Oracle Cloud Enterprise Performance Management

あらゆる市場状況でパフォーマンスを向上させるために必要なアジリティと分析情報を獲得。Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)は、財務、人事、サプライチェーン、および販売全体のモデル化と計画を支援し、財務クローズのプロセスを合理化し、より良い意思決定を推進します。

  • オラクル、「2023 Gartner® Magic Quadrant for Financial Planning Software」のリーダーに選出

    EPMベンダーをご検討の際はぜひ、「2023 Gartner® Magic Quadrant for Financial Planning Software」*を参考に、十分な情報に基づいた意思決定を行いましょう。

  • オラクル、「2023 Gartner® Magic Quadrant™ for Financial Close and Consolidation Solutions」のリーダーに選出

    EPMベンダーをご検討の際はぜひ、「2023 Gartner Magic Quadrant for Financial Close and Consolidation Software」を適切な意思決定にお役立てください。**

  • Oracle Fusion Cloud EPM のデモ(15分)

    営業からサプライチェーン、従業員まで、EPMがどのように組織のビジネスを可視化し、管理しているのかをご紹介します。ライブおよびオンデマンドのデモの一覧をご覧ください。

Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management

EPMプラットフォーム

Oracle Cloud Enterprise Performance Management(EPM)Platformは、クラウドEPMプロセス間で共有される技術コンポーネントおよび機能コンポーネントのフレームワークです。このため、さらに統合されたユーザー・エクスペリエンス、およびさまざまなビジネス機能全体の管理を簡素化できます。


すべての計画を連結する

ベスト・プラクティスと高度なテクノロジーに基づいて構築された、シナリオ・モデリングや長期計画から予算編成や基幹業務計画に至るまで、俊敏な関連計画を推進します。


コストと収益性の理解を深める

自社の最も収益性の高い製品や事業部門を知ると同時に、最もコストのかかる部分を理解しておくと、事業のこれからの方向性についてより情報に基づいた意思決定を行えるようになります。収益性分析、共有サービスの原価計算、IT財務管理、税移転価格のための透過的な割り当てモデルを構築します。


帳簿の迅速なクローズ

変化するビジネス要件とコンプライアンス要件に迅速に対応すると同時に、より速く、より正確で、透過的なレポートを提供します。エンドツーエンドの クローズタスクの全範囲をカバーする組み込み機能を活用します。


アカウント調整の効率化

アカウントの調整とトランザクションの照合を自動化します。プロセスに通常関連するセキュリティとリスクに対処しながら、財務諸表の効率と正確性を向上させます。

税務と財務をすり合わせる

可視性とコンプライアンスを向上させるために、税務と企業の財務報告実務をすり合わせます。企業の税引当やCountry by Country Reporting(CbCR)などの税務を透明化します。

分析とレポート、改革

財務レポート、管理レポート、および規制レポート・パッケージを共同で作成および公開用のナラティブ・レポートを使用して、内部および外部のレポート要件の一歩先を進みます。

あらゆるニーズに対応する計画・報告用アプリケーションの作成

Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)の多次元分析、プランニング、モデリング、およびレポーティングにより、より良い意思決定を促します。Oracle Cloud Freeformは、Essbaseの使い慣れた機能と柔軟性に加え、SaaSのスケーラビリティとガバナンスを提供します。これにより、思い描いたものを作ることができます。

エンタープライズ・データの管理

エンタープライズ・データ・ガバナンス、変更データの可視化、階層管理などのエンタープライズ・データ管理を使用して、ビジネスの変更を管理します。

機動力のある財務改革トレーニング

オラクルおよびAICPA&CIMAは、お客様がクラウドへ移行してより良いビジネス成果を得るための方法を学んだり、キャリアを将来に備えるために、新しい認定資格シリーズを作成しました。

Oracle Enterprise Performance Managementのアジリティでパフォーマンスを向上させる方法

すべて揃ったクラウドで価値を獲得

財務計画と運用計画、統合、決算、マスター・データ管理など、機能的な幅と深さでニーズに包括的に対応。

組み込みインテリジェンスを使用してより良い意思決定をする

シナリオ・モデリングと組み込みの高度な分析により、より良い意思決定を推進。AIと機械学習は、データ主導の分析情報をもたらし、より素早い行動をとるのに役立ちます。

ビジネス全体で継続的に計画する

組織全体のデータをシームレスにつないで、収益の変化に応じて予測とシナリオが自動的に更新されるようにします。

Enterprise Performance Managementで認められたリーダーを信頼

Oracle EPMは、アナリストのランキングで常に上位に入っています。何千という顧客がOracle CloudでEPMプロセスを実行することで、より多くの価値を得ています。

Enterprise Performance Managementソリューション

コネクテッドなエンタープライズ・プランニング

今日、特に成功している企業は、サイロ化した計画からコネクテッド・プランニングへと移行しており、その結果、高いビジネス・パフォーマンスを実現しています。Oracle Cloud Enterprise Performance Management(EPM)は、財務、運用、事業計画を統一的に把握することで、プランニングの精度を向上させ、企業のアジリティを高めます。AI、機械学習、予測分析などの高度なテクノロジによって、財務チームはリアルタイムのデータをプランニングに統合し、意思決定の遅れをなくすことができます。

連携、そして優れたパフォーマンス

企業財務戦略で今必要な4つの取り組み

CFOとそのチームは、急速に変化する環境でビジネスの成長を促進する革新的な方法を模索しています。専門家は、財務の次の動きが大きなものになるという点で意見が一致しています。これは、新しい ビジネスモデルに転換する、合併や買収を利用する、業績の悪い資産を売却する、プロセスを自動化する、セキュリティとコンプライアンスを損なう可能性のある手動のリスク管理を止めることを意味します。デジタル戦略とクラウド・ソリューションにより、組織と財務チームが来たる次の動きにどのように備えることができるかをご覧ください。

取り組みの進め方

シナリオプランニング - 危機を超えた予測

組織は進行中の混乱に対処するとき、大きな不確実性に直面しています。将来を考えるCFOとそのチームは、シナリオプランニングを活用することで、当て推量の一部を排除します。このタイプの計画により、彼らはシナリオをより迅速かつ頻繁に実行して、ビジネスへの潜在的な影響を調べることができます。

前進する道を見つける

お客様のIT組織はお客様のビジネスにとって協力的なパートナーですか?

オラクルのクラウドベースのIT財務管理ソリューションは、CIOがITをビジネスとして効果的に実行できるようにし、IT共有サービスの透明性を高め、IT投資の意思決定をサポートするための分析情報提供を可能にします。

ソリューションの概要を読む(PDF)

Hyperionをクラウドに移行してアジリティを向上

Oracle Hyperionのお客様は、イノベーションを最優先にしてアジリティを維持するために、クラウドベースのEPMソリューションに移行しています。

Cloud EPMに移行

エンタープライズ・パフォーマンス管理とは

EPMソフトウェアは、ビジネスの分析、理解、およびレポートに役立ちます。運用データとトランザクション・データに関する管理上の分析情報を提供します。

EPMとは

EPMのお客様事例

すべてのお客様事例を見る

世界中の約10,000の大手企業が、ミッション・クリティカルなビジネス部門の運営にオラクルを活用している理由をご紹介します。

Oracle、2023年のGartner® Magic QuadrantTMレポートで財務計画ソフトウェアと決算処理および連結ソリューションのリーダーに選出

オラクル、EPMプロダクト・マーケティング担当VP、Jennifer Toomey

オラクルは、2023 Gartner®Magic QuadrantTM for Financial Planning Software2023 Gartner®Magic QuadrantTM for Cloud Financial Close and Consolidation Solutionsでリーダーに選出されました。両レポートにおいて、オラクルはOracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)の実行能力とビジョンの完全性でリーダーとして評価されました。

リソース

クラウドの準備

EPMの最新リリースの新機能を確認

クラウド・アップデートの準備資料を見てEPMクラウド・サービスの新機能を確認し、四半期ごとの更新に備えましょう。

ドキュメント

ドキュメント・ライブラリにアクセスする

オラクル・ヘルプ・センターでは、対象のソリューション、スタート・ガイド、最新のユース・ケースのコンテンツを含め、当社の製品とサービスに関する詳細情報を提供しています。

コミュニティ

仲間が集まるコミュニティに参加する

Cloud Customer Connectはオラクルの主要なオンライン・クラウド・コミュニティです。20万人以上のメンバーで、ピアツーピアでのコラボレーションや、ベストプラクティス、製品の最新情報、フィードバックの共有を促進することを目的としています。

クラウドについて学習する

Oracle Cloud EPMのスキルを高める

Oracle Universityは、クラウドスキルの構築、専門知識の検証、導入の促進に役立つ学習ソリューションを提供します。Oracle Learning Explorerプログラムを使用して、無料の基本トレーニングと認定にアクセスしてください。

オンプレミス製品

Oracle Hyperion Planningは、企業全体の計画、予算編成、および予測をサポートする俊敏な計画ソリューションであり、企業が信頼できる財務予測を開発し、費用対効果の高い企業の調整を生み出すのに役立つ堅牢なモデリング・フレームワークを提供します。

Oracle Playbookシリーズ

人材、プロセス、システム戦略の秘訣をまとめました。そして、それを皆さんにお伝えできればと考えています。

Oracle Cloud EPMを使い始める


ライブ・デモのリクエスト

Oracle Cloud EPMエキスパートによるライブ・デモをご覧いただけます。


ツアーを見る

Cloud EPMのツアーをご覧ください。


営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud EPMについて当社チームの担当者がご案内します。

* Gartner, Inc.、「Magic Quadrant for Financial Planning Software」、Regina Crowder、Matthew Mowrey、Vaughan Archer、2023年12月8日。

GARTNERは登録商標およびサービスマーク、MAGIC QUADRANTは米国および国際的なGartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標であり、本書では許可を得て使用しています。All rights reserved.

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナー・リサーチの発行物は、Gartnerのリサーチ部門の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

このグラフィックは調査ドキュメントの一部としてGartner, Inc.が発行したものであり、ドキュメント全体の内容に沿って評価する必要があります。