申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

MySQL HeatWave Database Service

トランザクション、分析、および機械学習(ML)に対応する1つのMySQL HeatWave Database Service。抽出、変換、読み込み(ETL)の重複による複雑性、レイテンシ、およびコストのないリアルタイムのセキュアな分析。Oracle Cloud Infrastructure(OCI)、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureで利用可能です。

MySQL HeatWaveを選択する理由

1つのサービスでのトランザクションとリアルタイム分析のシンプルさ
別々の分析データベース、ML、ETLサービスのコストと複雑さの解消データストア間のデータ移動のレイテンシおよびセキュリティ・リスクの回避

分散型クラウドに対応
OCI、AWS、Azureまたはデータ・センターにMySQL HeatWaveを導入できます。

MySQL HeatWaveで実現できること(2:31)

AWSとOCI上でのMySQL HeatWaveのお客様成功事例

Johnny Bytes、AWSでMySQL HeatWaveを使用してデータと分析を強化

ドイツのデジタルエージェンシーは、データ処理と分析をAWS上のMySQL HeatWaveに統合し、複雑なクエリを90倍高速化、マーケティングキャンペーンのクリック率を、より高い拡張性と少ない管理で2倍にすることができました。

Centroid、AWS上でMySQL HeatWaveを使用してデータの簡素化と拡張性を実現

マルチクラウドのテクノロジー・リーダーは、データ処理と分析をAWS上のMySQL HeatWaveに統合し、20倍のクエリ・パフォーマンス、より高い拡張性、管理負担の軽減を実現しました。これらはすべてリアルタイムレポート用のコードを変更せずに行われました。

Bionime、AWS上のMySQL HeatWaveを使用してデータと分析を最新化

この医療機器メーカーは、データ処理と分析をAWS上のMySQL HeatWaveに統合し、複雑な問合せを50倍高速化し、糖尿病のセルフモニタリングの改善に向けたリアルタイムのインサイトを得ています。

Estuda.comのMySQL HeatWaveの動画
Estuda.com、MySQL HeatWaveでクエリ応答を300倍に向上

このブラジルのK-12教育向けのSaaSプロバイダーは、複雑なクエリ実行を300倍高速化して、85%のコスト削減でリアルタイム分析を実現しています。また、300万人のユーザーをサポートして、学生の成績を向上しています。

VRGlassのMySQL HeatWaveの動画
VRGlass、MySQL HeatWaveでデータベース・パフォーマンスを5倍に向上

ブラジルのメタバース・スタートアップが、すべてのデータをMySQL HeatWaveに移行しました。100万人以上の来場者がいるイベントでデータベース・パフォーマンスを3時間以内に5倍向上しただけでなく、セキュリティを強化し、コストを半減しました。

Genius SonorityのMySQL HeatWaveの動画
Genius Sonority、MySQL HeatWaveでゲーム分析を90倍に加速

この日本のゲーム会社は、MySQL HeatWave Database ServiceにHeatWaveを追加して、リアルタイムの分析情報を入手しました。この結果、世界中の顧客に楽しいエンターテイメントを提供し続けるという目標を達成できました。

MySQL HeatWave: 開発者にとってのゲーム・チェンジャー

OLTPとOLAPに対応する1つのMySQL HeatWave Database Service

MySQL HeatWaveは開発者とデータベース管理者がMySQLデータベースから直接OLTPおよびOLAPワークロードを実行できる唯一のサービスです。

ETLの排除

時間とコストのかかる複雑なETLプロセス、および別の分析データベースとの統合を不要にします。

リアルタイム分析の実現

トランザクションからの更新がHeatWave分析クラスターにリアルタイムに自動的にレプリケーションされるため、分析クエリは最新のデータに常にアクセスできます。分析クエリを実行する前にデータをインデックス化する必要はありません。

セキュリティの向上

MySQLデータベースとHeatWaveクラスタ・ノードの間の保存済み、または転送中のデータはデフォルトで常に暗号化されています。データがデータベース間で転送されないため、ETL時にデータが漏えいするリスクはありません。

MySQLアプリケーションの変更は不要

HeatWaveはネイティブのMySQLソリューションです。現在のMySQLアプリケーションは変更なしで動作します。

既存のビジネス・インテリジェンス(BI)およびデータ可視化ツールの使用

HeatWaveはOracle Analytics Cloud、Tableau、Lookerなど、MySQLデータベースと同じBIおよびデータ可視化ツールをサポートしています。

パブリック・クラウドとお客様のデータ・センターで利用可能

MySQL HeatWaveをOCI、AWSまたは Azureに導入できます。オンプレミスのOLTPアプリケーションからMySQL HeatWaveにデータをレプリケーションして、ETLを使用せずにほぼリアルタイムの分析を取得します。さらにお客様のデータセンターで、Oracle Dedicated Region Cloud@Customerを利用して、MySQL HeatWaveを使用することもできます。

高パフォーマンスのインメモリ・クエリ・アクセラレータ

HeatWaveは超並列でインメモリのハイブリッドな列指向のクエリ処理エンジンです。非常に高いパフォーマンスを実現する分散クエリ処理向けの最先端のアルゴリズムを実装しています。

大規模なスケーリングとパフォーマンスを実現する設計

HeatWaveは並列で運用できるノード・クラスタにデータを大規模にパーティショニングします。この結果、ノード間のスケーラビリティが優れています。クラスタ内の各ノードとノード内の各コアは分割されたデータを並列で処理できます。HeatWaveは、数千コアにわたる非常に高いスケーラビリティを実現するために、コンピューティングがネットワーク通信タスクと重複するインテリジェントなクエリ・スケジューラを実装しています。

クラウドに最適化

HeatWaveのクエリ処理はクラウド上のコモディティ・サーバーに最適化されています。パーティションのサイズは、基盤となる形状のキャッシュに合わせて最適化されています。コンピューティングの通信との重複はネットワーク帯域幅に最適化されています。さまざまな分析処理プリミティブでは、基盤となる仮想マシン(VM)のハードウェア命令を使用します。

高いトランザクション・レートと接続のために最適化

Oracle MySQL Autopilotは、MySQL HeatWaveスレッド・プールのパフォーマンスを向上させ、パフォーマンス向上のためにハードウェア・リソースを最適に使用するためのメカニズムを提供します。その結果、MySQL HeatWaveによってOLTPワークロードのスループットが向上し、高レベルのトランザクションおよび並行処理におけるスループットの低下を防ぎます。

MySQL Autopilot: 機械学習による自動化

MySQL Autopilotは、プロビジョニング、データ・ロード、クエリ実行、障害処理など、高いクエリ・パフォーマンスを大規模に実現する際の最も重要で困難になりがちな側面の多くを自動化します。高度な技術を使用して、HeatWaveを自動化します。また、パフォーマンス、スケーラビリティ、および使いやすさをさらに向上するため、開発者とデータベース管理者の時間を大幅に短縮します。MySQL HeatWaveのお客様はMySQL Autopilotを追加料金なしで使用できます。

MySQL Autopilotは、HeatWaveおよびOLTPに多数の機能を提供します。

  • 自動プロビジョニングでは、分析が必要なテーブル・データを適応的にサンプリングして、ワークロードの実行に必要なHeatWaveノードの数を予測できます。つまり、開発者とデータベース管理者は最適なクラスタ・サイズを手動で見積もる必要がなくなったということです。この機能を実装するデータベース・サービスは他にありません。
  • 自動スレッド・プーリングを使用すると、特定のハードウェア構成に対してデータベース・サービスが処理できるトランザクション数が増加するため、OLTPワークロードのスループットが向上し、トランザクションおよび並行処理におけるスループットの低下を高レベルで防ぐことができます。
  • 自動シェイプ予測は、スループットやバッファ・プールのヒット率などのOLTPワークロードを継続的に監視して、適切なコンピュート・シェイプをいつでも推奨します。これにより、お客様は最高の価格パフォーマンスを常に得ることができます。
  • 自動エンコードでは、クエリを考慮して、HeatWaveにロードされるカラムの最適な表現を判断できます。この最適な表現では、最高のクエリ・パフォーマンスを実現し、クラスタ・サイズを最小限に抑制して、コストも最小限に抑制できます。
  • クエリ・プランの自動改善では、クエリの実行からさまざまな統計を学習し、今後のクエリの実行プランを改善できます。このため、クエリの実行回数が増加するにつれて、システム・パフォーマンスを向上できます。この機能を実装するデータベース・サービスは他にありません。
  • データの自動配置は、最高のクエリ・パフォーマンスを実現するために、メモリ内でパーティショニングすべき表の列を予測できます。また、新しい列の推奨によって、想定されるクエリ・パフォーマンスの向上も予測します。このため、オペレーターが手動でカラムを選択する際に行う可能性がある最適ではない選択によるノード間のデータ移行を最小限に抑制できます。この機能を実装するデータベース・サービスは他にありません。

データベース内の機械学習

HeatWave MLには、MySQL HeatWave内で機械学習モデルを構築、トレーニング、デプロイ、および説明するために必要なすべてが含まれているため、追加コストは不要です。

個別の機械学習サービスは不要

お客様は、MySQL HeatWaveのネイティブなデータベース内の機械学習によって、データを別の機械学習サービスに移動する必要はありません。また、MySQL HeatWave内に保存されたデータに機械学習のトレーニング、推論、および説明を簡単でセキュアに適用できます。この結果、MLへの取り組みを促進し、セキュリティを強化し、コストを削減できます。

機械学習ライフサイクルの自動化で時間と労力を削減

HeatWave MLは、アルゴリズムの選択、モデル・トレーニングのためのインテリジェントなデータ・サンプリング、機能の選択、ハイパーパラメータの最適化など、機械学習のライフサイクルを自動化するため、データ・アナリストとデータ・サイエンティストの時間と労力を大幅に削減します。アルゴリズムの選択、機能の選択、ハイパー・パラメータの最適化など、機械学習パイプラインの機能をカスタマイズできます。

説明可能なMLモデル

HeatWave MLでトレーニングされたすべてのモデルは説明可能です。HeatWave MLは、予測結果を説明付きで提供するため、企業コンプライアンス、公平性、再現性、因果関係、および信頼性で企業を支援します。

現在のスキルを活用

開発者とデータ・アナリストは、使い慣れたSQLコマンドで機械学習モデルを構築できるため、新しいツールと言語を学習する必要はありません。また、HeatWave MLは、Jupyter、Apache Zeppelinなど、一般的なノートブックと統合されています。

フル・マネージド・データベース・サービス

フルマネージド・データベース・サービスによって、高可用性管理、パッチ適用、アップグレード、バックアップなどの時間のかかるタスクを自動化して、生産性を向上できます。リソースのインスタント・プロビジョニングでアプリケーション開発を高速化します。

MySQLエンジニアリング・チームによる構築、管理、およびサポート

開発者は、MySQLチームから提供される最先端の機能に即時アクセスできるため、クラウドネイティブな最新のデータベース・アプリケーションを提供できます。MySQLセキュリティ・パッチは、自動的に適用され、セキュリティの脆弱性の暴露を制限します。MySQL HeatWaveは、アプリケーションを変更せずに、クラウドにシームレスに移行できるように、オンプレミスのMySQLと100%の互換性があります。

MySQL HeatWaveインタラクティブ・コンソール: リソースの管理、クエリの実行、パフォーマンスのモニター

開発者およびDBAは、MySQL DatabaseおよびHeatWaveノードを簡単に作成および管理することができます。コンソール内で、自動プロビジョニングなどのMySQL Autopilot機能にアクセスして、HeatWaveクラスタの最適な構成を決定できます。MySQL HeatWaveにロードされた表を表示および管理したり、クエリを迅速に作成して実行できます。

また、コンソールでは開発者およびDBAがMySQL DatabaseノードおよびHeatWaveクラスタのパフォーマンスをモニターすることもできます。さまざまなハードウェア・リソースの使用状況および様々なクエリ実行指標を監視できます。

Advanced Security

高度なセキュリティ機能により、お客様はライフサイクル全体を通じてデータを保護し、規制要件への準拠を支援する追加のセキュリティ対策を実装できます。

キー生成とデジタル署名による非対称暗号化

サーバー側の非対称暗号化により、開発者およびDBAは公開キーと秘密キーの両方を使用して機密データの保護を強化できます。また、デジタル署名を実装して、文書に署名するユーザーのアイデンティティを確認することもできます。開発者は、現在のアプリケーションを変更せずにデータを暗号化できます。暗号化、キー生成、デジタル署名に必要なツールが用意されています。

データを隠す

データ・マスキングおよび非特定化によって、実際のデータ値は隠され、代替値に置き換えられます(選択的マスキング、ランダム・データ置換、ブラーリングおよびその他の機能を使用できます)。MySQL HeatWaveのデータ・マスキングおよび非特定化によって、機密データを隠すことで、お客様はデータ違反のリスクを軽減し、開発環境やテスト環境などの非本番システムで使用できます。これらのデータ・マスキング機能は、クエリがMySQL DatabaseノードまたはHeatWaveクラスタで実行される場合に使用できます。

許可されていないデータベース・アクティビティのブロック

MySQL HeatWaveデータベース・ファイアウォールは、データベースへの脅威を監視し、承認されたSQL許可リストを自動的に作成し、不正なデータベース・アクティビティをブロックします。SQLインジェクションなど、データベース固有の攻撃に対するリアルタイムの保護を提供します。

リアルタイムの弾力性

お客様は、リアルタイムの弾力性によって、ダウンタイムおよび読み取り専用時間なしで、HeatWaveクラスタのサイズを任意のノード数だけ増減できます。

ピーク時でも常に高いパフォーマンスを発揮し、ダウンタイムなしで、コストを削減

サイズ変更操作には、数分しかかかりませんが、その間、HeatWaveは、オンラインのままであり、すべての操作に使用できます。データは、サイズ変更されると、オブジェクト・ストレージからダウンロードされ、使用可能なすべてのクラスタ・ノード間で自動的に再調整され、クエリにすぐに使用できるようになります。この結果、ピーク時でも常に高いパフォーマンスを発揮し、ダウンタイムおよび読み取り専用時間なしで、適切な場合、HeatWaveクラスタをダウンサイジングして、コストを削減します。

プロビジョニングされすぎたインスタンスは不要

お客様はHeatWaveクラスタを任意のノード数に増減できます。また、他のクラウド・データベース・プロバイダーが提供する柔軟性のないサイジング・モデルによるプロビジョニングされすぎた高コストのインスタンスに制約されることはありません。お客様は、HeatWaveによって、使用したリソースに応じた料金のみを支払います。

MySQL HeatWave Lakehouse(ベータ版)

MySQL HeatWaveがMySQL HeatWave Lakehouseを含むように拡張され、CSV、Parquet、Aurora/Redshiftバックアップなどのさまざまなファイル形式で、オブジェクト・ストア内の数百テラバイトのデータを処理およびクエリできるようになります。MySQL HeatWave Lakehouseはトランザクション処理、データ・ウェアハウスとデータ・レイク全体の分析、機械学習を1つのサービスで提供し、クラウド・サービス間でのETLを必要としません。

すべてのデータに対する高速レイクハウス分析

MySQLデータベースのトランザクション・データ、オブジェクト・ストレージ内のさまざまな形式のデータ、またはその両方の組み合わせに対して、標準のMySQLコマンドを使用してクエリを実行できます。データベース内のデータに対するクエリは、オブジェクト・ストア内のデータに対するクエリと同程度の速度で高速に実行されます(10 TBおよび30 TB TPC-Hベンチマークにより実証)。

データ管理とクエリ処理の増大に対応するスケールアウト・アーキテクチャ

HeatWaveの大規模にパーティション化されたアーキテクチャにより、MySQL HeatWave Lakehouse向けのスケールアウト・アーキテクチャを実現しています。クエリ処理およびデータ管理操作(データのロード/再ロードやノードのリカバリなど)は、データのサイズに合わせてスケーリングします。MySQL HeatWave Lakehouseを使用すると、最大400 TBのデータに対してクエリを実行できます。また、HeatWaveクラスタは512ノードまで拡張できます。

機械学習を活用した自動化で、パフォーマンス向上と時間短縮を実現

自動プロビジョニングやクエリ実行計画の自動改善など、MySQL Autopilot機能をMySQL HeatWave Lakehouse向けに強化することで、データベース管理のオーバーヘッドのさらなる削減とパフォーマンスの向上を実現しています。MySQL HeatWave Lakehouseでは、新しいMySQL Autopilot機能も利用できます。

  • 自動スキーマ推論: ファイル・データのデータベース内のデータ型へのマッピングを自動的に推論します。この機能により、MySQL HeatWave Lakehouseで問い合せる新しいファイルのマッピングを手動で指定する必要がなくなり、時間と労力を節約できます。
  • アダプティブ・データ・サンプリング: オブジェクト・ストレージ内のファイルの一部をインテリジェントにサンプリングし、データ・アクセスを最小限に抑えて正確な統計情報を収集します。MySQL HeatWaveはこれらの統計情報を、クエリ実行計画の生成および改善、最適なスキーマ・マッピングの決定、その他の目的に使用します。
  • 自動ロード: データを分析してHeatWaveへのロード時間を予測し、データ型のマッピングを決定してロード・スクリプトを自動的に生成します。データベース・スキーマおよびテーブルへのファイルのマッピングを手動で指定する必要はありません。
  • アダプティブ・データ・フロー: MySQL HeatWave Lakehouseが、基礎となるオブジェクト・ストアのパフォーマンスに動的に適応します。これにより、MySQL HeatWaveは基礎となるクラウド・インフラストラクチャからパフォーマンスを最大限に引き出し、全体的なパフォーマンス、コストパフォーマンスおよび可用性を向上させます。

主な機能
OCIで利用可能
AWSで利用可能
フルマネージド・サービス
はい
はい
MySQLのOLTPおよびOLAP
はい
はい
分析および混合ワークロードのためのクエリの高速化
はい
はい
データ圧縮
はい
はい
機械学習を活用した自動化(HeatWaveおよびOLTP向けのMySQL Autopilot)*
はい
はい
高度なセキュリティ*
はい
はい
インデータベース機械学習(HeatWave ML)
はい
はい
スケールアウト・データ管理
はい
近日提供開始
インタラクティブなクエリおよびデータ管理コンソール 近日提供開始
はい
コンソールからのパフォーマンスおよびワークロードのモニタリング 近日提供開始
はい
任意のMySQLシェイプへのHeatWaveの追加 近日提供開始
はい

* MySQL Autopilotの自動スレッド・プーリングと自動シェイプ予測、およびMySQL HeatWaveデータベース・ファイアウォールは近日中にOCIで利用可能になる予定です。

MySQL HeatWave: パフォーマンスとスケーラビリティのための設計

IDCのロゴ機械学習機能のゲーム・チェンジャー

IDCによると、HeatWave MLが「アプリケーション開発者、およびさまざまなデータ・アナリストとデータ・サイエンティストにとってのゲーム・チェンジャー」である理由をご覧ください。

主要な業界アナリストのMySQL HeatWaveに関するコメントをご覧ください。

IDC

IDC

「MySQL HeatWave on AWSは、公開ベンチマークでも確認できるように、分析だけでなく、OLTPや混合ワークロードにも非常に役に立つソリューションです。AWS上でMySQLを使用している開発者向けのに、オラクルは大きな追加費用なしに生産性を飛躍的に向上させるツールを提供してくれます。」

Futurum

Futurum

「つまり、考えられるすべての測定可能な指標で競合製品を上回ったと考えているということです。また、いずれもMySQL HeatWaveのイノベーションに対応する必要があるため、業界は注意を払っており、データベース・クラウドの競合製品はショックを受けています。」

ESG

Wikibon

「パフォーマンス結果は、Amazon RedshiftとSnowflakeを凌駕しています。Amazon独自のMySQLクラウド・データベース・サービスであるAuroraは、128TBのデータベースサイズに制限されていますが、MySQL HeatWave Lakehouseは400TBを超えるクラウド・データベースをサポートしています。これからも、オラクルが世界中の顧客にとって魅力的な価格帯で継続的にイノベーションを提供していることがわかります。」

2022年10月24日

MySQL HeatWaveでリアルタイム・マーケティング分析を実現

プロダクト・マーケティング担当シニア・プリンシパル・ディレクター、Bertrand Matthelié

マーケティング担当者は、リアルタイムで結果を得て最適な意思決定を行いたいと考えています。しかし多くの場合、それには待ち時間が必要で、結局、古いデータに基づいて意思決定を行い、急速に変化するトレンドを見逃し、さらに重要なことには、販売機会を失ってしまいます。MySQL HeatWave は、この問題を解決するのに役立ちます。

注目のMySQL HeatWaveブログ

すべて表示する

MySQL HeatWaveの価格


MySQL Database Service and HeatWave

製品
比較価格(/vCPU)*
単価
単位
MySQL Database - Standard - AMD E4 - Compute


1時間あたりのOCPU
MySQL Database - Standard - AMD E4 - Memory


1時間あたりのギガバイト
MySQL Database - Standard - Intel X9 - Compute


1時間あたりのOCPU
MySQL Database - Standard - Intel X9 - Memory


1時間あたりのギガバイト
MySQL Database - Optimized - Intel X9 - Compute


1時間あたりのOCPU
MySQL Database- Optimized - Intel X9 - Memory


1時間あたりのギガバイト
MySQLデータベース - ストレージ


1か月あたりのギガバイトストレージ容量
MySQLデータベース - バックアップ・ストレージ


1か月あたりのギガバイトストレージ容量
MySQL HeatWave - Standard-E3


1時間あたりのノード
MySQL HeatWave Database - Standard-E3


1時間あたりのノード
MySQL HeatWave Database - Bare Metal Standard-E3


1時間あたりのノード
  • *複数のクラウド・サービス・プロバイダの価格をさらに簡単に比較できるように、オラクルのWebページには、価格がコンピューティングベースの製品向けのvCPU(仮想CPU)とOCPU(Oracle CPU)の両方の価格が表示されます。製品自体、ポータル内のプロビジョニング、請求などでは、OCPU(Oracle CPU)ユニットを引き続き使用します。OCPUは物理CPUコアを表します。ほとんどのCPUアーキテクチャ(x86を含む)は、物理コアごとに2つのスレッドを実行するため、1つのOCPUはx86ベースのコンピューティングの2つのvCPUsと同等です。お客様にはOCPUごとに2つのvCPUのコンピューティング能力が提供されるため、お客様に請求される1時間あたりのOCPU料金は、先行インスタンスなどのサブコア・インスタンスである場合を除き、vCPU料金の2倍です。

現在、北米で利用可能です

MySQL HeatWave on AWS

製品
単価
単位
HeatWave - AWS

HeatWave容量/時間
MySQL Database - AWS - ECPU

ECPU/時間
MySQL Database - AWS - ストレージ

1か月あたりのギガバイトストレージ容量
MySQL Database - AWS - バックアップ・ストレージ

1か月あたりのギガバイトストレージ容量
MySQL Database - AWS - アウトバウンド・データ転送 - AWSリージョン間

転送データのギガバイト数
MySQL Database - AWS - アウトバウンド・データ転送 - インターネット

転送データのギガバイト数
  • 1時間あたりのECPU(Elastic CPU)は、MySQL Databaseの合計CPU使用時間と、MySQL DatabaseとHeatWaveによって実行される作業の測定値の組み合わせとして定義されます。HeatWave容量/時間は、MySQL HeatWaveに割り当てられた16ギガバイト・メモリー時間の単位として定義されます。

MySQLのリソース

ドキュメント

ドキュメント

HeatWaveは、超並列で高パフォーマンスのインメモリ・クエリ・アクセラレータであり、既存のアプリケーションを変更せずに、分析と混合ワークロードのMySQLのパフォーマンスを桁違いに向上できます。

カスタマー・コミュニティ

カスタマー・コミュニティ

MySQL HeatWaveカスタマー・フォーラムにアクセスして、会話に参加してください。

クラウドの学習

クラウドの学習

MySQL Learning SubscriptionでMySQL HeatWaveを最大限に活用してください。

サポートとサービス

サポートとサービス

My Oracle SupportではMySQLサポートに24時間年中無休でアクセスできます。

MySQL HeatWaveの関連製品

MySQL

世界で最も普及しているオープンソース・データベース

Oracle Analytics Cloud

最新のセルフサービス分析

Oracle Data Integrator

データ統合の簡素化

Oracle Cloudコンピューティング

最高のコスト・パフォーマンスを実現

MySQL HeatWaveを使い始める


MySQL HeatWaveを試す(無料)

300ドルの無料クレジットをお試しください。


お問い合わせ

詳細を知りたいですか?当社のエキスパートにお問い合わせください。