該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

よくある質問: Oracle BYOL to PaaS

  • Oracle BYOLとは何ですか。

    BYOLはBring Your Own License(所有しているライセンスの持ち込み)の略です。これまで、所有しているライセンスをOracle IaaS に持ち込むことは可能でしたが、PaaS自動化のメリットを得るために既存のライセンスを活用することはできませんでした。この状況が変わったのです。オラクルは、Oracle BYOL to PaaSを提供することにより、お客様がクラウドへの移行の過程で既存のオンプレミス・ライセンスへの投資を活用できるようにしています。

    オラクルの現在のPaaSサービスはLicense Included PaaSです。これには次のものが含まれています。

    • コンピュートとコンピュート・サポート
    • 自動化
    • ライセンス資格とライセンス・サポート

    Oracle BYOLには次のものが含まれています。

    • コンピュートとコンピュート・サポート
    • 自動化

    お客様は、オンプレミス・ライセンス資格を持ち込み、既存のオンプレミス・サポート契約を通じてライセンス・サポートを受けることになります。

    既存のオンプレミス・ライセンス資格を活用するので、クラウドへの移行コストが低く抑えられます。

  • ライセンス資格をクラウドに移行する場合、資格をオンプレミスに戻すことはできますか。

    はい。オンプレミス、パブリック・クラウド、Oracle Cloud at Customer の間の完全なライセンス・モビリティがあります。

  • オンプレミス・ライセンス資格はOracle BYOLの下でどのようにOracle Cloud にマップされるのでしょうか。

    マッピング・ルールは Oracle PaaS and IaaS Universal Credits Service Descriptionsドキュメントで定義されています。.

    大まかに言うと、1つのOracle Processorライセンスが2つのOCPUにマップされます。詳細は、前述のドキュメントを参照してください。

  • 既存のLicense Included PaaSサービスのすべてに、対応するOracle BYOL to PaaSサービスがあるのでしょうか。

    いいえ。対応するオンプレミス製品のない、クラウド専用のサービスが存在します。たとえば、Oracle Mobile Cloud、Oracle API Platform Cloud Service、Oracle Internet of Things Cloud Service、Oracle Visual Builder Cloud Service などです。

    これらのサービスは、クラウドに持ち込むオンプレミス・ライセンス資格がないため、License Included PaaSとしてのみ使用可能です。

  • Oracle BYOL to PaaSは新しいOracle UCモデルによってどのような影響を受けますか。

    お客様は、License Included PaaSサービスまたはOracle BYOL to PaaSサービスのプロビジョニングの際にクレジットを使用し、これらのサービスでクレジットを消費することができます。

  • お客様は、BYOL to PaaSによって移行したオンプレミス・ライセンスの年間サポート料金を払い続けなければならないのでしょうか。

    はい。

  • Oracle Database Standard Edition、Oracle Database Database Standard Edition 1、Oracle Database Standard Edition 2 のオンプレミス・ライセンス資格はOracle Database Standard Edition Cloud Service にマップされますか。

    はい。

  • お客様がLicense Included PaaSとOracle BYOL to PaaSを同じプロビジョニング済インスタンスに混在させることはできますか。

    いいえ。その2つを同じインスタンスに混在させることはできません。

  • License Included PaaSの場合、単純なスケールアップまたはスケールダウンが可能であり、オラクルからサービスを「借りる」ことに対して1時間単位で料金が請求されます。Oracle BYOL to PaaSのスケーリングはどのような仕組みですか。

    同じスケーラビリティが存在しますが、1つ大きな違いがあります。Oracle BYOL to PaaSの場合、お客様はライセンス資格をオンプレミスからクラウドに持ち込む必要があります。したがって、未使用のライセンスがオンプレミスに多数存在する場合は、BYOLによって持ち込んだ、しかるべき数のライセンス資格があるかぎり、必要な分だけスケールアップまたはスケールダウンすることができます。

  • お客様が一定量のワークロードに対してOracle BYOL to PaaSを使用した上で、License Included PaaSを使用してスケールアップすることはできないのですか。 アーキテクチャによります。

    新規インスタンスを追加して水平方向にスケーリングすることが可能な場合、License Included PaaSによって新規インスタンスを開始できます。

    しかし、多くの状況で必要になるのは、インスタンスにコアを追加してインスタンスを垂直方向にスケーリングすることです。特にデータベースによく見られるケースです。この場合、Oracle BYOL to PaaSとLicense Included PaaSを同じインスタンスに混在させることはできません。すべてをOracle BYOL to PaaSのコアにするか、License Included PaaSのコアにするかのいずれかです。

  • Oracle Database のLicense Included PaaSを使用しているすべてのお客様がDiagnostics Pack、Tuning Pack、Data Masking and Subsetting Pack、Real Application Testing にアクセスできると保証していることから、同じエクスペリエンスがOracle BYOLのお客様にも提供されるのでしょうか。

    はい。お客様がOracle Database Enterprise Edition のライセンス資格をOracle PaaSに持ち込む場合、Diagnostics Pack、Tuning Pack、Data Masking and Subsetting Pack、Real Application Testing については、これらのデータベース・オプションのオンプレミス・ライセンス資格がなくても使用権限が付与されます。

  • Diagnostics Pack、Tuning Pack、Data Masking and Subsetting Pack、Real Application Testing は、IaaSにライセンスを持ち込んだお客様向けのサービスにも含まれていますか。

    いいえ。これらの資格はPaaSにライセンスを持ち込んだお客様にのみ付与されます。

  • Oracle Unlimited License Agreementを締結したお客様はOracle Cloud に持ち込んだライセンスを認定できますか。

    いいえ。

  • Oracle UCプログラムとOracle BYOL to PaaSプログラムを利用した場合のコストを予測できますか。

    Cost Estimatorに情報を入力してください。.