申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle WebLogic Server

Oracle WebLogic Serverは、Javaなどのエンタープライズ・アプリケーションをオンプレミスやクラウドで開発、導入、稼働するために統合された拡張可能なプラットフォームです。WebLogic Serverは、Java Enterprise Edition(EE)とJakarta EEの堅牢でマチュア、そしてスケーラブルな実装を提供します。

Oracle WebLogic Server
Kubernetes上のOracle WebLogic Server

Oracle WebLogic ServerはKubernetesで完全にサポートされ、ユーザーは包括的なJavaサービスを使用して最新のコンテナーアプリを移行し、効率的に構築できます。オンプレミスまたはクラウドでのKubernetesでの実行を簡素化するオープンソース・ツールの完全セット、WebLogic Kubernetes ToolKitを確認してください。

クラウドでWebLogicアプリケーションを実行する

迅速なプロビジョニングとインフラストラクチャと価格の選択により、Oracle Cloud Infrastructure用のOracle WebLogic Serverは、クラウドでJava EEアプリケーションを実行するための完全サポートを提供します。

Oracle WebLogic Serverで構築する理由

Java EEとJakarta EEの完全な実装

Java EEとJakarta EEは、エンタープライズのアプリ開発と管理の容易さに焦点を当てたテクノロジーとAPIの強力な組み合わせを提供します。

Java EEの概要
Jakarta EE

WebLogic Serverによる開発とデプロイ

Oracle WebLogic Server 14.1.1 データシート (PDF)

クラウドニュートラル

Oracle WebLogic Serverは、環境全体でアプリケーションの完全移植と共に、任意のクラウド環境およびオンプレミスにおけるJavaアプリケーションの実行をサポートします。

WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructure

Docker、CRI-OおよびKubernetesのサポート

WebLogic Server on Microsoft Azure

クラウド・コンピューティング環境におけるOracleソフトウェアのライセンシング (PDF)

Oracle Private Cloud ApplianceにおけるOracle WebLogic ServerとKubernetes (PDF)

アプリケーションの最新化により、市場投入までの時間を短縮

WebLogic Kubernetes ToolKitを使用すると、ユーザーはWebLogic ServerドメインとアプリケーションをKubernetesに簡単に導入できます。豊富な管理ツールとAPIの自動運用で、障害が発生したノードの自動スケーリングと自動再起動により高可用性が確保されます。既存のWebLogic ServerアプリケーションがKubernetesに移行するとき、または統合されたオープンソースのツールを使用することで機敏性を向上させる、またはHelidonを利用してポータブルな方法でマイクロサービスを実行します。

ブログ: WebLogic Kubernetes ToolKitの概要

ビデオ: CERN、KubernetesのWebLogicを活用 (1:36)

エンタープライズ・アプリケーション要件のOracle Integration

Oracle WebLogic Serverは、オラクル製品およびテクノロジーラインと統合されており、カスタムWebLogic Serverアプリケーションの最適なパフォーマンス、可用性、サポート性、および他のエンタープライズ・アプリケーションやシステムとの統合を提供します。

Oracle CoherenceHelidonJava SEおよびGraalVM EE

Oracle Fusion Middleware、WebLogicサーバー上に構築

WebLogicサーバーとOracle RACの統合

Oracle Autonomous DatabaseでのWebLogicサーバーの使用

Oracle Applications

エンタープライズ・アプリケーション用、オラクルのクラウドネイティブJava

世界をリードするJava EEおよびJakarta EEアプリケーション・サーバー

単一の統合アプリケーションサーバーで比類のないパフォーマンス、スケール、管理性を実現します。WebLogic Serverは、オンプレミスおよびクラウド・アプリケーション向けのJava EEおよびJakarta EEプラットフォームの基盤です。

特徴
  • 標準ベースのアプリ開発に対するJava EEおよびJakarta EEの完全サポート
  • 運用を自動化するための豊富な管理ツールとAPI
  • 高可用性のための障害ノードの自動スケーリングおよび自動再起動
  • Kubernetesの開発および管理ツール
  • Oracle Real Application Clusters(RAC)との接続用のActive Gridlinkによる高いパフォーマンスと可用性
  • 高性能JMSメッセージング
  • Oracle DatabaseおよびMiddlewareとの統合

オンプレミスとクラウドにまたがる主要な分散キャッシング・ソリューション

Oracle Coherenceは、アプリケーションに高可用性、スケーラビリティ、低レイテンシ、スループット、およびパフォーマンスを提供する、Javaベースの主要な分散キャッシュおよびインメモリ・データグリッドです。

特徴
  • エンタープライズ・アプリケーションのスケーラブルなパフォーマンス
  • キーバリュー・オブジェクトとドキュメント・ストレージ
  • ディスクの永続性を備えたクラスター化されたキャッシング
  • フォールトトレランな自動シャーディング
  • REST、Java、.NET、およびC++インターフェイス
  • 高速クエリとイベント処理トランザクション
  • インプレースの分散処理
  • リアルタイムのデータベース更新のためのホットキャッシュ
  • マルチサイトのデータ・フェデレーション
  • ポリグロット・プログラミングのGraalVMサポート
  • Kubernetesのツールサポート
  • 保証されたデータの一貫性

Oracle CloudにおけるOracle WebLogic Serverのクイック・プロビジョニング

迅速な導入と柔軟な価格設定オプションを備えたOracle Cloud Infrastructure用のOracle WebLogic Serverは、クラウドで企業Javaアプリケーションを実行するための推奨されている方法です。

特徴
  • クイック・プロビジョニング
  • 柔軟なサブスクリプション・ベースの価格設定
  • Oracle Autonomous Databaseによる高可用性と簡単な接続
  • 自動導入と完全なAPIアクセス
  • サポートされているバージョンとエディションの選択
  • ツールとインフラストラクチャ・サポートによる移行の簡素化

オラクルの直感的なプラットフォームで、コンテナ・ワークロードの管理

Oracle Verrazzano Enterprise Container Platformは、開発者やDevOpsエンジニアがマイクロサービスや従来のアプリケーションを含むコンテナ・ワークロードの導入、セキュリティ確保、管理に利用できる汎用的なコンテナ・プラットフォームです。Verrazzanoは、よく知られたオープン・ソース・コンポーネントのコレクションから構築され、オンプレミスまたはクラウドで動作するKubernetesクラスタに対応しています。

特徴
  • アプリケーションの高速開発
  • 既存のカスタム・アプリケーションの最新化
  • クラウドの利点、ベンダー・ロックインの排除
  • インストールとライフサイクル管理が簡単な包括的なコンテナ・プラットフォーム
  • WebLogic ServerとOracle Coherenceの両方の顧客に対する価値の向上
  • 使い慣れたベンダー・ニュートラルなツールを使用し、オープンソースで統一されたDevOpsに適した環境
  • プラットフォーム設定を簡素化する厳選されたオピニオン・コンテナ・スタック
  • 多言語のアプリケーション管理
  • Oracle Linuxによるエンドツーエンドのコンテナ管理機能

すべてのお客様事例を表示

WebLogic Serverの成功事例

Beeline logo
CERN logo
CMICのロゴ
Maritzのロゴ
Maritzのロゴ

E-Business SuiteをOracle Cloud Infrastructureに移動し、パフォーマンスが10倍向上されました

Oracle WebLogic Serverの使用例

  • Java EEアプリケーションをモダナイズ

    WebLogic Serverを使用して、Dockerプロビジョニングのサポートを提供するツールをデプロイし、オペレーターでKubernetes管理機能を提供します。

    アーキテクチャを見る

  • クラウドでJavaアプリケーションを実行

    Oracle Cloud InfrastructureのOracle WebLogic Serverを使用して既存のオンプレミスのJavaアプリケーションをクラウドに移動し、低コストでパフォーマンスを向上させます。

  • Javaマイクロサービスを構築

    Helidonは、関数型プログラミングを使用して、標準ベースのMicroProfile APIを最新のクラウドネイティブJavaアプリケーションに活用します。

March 30, 20202022年3月1日

Oracle WebLogic Server 14.1.1の発表

Will Lyons 製品管理 シニア・ディレクター

Oracle WebLogic Server 14.1.1は、Java Platform, Enterprise Edition(EE)8とJava SE 8および11のサポートが追加された新しいメジャー・バージョンです。これには、オンプレミスやクラウドでサポートされ、コンテナ―とKubernetesでOracle WebLogic Serverを実行するためのサポートとツール、そしてOracle Cloudでの認証を含まれています。

全文を読む

注目のブログ

すべて表示する

Javaアプリケーションの構築を今すぐ開始


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloud Infrastructure用のOracle WebLogic Serverに30日間無料でアクセスできます。


クラウド移行デモを見る

オンプレミスアプリがOracle Autonomous Databaseで実行されるOracle Cloudにいかに簡単に移行されるかをご覧ください。


ヘルプ・センターにアクセスする

ここから開始して、WebLogic ServerでサンプルJavaアプリをプロビジョニングするためのリソースを取得します。


Helidonのサポートを受ける

5分以内にHelidonアプリを作成するためのリソースとガイドをご覧ください。