該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

ファーマコビジランス

安全性チームは、増加し続ける症例数、新しいシグナル検出のデータソース、および変化する規制など、限られた予算とリソースの中で管理しなければならないという大きなプレッシャーにさらされています。このようなマルチビジランス活動へのプレッシャーを軽減し、効率を高め、コンプライアンスを強化できるとしたらどうでしょうか。

安全性の向上にむけた業界メンバーとの連携

ファーマコビジランスでオラクルの製品を利用したお客様の声

CSL Behring社、世界の規制当局から高い評価を受けているOracle Argusを信頼し安全性症例管理に採用。
20年以上にわたり、Syneos社は安全性症例管理にオラクルを
採用しています。
4C Pharma Solutions社、エラーがなく、より簡潔でより良い安全性症例プロセスに満足しています。
PharSafer社は、Oracle Argus Cloudを利用して有害事象の症例を処理、分析、報告しています。

臨床試験から市販後調査までの
コンプライアンスを確保

安全性症例プロセスを自動化

AIを搭載したSafety One intakeにより症例処理にかかる時間を50%短縮しながら、正確性とコンプライアンスを高めます。

Digital Safety Case Intakeの詳細を見る

安全性に関する意思決定をより迅速に

安全性症例管理を自動化することにより、増え続ける症例件数の増加による負担を大幅に軽減し、グローバル規制要件に対応しコンプライアンスを高めます。

Safety Case Management and Reportingの詳細を見る

安全性シグナルを確実に検出し、分析し、
管理する

ワールドクラスの統計学者とデータサイエンティストによって開発された実績あるアルゴリズムで、安全性シグナル検出を自動化します。

Safety Signal Detection and Managementの詳細を見る

”Argusを使用すれば小規模な第Ⅰ相試験から大規模な第Ⅲ相、第Ⅳ相試験まで、全てに対応できることが分かります。”

Timo Toivonen

Vice President, Services, Crown CRO

地域別の市販後の医療機器安全性規制への準備はできていますか?

Una Kessi, Oracle Product Management, Safety and Pharmacovigilance

医療機器安全報告の要件は地域によって異なります。規制に関する最新情報を入手し、対応への準備が必要です。

投稿全文を読む

その他のリソースを探す

In the news

ファーマコビジランスの迅速化と効率化のカギはAIか?

ファーマコビジランス・プログラムを強化するために、製薬会社は大量のデータを収集してきましたが、特に有害事象の報告については、データ容量の大きさに悩まされています。AIがその解決策となるのでしょうか?

Research and perspective

ファーマコビジランスにおけるデータの課題への対応

医薬品の安全性データの量と種類の増加にファーマコビジランスの担当者がどのように対応しているのかをご紹介します。

Industry conversations

安全性の向上にむけた業界メンバーとの連携

ファーマコビジランスのベスト・プラクティスについて話し合い、新しい規制要件に対応するための調和の取れたアプローチやオラクルの安全性製品戦略とロードマップの最新情報を入手しましょう。

Oracle Life Sciencesについて知る


ブログを購読する

臨床の成功をもたらす最新のインサイトとベスト・プラクティスを入手してください。


テクニカルサポートは
こちら

テクニカルサポートの連絡先やリソースをご覧いただけます。


ポッドキャストをフォローする

ライフサイエンスのトレンドについてソートリーダーから聞きます。


お問い合わせ

臨床研究とファーマコビジランスについてのお問合せ。