申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

EPR向けOracle Fusion Analytics

Oracle Fusion ERP Analyticsは、Oracle Cloud ERP向けの事前構築済みのクラウドネイティブ・ソリューションで、財務および調達担当者が収益性に関わる根本的な要因を明らかにし、運転資本の使用を改善し、事業支出を管理できるよう支援します。財務および調達チームは、コーディングなしで単一の機能横断的なデータモデルとパイプライン、およびエンドユーザー指標を拡張することにより、追加のデータソースでOracle Cloud ERPが提供する以上の分析機能を充実させることができます。オラクル独自の広範かつ詳細な分析機能とアプリケーション機能を組み合わせることで、組織は異なる部門間で財務分析を統一することができます。

Oracle Fusion ERP Analyticsを選ぶ理由

事前構築済み

事前構築済み

事前構築済みのSCMのKPI、データモデル、ネイティブな統合により、迅速に導入することができます。

事前構築済みの機能を理解する

統合的

統合的

Oracle Cloud Applications全体で単一のデータ・モデルを使用してサイロを排除します。

統合の事例を読む

拡張可能

拡張可能

カスタム・ビジュアライゼーションを作成し、データソースを追加して拡張することができます。

カスタマイズ方法の詳細を確認する

予測的

予測的

機械学習の活用でより良い予測を、コーディング不要で実現します。

MLイノベーションの詳細

直感的

直感的

あらゆるデバイスで一貫したビューを実現するために、ユーザー・エクスペリエンスをパーソナライズします。

デモを見る(2:20)

Oracle Cloud ERPのための事前構築済み分析機能

総勘定元帳のインサイトを得る

収益性の基盤となる推進要因の特定

事前構築済みの指標を用いて過去の傾向や差異分析を行うことで、組織の財務パフォーマンスを包括的に把握し、収益性、コスト、売上をよりよく理解することができます。

キャッシュフローと運転資金の最適化

運転資本の構成を綿密に調査することで、買掛金と売掛金の効率を向上させます。データアナリスト、データベース管理者、IT 部門の支援を受けずに、ユーザー定義のベンチマークに基づく事前構築済みまたはカスタム指標でパフォーマンスを分析し、運転資本の利用を改善する機会を特定します。

補助元帳の詳細を簡単に調べる

総勘定元帳の残高を超えた分析を行い、仕訳詳細や補助元帳の取引を調べて、例外や異常を把握します。

KPIや指標の構築例
  • 収益
  • 運用費
  • 当期純利益
  • EBITDA
  • 人件費
  • 正味運転資本
  • DSO、DPO、DIO
  • 流動比率と当座比率

回収率およびキャッシュフローの改善

詳細な収益分析の実施

事前構築済みの収益分布計算を使用して、製品別、顧客別などの流入収益を可視化し、時系列で収益傾向を分析・把握できます。

売掛金回収期間(DSO)

期限超過の領収書、延滞アカウント、請求に関する問題を抱える顧客を事前構築済みのビューで表示し、回収プロセスにおける非効率性を迅速に特定します。調整、勘定消込、未消込入金を統一ビューで確認し、リコンシリエーションと現金回収を迅速に行うことができます。

ARの老化と売上高の改善

事前構築済みのパフォーマンス指標を使用して、カスタマー・データ、GLアカウント、GL貸借一致セグメント、その他の要因で表示される過去の傾向データを使用して、未収金の老化を簡単に分析し、回収への影響を理解できます。

KPIや指標の構築例
  • AR未回収
  • AR未回収日数および延滞日数
  • ARの老化
  • AR現在期日、延滞
  • AR平均請求額
  • AR入金
  • ARデビット/クレジット・メモの金額
  • AR配分金額

買掛金の明確化

支払いパフォーマンスの向上

包括的なダッシュボードにより、ベンダーへの支払期限内および期限を過ぎた支払額を容易に把握し、支払の緊急性を判断できます。事前構築済みのパフォーマンス指標により、割引の受領と喪失を視覚的に分析できます。

買掛債権回転期間(DPO)の改善

特定の期間内、またはその他の事前定義されたパラメータ内に締め切りを迎えるAP請求書を視覚的に優先順位付けし、IT部門の介入なしにビューを簡単にカスタマイズすることができます。請求書保留の根本原因を把握し、DPOの改善に役立てます。

支払の老化傾向の検証

ベンダー、GLアカウント、GL貸借一致セグメント、その他の要因による過去のトレンド分析を用いて、AP年齢調べバケットを見直します。事前構築済みのデータパイプライン、モデル、KPIを拡張・カスタマイズして、組織に合わせて分析を実行できます。

KPIや指標の構築例
  • AR現在期日、延滞
  • AP平均サプライヤー支払日数
  • AP回転率
  • APの老化
  • APオンタイムおよび延滞支払
  • AP割引の取得率と喪失率
  • AP平均保留日数
  • AP利息違約金支払率

コスト削減の特定と財務リスクの軽減

企業の支出を完全に可視化する

事業部、地域、コストセンターなど、さまざまなカテゴリーにおける組織の支出を、事前構築済みで部門横断的なパフォーマンス指標を使用して迅速に分析します。購買パターンを詳細に把握することで、サプライヤーの統合や価格交渉のための戦略を立てることができます。

コンプライアンス違反の支出を減らす

契約外の支出を減らし、契約漏れを最小限に抑えます。カテゴリー別の交渉済み支出の割合や不正支出など、節約に関する指標を詳細に把握することができます。

運転資本の最適化のための財務と調達の連携

複雑なデータ統合を行ったり、ITの助けを借りたりせずに、財務と調達の指標を一緒に表示して運転資本を最適化できます。コスト利益分析を行い、未払い利息や早期支払割引を獲得することで、サプライヤへの支払タイミングを最適化します。

KPIや指標の構築例
  • 指定可能支出
  • 購買オーダー照合済支出
  • 契約漏損支出
  • 交渉済支出率
  • 請求1件当たり平均支出
  • サプライヤー上位10社
  • 購買オーダー照合済支出率
  • 最大単価、最小単価、平均単価

従業員の経費をより明確に監視

不正やコンプライアンス違反の特定

Oracle ERP Analyticsの事前構築済みデータ可視化機能により、経費に関する異常を迅速かつ容易に特定し、不正行為やポリシー違反を迅速に修正し、今後の発生を防止できます。

ポリシーの遵守を確認する

事前構築済みの分析機能により、地域別、部門別、プロジェクト別などのカテゴリー別に従業員の支出分析を迅速に行うことができます。アプリケーションのダッシュボードを使用して、監査例外の傾向や過剰支出のパターンを視覚的に特定することにより、経費レポートのコンプライアンスを向上させることができます。

経費のサイクル時間実績の追跡

監査の完全性を維持しながら、タイムリーな経費精算を実現します。ダッシュボードの「カード」を使って、経費報告書の受信量、申請・承認期間、監査調整指標などを自動的に表示し、経費サイクル時間のパフォーマンス指標を簡単に監視することができます。

KPIや指標の構築例
  • 経費の総額および平均額
  • クレジットカード経費額
  • 現金経費金額
  • 手動および自動の監査の割合
  • 経費承認サイクル時間
  • 経費ファイリング・サイクル時間
  • 現金経費払戻サイクル時間
  • 平均遅延日数

エンドツーエンドの調達とサプライヤーのパフォーマンスを向上させる

コスト削減の可能性を見出す

事前構築済みの分析とデータの可視化により、契約外の支出パターンや契約漏損、また、過去の傾向、項目、サプライヤー別の契約履行率を追跡し、潜在的な節約機会を特定することができます。

調達から支払いまでを効率化

調達から支払いまでのサイクルのすべての要素を事前構築済みまたはユーザー定義のベンチマークに照らして監視し、運用上のボトルネックを明らかにします。購買依頼から請求書、支払いまで、エンドツーエンドの財務・調達データを簡単に分析できます。オラクルの事前構築済みFusion ERP Analyticsを使用することで、手作業による複雑なデータ統合プロセスに起因する遅延や誤りを回避することができます。

サプライヤーリスクの最小化

納期遵守率、拒否率、出荷率、オーダー取り消し率、返品率など、事前構築済みの複数の指標を使用して、契約上のベンチマークに対するサプライヤーのパフォーマンスを分析します。サプライヤーのパフォーマンス低下の根本原因を迅速に特定し、リスクとビジネスの中断を最小限に抑えることができます。

KPIや指標の構築例
  • 契約履行率
  • 失効間近の契約
  • 合意事項
  • シェアードサービス金額
  • 購買依頼から受領までのサイクル時間
  • 購買分析(割引、出荷、オーダー取り消しなど)
  • 領収書分析(配送、拒否、返品、ASNなど)

プロジェクトのコスト管理とコミットメントに関する理解を深める

現在と過去のコスト傾向を簡単に分析

財務およびオペレーション部門のリーダーは、あらゆるプロジェクトにおいて、開始来累計や年累計の比較など、すべてのプロジェクトコストに関する理解を深めることができます。

将来のプロジェクト・コミットメントを追跡

プロジェクト・コミットメント分析では、組織、プロジェクト、タスク、リソース、期間にわたって、将来の支出に対する責務を追跡することができます。

事前構築済み指標によるコスト報告の効率化

プロジェクト・マネージャーは、新しい事前構築済み分析を使って、すべての会計プロジェクト・コスト分布を総勘定元帳(GL)勘定科目、プロジェクト原価計算、タスク、組織、リソース、サプライヤー別に追跡・分析することができます。

KPIや指標の構築例
  • GL勘定科目、プロジェクト・タイプ別実績コスト
  • 開始来累計(ITD)、YTD、およびPTDの実績コスト
  • 支出実績
  • 支出タイプおよびカテゴリ別コスト
  • 資産計上済コストの割合
  • プロジェクト・コスト合計
  • プロジェクト・コストの傾向
  • 請求済コストの割合
  • 人件費と労力

固定資産の正確な把握

財務予測の改善

財務およびオペレーション・リーダーは、資産の健全性、資産ミックス、事業体別耐用年数、カテゴリー、および関連する詳細について、有意義なインサイトを得ることができます。

資本および運用資産の監視

ユーザーは、すべての資産カテゴリーおよび事業体の純帳簿価額、減価償却額、残存価額、取得原価など、事前構築済のわかりやすいKPIを追跡します。

ROA(総資産利益率)の最適化

資産のライフサイクル(取得、減価償却、再評価、減損、処分)の財務的な意味を理解できます。

KPIや指標の構築例
  • 資産当初耐用年数/平均残存年数
  • 残りの有効期間、経過済有効期間
  • 資産処分の傾向
  • コスト別上位資産
  • 耐用年数終了間近の上位資産
  • 現行ユニット、現行コスト、当初コスト
  • 純帳簿価額
  • 減価償却累計額

Oracle Fusion Analyticsの機能を確認する

事前構築済みFusion ERP Analyticsのメリット

  Oracle Cloud ERP
 

Oracle Fusion ERP Analyticsの利用

サードパーティ・ツールの利用

事前構築済みの機能
すぐに使える200以上のベスト・プラクティスKPI、指標、ダッシュボード、カード、レポート
利用可
利用不可
Oracle Cloud ERPとのネイティブな統合
利用可
利用不可
高速な事前構築済み分析データモデル
利用可
利用不可
迅速な実装 - コーディング不要
利用可
利用不可
Oracle Cloud ERPのリリースに基づく増分更新
利用可
利用不可
Oracle Cloud ERPから引き継いだロールベースのセキュリティ
利用可
利用不可
Oracle Cloud Applications(ERP、人材管理、サプライ・チェーン・マネジメント)のための単一の共有データ・モデル
利用可
利用不可
拡張性機能
カスタム・ビジュアライゼーションやレポート作成のためのセルフサービスツール
利用可
利用可
多様なデータソースへの50以上のネイティブ・セルフサービス・コネクター
利用可
不完全
機械学習と予測分析が誰でも利用可能に
利用可
不完全
自然言語処理によるインサイト
利用可
不完全

利用可

部分的に利用可

非提供

Oracle Fusion ERP Analyticsのお客様事例

お客様事例をさらに見る

Oracle Fusion ERP Analyticsは、幅広い業界のお客様によって使用されています。

2021年4月22日

支出や調達関連のすぐに使えるインサイトを活用して利益を最大化する方法

Analytics Apps for ERP、プロダクト・マネジメント担当シニアディレクター、Ashlesh Bajpai氏

資本コストと営業コストを完全に可視化できなければ、ビジネスで優位に立つことはほぼ不可能です。企業の支出を最適化することは、ビジネスの成果を最大化する最もシンプルな方法の一つです。しかし、多角的なビジネスにおいて、どこに、どのようにコストをかけているかを明確に把握することは困難であり、厄介でさえあります。

詳細

TrueBlue社、Oracle Fusion ERP Analyticsを使用して意思決定を迅速化

Ventana Research:パッケージ化された分析アプリケーションで事業部門を強化

デモ: Oracle Fusion ERP Analytics

デモ: 財務と人事のインサイトを融合する

ここから始めよう


バーチャル・ツアーを見る

Fusion ERP Analyticsの詳細をご覧ください。


デモのリクエスト

私たちの専門家と一緒にウォークスルーをしましょう。


@OracleAnalyticsをフォローする

Oracle Analyticsのニュース、イベント、コミュニティのリソースを入手してください。