該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle at Oracleのロゴ

オラクルは、Oracle Cloudでビジネスを強化します

オラクルでは、Oracle Cloud InfrastructureとOracle Cloudアプリケーションを使用して、ビジネスを変革し、顧客と従業員に提供するエクスペリエンスを再考しました。

展望

オラクルのクラウドへのジャーニーに関するDouglas Kehringの見解

オラクルのコーポレート・オペレーション担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるDouglas Kehringが、オラクルのクラウドへのジャーニーについて彼の展望を述べています。

Oracle Cloudがオラクルを強化

オラクルは、インフラストラクチャ、データベース、アプリケーションなどを、完全に独自のクラウドで実行する唯一のクラウドプロバイダーです。

ビジネスを行っている国175か国

新入社員の管理22,000人/年

サービス提供顧客数430,000

収益向上400億ドル

提携サプライヤー40,000

従業員に関する処理30,000人分(経費/週)

雇用従業員136,000

完了した買収10–12件/年

オラクルは、すべての社内業務に自社のクラウドを使用

包括的で完全に統合されたクラウド・アプリケーションとインフラストラクチャ。

クラウド

アプリケーション

ERP
SCM
CX
HCM
EPM

インフラストラクチャ

データベース、ネットワーキング
分析、計算
統合、ストレージ
アプリ開発、セキュリティ
Oracle@Oracleのロゴ

オラクルの財務チーム:クラウドへのジャーニー

オラクルの財務担当シニア・バイス・プレジデントであるMaria Smithと財務担当副社長であるEnzo Tolinoは、オラクルのクラウドへのジャーニーを共有しています。

Maria SmithとEnzo Tolino—オラクルの財務チーム:クラウドへのジャーニー

インフラストラクチャ

オラクルがどのようにOracle Cloud Infrastructureを使用して、会社全体で重要な機能と業務を実行し、スピード、敏捷性、セキュリティ、信頼性でビジネスのあらゆる側面を強化しているのかをご覧ください。

財務

オラクルがどのようにOracle Cloud ERPおよびEPMを使用して、財務を変革し、ビジネスを主導して前進する予測力のある強力な組織になっていくのかをご覧ください。

人事

オラクルがどのようにOracle HCM Cloudを使用して、採用、オンボーディング、開発のプロセスを変革して、優秀な従業員を引き付け、維持し、成長させ、生産性と成功を可能にしているのかをご覧ください。

サプライチェーン

オラクルがどのようにOracle SCM Cloudを使用して、サプライチェーンを大規模に管理し、世界クラスの速度と応答性を備えたクラウド(データセンター)テクノロジーを構築および展開しているのかをご覧ください。

カスタマー・エクスペリエンス

オラクルがどのようにOracle Cloud CXを使用して、マーケティング、販売、サービスのエクスペリエンスを変革して、効率性と一貫性を備えたサービスを顧客に提供しているのかをご覧ください。

持続可能性

オラクルがどのようにOracle Cloud InfrastructureおよびOracle SCM Cloudを使用して、環境パフォーマンスを促進し、環境に良いことはビジネスにも良いことであると実証しているのかをご覧ください。

Oracle @Oracleのビジネス変革フレームワーク

私たちは、卓越した顧客と従業員のエクスペリエンスおよび優れた運用を可能にする独自の変革フレームワークでビジネスを再考しました。

合理化

エクスペリエンス全体で手順を削除して簡素化する

支援

ユーザーが自律的にエクスペリエンスを実現できるようにする

サイクルの画像

喜び

ユーザーが好む有意義なエクスペリエンスを設計する

自動化

Oracle Cloudでエンドツーエンドのエクスペリエンスを自動化する

Omdia

展望

Oracle Corporationのデジタル・トランスフォーメーション評価フレームワーク

Omdia(以前のOvum)は、この包括的な調査研究により、クラウドへのジャーニーの内容を調べます。

Omdiaは、ベンダーとサービスプロバイダーのそれぞれの社内変革に向けた進捗状況を評価するためのフレームワークを策定しました。このレポートは、世界最大のエンタープライズ・アプリケーション・ベンダーの1つである、Oracle Corporationがサービス指向のビジネスモデルへ方向転換するという目標の進捗状況を評価します。

展望

オラクルが自身のクラウド・インフラストラクチャを会社運営に使用する5つの方法

オラクルは、コアビジネスの運営を自身のOracle Cloud Infrastructureに移行しました。重要なアプリケーション、データベース、ソフトウェア開発ツール、およびその他のテクノロジーはすべて、オラクルの次世代クラウドに移行しています。

“オラクルは、コアビジネスの運営を自身のOracle Cloud Infrastructureに移行しました。重要なアプリケーション、データベース、ソフトウェア開発ツール、およびその他のテクノロジーはすべて、オラクルの次世代クラウドに移行しています。”

Edward Screven - Oracle Corporation、エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・コーポレート・アーキテクト

2020年9月30日

オラクルのデジタル・トランスフォーメーションに何年も取り組んだ後、私は成績評価を受け取りました

Douglas Kehring、エグゼクティブ・バイス・プレジデント、コーポレート・オペレーション担当

過去数年間、オラクルがビジネスを変革するために大きな進歩を遂げているのを見てきました。私たちはクラウドに移行し、ビジネスを行うためのサービスベースのモデルを採用しました。そうすることで、年間400億ドルの企業がテクノロジー、人材、プロセスを使用して組織を強化し、競争力を高める方法を徹底的に再考しました。その過程は成功したのでしょうか?成果を正確かつ詳細に引用することはできますが、代わりにいくつかの独立した調査の結果を共有します。これは、4つの主要なメトリックにおいて、非常に良い評価を得ていることを示しています。

記事の全文を読む
Oracle@Oracle eBook

eBook

Oracle@Oracle

クラウドロードマップを使用して、クラウドジャーニーをガイドしてください。

このインタラクティブなeBookを読んで、自分でそれを行う方法と何を得るかをご覧ください。結果と教訓を学び、実証済みのロードマップに従ってそこに到達してください。

関連するトピック

Forbesの記事

オラクルがクラウドに移行した方法

成功事例

オラクルの財務組織変革

決算の自動化

オラクル、決算処理を20%短縮

成功事例

オラクルの人事組織変革

資料

Oracle@Oracleの顧客事例

オラクルがOracle Cloud ERPとEPMで財務組織を変革

Oracle Cloudにより、当社は環境パフォーマンスを大幅に向上させることができ、環境に良いことはビジネスにも良いことを示しています。

オラクルが在宅勤務の中で月次決算処理を20%短縮した方法

オラクルは、会計帳簿の月次決算処理の自動化という目標に向けて前進しています。3月には、COVID-19のため財務チームが在宅勤務をしながら、月次決算処理を20%短縮しました。

ここから始めよう


お問い合わせ

Oracle@Oracleについてのお問合せ・ご相談に、オラクルのエキスパートがお答えします