申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

競合製品よりOracle Fusion Cloud EPMを選ぶ理由

世界中の企業は、特に不確実な時代において、どこに投資して成長するかに関するガイダンスを提供するために財務チームに目を向けています。財務状況の分析、把握およびレポートに役立つクラウドベースのEnterprise Performance Managementアプリケーションの完全なスイートを提供するのは、Oracleだけです。

Oracle Cloud EPMを選ぶ上位3つの理由

幅と奥行き

Oracle Cloud EPMは、財務計画と業務計画を結び付け、決算処理と財務報告プロセスを効率化し、コアERPとシームレスに統合しながら財務マスター・データを管理します。幅広いOracle EPMは、すべてのプロセスにわたって組込みのベスト・プラクティスと予測インテリジェンスを備えた、豊富な機能によって補完されています。

柔軟な導入

Oracle Cloud EPMでは、大きなバン・アプローチを強制的に同じ方法で同時に実装するのではなく、各EPMプロセスを個別に導入および設定できる柔軟性が得られます。モジュール式であり、タイムライン、ニーズ、および優先順位に基づいて、柔軟な導入を実行できます。

統合とセキュリティ

Oracle Cloud EPMプロセスは同じスケジュールで定期的にリフレッシュされるため、複数のクラウドまたはホストされたEPMベンダー全体で更新および統合を管理する必要はありません。スイート全体で共通のセキュリティ・モデルを定義し、セキュリティ脆弱性のリスクを簡素化および軽減できます。

アナリストがオラクルを主要なクラウド・ソリューション・プロバイダーとして評価する理由を見る

その理由は、他のソフトウェア・プロバイダと異なり、EPMソリューションは、最初からクラス最高のクラウド・イノベーションによって構築されています。Oracle Cloud EPMは、AI搭載機能で完全に接続されており、ビジネス・ユーザーにとって柔軟性を持たせるために構築されています。今すぐそれによって、企業全体のビジネス上の利点を享受できます。

オラクルは、2021年のGartner Peer Insights「Voice of Customer」のクラウド財務プランニングおよび分析ソリューション部門**でお客様の選択ベンダーに選出されました。詳細はこちらのブログでお読みいただけます

オラクルは、2022年 Ventana Research Value Indexで、収益実績管理(RPM)部門において模範的なベンダーとして総合第1位を獲得しました。Ventana社のレポートを読む.

Oracle Cloud EPMで定期的なイノベーションのアップデートが得られるのに、不確実な将来のイノベーションの約束を待つ必要はないでしょう。さまざまなマルチベンダー製品や、機能が薄いために高価なカスタム開発と長いデプロイメントを必要とするEPMツールに妥協する必要もありません。Oracle Cloud EPMは、ほぼすべてのEPM要件をサポートするためにオラクルによって完全に開発されています。

コネクテッド・プランニングでリーダーが業績を上げる方法

財務、業務および事業部門のプランニングを連携して、意思決定が改善され、組織は競争に勝つための俊敏性をもたらします。財務、業務、および事業部門の計画の統合ビューを提供して、Oracle Cloud EPMによって、計画の精度と企業のアジリティが向上します。AI、機械学習、予測分析などの高度なテクノロジによって、財務チームはリアルタイムのデータをプランニングに統合し、意思決定の遅れをなくすことができます。

企業が競合他社ではなくOracle Cloud EPMを選択する理由

Nucleus Research社は、最近のレポート「Oracle Fusion Cloud EPMでレガシーFCCソリューションを置き換える(PDF)」の中で、次のように述べています。

Oracle Fusion Cloud ERPを、ERPの中核システムとして選択した組織は、Oracle Cloud EPMを含めることでオラクルとの契約を補完できることがわかりました。そうすることで、これらのお客様は、より低い総所有コストでFCCとFP&Aの機能を追加できました。また、財務・会計プロセスをオラクルに統一することで、監査サイクルを最大20%短縮できました。インタビューに答えた企業では、Oracle Cloud EPMを活用し、Oracle Cloud ERPとOracle Cloud EPMをネイティブに統合することにより、財務の可視性と会計の生産性を向上させながら、運用コストを削減できたことが分かりました。

オラクルのクラウドEPMのお客様は、さまざまな業界で成功しています。お客様事例をご覧ください


Kraft Heinzが収益を増やし、コストを削減し、新しいイノベーションの機会を特定

Kraft Heinzがゼロベースの予算編成戦略を採用し、チームがOracle Cloud EPMの能力を適用する最初のステップとしてそのプロセスを選択し、IT財務担当シニア・マネージャであるFrank Tagoe氏が語ります。「当社は、予算ベースなしで北米のCloud EPM Planningを開始し、計画足跡を拡大して世界的な運営をリンクしました」と彼は述べています。「財務報告と予測をさらに適切に取り入れ、戦略的計画を行い、適切なプロセスを行いたいと考えていました。」

Kraft HeinzがOracle Cloud EPMを選択して市場大きなシフトをマスターした理由をお読みください

Oracle Cloud EPMのお客様事例

以下のお客様のロゴをクリックすると、さまざまな業界の企業が、競合他社ではなく、Oracle Cloud EPMを選択したお客様のユース・ケースをご覧いただけます。

はじめる


ソリューションを見つける

財務計画や業務計画、連結や決算処理に最適。


担当者へのお問い合わせはこちら

大切な決定に一歩近づいています。

*Gartner Peer Insights Customers' Choiceのバッジは、Gartner, Inc.またはその関連会社(あるいはその両方)の登録商標およびサービスマークであり、許可を得てここで使用しています。All rights reserved.Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、文書化された方法論にのっとって適用された、エンドユーザー個人の主観的な意見として提供されたレビュー、評価、およびデータに基づいており、Gartnerまたはその関連会社の見解や支持を表すものではありません。