該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Coherence

インメモリ・データ・グリッドにより、アプリケーション開発者と管理者はKey-Valueデータに迅速にアクセスできます。Coherenceは、クラスター化された低レイテンシ・データ・ストレージ、ポリグロット・グリッド・コンピューティング、非同期イベント・ストリーミングを提供することにより、顧客のためにエンタープライズ・アプリケーションで最大限のスケーラビリティとパフォーマンスを実現します。

こちらのデモでCoherenceの仕組みをご覧ください。

Oracle Coherence

Coherenceは、頻繁にアクセスされるデータを格納する分散型メモリ内システムで、アプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させます。

低レイテンシのデータ・ストレージ

キーバリュー・オブジェクト・ストレージ

Coherenceは、頻繁にアクセスされるデータをシリアル化されたキーバリューのペアとして、自動シャーディングを使用してJava Virtual Machine(JVM)クラスターに格納します。読み取り、クエリ、書き込みの待機時間は1ミリ秒ほどと高速で、最大限のアプリケーション・パフォーマンスと安定性を実現します。


スケーラビリティと可用性

柔軟性

Coherenceは最大限のスケーラビリティとパフォーマンスを確保するために、異なる言語を含む複数のアプリケーションがデータの迅速な読み取りと書き込みを行い、非同期イベント・ストリーミングを大規模な形で取り込むことを可能にする、クラスター化された低レイテンシ・データ・ストレージを提供しています。さらに、すべてのCoherenceサービスは、Coherenceのクラスター構造によりデータを損失することなくフェイルオーバーとフェイルバックを提供します。


ポリグロットのグリッド・プログラミング

並列のインプレース処理

混合言語/ポリグロット機能をデータ・グリッドに導入してメモリ内で並列実行すると、バッチまたはストレージからのデータのシリアル・フェッチと比較してパフォーマンスが向上します。Coherenceのロックレス同時実行管理と効率的なアトミック・トランザクションにより、競合と遅延が最小限に抑えられ、システム・スループットとフォルト・トレランスが向上します。


非同期イベント・ストリーミング

リスナとメッセージング

高度にスケーラブルで分離されたイベント駆動型アーキテクチャの場合、Coherenceは、サーバー・プロセス内とサーバーとクライアント間の両方のイベント・モデルのほか、公開者、トピック、登録者を含むメッセージングを提供します。


データ・ソースの統合

バッキング・マップの読み取り/書き込み

Coherenceのマップは、データベースやディスク・ファイルなど、任意のバッキング・データ・ソースを同期的または非同期的に読み取り、書き込みできる論理構造になっています。アプリケーションで操作中のデータが確実に最新のものとなるよう、ソース・データベースへの変更は、Oracle GoldenGate HotCacheにより複製する方法によってCoherenceキャッシュが効率的に更新されるため、この方法で行われます。データベースで変更が生じるとデータがプッシュされるため低レイテンシが保証され、常に最新のデータを操作できます。


マルチサイトのデータ・フェデレーション

フェデレーション・キャッシング

Coherenceは、複数のクラスターをリンクするためのフェデレーション・キャッシングを提供し、キャッシュ・データをクラスター間で自動的に同期できるようにします。このマルチサイト・アーキテクチャは、地理的に異なる場所にいるアプリケーション・ユーザーに、冗長性、オフサイト・バックアップ、複数のアクセス・ポイントを提供します。


クラウドネイティブの導入と運用

Docker/Kubernetesサポート

CoherenceはDockerイメージで利用でき、独自のKubernetes Operatorがあります。GrafanaおよびKibanaダッシュボードを使用すると、監視が容易になります。Coherenceは、インスタント・プロビジョニング用にOracle Cloud Infrastructure Marketplaceでも提供されています。


HTTPセッション状態管理

インメモリ・セッション管理のためのCoherenceのパフォーマンス

Coherence*Webは、クラスター環境でのセッション状態の管理に特化したHTTPセッション管理モジュールです。プラグ可能なポリシーにより、きめ細かいセッションとセッション属性のスコープを簡単に構成できます。


WebLogicサーバー統合

Coherenceのマネージド・サーバー

WebLogic Serverのエコシステムを使用すると、管理コンソールやWLSTなどのCoherenceクラスターを管理できます。グリッド・アーカイブのタイプは、ライフサイクルやイベントを含むコンテナ・コントラクトなど、EARやWARとともに定義されます。


Union Pacific Railroad、Oracle Coherenceで大規模なマイクロサービス・アプリケーションを実行

Union Pacific Railroadは、マイクロサービス・アーキテクチャの規模(20,000台のJVMが1日あたり13億回の呼び出しに対応)のため高度にスケーラブルなデータ管理テクノロジーが必要とされることから、Oracle Coherence上に次世代のロジスティクス・プラットフォームを構築しました。

Oracle Coherenceの使用事例

  • オムニチャネル規模での高速データ・アクセスとバックエンド・オフロード

    バックエンドが過負荷状態になると、エクスペリエンスとスケーリングの制限が悪化します。Coherenceを取り入れると負荷が軽減され、パフォーマンスが向上します。

    Cosmoteについて読む(PDF)

  • 分析と実行のためのグリッド・コンピューティング・プラットフォーム

    Coherenceのインプレース処理は、金融サービスのリスク分析など、データ集約型コンピューティングに最適です。

    データシートを読む(PDF)

  • イベント処理とイベント駆動型アーキテクチャ

    イベント・モデル、メッセージング、Oracle Stream Analyticsとの統合を備え、Coherenceはイベント駆動型システムに最適です。

    Sisalについて読む(PDF)

  • マイクロサービス・アプリケーションの記録システム

    Coherenceの永続性機能は、マイクロサービスが使用する状態で必要となる他のデータ・ストアのニーズを軽減します。

    Helidon Sock Shopのデモを見る(40:50)

2020年3月30日

Oracle Coherence 14.1.1のリリース

オラクル、Oracle Coherenceプロダクト・マネージャー、Randy Stafford

Coherence 14.1.1では、使用事例を拡大させつつ、クラウドネイティブのマイクロサービス・アーキテクチャのサポートなどの重要な新機能が市場に投入されます。Coherence 14.1.1には、次の重要な新機能が含まれています。トピック、分散トレース、GraalVM統合、JDK 11のサポートです。

全文を読む

注目のブログ

すべて表示する

関連製品

Oracle WebLogic Server

Oracle Cloud Infrastructure用のOracle WebLogic Server

Oracle GraalVM

ここから始めよう


Oracle Cloud Free Tierを試す


Oracle Coherenceをダウンロードする


お問い合わせ