Autonomous JSON Database

Oracle Autonomous JSON Databaseは、JSON中心のアプリケーションの開発を簡単にするクラウド・ドキュメント・データベース・サービスです。NoSQL形式のドキュメントAPI(Oracle SODAおよびOracle Database API for MongoDB)、サーバーレス・スケーリング、高性能ACIDトランザクション、包括的なセキュリティ、低従量制料金を備えています。Autonomous JSON Databaseは、データベースのプロビジョニング、構成、チューニング、スケーリング、パッチ適用、暗号化、および修復を自動化し、データベース管理を排除して99.95%の可用性を実現します。

Oracle Database 23aiの発表: データにAIを導入

ラリー・エリソンとホアン・ロアイザが、Oracle Database 23aiの背景にある生成AI戦略について語ります。

Autonomous JSON Databaseの発表

Oracle EVPのシステムテクノロジー、Juan Loaizaがクラウド・ドキュメント・データベースAutonomous JSON Databaseサービスを発表するのをご覧ください。

お客様がMongoDB AtlasではなくOracle Autonomous JSON Databaseを選んでいる理由を詳しく知る

開発者は、データの一貫性、規模、セキュリティ、可用性を犠牲にすることなく、シンプルで使いやすいデータベースを好みます。市場に出回っている特殊なNoSQLドキュメント・データベース製品は、これらの重要な機能を満たしていません。

無料でOracle Autonomous JSON Databaseを始めましょう

機械学習ベースの自律型クラウド管理のシンプルさが加えられたNoSQLスタイルのドキュメントAPIを使用して、JSON中心のアプリケーションの開発にかかる時間を短縮させましょう。

Autonomous JSON Databaseが選ばれる理由

シンプルなドキュメントAPI

オープンソースのNoSQL型ドキュメントAPIを使用すると、開発者は、データモデルを気にしたり、数時間かかる複雑なコードを作成したりすることなく、JSON中心のアプリケーションを数分で作成できます。

API、言語、ツールの選択

REST API、CLI、IDE拡張機能、およびWebインターフェイスアクセスの柔軟性により、Java、Python、Node.jsなどの一般的なプログラミング言語およびプラットフォームでのアプリケーション開発を加速させます。

大規模なネイティブJSONドキュメント

新しいネイティブバイナリJSONドキュメントのファイル・サイズとして最大32 MB(MongoDB Atlasの2倍)をサポートし、高速読み取りと部分更新用に高度に最適化されています。

制限なしのインデックス作成

インデックスキーの長さやコレクションごとのインデックス数に制限はなく、完全なドキュメントのインデックス作成に対応しています。

完全SQLサポート

開発者は、クロスコレクションクエリ、並列スケーラビリティ、高度な分析機能など、標準SQLのすべての機能を使用してJSONデータを分析できます。

Autonomous Transaction Processingへのワンクリック変換

Autonomous JSON DatabaseをダウンタイムなしでAutonomous Databaseに変換し、アプリケーションを拡張して大規模なエンタープライズクラスのワークロードを実行します。Autonomous JSON DatabaseからAutonomous Transaction Processingへの移行により、JSONとリレーショナルの二面性およびAI Vector Searchなどのコンバージド・データベースの機能だけでなく、リレーショナル・データ型、空間データ型、XMLデータ型、その他のデータ型をフルに活用することができます。

ノーコード/ローコード開発プラットフォーム

組み込みのOracle APEX、ローコードアプリ開発プラットフォームにより、開発者は98%少ないコードでJSON中心のアプリケーションを迅速に構築できます。


MongoDBドライバ、ツール、フレームワークのネイティブ・サポート

Oracle Database API for MongoDBを使用すると、開発者は、MongoDBドライバ、ツール、フレームワークを使用して、Autonomous JSON DatabaseでMongoDBアプリケーションを引き続き構築できます。開発者は、ラップトップでMongoDBアプリケーションを構築し、Autonomous JSON Databaseに導入できます。

簡単なMongoDB移行

オンプレミスのMongoDBまたはMongoDB Atlasのデータは、MongoDB開発者が精通したインポートおよびエクスポート・ツールを使用して、Autonomous JSON Databaseに簡単に移行できます。データ移行後も、既存のMongoDBアプリケーションは接続文字列の単純な変更を実施するだけで引き続き実行され、多くの場合、コーディングの追加リライトや変更は必要ありません。

JSONドキュメントでのSQLの使用

MongoDBとは異なり、Autonomous JSON DatabaseはSQLを完全にサポートします。これにより、ユーザーはJSONデータを分析しながら、並列スケーラビリティとクロスコレクション・クエリ機能を利用できます。開発者およびデータ・サイエンティストは、さまざまなJSONコレクション間の結合の作成、リレーショナル・テーブルとのJSONコレクションの結合、MongoDBコレクションとしての新しいJSONデータのセットの生成など、SQLクエリを使用してJSONデータをさらに処理できます。

APEXを使用したローコード・アプリケーション開発

開発者は、使い慣れたツールやフレームワークにアクセスできるだけでなく、Oracle Autonomous Databaseに組み込まれたフルマネージドのローコード・アプリケーション開発プラットフォームであるOracle APEX Application Developmentを使用して、新しいJSON中心のアプリケーションを迅速に開発できます。

アプリケーション機能の拡張

MongoDBアプリケーションをAutonomous JSON Databaseに移行すると、GeoJSONデータの空間処理、Oracle Text検索による完全なドキュメント・インデックス作成、機械学習、ドキュメントとコレクション全体での完全なACIDトランザクション・サポート、リレーショナル・ビューへのJSONデータのマッピング、JSON拡張およびSODAサポートによるPLおよびSQLなどの追加機能にアクセスできます。

エンタープライズクラスのセキュリティ

Autonomous JSON Database上のMongoDBアプリケーションは、包括的なセキュリティ管理および監視のために、MongoDBコレクション上のオラクルのエンタープライズクラスのセキュリティ機能を使用します。アプリケーション・プラットフォームをオラクルに連結することで、統合されたユーザー管理の実行と保守が容易になります。


自動プロビジョニング

フォールトトレラントで可用性の高いドキュメント・データベースをわずか数分で導入します。

自動スケーリング

ダウンタイムなしでコンピューティング・リソースを自動的にスケーリングして、パフォーマンス要件を満たし、従量課金制でコストを削減します。

自動チューニング

データやスキーマが時間の経過とともに変化しても、データベースを自動的に構成および調整します。メモリ構成、データ形式、インデックス、およびアクセス構造は、パフォーマンスを向上させるために自動的に最適化されます。

自動バックアップ

オラクルのオブジェクト・ストレージにあるデータベースの毎週の完全バックアップと毎日の増分バックアップを実行し、それらを最大60日間保持して、任意の時点に復元および回復します。

自動修復

障害を継続的に監視および予測することにより、ハードウェアおよびソフトウェアの障害を修正します。読み取り/書き込みリクエストは正常なデバイスにすぐにリダイレクトされ、データベースのパフォーマンスを維持します。


常時暗号化

データベース全体の自動暗号化と、顧客が作成および所有する暗号化キーを使用したバックアップにより、保存中および移動中のデータが保護されます。

自動パッチ適用

データベースのパッチとアップグレードは、データベースの操作を中断することなく自動的に適用され、重要な顧客データのセキュリティを最大化します。

機密データのセキュリティ

Autonomous JSON Databaseに含まれているOracle Data Safeを使用すると、機密データの検出、セキュリティリスクの評価、機密データのマスク、セキュリティ制御の実装と監視を簡単に行うことができます。


従量制

コンピューティング・リソースとストレージ・リソースを個別にダウンタイムなしで柔軟にスケーリングし、秒単位の課金と組み合わせることで、従量制の料金モデルを作成します。

JSON中心のアプリケーション向けの低価格オプション

Autonomous JSON Databaseの価格は、オラクルの本格的なAutonomous Databaseの25%未満であり、同じ自律型運用と高可用性を提供します。


Oracle Autonomous JSON Databaseを無料で使い始めましょう。

業界トップクラスのアナリストによるAutonomous JSON Databaseに関する見解

Oracle Autonomous JSON Databaseの使用事例

  • モバイル・アプリケーション

    モバイルアプリ向けのリッチでイマーシブなエクスペリエンスを構築します。

  • 動的でパーソナライズしたエクスペリエンスによるアプリケーション

    魅力的でパーソナライズされたカスタマー・エクスペリエンスを提供し、複数のデジタル資産に関するリアルタイムの推奨事項を提供します。

  • コンテンツとカタログの管理

    さまざまな属性とメタデータを処理するコンテンツ管理および製品カタログサービスを開発します。

  • 統合したIoTアプリケーション

    クリックストリーム、監視、ロギング、センサーシステム用の統合アプリケーションを作成して、1秒間に数十億のインサートと取得を処理し、データの精度を損なうことなく新しいインサイトを生成します。

  • デジタル商取引アプリケーション

    アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えることなく、データとデータの整合性を一貫して表示する支払い処理サービスを構築します。

Autonomous JSON Databaseの料金

Oracle Autonomous JSON Database

製品
単価
単位
Oracle Autonomous JSON Database Warehouse–ECPU

ECPU/時間
Oracle Transaction Processing Exadata Storage for ECPU

1か月あたりのギガバイトストレージ容量
Oracle Autonomous Database Backup Storage

1か月あたりのギガバイトストレージ容量

Oracle Autonomous Database ECPU – よくある質問(PDF)

2024年5月2日

Oracle Database 23aiを無料で試す

オラクル、製品管理担当バイスプレジデント、George Lumpkin

Autonomous Database Free Container ImageとAutonomous Database Free Tierの新しい23aiリリースにより、開発者はニーズに最適な無料開発アプローチを選択することができます。コンテナイメージを使用してローカルで開発するか、OCI上にクラウドで開発します。無料の開発オプションにアクセスして、AI Vector SearchやJSONリレーショナル二面性などのOracle Database 23aiの機能と、Data StudioやSelect AIなどのAutonomous Databaseの豊富なツール・セットを組み合わせて、イノベーションを開始する方法をご確認ください。

全文を読む

リソース

Oracle Playbookシリーズ

人材、プロセス、システム戦略の秘訣をまとめました。そして、それを皆さんにお伝えできればと考えています。

Autonomous JSON Databaseを使い始める


Oracle Autonomous Databaseを試す

Oracle Cloudが提供するFree Tierで30日間の無料トライアルと常時無料のサービスをご利用いただけます。


Autonomous Databaseのダウンロード

Autonomous Database Free Container Imageを利用すると、クラウドを使わずにアプリケーションを開発できます。


ワークショップを開催する

さまざまなラボやワークショップを開催し、最高のテクノロジーをライブで体験してください。


お問い合わせ

詳細を知りたいですか?業界をリードする当社のエキスパートにご相談ください。