申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Enterprise Resource Planning(ERP)

継続的な変化には、継続的なイノベーションが必要

明日のリーダーとは、今日の変化に最も適応できる人です。Oracle Fusion Cloud ERPは、包括的かつ最新のクラウドERPのスイートで、スピード低下の原因となる手動プロセスを自動化するAI、市場の変化にリアルタイムで対応するアナリティクス、最新の状態を維持して競争上の優位性を得るための自動更新などの高度な機能をチームに提供します。

ERP for Dummies thumbnail 初めての人にもわかるクラウドERP

適切なクラウドERPパートナーを見つけ、生産性と柔軟性を高め、ビジネス全体で一貫した視点を持ち、次世代のテクノロジーと機能強化を手に入れるためのインサイトをご紹介します。

Oracle ERP お役立ち資料ダウンロード

Oracle ERPの機能や特長をわかりやすく解説するホワイトペーパーやユースケースなど、最新のお役立ち情報をお届けします。

アナリストによるOracle Cloud ERPの評価

2021 製品中心の企業に向けたクラウドERPに関するMagic Quadrant

Gartner®のProduct-Centric ERPレポートでオラクルがリーダーに選出された理由

オラクルが2021年のMagic Quadrant for Cloud ERP for Product-Centric Enterprisesに3回連続でリーダーに選出された理由をご覧ください。

Gartner®社が「2021年クラウド財務管理」レポートでオラクルをリーダーに選出した理由を見る

中堅企業、大規模企業およびグローバル企業向けクラウド・コア財務管理スイートを対象とした2021年のGartnerのMagic Quadrantにおいて、Oracleが5年目のリーダーに選出された理由をご覧ください。**

組込みの人工知能により、完全なクラウドERPを実現

新しい状況を予測し、検知し、行動する

予測と実績の間の大きな差分を好む人はいません。しかし多くの場合、モデルはサンプルのデータセットや直感に頼っており、非常に制約があります。Oracle Cloud ERPでは、予測計画と予測に機械学習を導入することで、より広範なデータセットを活用し、隠れたバイアスを明らかにし、重大な逸脱を発見し、全体的な応答時間を短縮することができます。

業務プロセスを自動化し、マニュアル作業を排除する

データの収集に費やす時間を減らし、データからわかることへの理解に時間を使いましょう。街頭演説の準備であれ、潜在的なM&A活動の評価であれ、Oracle Cloud ERPは、最も時間のかかる日常的な業務プロセスを自動化することで、チームの戦略的な作業に、より時間をかけることができます。AIを使用すると、最大96%のトランザクションを自動化できます。

日々の業務を簡素化し、スピードアップを実現

OracleのAI搭載デジタル・アシスタントを使用すると、一般的なタスクを簡略化し、スピードアップを実現できます。これにより、「オープン中の購買依頼のステータスは?」「現在の調整の期日は?」といった、単純な質問をすることができます。請求書や予算超過通知などのパーソナライズされたタスクが積極的にユーザーに提供されるため、承認作業も迅速に行うことができます。

新たなビジネス・モデルの立ち上げを、より迅速に

お客様のトレンドや、新たな競合他社の出現に先駆けることは、日々難しいものになっています。オラクルのクラウドERPを使えば、新しいビジネス・モデルをより簡単に見つけ、立ち上げることができ、その結果をリアルタイムでモニターすることで、アプローチを絶えず改善することができます。お客様の解約などに関して、機械学習によるインサイトと組み合わせることで、問題が発生する前に予測を行い、問題を回避することができます。

Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning

より的確な意思決定を行うための明確な財務状況を把握

Oracle Financialsは、財務状況と結果の完全なビューを提供して、刻々と変化するビジネス環境にすばやく対応できます。

特長
  • 会計ハブ
  • レポートと分析
  • 買掛金と資産
  • 収益管理
  • 売掛金
  • 集金
  • 経費管理
  • ジョイントベンチャー経営

プロジェクトをビジネス戦略に合わせる

Oracle Project Managementは、プロジェクトの計画と追跡、適切な人材の割り当て、需要と容量のバランス、ニーズの変化に応じたリソースの迅速な増減に役立ちます。

特長
  • プロジェクト・マネジメント
  • リソース管理
  • タスク管理
  • プロジェクト原価管理
  • プロジェクトの請求と契約
  • 交付金管理
  • 分析

従業員を支援し、調達を合理化する

Oracle Procurementは、直感的なユーザー・エクスペリエンス、組み込みの分析特長、コラボレーションによって調達から支払いまでを簡素化して統合することで、サプライヤ管理の簡素化、最適なサプライヤの選択、コンプライアンスに準拠した支出、収益性の向上を実現できます。

モジュール
  • 調達から支払いまで
  • サプライヤー管理
  • 調達
  • 契約
  • ビジネス・ネットワーク

自動監視で信頼を築き、リスクを軽減

Oracle Risk Management and Complianceは、ビルトイン・データサイエンスを使用して、財務管理の強化、キャッシュリークの停止、監査の合理化、新たなリスクの検出を行い、労働集約型のセキュリティとコンプライアンスタスクに費やす時間を削減します。

特長
  • ERP実装時のセキュリティ設計
  • 自動化された職務ごとのコンプライアンスレポート
  • 継続的なユーザーのセキュリティ監視
  • ユーザーのアクセス認証ワークフロー
  • 設定変更の継続的な監視
  • 重要な取引と支払いの継続的な監視
  • SOX、監査、および認証ワークフロー
  • エンタープライズ・リスク管理(ERM)のワークフロー

敏捷性で効率を上げる

Oracle Enterprise Performance Managementは、財務、人事、サプライチェーン、および販売にわたるモデル化と計画を支援します。決算処理を合理化し、より良い意思決定を推進するためのインサイトを得ます。

特長

回復力のあるサプライチェーンを構築

Oracle Cloud SCMは、サプライネットワークと、変化を先取りするように設計および構築された統合的なクラウドのビジネス・アプリケーションをつなぎます。回復力を向上させ、敏捷性を高め、次の動きの先を見越して成功するための計画を立てるシステムを活用して急速な変化に備えてください。

特長

AIで予測と分析

Oracle Analytics for Cloud ERPは、Oracle Cloud ERPの分析機能を補完し、パッケージ化されたユースケース、予測分析、分散分析と履歴トレンドに基づくKPIを提供します。

特長
  • KPI管理
  • ベスト・プラクティスのメトリックライブラリ
  • 事前構築された分析モデル
  • 拡張可能なアーキテクチャ
  • ビジネス・コンテンツ・エリア
  • セルフサービスのデータ検出
  • 拡張分析
  • コラボレーションと公開
  • エンタープライズ・アーキテクチャとセキュリティ
  • モバイル探索

50%

オンプレミスのERPよりも低いTCO*

116

国: 他に比類のないグローバル・スケールのクラウドERP

113兆ドル

の企業収益をOracle Cloud ERPが管理

 

時代遅れの技術やオンプレミス型ERPのアップグレードを不要に

常に最新のバージョンで利用できるクラウドERP

オンプレミスのシステムをアップグレードするには、コストがかかり、広範囲にわたって不確実性がつきまとい、ビジネスに支障をきたす恐れがあります。Oracle Cloud ERPは四半期ごとに更新されるため、古いテクノロジーが原因でビジネスの妨げになるといった心配はありません。このようにして、新しい機能によって時間のかかるプロセスを自動化し、新しいインサイトが得ることで、より良い意思決定が可能となります。

安心してクラウドERPに移行する

オラクルのクラウドへの移行は、何千もの企業のクラウドERPへの移行を成功させてきた、高い実績を持つテクノロジー・パートナーのもとで行われます。毎年1,700以上の新機能や性能向上など、お客様とともに継続的な改善を行っています。オラクルでは、販売しているソリューションと同じものを使用しており、Oracle@OracleとOracle Cloud Customer Connectを介して、コミュニティ全体でベスト・プラクティスの共有を行っています。

お客様のペースで導入できるERP

さまざまな企業がある中で、クラウドERPを導入するまでのジャーニーもまた、企業ごとに異なります。オラクルの統合されたモジュール型のアーキテクチャにより、必要なものを必要なときに導入することができます。財務のモダナイゼーション、全社的な計画への対応、物流の改善など、どの分野に最初に取り組むか、お客様のペースでコントロールすることができます。各業務領域で導入できれば、それで完了です。もう、アップグレードに向けたプロジェクトに参加する必要はありません。

アナリストレポート: アナリティクス、オートメーション、AIを機軸に構築されたOracle Cloud ERP

オラクルとSquareは、AIと機械学習を活用して通常業務を自動化するという共同作業を実施しています。

Ajmere Dale, Chief Accounting Officer, Square

ERPのお客様の成功事例

すべてのお客様事例を見る

世界中の8,500社を超える大手企業が、ミッションクリティカルなビジネス機能の運用において、オラクルに信頼を寄せている理由をご覧ください。

S&P 500で最速の決算を実現するために必要なもの

ある企業がOracle Cloud ERPを使用して、期末からわずか10日後に収益を報告した方法と、それが貴社においても重要である理由についてご紹介します。

サブスクリプション・エコノミーでデータをお金に変える4つの方法

Lynne Sampson, Managing Editor, The Modern Finance Leader

データは、サービス型のビジネス・モデルの礎となるものです。そしてそれは、優れたカスタマー・エクスペリエンスの創造や、成功の評価、さらには製品そのものになることも可能です。ここでは、データを活用した "as-a-service "の提案を4つご紹介します。

特集ブログ

すべて表示する

リソース

Oracle Fusion Cloud ERPがリーダーである理由をご覧ください

オラクルのERPソリューションは当初からクラウドベースでした。それらのソリューションはインテリジェントで、包括的に接続され、柔軟性を備えるよう設計されています。

コミュニティ

顧客コミュニティへの取り組み

Oracle Cloudでビジネス全体を運営して、経験を共有し、成功に役立つよう、あなたのパートナーになります。

クラウドについて学習する

Oracle Cloud ERP のスキルを高める

Oracle Universityは、クラウド・スキルの構築、専門知識の検証、導入の促進に役立つ学習ソリューションを提供します。Oracle Learning Explorerプログラムを使用して、無料の基本トレーニングと認定にアクセスしてください。

Oracle Cloud ERPを使い始める


ERPのデモをリクエストする

当社のエキスパートによるガイダンスをご体験ください。


ERPの製品ツアーを見る

自分でOracle Cloud ERPを探す


SaaS ERPの営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud ERPについて当社チームの担当者がご案内します。

* Gartner, Inc., Magic Quadrant for Cloud ERP for Product-Centric Enterprises, Tim Faith, Denis Torii, Paul Schenck, Dixie John, Abhishek Singh, August 24, 2021.

オラクルは2018年にMagic Quadrant for Cloud ERP for Product-Centric Midsize Enterprisesに認定されました。

** Gartner, Inc., Magic Quadrant for Cloud Core Financial Management, John Van Decker, Greg Leiter, Robert Anderson, May 10, 2021

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

このグラフィックは調査ドキュメントの一部としてGartner, Inc.が発行したものであり、ドキュメント全体の内容に沿って評価する必要があります。Gartnerのドキュメントはリクエストによって入手できます。

GARTNERおよびMAGIC QUADRANTは、Gartner, Inc.および/または米国とその他の国におけるその関連会社の商標およびサービスマークであり、本書では許可を得て使用しています。All rights reserved.