該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Enterprise Data Management

アプリケーションをクラウドに移行するかどうかにかかわらず、マスターデータを管理することにより、変更に対する迅速で効果的な適応と対応を実施します。これにより、合併や買収による影響の管理や、ビジネス機能とアプリケーションとで異なるメタデータの整合を図ります。

Oracle Enterprise Data Management(EDM)をご覧ください。

Oracle Enterprise Data Management

異種のエンタープライズ・アプリケーションを接続

アプリケーション・アダプタを使用して容易に接続

専用のアプリケーション・アダプタまたは汎用のアダプタを使用して、OracleとOracle以外のビジネス・アプリケーションの両方を接続します。簡潔なウィザードを使用してアプリケーションを導入します。

複数次元のインポート

重要なアプリケーションからリストまたは階層をインポートします。ダーティデータであっても、入力時にデータを検証する必要がないので時間短縮になります。

視点を検証

個別の見解としての視点を検証することにより、アプリケーション・ドメインまたはビジネスドメインでのデータ品質向上を図ります。

REST APIと同期

すべての機能を装備した標準ベースのRESTfulインターフェイスを使用してアプリケーションと統合することにより、エンタープライズデータを同期します。


エンタープライズ・マスターデータ要素の変更を管理

リクエストを合理化

わかりやすいショッピングカート・インターフェイスで、リクエストによってエンタープライズデータ、関係、および属性を新規作成または変更します

すぐにデータを検証

リクエストを処理する際に、構成可能なシステムチェックおよびパッケージ化またはカスタマイズしたアプリケーション検証を使用してノードと階層を検証します。

変更の影響を視覚化

ターゲット構造に対する各変更要求とそれに関連するアクションをモデル化して視覚化することにより、変更をコミットする前にそれによる影響を把握します。

提示を簡素化

新しいアイテムと既存のアイテムに対する変更の提示を単一のリクエストで扱うことにより、ターゲットの視点に対する一貫した提示とコミットメントを実現します。


リアルタイムなコラボレーション

共同作業

必要に応じ管理メンバを追加できます。アラート機能で変更を管理メンバに伝えることで、全員が同期された状態を維持します。

会話スレッドでアクティビティを追跡

会話のスレッドを使用して共同作業を進め、アイテムレベルまたはリクエストレベルで、問題の検討、視点の伝達、フィードバックの共有を実現します。

参加者のタグ付け

@ reference を使用して参加者にタグを付け、リアルタイムの電子メール通知を発行することにより、共同作業の迅速化を図り、必要に応じて共同作業参加者の注意を促します

データアクセスのきめ細かい権限を付与

アプリケーション、次元、および関連するデータ・オブジェクトへのきめ細かい権限ベースのアクセスにより、セキュリティを維持します。

自動化したワークフローで合理化

リクエストの内容、ユーザー権限、承認された承認担当者、およびリクエスト段階の知識を組み合わせるインテリジェントなエンジンを活用して、適切な利害関係者を適切なタイミングで参加するように招待します。

さまざまなビジネスの観点にわたる相違を理論的に解明

並立に比較することによる視覚化

代替のビジネス観点、リスト、または階層を、並べたレイアウトで視覚的に比較します。代替の階層を比較することにより、ノードや関係の欠落、プロパティの違いなどの問題を把握します。

ドラッグアンドドロップを使用して変更

アプリケーションの中およびアプリケーション間で変更を視点にドラッグアンドドロップすることで、代替階層どうしの整合を図り、相違点を理論的に解明します。比較結果に基づいて、変更リクエストを自動的に作成し、また比較リクエストを自動的に入力します。

サブスクリプションで所要時間を短縮

サブスクリプションを使用して、1つのビジネスコンテキストで発生した変更を下流アプリケーションへ自動的にコピーします。人での介入を必要としない自動送信の変更で所要時間を短縮します。


下流アプリケーションに変更を配布

次元をエクスポート

使用するアプリケーションに次元とマッピングを提供します。登録済みアプリケーションの1つ以上の接続と統合するか、ファイルにダウンロードしてターゲット・アプリケーションで使用できるようにします。

視点をダウンロード

デスクトップのファイルに任意の視点をダウンロードすることにより、共同作業、共有、またはオフラインメンテナンスを実施します。リロードによって大量の更新を実行します。

統合を自動化

全機能装備のREST APIまたはOracle Cloud EPM Automateユーティリティによって、使用するアプリケーションとの自動統合をスクリプト化することで所要時間を短縮します。

監査証跡を提供

完了したリクエストの詳細な変更履歴を参照、フィルタリング、ダウンロードする機能を備えた透明性を提供します。外部監査人によるアクセスを容易に構成できます。


すべてのお客様成功事例を表示

Enterprise Data Managementのお客様成功事例

さまざまな業界の多くのお客様が、データファースト戦略の一環としてOracle EDMを使用しています。

Adventist Health社のロゴ
Blue Cross Blue Shield of Michigan社のロゴ
CareFirst社のロゴ
CoreLogic社のロゴ
Inspire社のロゴ
Skyworks社のロゴ
West社のロゴ
Adventist Health社のロゴ

Adventist Healthがより患者ケアのために時間を使えるようにするために、Oracle Cloudがどのように役立っているかをご覧ください。

主なEDMのユースケース

主なEDMのユースケース
2020年2月26日

Enterprise Performance Management(EPM)ソリューションでエンタープライズ(マスター)データを使いこなす方法

Oracle、製品管理担当シニア・ディレクター、Rahul Kamath/Oracle、Enterprise Performance Management製品マーケティング担当ディレクター、Emma Yu

私たちは革新的な時代を生きています。AirbnbやNetflixのような企業は、混沌の中から業界の新興企業が短期間でどのように市場のリーダーに変貌できるかを証明しています。成功している企業は、デジタル、財務、およびビジネス変革のイニシアチブの組み合わせに投資しています。

記事全体を読む

リソース

準備

Enterprise Data Managementの最新リリース情報を確認する

レディネス資料を見てCloud EDM サービスの最新情報を確認し、四半期ごとの更新に備えましょう。

ドキュメンテーション

資料ライブラリにアクセスする

オラクルヘルプセンターでは、対象のソリューション、スタートガイド、最新のユースケースのコンテンツを含め、当社の製品とサービスに関する詳細情報を提供しています。

顧客コミュニティ

仲間が集まるコミュニティに参加する

Cloud Customer Connectは、オラクルの主要なオンライン・クラウドコミュニティです。20万人以上のメンバーを抱え、ピアツーピアでのコラボレーションや、ベストプラクティス、製品の最新情報、フィードバックの共有の促進を目的としています。

クラウドについての学習

Enterprise Data Managementのスキルを磨く

Oracle Universityは、組織の成功実現に役立つ無償のトレーニングと認定を提供します。すべてが希望する形式で提供されます。

関連コンテンツ

オンプレミス製品

Oracle Hyperion Planningは、企業全体の計画、予算編成、および予測をサポートする俊敏な計画ソリューションであり、企業が信頼できる財務予測を開発し、費用対効果の高い企業の調整を生み出すのに役立つ堅牢なモデリング・フレームワークを提供します。

ページ

関連コンテンツ:

データシート

Enterprise Data Management

Planning

すべての計画を連結する

Financial Consolidation and Close

財務決算をスピードアップする

Cloud ERP Financials

会計および総勘定元帳などを合理化する

はじめる


ツアーを見る

Oracle Cloud EPMの詳細をご確認ください。


担当営業に問い合わせる

Oracle Cloud EPMについて当社チームの担当者がご案内します。