該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

クラウド・コンピューティングとは

スケーラブル。高い柔軟性。インテリジェントクラウドの力をご覧ください。

クラウド・コンピューティングとは

簡単に言えば、クラウド・コンピューティングとは、ITを購入する代わりにレンタルするということです。データベース、ソフトウェア、機器に多額の投資をするのではなく、企業はインターネットを介してコンピューティング能力にアクセスし、使用料を支払います。

スケーラブル。高い柔軟性。インテリジェント。クラウドの力をぜひ体感ください。

クラウド・コンピューティングの基本

組織が「クラウドへの移行」を選択した場合、それはITインフラストラクチャがクラウド・コンピューティング・プロバイダー(オラクルなど)によって維持されているデータセンターでオフサイトに格納されることを意味します。業界をリードするクラウドプロバイダーは、顧客のITインフラストラクチャの管理、アプリケーションの統合、市場の需要に対応するための新しい機能の開発を担っています。

クラウド・コンピューティングは、お客様に俊敏性、拡張性、柔軟性を提供します。レガシーITシステムにお金とリソースを費やす代わりに、お客様はより戦略的なタスクに集中できます。事前に大きな投資をしなくても、企業は必要なコンピューティング・リソースにすばやくアクセスでき、必要な分だけ支払うことができます。

クラウド・コンピューティングの種類

クラウドには3つの異なるタイプがあります。パブリック、プライベート、ハイブリッドです。それらはすべて、顧客から要求される管理の量、および提供されるセキュリティのレベルの点で異なります。

パブリッククラウド

パブリッククラウドでは、コンピューティング・インフラストラクチャ全体がクラウドプロバイダーのオンプレミスにあり、クラウドプロバイダーはインターネット経由でこれらのサービスを顧客に提供します。お客様は独自のITを維持する必要がなく、必要に応じてユーザーやコンピューティングパワーをすばやく追加できます。クラウドプロバイダーには、ITインフラストラクチャを共有する複数のテナントがあります。

プライベートクラウド

プライベートクラウドは、1つの組織によって排他的に使用されます。組織の場所またはクラウドプロバイダーのデータセンターでホストすることも可能です。プライベートクラウドは、最高レベルのセキュリティと制御を提供します。

ハイブリッドクラウド

名前の通り、ハイブリッドクラウドはパブリッククラウドとプライベートクラウドの両方の組み合わせです。通常、お客様はビジネスクリティカルなアプリケーションを独自のサーバーでホストしてセキュリティと制御を強化し、セカンダリ・アプリケーションはクラウドプロバイダーの場所に保存されます。

マルチクラウド

ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの主な違いは、単一のアーキテクチャで複数のクラウド・コンピューティングとストレージデバイスを使用することです。本文にいくつかのキーワードを追加することに焦点を当てています。

クラウド・コンピューティング・サービス

クラウドサービスには主に3つのタイプがあります。サービスとしてのソフトウェア(SaaS)、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)そしてサービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)です。クラウドへの万能アプローチではなく、ビジネス要件をサポートする適切なソリューションを見つけることです。

SaaSとそのメリット

サービスとしてのソフトウェア(SaaS)は、クラウドプロバイダーが顧客のアプリケーションがある場所でホストする、ソフトウェア提供モデルです。顧客はインターネット経由でアプリケーションにアクセスします。顧客は、独自のコンピューティング・インフラストラクチャの料金を支払って維持するのではなく、Pay-as-you-goベースでサービスへのサブスクリプションを利用します。

多くの企業がSaaSを理想的なソリューションであると考えているのは、SaaSが利用可能な最も革新的なテクノロジーで迅速に稼働できるようにするためです。自動更新により、社内リソースの負担が軽減されます。顧客はサービスをスケーリングして変動するワークロードをサポートし、成長するサービスや機能を追加できます。最新のクラウドスイートは、カスタマ―・エクスペリエンス、ERP調達、ERP Project Portfolio Management、サプライチェーン、および企業計画などのあらゆるビジネスニーズに完全なソフトウェアを提供します。

 

PaaSとそのメリット

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)により、顧客は、基盤となるインフラストラクチャに投資することなく、または維持することなく、モバイルおよびWebアプリケーションを構築および管理するために必要な開発者ツールにアクセスできます。プロバイダーはインフラストラクチャとミドルウェア・コンポーネントをホストし、顧客はWebブラウザーを介してこれらのサービスにアクセスします。

オラクルのPaaSは、生産性を高めるために、すぐに使用できるプログラミング・コンポーネントを備えておく必要があるPaaSソリューションを提供することで、開発者はアプリケーションに新しい機能を組み込むことができます。それには、人工知能(AI)、チャットボット、ブロックチェーン、およびInternet of Things(IoT)などの革新的なテクノロジーが含まれます。また、ビッグデータ分析、コンテンツ管理、データベース管理、システム管理 、およびセキュリティを含むアナリスト、エンドユーザー、専門のIT管理者向けのソリューションも含まれます。

 

IaaSとそのメリット

サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)は、顧客がインターネットを介してオンデマンドでインフラストラクチャ・サービスにアクセスできるようにします。主な利点は、クラウドプロバイダーがコンピューティング、ストレージ、およびネットワークの容量を提供するインフラストラクチャ・コンポーネントをホストし、サブスクライバーがクラウドでワークロードを実行できることです。クラウドサブスクライバーは通常、データベース、ミドルウェア、アプリケーションソフトウェアなど、クラウドベースのインフラストラクチャ上のソフトウェアのインストール、構成、保護、および保守を担います。

クラウド・コンピューティングのメリット

すべての業界でビジネスのクラウド移行の傾向があります。ほとんどの組織にとって、現在のビジネスの方法では、成長するための俊敏性や、競争するためのプラットフォームや柔軟性を提供できない可能性があります。デジタルビジネスの増加により作成されたデータの爆発的な増加で、データセンター・ストレージのコストと複雑さがITから要求される新しいスキルと分析ツールを求め、新たなレベルに押し上げられています。

最新のクラウドソリューションは、企業がデジタル時代の課題に対応するのに役立ちます。組織はITを管理する代わりに、よりペースの速い複雑なビジネス環境に迅速に対応することができます。

クラウド・コンピューティングがイノベーションを促進する方法

クラウドのお客様は、自動的に最新のイノベーションとITシステムに組み込まれた新しいテクノロジーを利用できます。クラウドプロバイダーは、新しい機能や性能を開発する作業を引き受けます。クラウドのお客様はその戦略的な利点を獲得します。

イノベーションのスピードです。当社のクラウドのお客様は、最新のクラウド・コンピューティング・アーキテクチャを活用して、イノベーションを加速し、生産性を高め、コストを削減できます。統合されたクラウド(SaaS、PaaS、およびIaaS)アーキテクチャにより、企業は運用からイノベーションへと移行することができます。企業は、人工知能(AI)、チャットボット、ブロックチェーン、Internet of Things(IoT)などの革新的なテクノロジーの使用を含む、新しいアプリやサービスを提供できます。企業は豊富なデータを利用して、ビジネスに関する予測的な洞察を獲得し、最終的には顧客により良い結果を齎すことができます。

クラウドセキュリティは信頼を築く

クラウドに移行すると、ITセキュリティを維持するための悩みとコストがなくなります。経験豊富なクラウドプロバイダーが継続的に最新のセキュリティ・テクノロジーに投資することで、潜在的な脅威に対応するだけでなく、お客様が規制要件をより適切に満たせるようにします。

オラクルは、グローバル・データセンター・リージョン全体の設計の一部として、クラウドセキュリティのすべての層に継続的に投資します。当社の信頼できる実績のあるクラウドは、スタックのすべての層で安全になるように設計されています。この多層の安全なクラウドアプローチは、他のすべてのクラウドプロバイダーを超えた、お客様のビジネスに必要なレベルでセキュリティを提供します。

クラウド・ソリューション—ビジネスプロセスを接続する

切断されたビジネスプロセスとデータサイロに苦しんでいる組織に、クラウドはビジネス・オペレーションを変革する方法を提供します。クラウドがあればプロセスホイールを再発明する必要はありません。完全なクラウドアプリケーション・スイートはモジュール式でありながら接続されているため、データサイロを排除し、接続されたインテリジェントなビジネスを実現できます。

オラクルは、前例のない方法で接続されたクラウドの3つの層のすべてを提供します。すべての層でインテリジェントなソリューションを備えた完全統合プラットフォームです。組織は、オンプレミス・アプリケーションをクラウド・インフラストラクチャに簡単に移行できるようになりました。または、業界をリードするERPソリューションを含む完全なビジネスアプリケーション・スイートにより、組織がビジネス全体をクラウドで実行できるようにします。

クラウドへの移行—クラウドへのジャーニーを始める

今日の多くの組織は、ビジネスのオンプレミスのワークロードをクラウドに移行するかしないかについて、依然としてジレンマに陥っています。ほとんどの組織にとって、トラブルのないクラウドベースの情報システムという約束は、実現しにくい目標にとどまっています。クラウドテクノロジーは普及しているものの、今日のインストールは、社内のITスタッフが管理するプライベート・クラウドの新しいアプリケーションで主に構成されています。エンタープライズ・アプリケーションとインフラストラクチャの大部分は、依然としてオンプレミスのままです。とはいえ、急速な変化が起こりつつあります。

しかし、ITリーダーは、重要なアプリケーションをクラウド・サービス・プロバイダーの手に渡すことをよくためらいます。その一因として、定着しているレガシー資産の明確な移行経路を見いだせないことや、パブリック・クラウド・サービスがエンタープライズのニーズに対応しているかに確信を持てないからという点があります。懐疑的であるのはもっともなことです。ほとんどのパブリック・クラウド製品は、展開の選択肢が十分でなく、オンプレミスとクラウド・システム間の互換性が制限されており、エンタープライズレベルの管理機能が不足しているという特徴があります。

クラウドへの安全で生産的な移行

オラクルは、業界をリードするクラウド・コンピューティング・プラットフォームにより、ITの最新化コストを削減しながら、クラウドに容易に移行できるよう支援します。企業は使い慣れたツールを含む既存の投資を保持し、ソフトウェア資産を移行するためにコードを書き換える必要はありません。「クラウド・バースティング」による柔軟な容量によって、オーバーサブスクライブすることなく必要な容量を提供します。最大の削減は、ワークロード全体をクラウドにリフトアンドシフトし、データセンターの資産を廃止することで資本経費を排除することによりもたらされます。

クラウドのジャーニーを始める

学ぶ

Larry Ellisonがオラクルの改良クラウドに拡大の機会を期待。

次世代クラウド

試す

データベース、コンピューティング、IoT、ビッグデータ、API管理、統合、チャットボットなど、さまざまなクラウドサービスを使用して、本番環境に対応したワークロードを構築します。

Oracle Cloudを使ってみる

購入

オラクルのクラウドプログラムにより、組織はクラウドサービスをよりシンプルかつ簡単に購入および利用できます。ユニバーサル・クレジットと独自のライセンスをご利用いただけます。

クラウドの経済性