申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

ヘルスケアにおけるブロックチェーン

ユースケース:ヘルスケアにおけるブロックチェーン

ヘルスケアにおけるブロックチェーンの現在の状態を理解するうえで、日常生活において大切なものを強化および保護するブロックチェーンの能力を理解することが重要です。どうぞ投票小売をご覧ください。ブロックチェーンは、その正確性とアクセスのしやすさのゆえに、データの信頼できる単一のソースとして機能することは言うまでもなく、ヘルスケアにとっても非常に重要なツールとなることがあります。実用的なエンタープライズ・ブロックチェーン・オプションを提供することに加えて、患者のカルテや保険記録にすばやくアクセスできること、病院が人材配置に関してより適切な意思決定をできるようになることを考えてみてください。


ヘルスケアにブロックチェーン・テクノロジを使用する理由

旧来的な医療機関とブロックチェーンなどの新しいテクノロジを融合させるという考えは理解しづらいかもしれませんが、多岐にわたる用途で力を発揮する可能性を秘めています。ブロックチェーンの基本を理解することが助けになるかもしれません。簡単に言えば、ブロックチェーンでは、個々のデータブロックが順番に台帳に表示され、各ブロックが1つ前のブロックに依存することで永続性を維持しています。また、この台帳は公開されており、ユーザーのグループによって評価されるため、すべての変更が検証され、ハッキングの試行が発覚した場合は迅速に修正されます。こうしたシステムの性質上、機密データの保護に効果的であり、ヘルスケア分野で特に有用であるとされています。

ブロックチェーンの5つのヘルスケア・ユース・ケース

電子カルテが普及する中で、ヘルスケア業界は、患者、病院、保険、請求に関する記録の安全な保管について、常に模索しています。大量のデータを記録しながらプライバシーも確保するには、困難を伴うことが少なくありません。それらを念頭に置いて、ヘルスケアにとってのブロックチェーンのメリットを示す5つのユースケースを見てみましょう。

  • 薬剤の認証

    ブロックチェーンは、信頼できる単一のソースとして機能することができるため、サプライチェーン業界に正確で不変のレコードを提供することができます。処方薬の場合、安全性が最大の懸念事項になります。そのため、ブロックチェーンを使用してプロセスを追跡することは、コンプライアンスおよび安全性を確保する優れた方法です。
  • カルテ

    患者はさまざまな病院にかかっており、患者の医療ニーズも変化するため、正確性を確保するには、さまざまな医療機関の間でカルテを容易に転送できなければなりません。ブロックチェーンを使用することで、ヘルスケアに関するレコードを迅速かつ安全に更新することができます。
  • 資格認定の迅速化

    トレーニングと認定を最新の状態に保つために、ブロックチェーンによって医療分野における認定の確認を迅速化できます。これにより不正や不正確さを減らし、潜在的に危険な状況が発生しないようにすることができます。
  • リアルタイムの保険情報

    ブロックチェーンにより、信頼できる単一のソースを作成し、相互運用性とアクセスのしやすさを確保することができます。これにより、最新の情報を医療機関および保険会社に提供することができます。また、ブロックチェーンを利用したスマートコントラクトにより、不正を検出および防止することもできます。
  • IoTセキュリティ

    世界のBluetoothおよびワイヤレス接続デバイスの数は、過去10年間で爆発的に増加しているように見えます。これについては、患者の健康を改善し、患者の状態に関する貴重な情報を医師に提供するウェアラブル医療機器など、ヘルスケア分野も変わりありません。ブロックチェーンは、正確性および適時性を確保するプラットフォームを提供することで、この重要な医療データの安全な収集および保存を確実にします。

ブロックチェーン:より強力なヘルスケアの未来

ブロックチェーンは、セキュリティ、スピード、アクセシビリティなどを提供できるため、ヘルス業界で処理される大量のデータを管理するための貴重なオプションであると言えます。エンタープライズ環境におけるブロックチェーンの用途について詳しくは、Oracle Blockchain Enterprise Editionをご覧ください。