Oracle Database Migration Assistant for Unicode

Oracle Database Migration Assistant for Unicode

Oracle Database Migration Assistant for Unicode(Oracle DMU)は、データベースをレガシー・エンコーディングからUnicodeに移行するためのエンド・ツー・エンドのソリューションを提供する、オラクル独自の次世代移行ツールです。Oracle DMUの直感的なユーザー・インタフェースにより、移行プロセスが大幅に簡素化されます。また、移行プロセスの全体を通じて手順がDBAに示されるとともに、移行タスクの多くが自動化されるため、キャラクタ・セットの移行に関する専門知識の必要性が軽減されます。このツールにはスケーラブルなインプレース移行アーキテクチャが使用されており、従来のエクスポートとインポートによる移行方法よりも、データの変換に必要な労力と停止時間が大幅に削減されます。すでにUnicodeキャラクタ・セットを使用している、移行の完了した既存のデータベースについても、Oracle DMUを検証モードで使用できます。このモードでは、Unicodeに正しくエンコードされていないデータが識別されるため、データベース・アプリケーションへのUnicodeの実装に関する潜在的な問題がないか診断できます。

Oracle DMUの詳細
詳しく見る

Oracle Database Migration Assistant for Unicode

ライセンスとサポート

Oracle DMUは、無償のOracle Databaseツールです。このツールは、Oracle Technology Network(OTN)経由とMy Oracle Support(MOS)経由で提供されます。どちらのダウンロード・パッケージも同じものですが、OTNからのダウンロードは、ツールの評価を可能にするOTN Developer Licenseに基づいて利用できます。MOSからのダウンロードは、データベース・サポート契約に基づくプログラム更新であり、有効なサポート契約(プログラム更新の権限を付与する任意のレベル)の対象となっている本番データベースを移行できます。

データベース・サポート契約(サービス・リクエストによって支援を受ける権限を付与する任意のレベル)をお持ちのお客様は、Oracle DMUの完全なサポートを利用できます。Oracle Databaseと同様に、Oracle DMUのサービス・リクエストを申請できます。

サポートされるデータベース・リリース

現在サポートされているデータベース・リリースおよびプラットフォームについて詳しくは、サポートされている構成を参照してください。

ライセンスとサポート

Oracle DMUをお試しになる場合は、ツールのダウンロード、インストール、および起動手順が示されているはじめにのページを参照してください。

Oracle Database Migration Assistant for Unicodeを始めよう