該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
オンラインデータの再編成と再定義

オンラインデータの再編成と再定義

Oracle Database 19cのオンライン再編成&再定義機能により、管理者はテーブルの物理属性を変更し、データとテーブル構造の両方を変換する前例のない柔軟性をユーザーに提供すると同時に、ユーザーがデータベースにフルアクセスできるようにします。

概要

企業のWeb化やeコマース化にともない、アプリケーションのダウンタイムに非常に高いコストがかかるため、高可用性コンピューティングソリューションの重要性が増しています。Gartner Groupの調査によると、eコマースに関与する企業の停止コストは、1時間あたり数百万ドルにおよぶ可能性があります。したがって、データベースの可用性と管理性は今日のミッションクリティカルな環境の多くでますます重要になっています。可用性と管理性を強化する方法の1つは、データ再編成操作中にユーザーがデータベースに完全にアクセスできるようにすることです。

主な特長

オンライン再編成およびOracle Databaseの再定義機能は、管理者にこれまでにない柔軟性を提供します

  • ユーザーがデータベースにフルアクセスできるようにしながら、テーブルの物理属性を変更し、データとテーブル構造の両方を変換します。
  • データの可用性、クエリのパフォーマンス、応答時間、ディスク領域の使用率を向上させます。これらはすべて、ミッションクリティカルな環境で重要です。
  • アプリケーションのアップグレードプロセスをより簡単、安全、高速にします。
  • Enterprise ManagerまたはSQL*Plusコマンドラインインターフェースを使用して実行します。

特徴

テーブルがオンラインで再定義されると、再定義プロセス中のすべての読み取りおよび書き込み操作によりアクセスできます。アプリケーションのアップグレード中に、管理者は再定義プロセスを開始してから定期的に仮テーブルを同期すると、元のテーブルに対する最新の変更が仮テーブルに含むようにできます。これにより、最終的な再定義ステップを完了するまでの時間が短縮されます。管理者は、再定義プロセスを完了する前に、仮テーブルのデータを検証して使用することもできます。これは、アップグレードプロセスを円滑に進める必要がある管理者にとって非常に便利な機能です。管理者は、元のテーブルから新しく再定義されたテーブルに切り替えるタイミングを管理できます。切り替えプロセスは非常に簡単で、テーブルのサイズや再定義の複雑さに関係なくできます。再定義プロセスにより、新しいテーブルが効果的に作成され、データブロックのレイアウト効率が向上します。

必要なオンライン再編成のタイプに応じて、DBMS_REDEFINITIONパッケージを使用するか、次の表に示すようにSQL CREATE / ALTER TABLEおよびINDEXコマンドを使用して実行できます。