該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

クラウド・コンピューティングとは?

スケーラブル。柔軟。インテリジェント。クラウドのパワーをご確認ください。

クラウド・コンピューティングの定義

簡単に言えば、クラウド・コンピューティングとはITを購入するかわりに賃借することです。企業は、データベースやソフトウェア、機器に対して多額の投資をおこなうのではなく、それらのコンピュート能力にインターネット経由でアクセスして使用した分だけ支払うことを選択しています。

クラウド・コンピューティングの基礎

企業が「クラウドへの移行」を選択した場合、その企業のITインフラストラクチャは、クラウド・コンピューティング・プロバイダ(オラクルなど)がメンテナンスするオフサイトのデータ・センターに格納されることになります。クラウド・プロバイダは、お客様のITインフラストラクチャを管理すること、アプリケーションを統合すること、市場の要求に後れを取らないように新しい機能を開発することについて責任を負います。

お客様に対しては、クラウド・コンピューティングはより優れた俊敏性、規模、柔軟性を提供します。レガシーITシステムにコストとリソースを費やすかわりに、お客様はより戦略的な業務に専念することができます。多額の先行投資をおこなうことなく、企業は必要なコンピューティング・リソースに簡単にアクセスでき、必要な分に対する支払いだけで済みます。

クラウド・コンピューティングの種類

クラウドには、パブリック、プライベート、ハイブリッドの3種類があります。これらはすべて、お客様がおこなう必要のある管理作業の量と提供されるセキュリティのレベルが異なります。

パブリック・クラウド

パブリック・クラウドでは、コンピューティング・インフラストラクチャ全体がクラウド・プロバイダの構内に配置され、クラウド・プロバイダはインターネット経由でお客様にサービスを提供します。お客様が自社のITをメンテナンスする必要はなく、必要に応じてユーザーやコンピューティング能力を簡単に追加できます。クラウド・プロバイダは、ITインフラストラクチャを共有する複数のテナントを持ちます。

プライベート・クラウド

プライベート・クラウドは、1つの組織が独占的に使用します。その組織の拠点でホスティングすることも、クラウド・プロバイダのデータ・センターでホスティングすることも可能です。プライベート・クラウドは最高レベルのセキュリティと制御を提供します。

ハイブリッド・クラウド

名前が示すとおり、ハイブリッド・クラウドはパブリック・クラウドとプライベート・クラウドの両方を組み合せたものです。一般に、お客様はセキュリティと制御を強化するためにビジネスクリティカルなアプリケーションを自社のサーバーでホスティングしますが、二次的なアプリケーションはクラウド・プロバイダの拠点に格納されます。

マルチクラウド

単一のアーキテクチャで複数のクラウド・コンピューティング・デバイスとストレージ・デバイスを使用することです。お客様は、Software as a Service(SaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Infrastructure as a Service(IaaS)の環境を混在させることができます。

クラウド・サービスの種類

クラウド・サービスには、主にSoftware as a Service(SaaS)Platform as a Service(PaaS)Infrastructure as a Service(IaaS)の3種類があります。どのような場合でも通用するような汎用的アプローチはクラウドにはありません。ビジネス要件に対応した適切なソリューションを見きわめることが重要です。

SaaSとその利点

Software as a Service(SaaS)は、クラウド・プロバイダがお客様のアプリケーションを自社の拠点でホスティングするソフトウェア・デリバリ・モデルです。お客様はインターネット経由でアプリケーションにアクセスします。お客様には、自社のコンピューティング・インフラストラクチャを購入してメンテナンスするかわりに、Pay As You Goベースでサービスをサブスクライブできるという利点があります。

SaaSが理想的なソリューションであることに多くの企業が気づいています。SaaSは稼動開始までが早く、もっとも革新的なテクノロジーを利用できるからです。自動更新により、社内リソースの負担も軽減されます。お客様は、サービスをスケーリングしてワークロードの増減に対応し、成長に合せてサービスや機能を追加することができます。最新のクラウド・スイートは、カスタマー・エクスペリエンスERP調達ERPプロジェクト・ポートフォリオ管理サプライ・チェーンエンタープライズ・プランニングなどのあらゆるビジネス・ニーズを満たす完全なソフトウェアを提供します。

PaaSとその利点

Platform as a Service(PaaS)では、お客様は、基礎となるインフラストラクチャへの投資やメンテナンスをおこなわずに、モバイル・アプリケーションやWebアプリケーションの構築と管理に必要な開発者ツールにアクセスできます。プロバイダはインフラストラクチャとミドルウェアのコンポーネントをホスティングし、お客様はそれらのサービスにWebブラウザ経由でアクセスします。

生産性向上のため、オラクルのPaaSにはすぐに使えるプログラミング・コンポーネントが用意されています。これを使用すると、開発者は人工知能(AI)チャットボットブロックチェーンInternet of Things(IoT)などの革新的テクノロジーも含め、アプリケーションに新機能を組み込むことができます。アナリストやエンド・ユーザー、専門IT管理者向けのソリューションも含まれています。たとえば、ビッグ・データ・アナリティクス、コンテンツ管理、データベース管理、システム管理、セキュリティなどです。

IaaSとその利点

Infrastructure as a Service(IaaS)では、お客様は、インフラストラクチャ・サービスにインターネットを介してオンデマンドでアクセスできます。主な利点は、コンピュート、ストレージ、ネットワークのキャパシティを提供するインフラストラクチャ・コンポーネントをクラウド・プロバイダがホスティングするため、サブスクライバはワークロードをクラウドで実行できることです。クラウド・サブスクライバは通常、クラウドベースのインフラストラクチャでのソフトウェア(データベース、ミドルウェア、アプリケーション・ソフトウェアなど)のインストール、構成、保護、メンテナンスについて責任を負います。

クラウド・コンピューティングの利点

すべての業界でビジネスをクラウドに向かわせているトレンドがいくつかあります。ほとんどの組織は、現在のビジネスの進め方ではプラットフォームを拡大または提供するための俊敏性を得ることも、競争のための柔軟性を得ることもできないでしょう。デジタル・ビジネスが増え続けているために生じたデータの爆発的な増加により、データ・センター・ストレージのコストと複雑さがかつてないレベルに押し上げられ、ITは新たなスキルとアナリティクス・ツールを求められています。

最新のクラウド・ソリューションは、企業がデジタル時代の課題に対処できるよう支援します。企業は、ITを管理するかわりに、さらにハイペースで複雑なビジネス環境にもすばやく対応する能力を得ることができます。

クラウドがイノベーションを促進する仕組み

クラウドを利用するお客様のITシステムには、最新のイノベーションと最先端のテクノロジーが自動的に組み込まれます。クラウド・プロバイダは、新機能を開発する作業に取り組み、クラウドを利用するお客様は、その戦略的優位性を手に入れます。

重要なのはイノベーションのスピードです。Oracle Cloudのお客様は、最新のクラウド・コンピューティング・アーキテクチャを利用してイノベーションを迅速化し、生産性を高め、コストを低減することができます。オラクルの統合クラウド(SaaS、PaaS、IaaS)機能は、ビジネスの軸足を業務処理からイノベーションへと移すことを可能にします。企業は、人工知能(AI)、チャットボット、ブロックチェーン、Internet of Things(IoT)などの革新的テクノロジーの使用も含め、新しいアプリケーションやサービスを提供することができます。企業は、膨大なデータを利用してビジネスに関する予測インサイトを獲得し、最終的には顧客の業績向上を促進することができます。

信頼とセキュリティ

クラウドに移行すれば、ITのセキュリティを維持するという頭の痛い問題とそれに伴うコストから解放されます。経験豊富なクラウド・プロバイダは最新のセキュリティ・テクノロジーに継続的に投資しています。これは、潜在的な脅威に対処するためだけでなく、お客様が規制要件をより的確に満たせるようにするためでもあります。

オラクルは、世界中のデータ・センター・リージョンにわたる全体的な設計の一環として、クラウド・セキュリティのすべてのレイヤーに継続的に投資しています。オラクルの信頼と実績を誇るクラウドは、スタックのすべてのレイヤーでセキュリティを確保できるよう設計されています。このマルチレイヤーのセキュアなクラウド・アプローチは、他のどのクラウド・プロバイダをもしのぎ、お客様のビジネスが求めるレベルのセキュリティを提供します。

完全なクラウド・ソリューション

分断されたビジネス・プロセスやデータ・サイロに悩まされている組織にとって、クラウドは業務を変革する手段となります。クラウドを利用すれば、プロセスを一から作りなおす必要はありません。オラクルの完全なクラウド・アプリケーション・スイートはモジュール型でありながら一体化されているため、データ・サイロを解消し、インテリジェントなコネクテッド・ビジネスを実現します。

オラクルは、クラウドの3つのレイヤーのすべてを、これまでにない方法で一体化して提供します。オラクルのクラウドは、すべてのレイヤーにインテリジェントなソリューションを備えた、完全な統合プラットフォームです。オラクルの完全なビジネス・アプリケーション・スイートと先進のERPソリューションにより、組織のビジネス全体をクラウドで運営することができます。コストの削減と俊敏性の向上を実現するために、Oracle Autonomous Databaseは、複雑さ、人的エラー、手動での管理を排除して、この変革を独自の方法で可能にしています。

Oracle Cloudへの移行を始める

学習

ラリー・エリソンは、刷新されたオラクルのクラウドに大きく広がる可能性を見いだしています。

次世代のクラウド

試用

データベース、コンピュート、IoT、ビッグ・データ、API管理、統合、チャットボットなどを含む各種クラウド・サービスを使用して、本番対応のワークロードを構築しましょう。

Oracle Cloudを使い始める

購入

オラクルのクラウド・プログラムでは、シンプルかつ簡単にクラウド・サービスを購入して使用することができます。ユニバーサル・クレジット方式とBring Your Own License方式をご用意しています。

柔軟な購入および使用モデル