申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Cloud EPMプラットフォーム

Oracle Cloud Enterprise Performance Management(EPM)Platformは、クラウドEPMプロセス間で共有される技術コンポーネントおよび機能コンポーネントのフレームワークです。このため、さらに統合されたユーザー・エクスペリエンス、およびさまざまなビジネス機能全体の管理を簡素化できます。

クラウドEPMプラットフォーム

主要な機能

Smart Viewでは、ERP、経営管理ソリューション(EPM)およびビジネス・インテリジェンス(BI)データをデータ・ソースからMicrosoft Word、PowerPoint、ExcelおよびOutlookに直接統合できます。Smart Viewを使用すると、Officeベースのインターフェイスでデータを表示、インポート、操作、配布、および共有できます。

クラウドとオンプレミスのアドホックおよび自由形式分析

Smart Viewは、複雑なクエリを記述せずに、強力な機能を実装する使いやすいインターフェイスによって、クラウドとオンプレミスのオラクル・ソースにアクセスできます。分析は、ローカルに保存することも集中的に保存することもできます。また、ワンクリックで簡単に期間を指定して再利用できます。

フォームとフレックス・フォームの相互作用

フレックス・フォームでは、デフォルトのフォームを操作しても強力なExcel機能は制限されません。ユーザーは、ソート、フィルタなどのネイティブなExcel機能を引き続き利用できます。

レポート設計

Smart Viewでは、レポート用にデータ取得の機能を活用できます。Officeでデータが使用可能になると、ユーザーは、データ・ソースの組み合わせに基づいてレポート、ドキュメントおよびプレゼンテーションを作成できます。必要に応じて定期的にリフレッシュできるレポートをOfficeで作成します。

事前作成されたコンテンツ・アクセス

ソース・システム内でチャート、グリッドなどのコンテンツを再作成する必要はありません。Word、PowerpointまたはExcelでインポートする場合でも、インポートされたコンテンツをOffice環境で直接リフレッシュできます。

Smart View for Office製品の詳細を見る
Smart View for Officeのチュートリアル・ビデオを見る (6:57)


レポートと分析

ダッシュボード

高度なチャート機能とビジュアライゼーション機能を持つダッシュボードを活用でき、データのライトバックもサポートされています。ユーザーは、ポイントしてクリックするデザイナを使用して新しいダッシュボードを簡単に作成したり、既存のダッシュボードを操作して、分析やタスクを手作業でサポートできます。

レポート

組込みの財務インテリジェンスを備えた強力なレポート機能によって、差異を把握できます。レポートは、インタラクティブに使用して分析とドリル・トゥ・ソースを提供することも、レポート・ブックで実行することもできます。レポートは、バーストしてスケジュールに従ってユーザーに送信することもできます。

KPIおよびインフォレット

関係者は、ユーザーのホーム画面のインフォレットによって、重要なキー・パフォーマンス・インジケータをすぐに使用できます。

Webアドホック・クエリー機能

非パワー・ユーザーは、Webインターフェイスで直接次世代のアドホック・クエリ機能によって、データを簡単に調査し、さらに詳細な分析を実行できます。

任意のデバイスで利用可能

デスクトップ、Webまたはモバイル・デバイスのすべてのレポートおよび分析コンテンツにアクセスします。

Narrative Reporting製品の詳細


データ統合

複数のタイプのソース・アプリケーションのデータを統合

ソースがオンプレミスかクラウド、オラクル、サードパーティ製かに関係なく、重要なソースをOracle Cloud EPMアプリケーションに簡単に統合できます。

ソース・システムのトランザクション詳細にドリル

すべてのデータ・ソース・アクセス制御を適用して、EPMアプリケーションのデータに基づく詳細なトランザクションにアクセスして理解できます。

データを抽出して他のシステムに統合

EPMアプリケーションからデータを抽出し、データレイク、ウェアハウス、業務システムなどの他の環境に統合できます。

EPMによる自動化

ほぼすべての管理ニーズを満たすクラウドEPMを自動化およびインターフェイスするための強力な自動化ユーティリティ。サードパーティ・スケジューラまたはコマンドラインから簡単に統合できます。

REST API

包括的なREST APIによって、企業のIT戦略に適合する他のプロセスやWebサービスに幅広く統合できます。

他のアプリケーションとの統合

フォーム、レポートなどのアーティファクトを含むクラウドEPMコンテンツをOracle Cloud ERPなど、オラクルおよびオラクル以外のアプリケーションと統合できます。このため、ユーザーは必要なコンテンツを必要なときに必要な場所で入手できる、包括的な機能が提供されます。


タスク管理

クリティカルなプロセスの調整

組込みのプロセスおよびタスク管理によって、ユーザーは、何を実行する必要があるか、またいつ実行する必要があるかを正確に理解できます。

包括的なタスク・タイプ

タスクは手動または自動化可能で、先行タスクが完了するかスケジュールに基づいて実行できます。

認証

財務開示のコンテンツの提供など、クリティカルなEPMタスクには認証が必要です。Oracle Cloud EPMのタスク管理では、タスクを完了としてマークする前に完了する必要がある認証をサポートしています。

レポート・バインダ

監査者は多くの場合、タスクをレビューして決算処理を完了します。クラウドEPMタスク管理からレポート・バインダを作成すると、監査者によるレビュー用に簡単に配信できます。

インテリジェントなパフォーマンス管理

IPMでデータ主導型の財務を実現

IPMは、データ・サイエンスと機械学習を適用して、財務のプロフェッショナルがデータ・ドリブンな考え方にシフトできるようにします。それにより、ビジネスの主要な領域にインパクトを与え、かつ見逃した潜在的な機会を利用できるようにします。

インサイトによってデータ分析をスピードアップし、アクションを迅速化

組み込みのAIと機械学習(ML)を使用して、計画、予測、および差異を継続的にモニターし、異常、バイアス、および隠れた相関についてアラートを受け取ります。適切なタイミングで適切な措置を講じられるように、適切なインサイトが迅速に提供されます。

予測プランニングで意思決定を改善する

財務および業務データのパターンを識別および活用することで、正確性を向上させ、準備を整えることができます。最新の実績に基づく予測を実行し、それらを計画に織り込んで、よりタイムリーで客観的な判断を下します。

プランニング製品の詳細を見る
ソリューション概要を読む: Oracle Cloud EPMのInsights (PDF)
Insightsの概要を見る (1:05)
Insightsと自動化の概要について知る

インテリジェントなプロセスの自動化

連結を自動化

Cloud EPMでは、条件が満たされ、ユーザーがシステムを使用していない場合に、インテリジェントな自動化機能を使用してタスクが実行されます。これにより、連結や決算処理全体が高速化されるため、スタッフは付加価値の高い業務に集中できるようになります。

接続された決算処理をオーケストレーション

重要な連結プロセスを含めて、補助元帳からレポートの作成に至るまで、決算処理を包括的にオーケストレーションできます。Cloud EPMは、手動および自動化されたタスク管理と、アップストリームおよびダウンストリームの包括的な可視性により、決算プロセスの最適化に役立ちます。

自動照合による調整

強力なトランザクション照合および自動調整機能により、勘定調整プロセスにかかる時間を大幅に短縮できます。

レポートでの摘要の自動生成

条件付きテキスト生成機能を使用して摘要を生成することで、レポートの確認相手に追加の情報を示すことができます。

Account Reconciliation製品の詳細を見る
Financial Consolidation and Close製品の詳細を見る

次世代のユーザー・エクスペリエンス

直感的で魅力的なインタフェース

必要なすべてのタスクをユーザーが迅速かつ効率的に完了できる単一の直感的なホームページから、すべてのEPMビジネスプロセスにアクセスできます。

ユーザー/グループ向けのパーソナライズされたフロー

Cloud EPMは、特定のビジネスプロセスを完了するために必要なアクティビティの手順をユーザーに示す、パーソナライズされたナビゲーションフローをユーザーおよびグループに提供します。たとえば、財務連結、勘定調整、税金レポート、ナラティブレポートなど、財務決算に必要なすべてのタスクを完了できます。

Oracle Digital Assistant for EPM

Digital Assistantを使用すれば、勘定調整プロセスの速度と精度を向上できます。残高とタスク(「本日期限の調整」など)を即座に表示して、コメントを追加したり、確認したりできます。任意の期間の仕訳や決算タスクを管理したり、戦略的KPIの問合せなどを行えます。Digital Assistantには、Webインタフェースやサードパーティのコラボレーション・アプリケーションからアクセスできます。

Digital Assistant製品の詳細を見る

管理

柔軟な構成

最新の技術機能が自動的に環境にデプロイされます。必要に応じて、ビジネスプロセスを初期化し、ワンクリックでオプトインできます。

セキュリティとアクセス制御

セキュリティは重要です。Oracle Cloud EPMには、堅牢なセキュリティ・フレームワークが備わっているため、操作を行うユーザーを保護できるほか、権限が付与されていない領域へのユーザーのアクセスを阻止できます。

アプリケーションの監視と管理

Cloud EPMデプロイメント環境における包括的なアプリケーションの監視と管理により、IT管理者は業務全体にわたって俊敏で効率化されたビジネスプロセスを維持できます。

ジョブ/スケジューラ

組込みのジョブ管理およびスケジュール機能により、タスク管理で提供される機能が向上します。Oracle Cloud EPMで重要なジョブのスケジュールを設定し、そのステータスを追跡できます。

何千ものお客様が、コネクテッド・プランニング、決算、およびパフォーマンス管理の包括的なソリューションとしてOracle Cloud EPMを採用しています。

Oracle Cloud EPM Planningのお客様事例

以下のお客様のロゴをクリックすると、さまざまな業界の企業が、競合他社ではなく、Oracle Cloud EPMを選択したお客様のユース・ケースをご覧いただけます。

Kraft HeinzがOracle Fusion Cloud EPMで将来を実現

Oracle Performance Management Platformの主要な利点

クラウドEPMとクラウドERPプロセス全体にわたる統合された1つのアクセス・ポイント

1回のログインで、複数のクラウドEPMおよびERPプロセスに簡単にサインインできます。

直接リンクによって、他のシステムにコンテンツを埋め込む方法を見る(5:02)

ビジネス・プロセス全体で統合されたユーザー・エクスペリエンス

フォーム、チャート、プリファレンス、設定など、ビジネスプロセス全体で共通の要素を使用することで、ユーザーの受け入れと採用を高速化できます。

見る:Cloud EPMでのチャートの作成(4:11)
見る:動的タブを使用したナビゲート(4:55)

クラウドEPMとERPにわたる一貫性のあるレポートおよびメタデータ管理

EPMとERP Cloud間で統合された企業レポートによって、内部および外部向けのレポート作成が容易になります。

見る:新しいCloud EPMプラットフォームでのレポート作成(5:32)

1つのインターフェイスでクラウド・アプリケーションとオンプレミス・アプリケーションを連携

Smart Viewインタフェースを使用すると、クラウド・アプリケーションとオンプレミス・アプリケーションを簡単かつシームレスに操作できます。

見る:Smart Viewでのプランデータの入力と保存(4:22)

Oracle Cloud EPMを使い始める


ライブ・デモのリクエスト

Oracle Cloud EPMエキスパートによるライブ・デモをご覧いただけます。


ツアーを見る

Cloud EPMのツアーをご覧ください。


営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud EPMについて当社チームの担当者がご案内します。