該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

今日と明日のための人事ソリューション

オラクルは、アナリティクスの優れた要素を強力な自律型データ管理と組み合わせて、反復性がありシンプルで高速な人事向けの最新ソリューションを構築しています。 オラクルのテクノロジーによって障害が排除され、重要なデータが信頼できる単一ソースにつながるので、高度に実用的なインサイトの活用が今まで以上に高速になります。

Oracle Analytics for HRが選ばれる理由

人事部門は人間の行動に注目しますが、何が従業員に行動を選択させているのでしょうか。 十分なデータと適切なツールがあれば、個々の従業員の意思決定やパフォーマンスの経緯と理由を解き明かすことができます。 Oracleによるアナリティクスとデータ管理により、人事部門はこうした問いへの答えを手に入れることができます。人事部門は以下の項目に関する詳細なインサイトを獲得できます。

  • 採用: 何が効果的で、何が効果的でないかを客観的な目で把握する
  • 離職: データを分析して、意思決定の背後にあるストーリーを語る
  • 給与計算: 給与計算メトリックを掘り下げて、福利厚生、超過勤務、常習欠勤などの要素に関するインサイトを得る

オラクルのソリューションでは、単なる数値の計算をはるかに超えた機能が提供されます。 視覚化によって、統計がわかりやすいチャートやグラフに変換されます。また、組み込みの機械学習モデルと組み合わせると、トレンドや将来の予測を簡単に判断して伝達し、優れたビジネス上の意思決定に生かすことができます。 オラクル製品を使用すれば、人事担当者は次のことが可能になります。

  • リアルタイムの人事データを他のエンタープライズ・データやサードパーティ・データととともに、信頼できる単一ソースに集約するなどの方法で、あらゆるデータを活用し、簡単に管理する
  • 機械学習を応用して予測モデルを作成し、新しいインサイトを短時間で獲得する
  • ライブ・データやインサイトに任意のデバイスからアクセスして、迅速に対処する

人の能力を最大限に引き出すことに注力する業界において、データやメトリックは、人を動かす要因に関する最高のインサイトを提供できます。 Oracleがあれば、人事部門は最先端のタレント・マネジメントの基盤を築いて、従業員の満足度を高め、離職を減らし、予算を最適化することができます。

人事担当者向けのOracle AnalyticsとOracle Autonomous Database

 

あらゆるデータを活用

データは、人材管理システムだけでなく、いたるところで発生します。 さまざまな部署、サードパーティ情報、Internet of Things(IoT)のアプリケーションなど、ソースは多岐にわたります。 本ソリューションは、データ処理を合理化して、あらゆるデータを分析することの価値を引き出します。また、関連するインサイトを発見して、情報に基づくデータ主導の意思決定を可能にします。

 

精度と信頼性

本ソリューションでは、データが信頼できる単一ソースに集約されるため、アナリティクスから信頼性の高いインサイトと結果が得られます。 他の部署や関係者、アプリケーションにまで広がれば、Oracle Analyticsはデータ、メトリック、インサイトの統一的なビューで一貫性と精度を保証します。

 

生産性の向上

データ・ワークフローにおけるあらゆるステップが最適化されます。 データと分析プロセスが高速になります。 機械学習などの組み込み機能が、モデルの構築を加速します。 効率も最適化され、データからインサイト、そして意思決定まで、エンドツーエンドでプロセスが改善されます。

 

インサイト獲得までの時間を短縮

オラクルのソリューションを利用することで、人事担当者はデータに潜むパターンとトレンドを自動的に発見して、根本原因分析を実行し、機械学習を使用して「what if」シナリオをモデル化することができます。 さらに、経営陣や他の事業部門に対して、リアルタイムの強力なインサイトを任意のデバイスで提供したり、新しいプロジェクトを数時間で立ち上げて、臨機応変にニーズに対応したりすることも可能です。

Oracle Analyticsで人事ソリューションを構築しましょう。