申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、デプロイしましょう。

PaaSとは

Oracle CloudWorldでOCIスキルを加速

OCIをすでに使用している方も、何ができるかを知りたい方も、10月17~20日に開催されるOracle CloudWorldに参加すると、有益な情報を得ることができます。

PaaS (Platform as a Service)(SaaS (Software as a Service)と混同しないでください)は、最新のアプリケーションとデータをオンプレミスまたはクラウドで構築および管理するために使用される一連のクラウド・サービスです。PaaSは、開発者とIT管理者がモバイル・アプリやWebアプリケーションを構築および管理できるようにする、インフラストラクチャとミドルウェア・コンポーネントをクラウドで提供します。

生産性を高めるために、PaaSはアプリケーション内で新しい機能を開発できるように、すぐに使えるプログラミング言語コンポーネントを提供します。これらの機能には、人工知能(AI)チャットボットブロックチェーンInternet of Things (IoT)などの革新的なテクノロジーが含まれています。また、PaaSには、クラウド・ネイティブ・サービス、KubernetesDockerおよびコンテナ・エンジンなど、アプリケーション開発ツール・スイートも含まれています。

PaaSは、開発者サポートに加えて、ビッグデータ・アナリティクス、コンテンツ管理、データベースおよびデータ管理、システム管理およびクラウド・セキュリティなどの機能およびツールをアナリスト、エンド・ユーザー、専門的なIT管理者に提供します。

企業にとって、PaaSには、透明性のある価格設定、ターンキー・プロビジョニング、オンデマンドのスケーラビリティ、ディザスタ・リカバリおよび管理を容易にする直感的なダッシュボードなど、クラウド・コンピューティングの基本的なメリットを備えています。その結果、企業は次のことが可能になります

  • IT運用の標準化と簡素化
  • すぐに使えるソリューションでビジネス・イノベーションを加速
  • 運用、セキュリティ、ガバナンスのリスクを軽減

PaaSの歴史

PaaSが登場するまでは、ITはライセンス製品ごとに管理する必要がありました。つまり、製品の評価、購買、統合、デプロイメント、パッチ適用、アップグレードなど、さまざまなアクションに対して個別のプロセスを持つことです。多くの場合、これらの製品は複数のベンダーから調達され、それぞれがライセンス、ロジスティクス、セキュリティに対して独自のアプローチを取っているため、管理がますます複雑になり、多くの場合、ギャップが生じてリスクが発生します。

市場が成熟するにつれ、豊富なミドルウェア・コンポーネントも成熟しました。そのため、プロバイダはあらかじめ統合されたミドルウェア・スイートを使用して簡素化を試みました。ただし、シングルベンダー・プラットフォームで標準化していない組織の場合、クロスベンダーの管理や統合が負担となり、開発者とDevOpsグループの両方が、この複雑さを管理する継続的な責任を負っています。

PaaSの導入:主要なビジネス推進要因

企業にとって最も重要な本番ワークロード要件の1つは、ビジネス継続性を確保するための予測可能で一貫したパフォーマンスです。この要件は、サービス・レベル契約への明示的なコミットメントによって保証されます。

真に有効であるためには、PaaSとInformation-as-a-Service(IaaS)の両方のレイヤーが連携しなければなりません。一貫したパフォーマンスをサポートするテクノロジ機能のよい例として、システムの停止および再起動を必要としないスケーラビリティとフォルトトレランスが挙げられます。

IT関連のほとんどの意思決定は、効率性、有効性、リスク低減という3つの原則に則って正当化されます。PaaSソリューションは、次のようなさまざまな方法でこれらの原則を提供します。

  • IT効率:PaaSは、プロビジョニングを迅速化し、自動化を促進し、展開を標準化し、定型業務を排除し、スケーラビリティを改善します。
  • 効果とビジネス・イノベーション:PaaSは、ITがビジネス・チャンスに迅速に対応できるようにすることで、売上および収益の結果を促進します。たとえば、PaaSは、モバイル・アプリケーションを効率的に開発し、チャットボットを介したより革新的なユーザー・エクスペリエンスをサポートし、ブロックチェーンを使用してより信頼性の高いトランザクションを提供し、コンテナAPIでリリース・サイクルを加速し、データの検出とアナリティクスを向上させます。
  • リスク削減:PaaSは、異種ITコンポーネント全体でセキュリティを強化し、簡素化するとともに、ますます高度になる脅威への対応を迅速化します。データの損失を防ぎ、リカバリを高速化しながら、ビジネスのレジリエンシーを上げ、ダウンタイムを削減します。

最適なPaaSプロバイダを選択する方法

PaaSソリューションを評価する際には、自分の組織が長期的にどう進化していくかを考慮することが重要です。テクノロジは急速に変化しているため、最大限の柔軟性を提供するソリューションを採用することで、お客様の企業は優位に立つことができます。戦略の進化に合わせてPaaSを最大限に活用するには、次のようなワークロードと開発オプションを検討してください。

  • マルチクラウド・ポータビリティをサポート:マルチクラウドのPaaS戦略には、データベース、コンテナ、オープン・ソース、Javaの間でワークロードを簡単に移植できることが求められます。
  • ITポートフォリオ全体の制御を統合複数の運用プラットフォームがある状態が現実となっています。優れた運用性を実現するには、1つのツールセットを使用して、ハイブリッド・クラウド環境とオンプレミス環境全体のセキュリティと管理をアクティブに制御します。
  • ベンダーのロックインを強制しない:業界標準をベースに構築されたPaaSソリューションなら、今後もITの俊敏性が維持されます。ベンダーのロックインを余儀なくされる企業は、技術、規制、ビジネス状況の進化に伴って陳腐化し、書き換えられてしまいます。

なぜPaaSなのか?

多くの組織は、ITコストを削減しながらイノベーションを加速するというプレッシャーに直面しています。PaaSを使用すると、開発者とITの専門家は、インフラストラクチャの調達、デプロイ、実行、管理に関連する障害に直面することなく、ビジネス・アプリケーションを開発およびデプロイできます。その結果、しばしば、アプリケーションの開発とデプロイの両方に即時にセルフサービスでアクセスできる環境になります。

その結果、PaaSは企業にスピードと柔軟性をもたらし、次のような多くのメリットを提供します。

  • コラボレーションの機能の向上
  • 生産性の向上
  • 俊敏性の向上
  • ビジネス・インサイトへの新たな道筋

また、PaaSはサブスクリプションベースの価格体系を採用しているため、最終的にコストが予測可能かつ管理可能なものになっています。

PaaSの未来

PaaSソリューションが進化するにつれて、リソースとアプリケーションの管理を簡素化しながらイノベーションを提供し続け、企業がデプロイメントおよび管理プロセス全体で管理タスクを減らし、複雑さを軽減するという継続的なメリットを享受できるようになります。PaaSソリューションは、インストール、セットアップ、構成から、管理、メンテナンス、監査に至るまで、継続的に機能を拡張し、改良します。PaaSソリューションがこれを実現するには、次のような方法があります。

  • 拡張および強化されたファーストパーティおよびサードパーティの統合
  • マネージド・サービスの自動化と自律運用の向上
  • AI、IoT、ブロックチェーン、チャットボット、およびその他の新しい技術のネイティブサポート

PaaSのメリットが拡大し続けている今こそ、企業やITスタッフが参画するときです。あらゆる規模の組織が、将来の進化の基盤を構築しつつ、現在における多くのメリットを享受できます。

PaaSのユース・ケース

多くのPaaSのユースケースと構成があります。開発者がコンポーネントからソリューションを組み立てる場合もあれば、ソリューションがプロビジョニングされてすぐに使用できる場合もあります。これらは、今日の業界で最も普及しているユース・ケースの一部です。

アプリケーションの接続と拡張

  • 事前構築済みのすぐに使えるアダプタを使用して、オンプレミス・アプリケーションとクラウド・アプリケーションのシームレスな統合を実現
  • ポイント・アンド・クリックのビジュアル開発で拡張機能を簡素化
  • さまざまなオンプレミス・データベースとクラウド・データベースに対して、リアルタイムのフォールトトレラントデータ統合およびレプリケーションサービスが必要
  • 一貫性と品質がAPIカタログに依存
  • 統合サービスとサポート分析を使用
  • データの来歴とガバナンスを保証

最新のアプリ開発をサポート

  • 問題追跡、コードのバージョン管理、wiki、アジャイル開発ツール、継続的インテグレーション、デリバリの自動化など、開発者向け生産性向上ツールを使用
  • ポータビリティを損なうことなく、オープンソースの言語、プラットフォーム、フレームワークをサポート
  • バックエンドおよびフロントエンドの開発者向けのAPI第一開発コンポーネント、サービス、およびプロセスを配備
  • ブラウザベースのビジュアル開発環境を提供
  • オープン・メッセージング、データとサービスの統合、自然言語処理チャットボット、管理機能を備えたモバイル・アプリケーション・プラットフォームを使用します
  • オンプレミスとクラウド・プラットフォーム間の言語とツールの相互運用性を提供

ブロックチェーンを有効化

  • 情報とトランザクションを安全に交換するためのブロックチェーン・サービスに対するAPIサポートを可能に

ワークロードのクラウドへの移行をサポート

  • 迅速なDevTestの導入、ディザスタリカバリ、本番環境のツール、ワークロードにマルチプラットフォームの相互運用性を使用
  • パッケージ化されたクラウド移行ツールがある
  • サードパーティ製および自社製のアプリケーションをサポート

ビジネス・アナリティクスをサポート

  • 大量のデータの取り込みと変換ツールを使用
  • 構造化データと非構造化データのデータ・センター管理を採用
  • 視覚的なエンドユーザー、アナリスト、データ探索ツールを配備
  • 大規模なデータセット最適化の実行
  • 詳細かつ高度なアナリティクス・ツールおよび手法を使用して、統計、予測、機械学習アナリティクスを実行します
  • Webおよびモバイルデバイスのオープン・エンタープライズ・レポートを提供

最新のセキュリティとコンプライアンスをサポート

  • 機械学習、ユーザー・セッション認識、最新の脅威インテリジェンス・コンテキストに基づいた迅速な検出と修正を可能にするセキュリティ・モニタリングとアナリティクスを採用します
  • Oracle CASB(Cloud Access Security Broker)などの他のクラウドベース・サービスで利用できる、組み込みのアイデンティティおよびアクセス管理機能を備えています
  • 統合されたマルチクラウドおよびオンプレミスのセキュリティツールを使用