Oracle Cloud Infrastructure向けRun and Operate Services

Oracle Cloud Infrastructure(OCI) に対するサービスの実行と運用は、OCIとOracle Autonomous Databaseを対象とした一連のサービスを提供します。これらはOracle Customer Success Services(CSS)のポートフォリオの一部です。CSSは、お客様のクラウド投資がビジネス・パフォーマンスに確実に貢献できるよう支援し、お客様のITスタッフや環境に合った的確なレベルとタイプのサポートを提供します。データベース、アプリケーション、仮想マシン、ミドルウェア、オペレーティング・システムの最適化をサポートし、OCIのメリットを最大限に引き出します。

Oracle Cloud Infrastructure向けRun and Operate Services
  • システム管理の専門知識

    クラウド・インフラストラクチャに移行しても、日常的なシステム管理作業はなくなりません。自動化、実績のあるプロセス、グローバルな規模を活用することで、CSSは、社内のチームによる複雑なアーキテクチャの保守と比較して低コストのオプションを提供します。

  • データベース管理

    データベースはあらゆるビジネスの中核であり、効率的な運用を維持することは不可欠です。CSSは、プロビジョニング、監視、パッチ適用、ユーザー管理、定期的なクラウド・サービス・レビューなど、データベースのライフサイクル全体を管理します。

  • シームレスに接続されたシステム

    統合により、データベース、アプリケーション、分析ウェアハウス、ユーザー間のギャップを解消します。CSSは、インスタンスのプロビジョニング、構成、および日々の管理を通じて重要なビジネス環境を接続することで、Oracle Cloudを強化します。

Clopayのロゴ

「オラクルとClopayは、異業種ではありますが、顧客の成功を促進するためのイノベーションに継続的に取り組んでいるという点では、志が一致しています。オラクルとのパートナーシップは、当社のカスタマー・エクスペリエンス戦略の重要な要素です。」

 Clopay、最高情報責任者A Vinod氏

Oracle Cloud Infrastructure向けRun and Operate Servicesが選ばれる理由

  • リスクの軽減

    24時間365日の監視とクラウド環境の優先的な問題解決と最大の可用性を提供するSLAにより、安心してご利用いただけます。

  • 運用を効率化

    自動化、機械学習に基づくツール、およびすべてのドメインにわたるOCIワークロードの完全なライフサイクル管理を活用することで、運用を改善します。

  • 完全な自律性

    クラウド・サービスの管理およびメンテナンスの特別なサポートを受けながら、基本的なテナント契約、データ主権、セキュリティ要件の完全なコントロールを維持できます。

  • 投資回収の迅速化

    経験豊富なOracle Cloudエキスパートとの連携により、優れたビジネス・パフォーマンスの実現に必要な安定性、可用性、パフォーマンスを迅速に実現できます。

Oracle Customer Success Servicesの使用を開始しましょう。

Oracle Cloud InfrastructureのRun and Operateサービスの詳細

  • Oracle Advanced Management for Hybrid Cloud

    Oracle Advanced Management for Hybrid Cloudは、アプリケーション、データベース、Fusion Middlewareまたはテクノロジー・インフラストラクチャを共同で管理することで、より実践的な支援を提供します。このサービスには、テクニカル・アカウント・マネージャーによるエンドツーエンドのシステム・ガバナンス、変更要求(RFC)を実行するためのテクニカル・リソースへのアクセス、24時間365日の監視およびインシデント管理、プロアクティブなパッチ適用および変更管理、バックアップおよびデータ復元、年次ディザスタリカバリ・テストが含まれます。

  • Oracle Enhanced Support Services for Infrastructure

    Oracle Enhanced Support Services for Infrastructureは、包括的なサポート・バンドルです。このバンドルには、プロアクティブかつ優先順位を付けて問題を解決する専任のテクニカル・アカウント・マネージャー、ビジネス・ワークロードを最適化するためのクラウド・アーキテクチャ・ガイダンス、パフォーマンスを向上させるための推奨事項を含む定期的なヘルスチェック、ユーザーの生産性を向上させるデジタル・ラーニング機能、チームの専門知識を検証する認定などが含まれます。

  • Oracle Mission Critical Response for Cloud

    Oracle Mission Critical Response for Cloudは、複雑な問題の解決を迅速化するために、テクニカル・リソースによるサポート・エクスペリエンスを強化します。専任のテクニカル・アカウント・マネージャーが繰り返し発生する安定性と回復力の問題に対処するために、問題解決に関する優先度設定を行い、運用上またはアーキテクチャ上の変更を提案します。24時間365日トリアージ・チームがサービス・リクエストを調整し、必要に応じて高度なサポート・エンジニアのバーチャル・コマンド・センターと連携して、重要なインシデントの迅速な診断と修復を行います。

Oracle Cloud Infrastructure向けRun and Operateサービスが課題を解決

  • 専門知識の欠如

    高度な訓練を受けた専門家に技術管理や日常的なメンテナンスを委託することで、社内のスキルギャップを克服します。

  • オペレーションの最適化

    ITILに基づく24時間365日のサポート・プロセスにより、ダウンタイムを最小限に抑え、パフォーマンスを最適化します。

  • 戦略的ITの重視

    ITチームを管理および保守サービスの管理負担から解放し、ビジネス・クリティカルな プロジェクトに集中できるようにします。

  • 成長に向けて拡張

    現在のニーズを満たし、将来の成功に向けて拡張できるよう、クラウド・インフラストラクチャを設計します。

リソース