ユニバーサル・クレジット

Oracle Universal Creditsは、将来のクラウド・サービスのリリースを含む、あらゆるリージョンのあらゆるOracle Cloud Infrastructure(OCI)サービス*に対して、予測可能で一貫性のある支払い方法を提供します。クレジットは、1年間のOCIサービスの利用に応じて引き落とされるため、ワークロードを柔軟に増やすことができます。

Oracle Cloudのコスト試算ツール

Oracle Cloud Infrastructureを使用した場合の、予想される月次のプロジェクト・コストを見積もることができます。

すべてのOCIリージョンにまたがるUniversal Creditsのメリット

Universal Creditsの利用

Universal Creditsの利用

Universal Creditsモデルは、Oracle Cloud Infrastructureサービスの最も柔軟な購入および利用モデルです。オラクルからOCIサービスを購入する方法としては、(1)従量課金制(PAYG)と(2)Universal Creditsの年間コミットメント・モデルの2つを用意しております。年間コミットメント・モデルでは、お客様にユニバーサル・クレジットのプリペイド額をご購入いただき、実際の使用量に応じてプリペイド額を引き落とします。

クレジットは、どのOCIリージョンでも随時、対象サービスに適用することができます。*お客様は、いつでもサービスやリージョンを変更することができます。(ノート: Oracle EU Sovereign Cloudリージョンで導入しているお客様は除外されます。)

実際のOCIサービス利用額は、お客様のUniversal Creditsの合計契約額から引き落とされます。Universal Creditsは、最低12ヶ月、または契約で指定された契約期間終了までに使い切る必要があります。契約期間終了までに使用されなかったクレジットは失効します。

クラウド・サービス期間中に年間コミットメントの金額を超過した場合、オラクルは、お客様のご注文時に設定され、お客様のクラウド・ポータルに反映されるレート・カードの価格に基づいて、超過分の利用料金を毎月後払い請求します。また、Universal Creditsを追加でご購入いただき、お客様のカテゴリー・ディスカウントにてアカウントに補充することも可能です。

詳細については、オラクルのPaaSおよびIaaS Universal Creditsサービスの説明をご確認ください。

Oracle Cloud Infrastructureがリーダー的存在であり、お客様のすべてのワークロードに適している理由をご覧ください。

OCIを使い始める

20以上のAlways Freeクラウド・サービスを30日間の試用版で試す

オラクルは、Autonomous Database、Arm Compute、Storageなどの一部のサービスについて時間制限のない無償枠を設けています。また、その他のクラウド・サービスをお試しいただくために300米ドル分の無償クレジットもご用意しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierの内容

    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • AMDおよびArm Compute VM
    • 200GBの合計ブロック・ストレージ
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ
    • 10TBのアウトバウンド・データ転送/月
    • 10以上のAlways Freeサービス
    • 300ドルの無料クレジットが30日間提供

段階的なガイダンスで学ぶ

チュートリアルとハンズオン・ラボを介して、幅広いOCIサービスを体験してください。開発者、管理者、アナリストのいずれであっても、OCIの仕組みを把握できるよう支援します。多くのラボは、Oracle Cloud Free TierまたはOracle提供の無料ラボ環境で実行されます。

  • OCIコア・サービスを使い始める

    このワークショップのラボでは、仮想クラウド・ネットワーク(VCN)やコンピュートおよびストレージ・サービスを含むOracle Cloud Infrastructure(OCI)コア・サービスの概要を説明します。

    OCIのコア・サービス・ラボを今すぐ始める
  • Autonomous Databaseのクイック・スタート

    このワークショップでは、Oracle Autonomous Databaseの使用を開始する手順について説明します。

    Autonomous Databaseのクイック・スタート・ラボを今すぐ始める
  • スプレッドシートからアプリを構築

    この演習では、スプレッドシートをOracle Database表にアップロードし、この新しい表に基づいてアプリケーションを作成します。

    このラボを今すぐ始める
  • OCIへのHAアプリケーションのデプロイ

    このラボでは、ロード・バランサを使用して高可用性モードで構成された、Oracle Cloud Infrastructure (OCI)の2つのコンピュート・インスタンスにWebサーバーをデプロイします。

    HAアプリケーション・ラボを今すぐ始める

150以上のベストプラクティス設計の詳細

アーキテクトなどのお客様が、エンタープライズ・アプリケーションからHPCまで、マイクロサービスからデータレイクまで、さまざまなワークロードをどのように導入しているかを参照してください。ベストプラクティスを理解し、当社のBuilt &Deployedシリーズで他のお客様のアーキテクトから話を聞くとともに、「Click to deploy」機能を使用して多くのワークロードをデプロイしたり、GitHubリポジトリから自分でデプロイすることができます。

一般的なアーキテクチャ

  • Apache TomcatとMySQL HeatWave Database Service
  • Oracle Weblogic on KubernetesとJenkins
  • 機械学習(ML)およびAI環境
  • Tomcat on ArmとOracle Autonomous Database
  • ELKスタックによるログ分析
  • OpenFOAMを使用したHPC

最新の発表、お客様との対話、製品固有のインサイト、テクニカル・セッション、ハンズオン・ラボなど、役に立つイベント・シリーズをご覧ください。

  • Oracle Cloud Infrastructureのイベント

    ライブやオンデマンドのイベントで学び、OCIを最大限に活用しましょう。

    OCIイベントの詳細
  • Oracle CloudWorld

    オラクルのクラウド・インフラストラクチャおよびアプリケーションのお客様とパートナー様向けの新しいグローバル・カンファレンスにご参加ください。

    Oracle CloudWorldの詳細

営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • OCIで最適に動作するワークロードは何ですか?
    • オラクルへの投資全体を最大限に活用するには、どうすればよいですか?
    • OCIは、他のクラウド・コンピューティング・プロバイダーと比較して、どうですか?
    • OCIはIaaSPaaSの目標をどのようにサポートできますか?

* 可用性による