申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

API管理

Oracle Cloud Infrastructure (OCI) は、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)のライフサイクルを管理する包括的なサービス群を提供しています。あらかじめ組み込まれたツールにより、開発者チームはコラボレーションしながら、APIのプロトタイプの作成やテスト、検証を簡単に行うことができます。Oracle Cloud Infrastructure API Gatewayは、APIおよびSOAベースのシステムに対して統合、高速化、ガバナンス、およびセキュリティの機能を提供し、チームがWeb APIをセキュアに管理および配信できるようにします。さらに、利用プランとサブスクリプションにより、APIオペレータはAPIを監視して収益化することもできます。

最新のAPIの構築

OpenAPIを活用し、OCI API Gatewayでデプロイ、運用、保護しましょう。

APIの設計と開発

APIのプロトタイプ作成の容易化

開発者は幅広いツールから選択して、OCI API GatewayがサポートするOpenAPI形式のAPI記述を作成できます。

OpenAPIのサポート

広く受け入れられているOpenAPI標準のサポートにより、各組織のAPIをサードパーティが容易に採用できます。

設計プロセスの効率向上

OCI API Gatewayによる標準レスポンスAPIのサポートにより、開発チームはAPI記述のプロトタイピングとテストを迅速に行うことができます。早期にフィードバックを得ることで、チームはコードを書く際のリスクを排除することができます。


APIの導入

Oracleが管理するAPIフロントエンド

Oracle API Gatewayは高可用性の仮想ネットワーク・アプライアンスであり、API呼び出しを大規模に受信し、ロードバランサー、コンピューティング、Kubernetes、サーバーレス・ファンクションなどのOracle Cloud Infrastructureバックエンド・サービスにルーティングできます。

APIのプライベートな導入またはパブリックな導入

アプリケーションの要件に基づいて、APIへのアクセスをプライベート・ネットワーク(リージョン・サブネット)の範囲に制限できるほか、インターネットからAPIにアクセス可能にすることもできます。

サーバーレスAPI

API GatewayとOracle Functionsを使用するサーバーレスAPIは、需要に基づいてリソースのスケールを自動的に調整できるので、インフラストラクチャの運用が不要になります。

APIのセキュリティ

Oracle Identity Cloud ServiceやOkta、Auth0などのサードパーティIDプロバイダが提供するJSON Web Tokenを使用してAPIをセキュリティで保護します。Webページの相互運用性を確保するために、CORS(Cross Origin Resource Sharing)をサポートするAPIを作成します。

レート制限ポリシー

APIに対するレート制限によって、バックエンド・サービスへのトラフィックを抑制し、これによってインターネットへの露出を制御してサービス拒否攻撃から保護します。


APIの利用とマネタイズ

利用プランの作成

API管理者は、API Gateway内で利用プランを作成し、APIアクセス階層を定義することができます。利用プランとサブスクリプションは、社内のユーザー・グループと社外の開発者エコシステムとで共有することができます。

サブスクリプションの管理

API管理者は、サブスクリプションと権限を管理し、API利用者がAPIをサブスクライブできるようにします。

利用状況からの価値創出

APIチームは、利用プランとサブスクリプションに基づいて、APIのトラフィックと分析を監視することができます。これにより、お客様は利用パターンを分析し、APIを収益化することで新たな収益源を確保することができます。


すべてのお客様事例を表示

API Managementのお客様成功事例

幅広い業界のお客様がAPIの管理にOracle Cloudを使用しています。

DigiFarm logo
Pompeii logo
Regional Transit District logo
Skanskaのロゴ
Trunk Club logo
DigiFarm logo

DigiFarm社、農家の耕地における収穫向上の実現に向けて、精密農業のプラットフォームをOCIで運用

API Managementのユース・ケース

  • クラウド・ネイティブでSaaSアプリケーションを拡張

    Oracle Visual Builder、Oracle Functions、Oracle API Gatewayを使用して、Oracle Fusion ApplicationsのSaaS拡張機能を設計および導入します。

    アーキテクチャの詳細を見る

  • APIの構築

    アプリケーション・ドメインのセマンティクスを定義し、APIのアーキテクチャ・スタイルを決定することにより、APIを準備、設計し、そのプロトタイプを作成します。

    技術概要を読む(PDF)

  • ファサードとしての安全なRESTful API Gateway

    IDプロバイダーで認証するプロキシを作成し、クラウドとオンプレミスの両方で複数のRESTfulサービスへのアクセスを提供します。

    アーキテクチャを見る

API Managementの料金

API管理

サービス
従量制
課金単位
APIゲートウェイ

1か月あたり100万回のAPI呼び出し

年間フレックス料金 = 従量課金制料金

請求に関するお問い合わせ

2021年5月6日

API設計はクラウドネイティブな開発に不可欠

製品戦略担当ディレクター、Robert Wunderlich

拡張性の高いメンテナンス可能なソリューションを構築しようとする開発者が増えるにつれて、クラウドネイティブへの注目度が高まっています。しかし、クラウドネイティブとは実際には何を意味し、APIはどのように関連しているのでしょうか。

Cloud Native Computing Foundationによるクラウドネイティブの定義をお読みください。

全文を読む

リソース

ドキュメント

ドキュメント

API GatewayApiary、およびAPI Platformの最新リリースが提供する新機能について学びます。

API GatewayApiaryおよびAPI Platformを使用してみます。

よくある質問: API Gateway (PDF)ApiaryおよびAPI Platform

アーキテクチャ・センターにアクセスする

リファレンス・アーキテクチャ

関連製品

Functions

コードをすばやく導入して実行

統合クラウド

SaaSとオンプレミス・アプリケーションを接続

Cloud Nativeサービス

コンテナ、サーバーレス、API、Kafka

DevOpsサービス

CI/CD、Terraform、監視、ロギング

ここから始めよう


無料トライアルを試す

Oracle Cloudへの30日間のアクセス。


API Gatewayのクイック・スタート

最初のAPIを素早く作成、導入、呼び出すための手順


Apiaryを無料で試す

開発者向けに構築された高機能なAPI設計スタック


お問い合わせ

販売、サポート、その他の質問については、アソシエイトにご連絡ください