該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

競合製品よりOracle Fusion Cloud EPMを選ぶ理由

特に不安定な時代において、世界中の企業が、投資を行う部分や成長を推し進める部分について、財務チームに助言を求めています。財務状況の分析、把握、およびレポート作成に役立つ、包括的なクラウドベースのEnterprise Performance Managementアプリケーション・スイートを提供できるのはオラクルだけです。

Oracle Cloud EPMを選ぶ上位3つの理由

範囲および豊富さ

Oracle Cloud EPMでは、コアERPとシームレスに統合しながら、財務計画と業務計画を結び付け、財務決算処理と報告プロセスを効率化し、財務マスターデータを管理できます。幅広いOracle EPMは、プロセス全体にわたる組込みのベスト・プラクティスと予測インテリジェンスを備えた豊富な機能によって補完されています。

柔軟なデプロイメント

Oracle Cloud EPMでは、すべてを同じ方法で同時に実装するビッグバンアプローチ(一括導入型)ではなく、各EPMプロセスを個別にデプロイして構成できる柔軟性が得られます。モジュール式であるため、タイムライン、ニーズ、および優先順位に基づいて柔軟なデプロイメントを実現できます。

統合とセキュリティ

Oracle Cloud EPMプロセスは同じスケジュールで定期的にリフレッシュされるため、複数のクラウドまたは複数のホストされているEPMベンダー全体で更新や統合を管理する必要はありません。スイート全体で共通のセキュリティモデルを定義することで、処理が容易になるほか、セキュリティ脆弱性のリスクを軽減できます。

5,000を超えるCloud EPMのお客様が、Cloud EPMソリューション・プロバイダーのリーダー企業であるオラクルを選択

その理由は、他のソフトウェア・プロバイダーと異なり、EPMソリューションは、最初からクラス最高のクラウド・イノベーションを活用してEPM専用に構築されています。Oracle Cloud EPMは、AIが組み込まれた機能を使用して完全に接続されており、ビジネスユーザーを念頭に置いて柔軟性を高められるように構築されているため、今すぐ利用を開始することで企業全体でビジネス上の利点を享受できます。

イノベーションが定期的に更新されるOracle Cloud EPMを前にして、未来の不確かなイノベーションを待つ理由はどこにもありません。機能が不十分であるという理由で、高コストなカスタム開発や長期のデプロイメントが必要となる各種マルチベンダー製品やEPMツールで妥協する必要はありません。対照的に、Oracle Cloud EPMは包括的で、オラクルによってすべてが開発されているため、事実上すべてのEPM要件をサポートできます。

オラクルは、2021年のGartner Peer Insights「Voice of Customer」のクラウド財務プランニングおよび分析ソリューション部門**でお客様の選択ベンダーに選出されました。詳細はこちらのブログでお読みいただけます

コネクテッド・プランニングでリーダーが業績を伸ばす方法

財務、運用、および基幹業務計画が連携されることで、意思決定を改善できるほか、組織は競合他社を圧倒できる俊敏性を得ることができます。Oracle Cloud EPMは財務、運用、および基幹業務計画の統合ビューを提供することで、計画の精度と企業の俊敏性を高めることができます。AI、機械学習、予測分析などの先進技術により、財務チームはリアルタイムのデータを計画に統合し、意思決定の遅れをなくすことができます。

お客様が競合他社よりもOracle Cloud ERPを採用する理由とは

最近のTrustRadiusレポート(PDF)では、Oracle Cloud EPMのレビューを行ったお客様から、レポート機能、使いやすさ、財務プロセスのサポート、柔軟なデプロイメント、および統合データ管理について高い評価を受けました。あるお客様は「Oracle Cloud EPMは、ユーザーが複数の機能を活用して業務を推進できる貴重なワンストップショップです。プランニングツールから連結ツールにデータを取り込むことができる統合ツールにより、全員が同じ情報を基に作業ができています」とコメントしています。

オラクルのCloud EPMのお客様はさまざまな業界で成功を収めています。そのようなお客様が競合他社よりもOracleを選択した理由をご覧ください。


Kraft Heinz、収益の増加、コストの削減、新しいイノベーション機会の特定を実現

Kraft Heinzがゼロベースの予算策定戦略を採用し、チームがOracle Cloud EPM機能を適用する最初のステップとしてこのプロセスを選択したと教えてくれるのは、IT財務担当シニアマネージャであるFrank Tagoe氏です。「当社はゼロベースの予算を使って北米でのCloud EPM Planningの導入を開始し、グローバル運用と連携させて計画範囲を拡大させていきました」とFrank Tagoe氏は言います。「当社は財務レポートや財務予測を効果的に組み込み、戦略的計画を行い、適切なプロセスを実装したいと考えていました」

Kraft HeinzがOracle Cloud EPMを選択して市場の大きな変化に対応できた理由について読む

Oracle Cloud EPMの顧客の成功

以下のお客様のロゴをクリックすると、さまざまな業界の企業が競合他社ではなく、Oracle Cloud EPMを選択された事例を紹介する、お客様のユースケースをご覧いただけます。

はじめる


ソリューションを見つける

財務計画、業務計画、連結、決算処理などに最適です。


担当者へのお問い合わせはこちら

効果的な意思決定の実現に向けて一歩前進できます。

* クラウド財務計画および分析ソリューションに関するMagic Quadrant、Robert Anderson、John Van Decker、Greg Leiter、2020年10月6日。「リーダー企業は市場の需要を満たす成熟した製品を提供している企業を指し、市場の要件が進化するのに伴って、市場での地位を維持するために必要なビジョンを示しています。リーダー企業はまた、数多くの顧客を抱えていることに加え、このMagic Quadrantで高い業績を挙げている他のベンダーと同等の収益を挙げることで、優れた業務遂行能力を示しています。リーダー企業の特徴は、市場を主導し、市場全体の方向性を左右するレベルまで自社の製品やサービスに注力し、投資していることです。そのため、新しい製品やサービスがどのように発展する可能性があるかを理解するために企業が注目するベンダーはリーダー企業であると言えます。通常、リーダー企業はその製品やサービスに満足している(市場の規模に対して)大規模な顧客基盤を有しており、市場で高く注目されています。規模が大きく、財政力も高いため、厳しい経済情勢下においても存続し続けることができます」

リーダー企業は通常、広範な市場要件に対応することで、市場の幅広い顧客層のニーズに応えています。ただし、業種や他の専門分野の具体的なニーズを満たすことができない場合もあります。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

このグラフィックは調査ドキュメントの一部としてGartner, Inc.が発行したものであり、ドキュメント全体の内容に沿って評価する必要があります。Gartnerのドキュメントはリクエストによって入手できます。

ガートナーおよびGartnerは、Gartner, Inc.および/または米国とその他の国におけるその関連会社の商標およびサービスマークであり、本書では許可を得て使用しています。All rights reserved.

**Gartner Peer Insights Customers' Choiceのバッジは、Gartner, Inc.またはその関連会社(あるいはその両方)の登録商標およびサービスマークであり、許可を得てここで使用しています。All rights reserved.Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、文書化された方法論にのっとって適用された、エンドユーザー個人の主観的な意見として提供されたレビュー、評価、およびデータに基づいており、Gartnerまたはその関連会社の見解や支持を表すものではありません。