該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Platform as a Service(PaaS)とは

PaaSは、オンプレミスまたはクラウドでデジタル時代の最新のアプリケーションを構築および管理するための一連のサービスです。

PaaSとは

PaaSは、開発者、IT管理者、およびエンドユーザーがモバイルおよびWebアプリケーションを構築、統合、移行、展開、保護、および管理できるようにするインフラストラクチャおよびミドルウェア・コンポーネントを提供します。

PaaSは、生産性を高めるために、すぐに使用できるプログラミング・コンポーネントを提供することで、開発者は、次のような革新的なテクノロジーを含む、アプリケーションに新しい機能を組み込むことができます。人工知能(AI)チャットボットブロックチェーン、およびそのInternet of Things(IoT)

PaaSサービスには、ビッグデータ分析コンテンツ管理データベース管理システム管理 、およびセキュリティを含むアナリスト、エンドユーザー、専門のIT管理者向けのソリューションが含まれます。

PaaSは、透過的な価格設定やターンキー・プロビジョニングからオンデマンドのスケーラビリティや障害復旧まで、クラウド・コンピューティングの基本的な利点をすべて提供し、すべてが使いやすいダッシュボードを介して一貫した方法で管理されます。その結果、企業は次のことが可能になります。

  • IT運用の標準化と簡素化
  • すぐに使えるソリューションでビジネス革新を加速
  • 運用、セキュリティ、ガバナンスのリスクを軽減
PaaSでクラウドの革新とビジネス変革を推進します。

PaaSの略歴

PaaSが登場するまで、IT部門は個別にライセンスされた製品の評価、購入、組み立て、展開、パッチ適用、アップグレード、および保守を行わなければなりませんでした。多くの場合、それらは複数のベンダーから供給されており、それぞれがライセンス、インストール、構成、セキュリティ、および統合に対する独自のアプローチがありました。これにより、ビジネス、管理、統合のプロセスがかなり複雑になっていました。

市場が成熟するにつれ、豊富なミドルウェア・コンポーネントも成熟しました。これに対応して、プロバイダーは事前統合されたミドルウェア・スイートを作成して、複雑さを簡素化しようとしました。ただし、単一ベンダーのプラットフォームで標準化していなかった組織にとっては、ベンダー間の管理と統合は依然として負担になっていました。開発者とDevOpsグループの両方が、この複雑さを管理する責任を継続的に負ってきました。

PaaSサービスの例

 

アプリケーション開発 ビジネスソリューション
開発ツールとプロセス ビジネス・インテリジェンス
コンテナ 分析
APIカタログ セキュリティ
統合 管理
可動性 データ管理
チャットボット ブロックチェーン
人工知能と機械学習 IoTアプリケーション
IoTコンポーネント コンテンツ管理

PaaS採用の主なビジネス推進要因

クラウド・コンピューティングの出現により、アプリケーションの方程式が変わり、アプリ開発のプラットフォームは、この複雑さを単純化するための理想的な候補になりました。2000年半ばには、プロバイダーは標準化されたAPIを介して提供されるミドルウェア・クラウドサービスの統合セットの提供を開始しました。PaaSが誕生しました。ただし、これらの開拓時代には、プロバイダーは基本的にサーバー、ストレージ、およびネットワークサービスのみを提供し、PaaSソリューションは、リスクが少なく要件の少ない開発環境にのみ適していました。

アプリ開発の成功により、ユースケースは軽量の生産ワークロードに進化し、その移行に伴い、企業の要件も増加しました。これにより、実績のあるエンタープライズ・ミドルウェアの需要も順に増えていきました。その結果、最新のPaaSソリューションは、堅牢なエンタープライズ・ミドルウェア機能を含むようにまで成長しました。

企業にとって、ビジネスの継続性を保証する、予測可能で一貫したパフォーマンスは、最も重要な生産ワークロード要件の1つです。これらの機能は、サービスレベルアグリーメント(SLA)への明示的なコミットメントにより支えられています。本当に効果的にするためには、PaaSとInformation-as-a-Service(IaaS)層の両方が連携する必要があります。良い例には、システムのシャットダウンと再起動の必要のないスケーラビリティとフォールトトレランスが含まれます。

企業には、ガバナンスを実行するためのより高い基準もあります。PaaS全体で脅威を防ぐには不十分であり、脅威が阻止されたことを実証する必要があります。クラウドの使用が拡大するにつれて、生産と開発の両方の構成が標準と脆弱性から外れていきます。エンタープライズPaaSは、包括的で一貫性のあるロギングおよび監査ツールを提供します。

すべての開発者が、生産性と品質の向上に挑戦しています。しかし、企業組織が拡大し革新するにつれて、自分で組み立てる継続的な統合/継続的なデリバリー(CI / CD)環境により、開発プロセスは行き詰まります。エンタープライズPaaS開発は、ビルド済みでオープンな統合開発環境に依存する必要があります。

デジタル時代はPaaSの需要を増加させただけです。ミドルウェア層がより複雑になるにつれて、ビジネスはアプリケーションの配信をより速いペースで求めてきます。当然のことながら、パブリックとプライベートの両方のPaaSソリューションを含むPaaSの採用は加速し続けます。

ほとんどのIT決定が、効率、有効性、およびリスクの低減の3つの原則に従って正当化されます。以下は、PaaSソリューションがこれらの各原則をどのように実現するかについてです。

  • IT効率:PaaSは、プロビジョニングの高速化、自動化の向上、展開の標準化、日常的なタスクの排除、スケーラビリティの向上を実現します。
  • ビジネス・イノベーション:PaaSは、モバイル・アプリケーション、より革新的なユーザー・エクスペリエンスのサポート(チャットボット)、より信頼性の高いトランザクション(ブロックチェーン)、リリースサイクルの高速化(コンテナおよびAPI )、およびデータ検出(分析)など、ビジネスチャンスに対するITの応答性を高めることで、トップラインとボトムラインの結果を推進します。
  • リスク削減:PaaSは、セキュリティを強化および簡素化し、異種のITコンポーネント全体で進化する脅威への対応を高速化します。データの損失を防ぎ、リカバリを高速化しながら、ビジネスの回復力を上げ、ダウンタイムを削減します。
主な目的
PaaSのサポートについて

IT効率:

  • プロの管理者(DBA、システム管理者、DevOps、SecOps)のタスクを排除して簡素化
  • IT管理者の生産性を向上
  • 迅速なスケーラビリティを実現
  • 開発者のスピードと品質を向上
  • ITコストを削減

 

  • セルフサービスのプロビジョニングを実現
  • IaaSサービスと統合
  • 開発者に完全なAPI第一のコーディング環境を提供
  • ライフサイクル・アクティビティと運用アクティビティの極端な自動化を実現
  • 管理およびセキュリティプロセスに共通のダッシュボードとツールを使用
  • 技術サプライヤーの数を削減

ビジネス革新:

  • 収益の増加
  • 顧客、従業員、パートナーへのサービスを改善
  • アナリストとユーザーの生産性を向上
  • プラットフォーム管理よりビジネス成果にITを集中させる

 

  • エンドユーザーに使いやすいコーディング環境を提供
  • 開発者および非技術者向けのアプリケーションを迅速に構築および拡張
  • AI、自然言語処理(NLP)、IoT、ブロックチェーン、分析などの新しい技術を容易に活用

リスク削減

  • セキュリティの脅威と混乱を削減
  • 高可用性を提供
  • ダウンタイムとデータ損失を最小化
  • 迅速な回復を保証

 

  • 自動化されたパッチ管理を提供
  • ゼロトラスト・リソースのアクセスモデルを採用
  • デフォルトでデータを暗号化
  • アイデンティティとセキュリティ管理を統合
  • 高速ネットワークでサポートされている地域間の可用性の自動化を提供
  • 高いSLA保証が特徴

PaaSの未来

PaaSソリューションの進化に伴い、革新の提供を続け、インストール、セットアップ、設定から管理、保守、監査に至るまで、運営と管理の複雑さを解消します。以下のことを通してこれを達成します。

  • マネージド・サービスの自動化と自律運用の向上
  • 拡張および強化されたファーストパーティおよびサードパーティの統合
  • AI、IoT、ブロックチェーン、チャットボット、およびその他の新しい技術のネイティブサポート

1つのPaaS—複数のクラウドとプロバイダー

PaaSソリューションの評価において、自分の組織が時間とともにどのように進化するかを考慮することが重要です。今日の技術の変化率では、最大の柔軟性をサポートするソリューションが有利です。つまり、PaaSプロバイダーに真のエンタープライズ戦略があるかどうかを検討することが重要です。

たとえば、重要な考慮事項の1つはマルチクラウドサポートです。IDCによると、エンタープライズIT組織の75%が2017年にマルチクラウド・ソリューションを使用していました。マルチクラウドの使用率は2018年に85%に増加します。オンプレミス、パブリック、プライベートのクラウド環境間でのワークロード移行の柔軟性により、企業はリスクを軽減し、最適な価格設定を動的に活用し、進化する規制要件とガバナンス要件を満たすことができます。

戦略の進展に伴ってPaaSの約束を最大限に活用できるようにするには、次のようなワークロードと開発オプションを検討してください。

  • マルチクラウドのポータビリティをサポート:マルチクラウドのPaaS戦略では、データベース、コンテナ、オープンソース、およびJava 間の簡単なワークロード・ポータビリティが求められます。
  • ITポートフォリオ全体の制御を統合:複数の運用プラットフォームが現実です。優れた運用性を実現するには、単一のツールセットを使用して、クラウドとオンプレミス全体のセキュリティと管理をアクティブに制御します。
  • ベンダーのロックインを強制しない:業界標準に基づいて構築されたPaaSソリューションは、ITの機敏さを維持しますが、ベンダーのロックインを強制するソリューションは陳腐化し、技術、規制、ビジネス状況の変化に合わせて書き換えられます。

最新、完全、未来証明:適切なPaaSプラットフォームの選択

多くのPaaSのユースケースと構成があります。開発者がコンポーネントからソリューションを組み立てる場合もあれば、ソリューションがプロビジョニングされてすぐに使用できる場合もあります。以下は、人気のあるPaaSのユースケースとその主な機能の一覧です。

PaaSのユースケース
主な特長
  • オンプレミスとクラウド・アプリケーションをシームレスに統合するための、ビルド済みのすぐに使用できるアダプターを使用
  • ポイント・アンド・クリックのビジュアル開発で拡張機能を簡素化
  • さまざまなオンプレミス・データベースとクラウド・データベースに対して、リアルタイムのフォールトトレラントデータ統合およびレプリケーションサービスが必要
  • 一貫性と品質がAPIカタログに依存
  • 統合サービスとサポート分析を使用
  • データの来歴とガバナンスを保証
最新のアプリ開発をサポート
  • 開発者の生産性と、問題の追跡、コードのバージョン管理、wiki、アジャイル開発ツール、継続的な統合およびデリバリー自動化を含むツールを使用
  • ポータビリティを損なうことなく、オープンソースの言語、プラットフォーム、フレームワークをサポート
  • バックエンドおよびフロントエンドの開発者向けのAPI第一開発コンポーネント、サービス、およびプロセスを配備
  • ブラウザベースのビジュアル開発環境を提供
  • オープンメッセージング、データとサービスの統合、NLPチャットボット、および管理を備えたモバイルアプリケーション・プラットフォームを利用
  • オンプレミスとクラウド・プラットフォーム間の言語とツールの相互運用性を提供
ブロックチェーンを有効化
  • ブロックチェーンサービスへのAPIサポートを有効にして、情報とトランザクションを安全に交換
ワークロードのクラウドへの移行をサポート
  • 迅速なDevTestの導入、ディザスタリカバリ、本番環境のツール、ワークロードにマルチプラットフォームの相互運用性を使用
  • パッケージ済みのアプリケーション移行ツールを配備
  • サードパーティ製および自社製のアプリケーションをサポート
ビジネス分析をサポート
  • 大量のデータの取り込みと変換ツールを使用
  • 構造化データと非構造化データにデータ管理を採用
  • 視覚的なエンドユーザー、アナリスト、データ探索ツールを配備
  • 大規模なデータセットの最適化を実行
  • 統計分析、予測分析、機械学習分析のための高度で高度な分析ツールと手法を使用
  • Webおよびモバイルデバイスのオープン・エンタープライズ・レポートを提供
最新のセキュリティとコンプライアンスをサポート
  • 機械学習、ユーザーセッションの認識、最新の脅威インテリジェンスのコンテキストに基づく迅速な検出と修復のためにセキュリティの監視と分析を採用
  • クラウドアクセス・セキュリティブローカー(CASB)のような他のクラウドベースのサービスで活用できるID標準で構築された最新のIDおよびアクセス管理を配備
  • 統合されたマルチクラウドおよびオンプレミスのセキュリティツールを使用