申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

SaaSエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)とは

業界をリードするエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)クラウド・ソリューションが、ビジネス・プロセスやアプリケーションの統合管理として機能して、回復力とリアルタイムの敏捷性を獲得し、成長のために態勢を整える様子をご確認ください。

エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)システムは多くの企業が会計、調達プロセス、プロジェクトなどを全社で管理できるバックボーンです。多くのIT部門にとっては、多くの場合、ERPシステムはハードウェアまたはインフラストラクチャに多額の投資が必要な可能性があるコストと時間のかかる大規模な導入を意味しています。クラウド・コンピューティングおよびSoftware as a Service(SaaS)導入の出現は企業のERPに関する考え方の変化の最先端にあります。企業は、ERPをクラウドに移行して、テクノロジー要件を簡素化し、投資利益率をさらに迅速に実現できます。

クラウドERPソリューションはオンプレミス・ソリューションとまったく同じ機能を実装する成熟した製品です。また、クラウド導入モデルでは、モビリティ、意思決定支援システム、コラボレーションおよびソーシャル・システムなど、他の主要なテクノロジーを簡単に統合できます。クラウド・サービスは、ITインフラストラクチャ、メンテナンス、およびアップグレードのオーバーヘッドなく、最新の機能を実装するアプリケーションを求める主要な企業の間で、人気が高まっています。SaaS ERPシステムを成功に導くために、業界をリードする高いパフォーマンスとスケーラビリティ、比類のない信頼性、およびセキュリティの強化を実現する統合的なスイートとクラウド・プラットフォームを活用できます。

ユーザーは、Software as a Service(SaaS)によって、ハードウェアを購入するのでも、ソフトウェアをライセンスするのでもなく、クラウド内でアプリケーション・ソフトウェアに登録して使用できます。このソフトウェアを月次サブスクリプション料金でクラウド・プロバイダーから購入するだけで、サービスがインターネットで提供されます。財務、サプライチェーン、人事、カスタマー・エクスペリエンス、販売、およびマーケティング組織向けに特定のSaaSアプリケーションに登録できるように、最新のクラウド・スイートはビジネス全体向けの完全なソフトウェアを実現します。

SaaSとは

ユーザーは、Software as a Service(SaaS)によって、ハードウェアを購入するのでも、ソフトウェアをライセンスするのでもなく、クラウド内でアプリケーション・ソフトウェアに登録して使用できます。このソフトウェアを月次サブスクリプション料金でクラウド・プロバイダーから購入するだけで、サービスがインターネットで提供されます。財務、サプライチェーン、人事、カスタマー・エクスペリエンス、販売、およびマーケティング組織向けに特定のSaaSアプリケーションに登録できるように、最新のクラウド・スイートはビジネス全体向けの完全なソフトウェアを実現します。

ERPとは

企業は、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェアによって、バックオフィス・プロセスを自動化し、日々の機能を管理できます。ERPの機能には、財務、会計、調達、プロジェクト・マネジメント、リスク・マネジメント、サプライチェーン・マネジメント、経営管理ソリューション(EPM)(EPM)、アダプティブ・インテリジェンス、および分析があります。

動画を見る: ERPシステムとは(エンタープライズ・リソース・プランニング) (1:18)

ERPとは

SaaS ERPとオンプレミスERPの6つの利点

ほとんどの財務管理システムには、企業データを動的に可視化する優れた機能が搭載されています。前世紀のERPソフトウェアは、大量のビジネスデータをとらえる点については優れていましたが、レポートを作成するのは困難でした。それが当時の状況でした。

今日の組織は、収益の改善、運用の効率化、意思決定の向上に財務データを活用できる機能を求めています。近年、レポートやその他のデータ出力と監視機能が、組織にとって非常に重要になっています。財務管理システムに必要とされるレポート機能は、このようなニーズに対応するため急速に進化しています。

最低限でも、すべての企業は月末締め、四半期締め、年次締めの報告書と、収入、費用、残高に関する基本的な財務諸表を必要としています。このようなレポートは常に入手できましたが、このようなレポートの調整や、他のニーズに伴って派生するレポートの追加を行うことは容易ではありませんでした。

スピーディーなビジネス環境において、デフォルトのレポート生成機能、アドホックな出力の容易な作成機能は、あれば便利な機能という物ではなく、今や財務管理システム・ソフトウェアには不可欠な要件となっているのです。詳細なデータ分析、情報の視覚化、運用の可視化向上、ナラティブ・レポートの要件を追加して、企業はERPソフトウェア・ソリューションを経営管理ソリューション(EPM)などの高度なレポート・システムと簡単に連携する必要があることをすぐに発見できます。

当初から、SaaSモデルは、従来のオンプレミスERPソリューションと比較して、ビジネス上の主要な利点をもたらすように、設計されています。このような最新のビジネス上の利点は次のとおりです。

事前コストの削減
  • ハードウェアとミドルウェアの追加を不要に
  • インストールと実装にかかるコストの削減
予測可能で継続的なコスト
  • ソフトウェアとハードウェアの管理、パッチ適用、更新といった予測不可能なコストの排除
  • 資本的支出を従量課金の運用コストに変える
  • 技術コストではなく機能コストへの注力
オンデマンドのスケーラビリティ
  • データまたはトランザクションの需要の増大に応じて即座にスケーリング
  • サービス・レベルを維持しながらサービス中断を減らす
価値実現までの期間を短縮
  • 新機能をすぐに実装
  • 必要なITサポートが従来のオンプレミス実装より少ないことによるコストの削減
イノベーションの増進
  • 標準化された機能でサポート、分析、およびコラボレーション・ツールに簡単にアクセス
グローバリゼーション戦略のサポート
  • 標準化されたプロセスによって、ビジネス全体の収益性とコストに関する透明性と分析を向上できます。
  • さまざまな国の財務リソース間のコラボレーションの向上

財務モデルと保有コストの比較

 

ERPモデル

オンプレミスERP 1.0

Cloud ERP 2.0

ビジネス財務モデル: オンプレミスERPシステムの資本的支出では、ビジネス成長の重要なニーズから資金を流用し、多くの場合、税金を負担します。 資本的支出
前払い購入
営業費用
月次サブスクリプション
ERPソフト: オンプレミス・ソフトウェアには、初期費用と税金が必要ですが、クラウドERPでは、運用コストを月単位で活用します。 $ すべてが含まれています。目に見えない追加コストはありません。
ERPソフトウェア・メンテナンス: オンプレミスERPでは、セキュリティ修正、重要なパッチ、および更新で常に最新化するために、年間保守料金が必要です。 $ すべてが含まれています。目に見えない追加コストはありません。
ERPソフトウェア向けのハードウェア: オンプレミスERPには、追加の資本的支出が必要です。通常、ハードウェアは3~5年ごとに物理的にアップグレードする必要があります。 $ すべてが含まれています。目に見えない追加コストはありません。
ハードウェア・メンテナンス: オンプレミスERPハードウェアでは、多くの場合、年間保守料金または契約、高コストのスペース、設備、およびスタッフが必要です。 $ すべてが含まれています。目に見えない追加コストはありません。
ERPソフトウェア向けのデータベース: オンプレミスERPシステムには、オンプレミス・データベースが必要であり、多くの場合、その導入には、スタッフと契約社員が必要です。 $ すべてが含まれています。目に見えない追加コストはありません。
データベース・メンテナンス: オンプレミスERPでは、ERPデータベースを常に保護、最新化、および最適化するために、年間保守料金とスタッフが必要です。 $ すべてが含まれています。目に見えない追加コストはありません。
システム・アップグレード: オンプレミスERPシステムのアップグレード・プロジェクトには、3~5年ごとに1プロジェクトあたり10~100万ドル以上のソフトウェアおよびハードウェア・コストがかかります。 $ すべてが含まれています。目に見えない追加コストはありません。
システム・セキュリティ: すべてのオンプレミスERPシステムには、セキュリティ・ソフトウェア、およびスタッフによる監視と保守の追加コストがかかります。 $ すべてが含まれています。目に見えない追加コストはありません。
システム・ディザスタおよびリカバリ: すべてのオンプレミスERPシステムには、ディザスタおよびリカバリ・プラン、インフラストラクチャ、サービス、スタッフ、および冗長性の大きなコストがかかります。 $ すべてが含まれています。目に見えない追加コストはありません。

最新のSaaS ERPに期待できること

現在の最新のSaaS ERPシステムは、特に不確実な時代では、重要な場所とタイミングでプロセスを自動化し、効率を向上するために、高度なテクノロジーを使用しています。オラクルとEnterprise Strategy Group(ESG)は、クラウド主導のイノベーションが業務をどのように変革しているかを分析するために、700人の財務および業務マネージャーおよび役員を対象に、2020年のグローバル調査(PDF)を共同で実施しました。この調査によると、回答者の91%が、「SaaSは、財務および業務アプリケーションへの新しいテクノロジーの導入を可能にしている」と答えています。このようなテクノロジーは次のとおりです。

AI

インテリジェントな企業は、業務を自動化し、イノベーションを推進し、さらにスマートな意思決定を行うことができるように、最新のSaaS ERPアプリケーションにデフォルトで組み込まれた人工知能(AI)を使用しています。ESGの調査結果によると、ERPシステムにAIを組み込むと、エラーが36%減少し、決算にかかる期間が3.5日短縮されます。

AIソリューションの詳細

デジタル・アシスタント

ERPは、チャット・ボットなどのデジタル・アシスタントによって、他の多くのシステムと簡単にやりとりできます。デジタル・アシスタントは、顧客と従業員のサポート・タスクのガイド、迅速な対応、迅速な分析、およびスマートな推奨によって、従業員の生産性を向上します。ESGの調査結果によると、チャットボットを使用している企業では、生産性が平均36%向上し、分析が38%迅速化しています。また、回答者の65%が、対話型テクノロジーによって、予測および報告プロセスを効率化していると述べています。

Digital Assistantについて

Internet of Things(IoT)

ストリーミングIoTデータからのリッチなリアルタイム情報でERPアプリケーションを強化して、スマート・マニュファクチャリング、予知保全、コネクテッド・ロジスティクス、職場の安全、およびコネクテッド・カスタマー・エクスペリエンスによって、可視性、インサイト、および効率を向上できます。ESGの調査結果によると、企業は、IoTデータをサプライ・システムおよびワークフローに組み込んだ結果、生産/受注までの期間を平均6営業日以上短縮しています。

IoTソリューションについて

ブロックチェーン

ビジネスのスピードに合わせて、複数の関係者とのセキュアなコラボレーションが必要になったとき、全員がリアルタイムでデータを共有できるソリューションが必要になります。ブロックチェーンは信頼性の高いデータを共有するための協調的なフレームワークを提供します。ESGの調査によると、回答者の42%が、日常的な監視タスクの自動化がブロックチェーン・アプリケーションの最も重要な利点であると述べています。

ブロックチェーン製品について

Oracle SaaS ERPアプリケーションに直接組み込まれたAI、デジタル・アシスタント、IoT、およびブロックチェーン・テクノロジーの詳細をご覧ください。今すぐに。

クラウドERP: 最新の財務システムが必要な時期であることを示す10の兆候

レガシーERP 1.0システムが、企業を運営するための重要な能力を提供し、カスタマー・エクスペリエンスを設定し、競合他社とどのように競争するかに直接影響を及ぼすことは、議論の余地がありません。しかし、お客様のビジネスで起きているテクノロジーと世代の変化、および現在のオンプレミス環境がどの程度、妨げになっている可能性があるかを考慮する必要があります。

最新のSaaS ERPアプリケーションの利点についてご理解いただけたかと思います。では、適切な移行の時期はどのように分かるのでしょうか?上位10の指標は下のとおりです。

1

財務システムにはアップグレードが必要

オンプレミス・システムは、サポート期限を経過すると、高額な投資が必要です。

2

ユーザビリティへの不満の増大

従業員は、なぜERPはスマートフォン・アプリのようにならないのかとユーザビリティについて不満を述べています。

3

レポートの課題の増加

管理レポートが煩雑すぎます。

4

ビジネス・アプリケーションに新しいハードウェアが必要

物理的なERPインフラストラクチャは高コストの設備交換の時期を過ぎています。

5

メンテナンス・コストの増加

システム料金とサービス・コストは毎年増加しています。

6

企業の迅速でグローバルな成長

国際的な拡大、買収、および市場成長は現在のバックオフィス・アプリケーションによって阻害されています。

7

新しいコンプライアンス要件

財務およびコンプライアンス要件の増加は企業に影響を及ぼします。

8

ビジネス需要の増加

ビジネスは需要の増加についていくことができません。

9

IPOの時期

お客様は厳しい財務情報および管理が要求される株式公開の準備ができています。

10

非統合的なシステムと異なるデータの増加

連携されていないシステムとエンタープライズ・データが増加しているため、重要な問題への答えが矛盾しています。

クラウドERPシステムを導入するための7つのステップ

お客様は、最新のSaaS ERPシステムへの移行を意思決定すると、次のステップを考えているかもしれません。始めるための7つのステップは下のとおりです。

1

プロジェクト目標の明確な定義

生産性、決算の迅速性、インフラストラクチャ・コストなど、ビジネス上の利点を測定するKPIを設定する。測定可能なアイテムでは、プロジェクトの合意と承認を形成し、戦略構築を追跡し、マイルストーンで成功を評価するためのベースラインを提供します。

2

ドキュメント・プロセスと棚卸システム

内部およびサードパーティー・ソリューション、その統合ポイント、冗長システムなど、ITインフラストラクチャ全体をマッピングします。組織構造を含めて、データの所有、管理、および使用と組み合わせて、役割を理解します。また、プロジェクトを開始する前に、信頼できる唯一の情報源(SSOT)戦略を定義することが重要です。

3

役員からの強力な支援を得る

企業規模にかかわらず、役員からの支援は重要です。プロジェクト全体で役員の継続的なサポートが必要です。従業員との継続的なコミュニケーションだけでなく、新しいクラウドERPシステムへのリーダーシップ・コミットメントの強調も、成功の推進要因になります。

4

企業に合った導入アプローチの選択

クラウドERPへの移行は、企業によって異なりますが、クラウドERPアプリケーションを同時に導入する必要はありません。多くの企業は、オンプレミスのソリューションと並行して、高価値のクラウド・サービスを段階的に導入することを選択しています。この結果、ハイブリッド環境が実現します。一方、最新化をコアERPアプリケーションから開始し、エンドツーエンドの完全な変革に向けて構築している企業もあります。

5

アプリケーションに存在する標準のベストプラクティスの導入

クラウド・アプリケーションには、最新のベストプラクティスが組み込まれているため、時代遅れのプロセスおよびアプローチとともに、レガシー・ソフトウェアを置き換えることができます。ERP 2.0は、組み込みの標準化によって、必要な共通ビジネス・プロセスの80%以上を提供するため、プロジェクトを開始するには最適な環境です。

6

レポートと分析の初期調査

ユーザーは、クラウドERPによって、ビジネスをリアルタイムに理解できます。また、高度な多次元分析とデータ可視化によって、データウェアハウスに依存せずに、インサイトを迅速に得ることができます。プロジェクト計画の初期にレポートと分析のニーズを定義します。稼働後は、有意義なレポートを迅速に作成できます。

7

ユーザーとプロセス・オーナーが最初から参加

ERPシステムのユーザーはプロジェクトの成否を決定します。導入中は、デモとテストを定期的に行います。

ERPの製品ツアーを見る