該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle Developer Tools for Visual Studio

Oracle Developer Tools for Visual Studio

Oracle Developer Tools for Visual Studioは、Microsoft Visual Studio向けに緊密に統合された"アドイン"です。Oracle Developer Tools for Visual Studioは無償で、Visual Studio 2019とVisual Studio 2017で利用できます。

Visual Studioとの統合

Visual Studio 2019またはVisual Studio 2017でServer Explorerを使用してOracleスキーマを参照し、多くの統合されたOracleデザイナとウィザードのいずれかを起動してスキーマ・オブジェクトを作成および変更します。

Oracle Autonomous Databaseの統合

Server ExplorerからOracle Autonomous Databaseを表示および管理します。これにより、Visual StudioからAlways Free Autonomous Databaseインスタンスを迅速に作成し、自動的に資格証明ファイルをダウンロードし、データベースに接続して分単位の時間内にコードを処理することができます。Always Free ADBの使用を今日から始めてください。詳細については、このステップ・バイ・ステップのウォークスルーを参照してください。

Oracle Cloud Infrastructureアプリケーションのデプロイメント

統合ウィザードを使用してOracle Cloud Infrastructure Container Engine for Kubernetes(Oracle Kubernetes Engine)にアプリケーションをデプロイします。詳細をご確認ください。

スキーマ比較ツール

2つのスキーマの違いを表示し、ターゲット・スキーマを変更してソース・スキーマと一致させることができるdiffスクリプトを生成します。ライブ・データベース・インスタンスおよび/またはスキーマを表すSQLスクリプトのセットを搭載したOracle Database Project Version 2を比較します。

マルチテナント・コンテナ・データベースの管理機能

Oracle Database 18cを使用している開発者は、開発およびテスト中に使用するプラガブル・データベースを簡単かつ迅速に作成、クローニング、接続、または切断できます。

Entity Frameworkのデザイナとウィザード

Visual Studioのエンティティ・デザイナを使用して、Database FirstおよびModel Firstのオブジェクト・リレーショナル・マッピングを行います("Code First"もサポートされます)。

.NETコードの自動生成

Visual Studioの「データソース」ウィンドウ、データセット・デザイナ、TableAdapter構成ウィザードを使用して、ドラッグ・アンド・ドロップで自動的に.NETコードを生成します。

容易なASP.NET Web開発

ASP.NET Web開発者は、ODTを使用すれば、最低限のコーディングで、ASP.NET Webアプリケーションを容易に生成できます。

強力なアプリケーション・チューニング・ツール

.NETアプリケーションでのOracle Databaseの使用方法をチューニングするには、Oracle Performance Analyzerを使用します。ボタンを1回クリックすると、負荷をかけた状態でデータベースが監視され、SQLの変更、表への索引の追加といった推奨事項が提示されます。また、SQL Tuning Advisorを使用すると、問合せウィンドウで非定型のSQL文をチューニングできます。

SQLスクリプト・ライフサイクルとソース・コントロール統合

.NETアプリケーションで使用するOracleスキーマ・オブジェクトのSQLスクリプトを生成し、Oracle Databaseプロジェクトで管理します。そして、ソース・コントロールにチェックインし、Oracle SQLエディタでスクリプトを編集して、組込みのSQL*Plus実行エンジンで実行します。

PL/SQLエディタとPL/SQLデバッガ

完全に統合されたPL/SQLエディタとPL/SQLデバッガを使用すると、PL/SQLコード内でVisual Studioのお気に入りのデバッグ機能をすべて利用できます。.NETコードからPL/SQLストアド・プロシージャ・コードにシームレスに移動することもでき、バック・アウトも可能です。

統合されたオンライン・ヘルプ・システム

Oracle SQLやPL/SQLのユーザーズ・ガイドなどが状況依存のオンライン・ヘルプとして統合されているため、Oracleのドキュメントを簡単に参照できます。

ユーザー、ロール、権限の管理

グラフィカル・デザイナを使用して、ユーザーとロールを作成できるほか、権限をロールに割り当てたり、ロールをユーザーに割り当てたりすることができます。また、Server Explorerでユーザーとロールを参照できます。

Oracle Advanced Queuing(Oracle AQ)デザイナ

キューとキュー表を作成、変更、および管理します。

ユーザー定義型(UDT)

複数の新しいデザイナを使用して、OracleデータベースでUDTを作成できます。強力なUDT Custom Classコード生成ウィザードを使用すれば、.NETコードで簡単かつ迅速にUDTを使用できます。

Import Tableウィザード

このウィザードを使用すれば、Oracle Databaseから、またはMicrosoft SQL Server、Microsoft Access、Excelスプレッドシートなどの外部データソースから、表やデータを簡単にインポートできます。

データの編集、ストアド・プロシージャのテスト、一時的なSQL実行

.NETアプリケーションをテストするときには、Oracleデータ・ウィンドウを使用してOracleデータの挿入や更新ができます。ストアド・プロシージャをテストするためのテストベッド、任意のSQL文を実行するためのOracle問合せウィンドウも用意されています。

ドキュメント

Oracle Developer Tools for Visual Studioでは、Visual Studioに組み込まれたオンライン・ドキュメントを使用します。製品をインストールし、「Help」メニューをクリックしてください。

ディスカッション・フォーラム

ガイド付きウォークスルーとダウンロード

バージョン別の新機能一覧