該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Beehive ドキュメント

Oracle Beehive Release 1 (1.5)

Part Number Link Download Description
E14897-01 View Library Download (11.46 MB) Oracle Beehive Online Documentation Library Release 1 (1.5)

Oracle Beehive Release 1 (1.4)

Part Number Link Download Description
E13789-01 View Library Download (8.19 MB) Oracle Beehive Online Documentation Library Release 1 (1.4)

Oracle Beehive Release 1 (1.3)

Part Number Link Download Description
E10534-01 View Library Download (10.67 MB) Oracle Beehive Online Documentation Library Release 1 (1.3)

Beehive Collaboration Software

Oracle Beehiveは、スケーラブルでオープンなエンタープライズ・クラスの単一コラボレーション・プラットフォーム上に構築された、一連の統合コラボレーション・サービスです。 Oracle Beehiveを使用すると、ユーザーは、使い慣れたクライアントからコラボレーティブな情報にアクセスできます。また、Oracleテクノロジーに基づいて構築されており、一元管理されたセキュアな標準準拠環境を使用して、IT部門はコラボレーティブ・インフラストラクチャの統合とユーザー中心のアプリケーションの実装を実現できます。


Product Information


Enterprise Messaging


Mobility


Technical Information

  • Oracle Beehiveコラボレーション・プラットフォーム
    企業全体でOracle Beehiveを活用する方法を紹介します。
  • Maximum Availability Architecture for Oracle Beehive (PDF)
    A white paper describing the configuration and operational best practices for using Oracle Beehive with F5 Networks equipment to achieve high availability service levels.
  • Oracle Beehive Object Model submitted to OASIS (PDF)
    Oracle, DERI, ESoCE-NET, Fraunhofer FIT, and Nortel have proposed a draft charter to the Organization for the Advancement of Structured Information Standards (OASIS) for a new OASIS Technical Committee. The Technical Committee will be tasked with defining a standard Integrated Collaboration Object Model (ICOM) for interoperable collaboration services. Oracle is contributing the Oracle Beehive Object Model (BOM) to the OASIS ICOM Technical Committee as the basis for the standard model.
  • Technical Discussion Forum
    ベスト・プラクティスのヒントや情報について、Oracle Beehiveの実装者や開発者とディスカッションをおこないます。