申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Cloud Native

Oracle Cloudのネイティブ・サービスおよびソフトウェアは、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)やハイブリッド・クラウド、マルチクラウド環境向けにGraalVM、Kubernetes、コンテナ、サーバーレス機能、API管理およびGraalVMなどのテクノロジーを使用してアプリケーションを構築する際に役立ちます。

このようなクラウドネイティブ製品を利用して、開発者はKubernetesのクラスタ管理などの運用に要する時間を短縮し、アプリケーションをより迅速に構築できます。OCIクラウドネイティブ製品は、導入されたアプリケーションの移植性が向上し、OCI、サードパーティ・クラウドおよびオンプレミス環境で最小限の変更で実行できます。補完的なOCI AIサービスによって、開発者は機械学習の知識を最小限に抑えながら、Oracle Digital AssistantやOCI Anomaly Detectionなどのソリューションを簡単に実装できます。

pompeii-pandemic-hero
ポンペイ考古学公園、クラウドネイティブによってパンデミック中に再開 (11:03)

Oracle CloudWorldでOCIスキルを加速

OCIをすでに使用している方も、何ができるかを知りたい方も、10月17~20日に開催されるOracle CloudWorldに参加すると、有益な情報を得ることができます。

Oracle Cloud Nativeの機能を見る

確固たる組織や、急成長するスタートアップのいずれでも、OCI上でクラウドネイティブ・アプリケーションを実行しています。オラクルがクラウドネイティブへの移行をどのように簡素化しているかの詳細をご覧ください。

エンタープライズ向け クラウドネイティブへの移行

なぜ開発者たちが、クラウドネイティブ・テクノロジーを利用して、どこでも実行できる次世代のアプリケーションの構築に期待しているかをご覧ください。

Developer Live: モダン・アプリケーション開発のシンプル化

エキスパートによるクラウドネイティブ・テクノロジーに関する技術セッション、デモ、パネルディスカッションをオンデマンドでご覧いただけます。

Oracle Cloud Insider

最新の業界トレンド、ベストプラクティス、製品アップデートをお届けし、新しいトレーニング・プログラムや今後のイベントについてご理解いただけます。

Oracle Cloud Nativeサービスが選ばれる理由

オープンソースや標準規格がベース

Oracle Cloudのネイティブ・ソフトウェアおよびサービスは、Docker、Kubernetes、Fn Project、OpenAPI、Fluentd、CloudEvents、GraalVM Native Imageなどの一般的なオープン・ソース・プロジェクトや仕様に依存したクラウド・アプリケーションの構築を支援します。このような製品によって、DevOpsチームは、ニーズに最も適した言語やツール、フレームワーク、インフラストラクチャを使用して、クラウドネイティブ・アプリケーションを自由に開発および導入できます。


オラクルのオープン・ソース・プロジェクトのカタログ

デフォルトの管理機能

Oracle Container Engine for Kubernetes(OKE)などのサービスを利用して、開発チームは競争力のある機能の構築に注力でき、インフラストラクチャのインストール、パッチ適用、保守対応に費やす時間を削減できます。GitLab、HashiCorp、Jenkins、GitHub、DataDogをはじめとする多くのパートナーとの連携によって、DevOpsエンジニアはOCI導入時に、使い慣れたツールを引き続き利用できます。


オラクルのクラウドネイティブ・パートナーを見る

マルチクラウド環境を考慮した設計

マルチクラウドのアプリケーションを導入して、DevOpsチームは、顧客のアプリケーションのパフォーマンスを最適化し、運用リスクをさまざまなプロバイダーに分散させ、最高のクラウドサービス品質を得ることができます。Verrazzano Enterprise Container Platformなどのプロジェクトによって、エンジニアはアプリケーションの変更を最小限に抑えながら、オンプレミスまたはクラウドでコンテナ・ワークロードの導入・管理ができます。


OCIを使用したハイブリッド・クラウド、マルチクラウド、およびインタークラウド・ソリューション

あらかじめトレーニングされたAIモデルによって、迅速なアプリケーション開発が可能

OracleDigital AssistantLanguageSpeechなどのAIサービスによって、開発者は、チャネル全体のユーザーとのエンゲージメントを実現し、センチメント分析を構築し、機械学習の専門知識を必要とせずに音声からテキストへの変換が実現します。OCI Anomaly DetectionとOCI予測によって、エンド・ユーザーは、クリティカルなインシデントに早くフラグを付け、さまざまな指標を予測して、製品の需要、収益およびリソース要件を縮小して、コスト削減を向上できます。


Oracle Cloud AIサービスを見る

OCI向けのクラウドネイティブ・サービス

Oracle Cloud Infrastructure上で実行される、オラクルのマネージド・サービス

オープンソース・テクノロジーに基づき、変更を加えていないマネージドKubernetesサービス

Oracle Container Engine for Kubernetes(OKE)はオープンソース・ベースのコンテナ・オーケストレーション・サービスです。Intel、AMD、ArmベースのAmpereの仮想およびベアメタルのワーカー・ノードを導入できます。このマネージド・サービスは、クラスタとポッドの自動スケーリングをサポートし、モダン・クラウドネイティブ・アプリケーションの構築に要する時間とコストを削減します。

特徴
  • オラクルのマネージドKubernetesは、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)の認定済み
  • トラブルシューティングを簡素化するデフォルトのNode Doctor
  • 高度なセキュリティ(プライベート・クラスタ、暗号化、IAM認証、イメージ署名、スキャン、導入承認など)
  • ベアメタルと仮想マシンの両方で迅速にクラスタを作成する機能
  • 完全なREST APIおよびCLI
  • コンプライアンス(HIPAA、SOC2など)
  • クラスタ管理料金は不要
  • 使用したリソースに対してのみの支払い
  • Oracle Cloud Free Tierで利用可能

コンテナ・イメージ管理のためめのセキュアで標準ベースのマネージド・サービス

OCI Container Registryは、コンテナ・イメージを保存・共有するためのDocker HTTP API v2に準拠したレジストリです。Oracle Container Engine for KubernetesOracle Identity and Access Managementなどの他のOCIサービスとも緊密に統合されています。OCI Container Registryは、非コンテナ・イメージを保存するOCI Artifact Registryと、コンピューティング・イメージを保存するOCI Computeの2つのサービスを補完します。

特徴
  • オープン規格がベース
  • プログラムによるアクセスが可能(APIおよびCLI)
  • プライベート・ネットワークや外部ネットワークによってイメージにアクセスが可能
  • Visual Builder Studioなどのビルド自動化ツールとの連携が可能
  • 自動レプリケーションによる高い耐久性と可用性
  • Oracle Cloud Free Tierで利用可能

イベントとAPIドリブンなサーバーレス・プラットフォーム

Functions as a Service(FaaS)を使用して、開発者はインフラストラクチャを管理せずに、サーバーレスなアプリケーションの作成、実行、拡張が実現できます。このサービスは、OCI StreamingOCI EventsOCI API GatewayなどのコアOCIサービスと相互運用が可能です。Functionsは、Oracle Identity and Access Managementによって保護されています。

特徴

Apache Kafkaと互換性のあるイベント・ストリーミング・サービス

Streamingサービスは、開発者やデータサイエンティスト向けの、Apache Kafkaと互換性のあるリアルタイム・サーバーレスのイベント・ストリーミング・プラットフォームです。Streamingは、Oracle Cloud InfrastructureOracle DatabaseOracle GoldenGateおよびOracle Integration and Migrationと緊密に統合されています。またこのサービスは、DevOps、データベース、ビッグデータ、SaaSアプリケーションなどのカテゴリーにまたがる数百ものサードパーティ製品との統合をすぐに行うことができます。

特徴
  • サーバーレス・インフラストラクチャによって、管理を自動化
  • オープン規格がベース
  • コンソール、REST API、Apache Kafka APIによるアクセスが可能
  • Object StorageMonitoringFunctionsAutonomous Databaseと統合
  • セキュリティ: デフォルトの暗号化とプライバシー機能
  • 費用対効果: スループットとストレージの使用料のみ
  • Oracle Cloud Free Tierで利用可能

オープン規格をベースにしたサービスでリアルタイムにアラートを通知

Eventsサービスは、CNCF CloudEventsの規格に準拠したイベントでリソースの変更を追跡します。DevOpsのエンジニアは、Functionsをトリガーにしたり、Streamingに書き込んだり、Notificationsを送信したりして、リアルタイムにアクションを実行するルールを作成できます。このサービスには、他のオラクルのIaaS、PaaS、SaaS製品と統合するためのAPIが提供されています。

特徴
  • データベース・イベントを含むさまざまなリソースの変更への対応
  • PagerDuty、Slack、HTTPS、およびメールによるOCI Notificationsの受信
  • Oracle Functionsを使用したサーバーレスなアプリケーションの構築
  • OCI Streamingを使用したイベントのセキュリティ分析
  • CloudEventsをサポートするクラウド全体のアプリケーションの開発
  • API、CLI、SDK、Terraform、およびコンソールによるアクセスが可能
  • Oracle Cloud Free Tierで利用可能

APIの設計、構築、プロモーション、およびセキュリティの確保

Oracle API Managementは、Oracle Cloud HCMOracle Cloud ERPなどのクラウドネイティブ・アプリケーションやSaaSアプリケーションの完全なAPIライフサイクルを実現します。OpenAPI仕様などのオープン規格をサポートし、オラクルとサードパーティのアプリケーション間でのシームレスな統合を実現します。

特徴
  • Apiaryと連携してAPIのプロトタイプを作成
  • コード記述前にmockのAPIを検証
  • フルマネージドのOracle API Gatewayを使用してAPIを導入
  • Oracle API Platformを使用してAPIのプロモートおよび使用
  • Oracle Functionsを使用してサーバーレスAPIを実現
  • コントロールの設定でAPIへのアクセスを制御可能
  • Oracle Cloud Free Tierで利用可能

Oracle AIで機械学習モデルを構築、トレーニング、管理、および導入

OCI AIサービスは、開発者がアプリケーションや事業運営に簡単に追加できる、トレーニング済みの機械学習モデルのコレクションです。このようなモデルは、製造欠陥やコール・センター記録のイメージなど、ビジネス指向のデータに事前に訓練されており、より正確な結果を得るために、組織独自のビジネス・データに対してさらにカスタマイズできます。OCI AIサービスを使用すると、開発者はアプリケーション開発を減速せずに、機械学習をアプリケーションに追加できます。

特徴
  • 各種プログラミング言語およびREST APIでSDKによってサービスにアクセス
  • Oracle Digital Assistantを使用したテキスト、チャット、音声インターフェイスによる対話型のエクスペリエンスの作成
  • アプリケーションに使用および導入できるあらかじめトレーニングされたカスタマイズ可能なモデル
  • AIはセキュリティを設計し、政府、財務、核戦略などの重要な分野でテストを実施
  • Anomaly Detection: MSET2アルゴリズムに基づいて構築され、150を超える特許があり、グローバルに使用
  • セーフティクリティカルな多くの業界で実績のある特殊なアルゴリズム

クラウドネイティブ・テクノロジーと従来のテクノロジーを横断した可視性

オラクルは、Observability and Management Platformによって、可視性と機械学習に基づく実用的な分析を提供します。またさまざまな場所や、すべてのテクノロジー上に導入されたスタックの、すべてのレイヤーの管理を簡単にしています。オラクルが提供するDevOpsの監視とIT運用管理のための統合機能と自動化によって、ITの問題防止と解決が50%簡単になります。このようなサービスは、IT効率を改善し、コードレベルのパフォーマンスの問題を10倍速く(PDF)特定し、ITの複雑性を軽減させることができます。

特徴

自律運転、自己保護、および自己修復データベース

Autonomous Databaseは、OLTP、分析、バッチ、JSONドキュメント、IoTなど、すべてのワークロードを実行する、完全自律型のミッションクリティカルなOracle Databaseサービスを提供します。機械学習を使用して、データベースをオンラインで自動的にスケーリング、チューニング、パッチ適用、保護し、最高のデータベース可用性、セキュリティおよびパフォーマンスを提供します。柔軟なサーバーレス・アーキテクチャは、優れたパフォーマンスのExadataインフラストラクチャ上で実行され、資本コストを低減します。

ソリューション

世界で最も人気のあるOracle Cloudのオープンソース・データベース

Oracle MySQL HeatWaveはセキュアなクラウドネイティブ・アプリケーションを迅速に開発および導入するためのフルマネージド・データベース・サービスです。データベース管理者とアプリケーション開発者にとっては、MySQL Databaseから直接OLTPおよびOLAPワークロードを実行できる唯一のサービスです。このため、複雑で時間のかかる高コストのデータ移動、OLTPおよびOLAPデータベースとの統合が不要になります。このサービスは、Oracle Autonomous Databaseおよびマーケットプレイス製品を含むOCIの他のデータベース製品によって補完されます。

特徴
  • 大規模なスケーラビリティとパフォーマンスの実現のために設計されたインメモリ・クエリ・アクセラレータであるHeatWaveを含む
  • パッチ適用、アップグレード、およびバックアップを自動的に実行するフルマネージド・データベース・サービス
  • MySQL Autopilotによる機械学習ベースの自動化
  • 既存のMySQLアプリケーションは変更なしで機能します
  • OKEをはじめとする他のOCI製品との統合が簡単

OCI Cloudの導入フレームワーク

クラウド戦略を定義し、ワークロードの移行を計画するためのリソースや支援ツールを入手しましょう。

Medallia、Oracle Cloudでグローバルな拡大を推進

「私たちは世界有数の企業にサービスを大規模に提供しています。Oracle Cloudによって、引き続きビジネスを積極的に拡大できます。」

Medallia、CEO
Leslie Stretch氏

ポンペイ考古学公園、Oracle Cloud Nativeサービスによって再開

「ロックダウン後、観光客向けのポンペイ考古学公園の再開は困難でした。しかしオラクルの支援によって、わずか6週間でクラウドネイティブ・モバイル・ソリューションを提供できました。」

ポンペイ考古学公園、COO
Alberto Bruni氏

Oracle Cloud、CERNの宇宙探索を支援

「非常に重要だったのは、オラクルと強力なパートナーシップを結んだことでした。というのも、私たちは時に限界にぶつかることもありますが、オラクルであれば、そういった課題を乗り越えるサポートをしてくれるからです。」

Frédéric Hemmer
IT Department Head, CERN

Snap Vision、OCIでホスティングのコストを40%削減

「私たちは、マネージドKubernetesを使い、ホスティングをOracle Cloudに移行して、ホスティングのコストを40%削減しました。また、その削減分のコストをGPUシェイプに再投資して、さらに高度なコンピュータ・ビジョン・テクノロジーをお客様に提供できるようになりました。」

Jenny Griffiths
Founder and CEO, Snap Vision

NEOS、Oracle Cloud上で新しいクラウドネイティブ・アプリケーションとしてCloudVaneを構築

「私たちは、市場投入までの時間を短縮し、管理やコストを抑え、高いパフォーマンスを実現するために、初期段階からOracle Cloud Infrastructure上でOracle Autonomous Transaction Processingを主軸にした形で、新しいネイティブのSaaSアプリケーションとして”CloudVane”を設計・構築することを決めました。」

Davorin Capan
CEO, NEOS

Complete Intelligence、高度な予測を実現

「私たちのようなスタートアップがクライアント・クラウド上に導入されるため、Kubernetesなど最も広く使用されているツールへのアクセスが不可欠です。オラクルによって、必要な機能がエンタープライズ・クライアントに提供されるように、インスタンスを柔軟に起動できるようになりました」

Complete Intelligence、CEO兼創業者
Tony Nash氏

Beeline、Kubernetesを含むOracle Cloudの利用によって、年間100万ドルのコストを削減

「ディザスタ・リカバリと付随するシステムをすべてOracle Cloud Infrastructureに移行して、4つあったデータセンターを2つに統合し、年間100万ドルに迫る節約を実現できました。」

Jason Creson
VP of Infrastructure, Beeline

IFFCO、オラクルでIT間接費を30%以上削減

「当社の取締役会、管理、および当社の利害関係者は、IFFCOが堅牢なITシステムを備えていることを非常に確信しています。そのシステムは、時計、パンデミックで稼働するものです。また、このシステムはオラクルを実装しています。」

IFFCO、ITサービス担当エグゼクティブ・ディレクタ
A.K. Gupta氏

マルチクラウドのアプリケーション開発および導入向けのクラウドネイティブ・ソフトウェア

このような製品は、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発だけでなく、ハイブリッド・クラウドおよびマルチクラウド・アーキテクチャも実現します。

汎用コンテナ・プラットフォーム

Verrazzanoは、マイクロサービスやOracle WebLogic Serverベースの従来型アプリケーションなど、すべてのコンテナ・ワークロードの導入、セキュリティ、監視、管理に使用される、オープンソースの汎用コンテナ・プラットフォームです。Verrazzanoでは、オンプレミスやさまざまなパブリッククラウドで稼働する複数の環境のKubernetesクラスタをサポートします。

PrometheusGrafanaIstioなどの使い慣れたオープンソース・コンポーネントをベースに、オープンソースのカスタマイズ・オペレータやコントローラを組み合わせて構築されたVerrazzanoは、最高のオープンソース技術をシームレスに統合します。

特徴
  • クラウドやオンプレミスで稼働するKubernetesにおけるインテリジェントなワークロード管理
  • DevOpsとGitOpsを有効化したアプリケーション・ライフサイクル管理
  • Javaおよび非Javaアプリケーション向けのデフォルトのアプリケーション処理
  • 指標、ログ収集など、システムおよびアプリケーション・コンポーネントの自動的な組み込みの可観測性
  • ネットワーク・トラフィック、システムおよびアプリケーション・コンポーネントに対するエンド・ツー・エンドのプラットフォーム・セキュリティ

シンプルなクラウドネイティブのDevSecOps

Oracle Cloud Native Environmentは、Open Container InitiativeとCNCFによって定義されているオープン規格、仕様、およびAPIをベースにした、厳選されたオープンソース・プロジェクトのセットです。本環境は相互運用性についてテスト済みであり、オラクルがサポートしています。マイクロサービスのオーケストレーションにおける主要な機能のインストール、アップデート、アップグレード、設定を行う、簡素化されたフレームワークを提供します。Oracle Linuxのお客様は、このような厳選されたプロジェクトを無料で使用できます。

特徴
  • Open Container InitiativeCloud Native Computing Foundationのツールでロックインを回避
  • 統合管理を使用して運用を簡素化
  • オラクルのソフトウェアに対応したKata Containersの導入
  • 認定されたKubernetesモジュールによるコンテナ・クラスタの管理
  • 統合されたHelm、Prometheus、Istioをサポート
  • Oracle Linux Premierサポートであれば追加料金なしで対応可能

Kubernetes環境でのOracle WebLogic Serverの実行

Container Engine for Kubernetes(OKE)を使用すると、Oracle WebLogic Serverドメインを含むJava Enterprise Edition(Java EE)アプリケーション環境を通常オンプレミスでかかる時間の数分の1の時間でOracle Cloud Infrastructureに迅速に作成できます。

Oracle WebLogic Server for OKEは、Oracle Cloud InfrastructureMarketplaceで一連のアプリケーションとして入手できます。このようなアプリケーションのいずれかを起動した後、シンプルなウィザード・インターフェイスを使用して、Kubernetesクラスタ、ファイル・システム、コンピューティング・インスタンス、ネットワーク、ロードバランサーなどのサポートするクラウドリソースとともにドメインの構成、プロビジョニングを行うことができます。ドメイン内の各サーバーは、Kubernetesクラスタ内の個別のコンテナで稼働します。

特徴
  • 自動化によって、Kubernetes上にOracle WebLogic Serverのドメインを迅速に作成
  • WebLogicServerアプリケーションの導入とインスタンスへのパッチ適用のためのデフォルトのCI/CDパイプライン
  • OKE、OCI Container Registry、OCI Load BalancerなどのOCIサービスとの統合
  • 課金にオラクルのユニバーサル・クレジット・モデル(UCM)を使用するオプションが利用可能
  • WebLogic Serverの管理: イメージやドメイン、CI/CDパイプラインを自由に変更可能
  • WebLogic Kubernetes Operatorによって、オンプレミスまたはサードパーティのクラウドからOCIへのWebLogic Serverのシームレスなモビリティを実現

マイクロサービス向けのシンプルで高速なJavaライブラリ

Helidonは、Nettyを利用した高速Webコア上で実行されるマイクロサービスを作成するためのJavaライブラリ群です。プロジェクトにはHelidonCLIが含まれており、一連のアーキタイプから選択することでHelidonプロジェクトを簡単に作成できます。

特徴
  • シンプルで高速なライブラリ群で、余分なオーバーヘッドや肥大化がない
  • HelidonはMicroProfileをサポートし、JAX-RS、CDI、JSON-P/Bなどの使い慣れたAPIを提供
  • Helidon Reactive WebServerは、最新の関数型プログラミングモデルを提供
  • Helidon WebServerは、マイクロサービス向けのシンプルで高速な基盤を提供
  • ヘルス・チェック、指標、トレース、およびフォールト・トレランスのサポート
  • Helidon SE DB Clientは、データベースを非ブロッキング方式で操作するための統合されたリアクティブAPIを提供
  • Helidon SEとHelidon MPは、GraalVMのネイティブイメージを標準でサポート

マイクロサービスのためのハイパフォーマンスな多言語ランタイム

GraalVM Enterpriseは、Oracle JavaSE上に構築されたハイパフォーマンスなランタイムです。新しいコンパイラ最適化機能を追加し、オンプレミスやクラウドでのJavaアプリケーションやマイクロサービスの実行に最適なパフォーマンスを提供します。また、コードを変更せずに、Javaアプリケーションを高速化するジャストインタイム(JIT)コンパイラを提供します。GraalVMは、互換性がありパフォーマンスの高いJava Development Kit(JDK)を提供して、Javaのエコシステムを強化します。

特徴
  • 最も高速なJavaランタイム
  • オンプレミス、クラウド、いずれでも使用可能
  • すべてのJava SEサブスクリプションに含まれるGraalVM Enterpriseへのアクセス権
  • 複数言語のサービス(Java、JavaScript、Ruby)をより効率的に実行
  • GraalVMは、Helidon、Micronaut、Quarkus、Spring Bootなどのすべての主要なマイクロサービス・フレームワークでサポートされている
  • ガベージコレクションの対応が不要
  • 専用のGraalVM Enterpriseサポート

AIのユース・ケース

すべてのリファレンス・アーキテクチャを見る
Anomaly Detectionのリファレンス・アーキテクチャの図
アセット管理および予知保全向けのAnomaly Detection

OCI Anomaly Detectionを使用して、アセットの最適な運用を確保すると同時に、過剰なコストを回避し、スマートな製造における業務の中断を最小限に抑えます。

デジタル・アシスタントのリファレンス・アーキテクチャ
人的介入なくユーザー・タスクを処理

顧客満足度を向上させ、Oracle Digital Assistantのスキル・ボットでチャットベースのサポートを提供することでコストを削減します。

OCI上でクラウドネイティブ・アプリケーションを学び、構築し、導入してみましょう

オラクル・アプリケーション・テクノロジー・センター

OCIのクラウドネイティブ・リソースを活用したリファレンスアーキテクチャ、ソリューションプレイブック、ベストプラクティスをご覧いただけます。

クラウドネイティブ・アプリケーションとMySQLの導入
クラウドネイティブ・アプリケーションとMySQLの導入

Oracle MySQL Database Serviceでコンテナ化されたクラウドネイティブ・アプリケーションを導入します。

クラウドネイティブによるSaaSアプリケーションの拡張
クラウドネイティブによるSaaSアプリケーションの拡張

Oracle Cloud Native Servicesによって、インフラストラクチャの複雑性を低減

KubernetesとOracle Autonomous Databaseの活用
KubernetesとOracle Autonomous Databaseの活用

OKEとOracle Autonomous Databaseを使用したクラウドネイティブ・アプリケーションの構築、導入、管理

Oracle WebLogic Server for OKEの導入
Oracle WebLogic Server for OKEの導入

CI/CDパイプライン・ジョブ用に構成されたJenkinsコントローラを使用して、WebLogicServerをKubernetesクラスタに迅速に導入します。

イベント・トリガー型のサーバーレス・アプリケーションの導入
イベント・トリガー型のサーバーレス・アプリケーションの導入

Oracle Functionsを使用して、OCI Object Storageに加えられた変更に自動的に応答します。

OCIへのRESTfulなJavaアプリケーションの導入
OCIへのRESTfulなJavaアプリケーションの導入

OCI上のKubernetesにRESTfulアプリケーションをパッケージ化、コンテナ化、および導入する方法をご紹介します。

クラウドネイティブのハンズオン

MuShopの導入
MuShop: クラウドネイティブを学ぶためのデモ・アプリケーション
Kubernetesへのマイクロサービスの導入
Kubernetesへのマイクロサービスの導入
サーバレスを使ってみる
Oracle Functionsの設定
アプリケーションの高速化
GraalVM EnterpriseでOCIのアプリケーションを高速化
2021年10月6日

カスタム・アプリケーションがクラウドネイティブに移行している理由

Oracle Cloud Infrastructure、グループ・マーケティング・マネージャ、Justin Smith

アプリケーション開発者は、新しいカスタム・アプリケーションまたは拡張カスタム・アプリケーションを必要とするビジネス・リクエストにますます疑問を呈しています。International Data Corporation(IDC)の調査データは、大規模組織における開発者の75%が1年間で26~500のアプリケーションでコラボレーションしていることを示しています。アプリケーション開発、導入、およびビジネスの優先順位が継続するにつれて、開発者は、DevOpsによって市場投入までの期間を短縮し、移植性が高く簡単に更新できるアーキテクチャを実現し、テクノロジー・ロックインを減らすために、クラウドネイティブ・アプリケーション開発方法を徐々に活用しており、管理および自動化サービスを活用しています。

Cloud Nativeを使い始める


Oracle Cloud Free Tier

KubernetesやDockerレジストリなどのサービスに30日間アクセスできます。


開発者サービスとツール

ソフトウェア開発やIT運用を自動化するためのサービスやツールを提供しています。


コンテナ・レジストリ

データベース、ミドルウェア、MySQL、Javaなどのオラクル製品のコンテナをご紹介します。


お問い合わせ

Oracle Cloud Nativeについてお問い合わせください。