申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

SaaS(Software as a Service)とは

Software as a Service(SaaS)は、クラウドベースのソフトウェア提供モデルです。このモデルでは、クラウド・プロバイダがクラウド・アプリケーション・ソフトウェアの開発、保守、自動アップデートを行い、顧客がインターネットを介して従量料金制でソフトウェアを利用できるようにします。パブリック・クラウド・プロバイダは、ミドルウェア、アプリケーション・ソフトウェア、セキュリティなど、すべてのハードウェアと従来のソフトウェアを管理します。このため、SaaSの顧客は、コストを大幅に削減し、オンプレミス・システムおよびソフトウェアを維持するより迅速にビジネス・ソリューションを導入、スケーリング、およびアップグレードできます。また、総保有コストをさらに正確に予測することもできます。

2000年代初頭に登場した第1世代のSaaSソリューションは、サイロ化されていて柔軟性がなく、1つのビジネス問題を解決するために設計されていました。それ以来、SaaSは劇的に進化しました。現在、最新のクラウド・アプリケーションは、財務、人事、調達、サプライチェーン・プロセスから、コマース、マーケティング、販売、サービス・ソリューションまで、すべてのものに広がっており、それらを接続できます。最新の包括的なSaaSソリューションには、他にも次のような利点があります。

SaaSの歴史

1960年代、メインフレーム・コンピュータは、メインフレームのソフトウェアを共有するダム端末に接続されていました。このソフトウェア提供システムのことを「タイムシェアリング」と呼びます。1980年代にコンピュータのコストが低下し始めると、多くの企業がローカル・エリア・ネットワーク(LAN)と呼ばれるタイムシェアリングの独自のローカル・バージョンを構築しました。ただし、ハードウェアとネットワークの供給と管理は(テクノロジー・プロバイダではなく)企業自身が行いました。

1990年代のインターネットの登場によって、プロバイダがソフトウェアのホスティングを開始し、顧客はインターネットでソフトウェアを利用できるようになりました。しかし、アプリケーション・サービスプロバイダ(ASP)モデルと呼ばれるこのSaaSの先駆けには、深刻な制限がありました。たとえば、顧客はそれぞれ独自のバージョンのソフトウェアを必要としていたため、ユーザーのコンピュータにソフトウェアをインストールする必要がありました。このような構成にはコストと時間がかかりました。また、ASPソリューションでは通常、データを効率的に収集および集約する手段が提供されていませんでした。

最初のSaaSソリューションは、SaaSという用語が作られた1990年代後半に登場しました。この新しいモデルは、ASPモデルよりはるかに高い効率をもたらしました。いわゆるマルチテナント・アーキテクチャのおかげで、アプリケーションの1つのインスタンスで複数のユーザーと顧客にサービスを提供できました。ソフトウェアのローカル・インストールは不要になりました。また、有益なアプリケーション・データを収集、集約、集中管理する手段も提供されました。

提供モデル自体は2000年代初頭以来変わりませんが、SaaSは第1世代のサイロ化されたソリューションから大きく進化しました。最新のSaaSスイートでは、ビジネス全体にわたる高い可視性が実現され、AI、機械学習、チャットボット、デジタル・アシスタント、IoT、ブロックチェーン、拡張現実、仮想現実などの埋め込みテクノロジーでSaaSの力を拡張できるようになりました。

Software as a Serviceのビジネス上の利点

ソフトウェア・ベンダーは、過去数年間、ITプロフェッショナルやビジネス経営幹部にさまざまな形でクラウド・コンピューティングの利点に関するメッセージを費やしました。このようなメッセージの中には、運転費(OpEx)の利点を資本支出(CapEx)と比較して、会計担当者およびナンバー犯罪者を対象としたものがあります。他の企業は、スケーラビリティ、オンデマンドの容量、およびインフラストラクチャ管理の日常のタスクを引き継ぎ、IT人材がビジネス問題に注力できるようにするクラウドの機能に関するメッセージによって、ITコミュニティをターゲットとしていました。

このような各議論には非常に真実がありますが、ビジネス・アプリケーションがSaaSモデルを介してクラウドで提供され、サブスクリプション・ベースで支払われる理由をLOBマネージャに説明することに注力しているエネルギーはほとんどありませんが、イノベーション・ギャップ・エグゼクティブがIT組織に不満を抱くためのカギです。

SaaSは新しい概念ではありません。実際、アプリケーション・サービス・プロバイダ(ASP)が提供するWebベースのアプリケーションは、「クラウド・コンピューティング」の概念を実質的に最新の状態にしています。SaaSモデルで提供される早期のアプリケーションは、多くの場合、セールス・フォース・オートメーション(SFA)顧客関係管理(CRM)、およびWebコンテンツ管理に注力しています。現在、オラクルは、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)、プランニングおよび予算編成財務レポート人材管理(HCM)人材管理、販売とマーケティング、顧客サービスおよびサポート、ソーシャル・ネットワーキング、ソーシャル・マーケティングおよびソーシャル・エンゲージメントとモニタリングのためのビジネス・アプリケーション・スイート全体を提供しています。

オラクルのSaaSビジネス・アプリケーションは、第1世代のASPなどのSaaSベンダーの多くが提供するアプリケーションと異なり、最新および次世代です。また、オラクルの名声だけでなく、オラクルがアプリケーションを構築および提供するためにソフトウェア開発およびインフラストラクチャに投資した数十億ドルで支えられています。厳しいアップグレードに精通せずに最新の機能を手に入れたい事業部門のマネージャの場合は、SaaSアプリケーションの利点の詳細をご覧ください。

SaaSモデルは、当初から、オンプレミス・アプリケーションより優れた次のようなビジネス上の利点が得られるように設計されていました。

初期費用の削減 ハードウェアやミドルウェアを追加する必要がなくなります
インストールと実装にかかるコストを削減できます
マスター・データを更新する前にエラーを検証して修正します。
予測可能で継続的なコスト ソフトウェアとハードウェアの管理、パッチ適用、更新といった予測不可能なコストの排除
資本経費を運用経費に変える
エキスパートがソフトウェアの管理やクラウド・セキュリティの監視を行うことでリスクを軽減
迅速な導入 数か月ではなく数時間で稼働を開始
最新のイノベーションやアップデートを有効にして使用
ソフトウェア・パッチの自動適用。
オンデマンドのスケーラビリティ データまたはトランザクションの需要の増大に応じて即座にスケーリング
サービス・レベルを維持しながらサービス中断を減らす

クラウドとSaaSには、どのような違いがあるか。イノベーションのプラットフォームとしてのクラウド・アプリケーション。

第1世代のクラウド・アプリケーションと最新のSaaSアプリケーションはコスト削減とIT効率の向上を目指して開発されましたが、最新のSaaSソリューションは、次のようなデジタル時代の競争を勝ち抜くための課題に応えるイノベーションのプラットフォームになっています。

  • SlackやZoomなどのコラボレーション・アプリケーションをサポートするために、SaaSアプリケーションの機能を拡張します。
  • 小さなものの力。小さなスタートアップ企業は、クラウド、モバイル、およびソーシャルによって、革新的な製品を作り出し、これまでになく迅速に市場に届けることができています。
  • 消費者の不満の時代。消費者は、モバイルとソーシャルを武器に、これまでになく多くの選択肢と情報を手に入れています。

このような競争上の課題に応えるため、最新のSaaSスイートは、より迅速なイノベーションのサポート、優れたカスタマー・エクスペリエンスの提供、組み込みの分析機能とビジネス全体の可視化による的確な意思決定の支援によって、ビジネス全体でイノベーションを推進します。

SaaSスイートの最新の機能

コネクテッドで部門横断的なソリューション。 部門を超えたビジネス・プロセスを接続して最適化
ビジネスの全体像を把握
迅速で柔軟なアップデート・パス 四半期ごとに新機能にアクセスします。
プロバイダのスケジュールではなく、自社のペースで更新するかどうかを選択
簡単なパーソナライズ ビジネス・ニーズに合わせてソリューションを迅速にパーソナライズ
重要なカスタマイズが更新後も失われない
データの移植性 SaaS、オンプレミス、およびプライベート・クラウド・アプリケーションの間でデータを共有および移動
データを迅速に準備、可視化、分析して傾向やパターンを見つける
サードパーティ・データを組み込んで分析の幅を広げる
組み込みの分析 リアルタイムでデータにアクセス
高い費用と時間がかかるデータ出力を回避
組み込みテクノロジーを活用する迅速なイノベーション 組み込みの自己学習と適応型インテリジェンスで生産性を向上
AI、機械学習、チャットボット、デジタル・アシスタント、IoT、ブロックチェーンなどの新しいテクノロジーによって、バリュー・チェーン全体で迅速および継続的にイノベーションを実現します。

クラウド向けに構築された1つのSaaSアプリケーション・スイート

一部のSaaSプロバイダは自社のオンプレミス・ソフトウェアをクラウドに移動しただけのものをSaaSと呼んでいます。このモデルには欠点があり、クラウド提供モデルが十分に活用されていません。実際には、オンプレミス・ソリューションと同じ制限の多くが解消されない可能性があります。たとえば、高額のサポート料金、同じ遅いアップグレード・プロセスによる高いIT関連オーバーヘッド・コスト、システムの断絶などの制限が残る場合があり、これらはすべてイノベーションとビジネスの俊敏性を低下させます。

それに対して、クラウド向けにゼロから設計されたSaaSスイートは、以下を提供できます。

アプリケーションの開発とイノベーションの利用を迅速化

デジタル時代ではイノベーションが非常に重要となるため、企業は最新の機能を活用したいと考えています。クラウド向けに設計されたSaaSはイノベーション・サイクルが速いため、お客様は最新のイノベーションとアプリケーションを迅速に利用できます。それとは対照的に、オンプレミスのインザクラウドSaaSモデルでは、オンプレミス・ソリューションおよびアプリケーションに特有の開発サイクルが長いという特徴があり、イノベーションを迅速には利用できません。

コネクテッドなSaaSビジネス・プロセス

企業はクラウド内の「調達から支払い」、「受注から入金」などをコストのかかる統合や複雑な管理なしでサポートするSaaSソリューションを求めています。これを可能にするため、最新のSaaSスイートは、全社的に共通のデータ・モデル、統合的なユーザー・エクスペリエンス(モバイルとソーシャルを含む)、共有セキュリティ・レベル、同期されたリリース・スケジュールなどを備えた1つの標準ベースのプラットフォーム上に構築されています。

SaaS(Software as a Service)ロードマップの未来

市場エキスパートの見解は、SaaSの未来は揺るぎないということで一致しています。2017年のガートナー・レポートによると、SaaSソリューションの売上は年間23%以上の成長率で増加し続け、2020年の2700億米ドルから2021年には3320億米ドル以上に達すると予想されています。

次のとおり、SaaSソリューション自体のイノベーションがその成長を後押しすると見込まれています。

AIAIソリューションの導入が増加するにつれて、適応型インテリジェンス(ユーザーのデータと行動を学習し、それに適応する)を含め、エンタープライズSaaSアプリケーションの一部としてますます組み込まれていくものと予想されます。

自律型のIT管理AIと機械学習は、より自律的で人間に依存しない管理をITスタック全体に広げるうえでも重要な役割を果たします。

AI、機械学習、チャットボット、デジタル・アシスタントIoT、ブロックチェーン、機械学習、仮想現実、拡張現実このような各テクノロジーは、デジタル・イノベーションや前向きなプロバイダには、すでにSaaS製品に提供するための方法を見つけています。

業界別SaaS: 垂直的な深さと水平的なつながりSaaSは1つの部門に垂直ソリューションを迅速に提供する手段として登場しましたが、部門横断的な可視性のニーズも高まっています。部門横断的なスイートを提供しているプロバイダでより垂直深度の深いソリューションを探すことに加えて、ハイブリッド・クラウド・ソリューションのAPIとターンキー統合も視野に入れてください。