Migrate OpenSearch

Confidently migrate OpenSearch to Oracle Cloud Infrastructure (OCI) using a proven end-to-end approach. Existing OpenSearch clusters can be easily migrated to OCI without requiring significant configuration, integration, or disruption to source environments. Access step-by-step resources outlining best practices as well as expert guidance from Oracle engineers and partners.

Migrate OpenSearch in four steps

Migrate OpenSearch details below

Below are steps to consider when planning your OpenSearch migration to Oracle Cloud Infrastructure. Steps fall into four categories: A) Plan, B) Prepare, C) Execute, D) Validate. What follows is a list of steps, broken down by category.

Category A: Plan (this category is visually represented by the image of a looking glass)

  1. Step 1: Assess current infrastructure.
  2. Step 2: Define migration strategy.
  3. Step 3: Determine resource requirements.

Category B: Prepare (this category is visually represented by the image of a checklist)

  1. Step 4: Evaluate data transfer options.
  2. Step 5: Prepare data for migration.
  3. Step 6: Configure network connectivity.

Category C: Execute (this category is visually represented by the image of an arrow)

  1. Step 7: Take a snapshot of the cluster.
  2. Step 8: Upload snapshot to Object Storage.
  3. Step 9: Restore the snapshot.

Category D: Validate (this category is visually represented by the image of checkmark)

  1. Step 10: Verify data integrity.
  2. Step 11: Test performance and functionality.
  3. Step 12: Conduct user acceptance testing.

Step-by-step migration guides

You can bring existing clusters from your external OpenSearch installations to Oracle Cloud Infrastructure. This enables you to take advantage of the managed service capabilities provided by Oracle Cloud Infrastructure Search with OpenSearch. Having infinite scalability for both compute and storage allows you to scale cluster resources up or down quickly. In addition, Oracle Cloud Infrastructure FastConnect and private subnets provide private high-speed access to your cluster that makes it an extension of your data center network. Access step-by-step migration guides below.

Here’s a high-level summary of how to migrate an OpenSearch cluster to Oracle Cloud Infrastructure.

  • Take a snapshot of the cluster.
  • Upload the snapshot to Oracle Cloud Infrastructure Object Storage.
  • Create the destination cluster and register the repository.
  • Restore the snapshot.

OCI Search with OpenSearchのメリット

  • 最も強力なオープン・ソース検索エンジン: OpenSearchはElasticsearchとKibanaから分岐したもので、オラクルやAWSなど多数の企業が貢献しています。
  • フル・マネージド・サービス:パッチ適用、更新、バックアップ、ダウンタイムなしのサイズ変更などの一般的なメンテナンス・アクティビティを自動化することで、検索インフラストラクチャの管理の運用上の負担を軽減します。
  • 最適化されたパフォーマンス: OCIフレキシブル・シェイプでは、CPUとRAMの任意の組合せを構築してパフォーマンスを最適化できます。
  • 低コスト:非常に低い管理料金で競争力のある価格を提供します。
  • 迅速な移行:既存のOpenSearchデプロイメント(自己管理またはホスト)からの移行は短時間で完了します。作業中のバックアップ構成またはポイントAPI(あるいはその両方)からOpenSearchエンドポイントにリストアします。

Oracle Playbookシリーズ

人材、プロセス、システム戦略の秘訣をまとめました。それを、ぜひ皆さんと分かち合いたいと考えています。

ここから始めよう

ハンズオン・ラボで学ぶ

学ぶための最適な方法は自分で試すことです。Oracle Cloud Free Tier、お客様のOracle Cloudテナント、またはオラクルが提供する無料ラボ環境で選択したソリューションに関するチュートリアルとハンズオン・ラボを使用してください。

150以上のベスト・プラクティス設計の詳細

アーキテクトなどのお客様が、エンタープライズ・アプリケーションからHPCまで、マイクロサービスからデータレイクまで、さまざまなワークロードをどのように導入しているかを参照してください。ベスト・プラクティスを理解し、Built & Deployedシリーズの他のカスタマ・アーキテクトから話を聞きます。また、多くのワークロードの導入を「クリックして導入」で行うか、GitHubリポジトリから自分で行います。

営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • Oracle Cloudを使い始めるには、どうすればよいですか?
    • OCIでは、どのようなワークロードを実行できますか?
    • OCIでは、どのようなサービスが提供されていますか?

20以上のAlways Freeクラウド・サービスを30日間の試用版で試す

オラクルは、Autonomous Database、Arm Compute、Storageなどの一部のサービスについて時間制限のない無償枠を設けています。また、その他のクラウド・サービスをお試しいただくために300米ドル分の無償クレジットもご用意しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierの内容

    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • AMDおよびArm Compute VM
    • 200GBの合計ブロック・ストレージ
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ
    • 10TBのアウトバウンド・データ転送/月
    • 10以上のAlways Freeサービス
    • 300ドルの無料クレジットが30日間提供