Oracle Database 12c Logo

統合された条件付き監査


Oracle Database 12c Unified Auditingでは、ポリシーおよび条件を使用して、Oracleデータベース内部の選択的かつ効果的な監査を実行できます。新しいポリシー・ベースの構文によって、データベース内の監査の管理が簡素化され、監査を条件に基づいて迅速化できます。たとえば、監査ポリシーを特定のIPアドレス、プログラム、期間、またはプロキシ認証などの接続タイプに基づいて監査するように構成できます。さらに、監査ポリシーを有効にすると、特定のスキーマを監査から容易に除外できます。

監査データのポリシー管理用や参照用に新しいロールが導入されています。AUDIT_ADMINロールおよびAUDIT_VIEWERロールは、監査設定の管理や監査アクティビティの参照を行う特定のユーザーを指定する組織にとって、義務の分離機能と柔軟性を提供します。この新しいアーキテクチャによって既存の複数の監査証跡が単一の監査証跡に統合されるため、管理が簡素化され、データベースによって生成される監査データのセキュリティが向上します。

監査データを管理するにはデータベース内部の組込みの監査データ管理パッケージを使用しなければならず、SQLコマンドで直接更新や削除を行うことはできません。3つのデフォルト・ポリシーが標準で構成されています。監査の集約の目的で、Oracle Audit Vault and Database Firewall 12.1以降が、この新しいOracle Database 12c Unified Auditingに統合されています。Oracleデータベースでの監査について、詳しくは製品ドキュメントを参照してください。

Oracle Databaseセキュリティ・ガイド 12cリリース1

- 監査を使用したデータベース・アクティビティの管理


オラクルのセキュリティ・ソリューション


Oracle Database Vault
Oracle Advanced Security
Oracle Label Security
Oracle Audit Vault and Database Firewall
Data Masking

Oracle Databaseのセキュリティ機能


強力な認証
ネットワーク暗号
Real Application Security
Unified Auditing
セキュアな外部パスワード・ストア
Virtual Private Database
Traditional Database Auditing
プロキシ認証
Enterprise User Security
Secure Application Roles
ファイングレイン監査

顧客の成功事例 (US)


世界中の業界のリーディング・カンパニーが、データ・プライバシの保護、インサイダーの脅威に対する対応、および規制の遵守にOracle Database Securityソリューションを使用しています。Oracle Database Securityソリューションを使用すれば、既存のアプリケーションを変更する必要がないため、時間と費用の節約になります。
Database Security Customers

ディスカッション・フォーラム(US)


Security
Oracle Audit Vault and Database Firewall