Oracle Database 12c Logo

Fine Grained Auditing
(ファイングレイン監査)


Fine Grained Auditing(FGA)では、監査レコードを生成するために必要となる条件とともに、監査ポリシーをアプリケーション表の列に関連付けることができます。

FGAポリシーは、FGA APIを使用してアプリケーション表に割り当てられます。ファイングレイン監査ポリシーを使用して、特定の期間に表がアクセスされる場合や、特定の列がアクセスされる場合に、監査レコードを作成できます。FGAは、新しいOracle Database 12c Unified Auditを補完して、監査条件を特定の列に関連付けられるようにします。

Fine Grained Auditingで生成された監査証跡レコードをOracle Audit Vault and Database Firewallで読み込んで分析し、悪質である可能性があるアクティビティをセキュリティ・チームに自動的に警告できます。Oracle Audit Vault and Database Firewallの詳細については このリンクをクリックしてください。
 


製品ドキュメント


Oracle Databaseセキュリティ・ガイド 12cリリース1 (12.1)
     ~監査を使用したセキュリティ・アクセスの検証~
      ファイングレイン監査を使用した特定のアクティビティの監査


オラクルのセキュリティ・ソリューション


Oracle Database Vault
Oracle Advanced Security
Oracle Label Security
Oracle Audit Vault and Database Firewall
Data Masking

Oracle Databaseのセキュリティ機能


強力な認証
ネットワーク暗号
Real Application Security
Unified Auditing
セキュアな外部パスワード・ストア
Virtual Private Database
Traditional Database Auditing
プロキシ認証
Enterprise User Security
Secure Application Roles
ファイングレイン監査

顧客の成功事例 (US)


世界中の業界のリーディング・カンパニーが、データ・プライバシの保護、インサイダーの脅威に対する対応、および規制の遵守にOracle Database Securityソリューションを使用しています。Oracle Database Securityソリューションを使用すれば、既存のアプリケーションを変更する必要がないため、時間と費用の節約になります。
Database Security Customers 

ディスカッション・フォーラム(US)


Security
Oracle Audit Vault and Database Firewall