより、アプリケーションのパフォーマンスを向上
  • 実行時のOracle JDKのかわりにGraalVMで実行することにより、最大10%のパフォーマンス向上を達成
  • Oracle Databaseのエディションベースの再定義(EBR)機能との統合を使用して、アプリケーションの更新とデータベースの変更を連係
  • 組込みのHelidonサポートにより、オープン・ソースのJavaライブラリを使用してマイクロサービス・アプリケーションを開発

プラットフォーム・サポート

プラットフォームのサポートとアップグレード可能性
  • Oracle DatabaseとOracle Java SEに加えて、Oracle Linux、Oracle Linux Container Native Environment、Oracle Private Cloud Appliance、その他のサードパーティ・プラットフォームおよびデータベースなど、多くのOracleテクノロジーに対するサポートと動作保証を強化
  • Oracle WebLogic Serverの旧バージョンとの互換性により、既存のアプリケーションをOracle WebLogic Server 14.1.1にアップグレードする際の柔軟性を確保

Oracle WebLogic Serverのエディション

クラウド・アプリケーションとアプリケーション・インフラストラクチャの統合の基盤

アプリケーションとサービスが最高品質のサービス、最先端のデータベース統合、卓越した管理機能を必要とする場合に最適なアプリケーション・サーバーです。

エンタープライズクラスの優れたJava EEアプリケーション・サーバーであり、クラウド・アプリケーションの基盤

アプリケーションとサービスが高いパフォーマンス、信頼性、可用性、スケーラビリティ、卓越した管理機能を必要とする場合に最適なアプリケーション・サーバーです。

業界をリードするJava EEアプリケーション・サーバー

エンタープライズ・アプリケーションとサービスを構築、実行するための世界最高のアプリケーション・サーバーです。

CERN、Oracle WebLogic Serverを使用して運用上の俊敏性を加速

CERN(欧州原子核研究機構)は、多くの重要なJavaアプリケーションをOracle WebLogic Server上で使用してきました。同機構のDevOpsチームがWebLogic Serverをコンテナで実行することで、メンテナンス作業をどのように削減したかをご覧ください。

Verizon、Oracle Coherenceを使用して顧客対応時間を9倍に拡大

VerizonがOracle WebLogic Server、Oracle Database、Oracle Coherenceを使用して、コストの低減と24時間体制の顧客対応をどのように実現しているかをご覧ください。

詳細を見る