申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Cloud EPM Account Reconciliation

勘定科目調整とトランザクション照合を自動化することで、クローズを高速化します。プロセスに通常関連するセキュリティとリスクに対処しながら、財務諸表の効率と正確性を向上させます。

従来のツールからCloud EPMに置き換えた企業と、その理由をご覧ください。

Oracle Cloud EPM Account Reconciliation

トランザクション照合

大量のトランザクション調整を自動化

トランザクション量が多く、労働集約的な調整には、高度なトランザクション照合機能が必要です。自動照合エンジンは、数百万のトランザクションを数分で照合できます。これは、ある時点での調整の証拠を提供し、コンプライアンス要件を満たすために、期末調整に緊密に統合されています。

自動提案された照合を確認または拒否する

インテリジェントな自動照合機能により、照合を提案し、これを受け入れるか破棄するかを選択して、トランザクション照合プロセスを高速化できます。

パフォーマンスを向上させるために照合ルールを適用

個々のトランザクションまたはトランザクションのグループ(1対1、複数 対 1、および複数 対 複数の一致)に対して柔軟な照合ルールを作成することにより、パフォーマンスを高速化します。

複雑な調整をサポート

無制限のデータソースとデータソースごとの無制限の属性を定義して、組織内で最も複雑な調整をサポートできます。

仕訳入力の自動化

仕訳入力を自動的に作成して、照合プロセスで見つかった差異を解決し、時間を節約できます。


調整コンプライアンス

柔軟なフォーマットを活用

どの組織にも、目標に基づいて、調整フォーマットをいくつ、どれだけ詳細にする必要があるかについて、異なる戦略があります。ベスト・プラクティスから作成された事前に構築されたフォーマットを使用するか、独自のカスタム・フォーマットを作成して、ニーズを満たす柔軟性を獲得します。

プロセスを効率的に管理

組み込みのワークフローは、調整がいつ誰によって承認されたかをキャプチャし、チーム全体に通知するのに役立ちます。すべての調整ステータスを表示し、財務クローズから開示までのプロセス全体を管理し続けます。

独自のルールとアカウント・プロファイルを定義

アカウントごとに、リスク評価、ワークフローの割り当て、使用する通貨、および自動調整と差異の処理に使用するルールを含むプロファイルを作成します。カスタムVBスクリプトやカスタム・コードは必要ありません。ポイントアンドクリックするだけです。

ゼロバランス調整を自動化

ゼロバランス、低価値、低リスクの調整など、時間のかかる反復的な調整を自動化することで、精度を損なったりリスクを高めることなく時間を節約できます。自動調整の独自ルールを定義します。

会社間の調整を自動化

会社間調整を手動で調整するのに時間を費やして時間を無駄にする必要はありません。それらを自動化して、精度を高め、時間を節約します。

クローズ・サイクルの有効性を評価および改善

運用ダッシュボードとコンプライアンス・ダッシュボードを使用して、クローズ・サイクルの有効性を向上させます。どの調整が行われていて、遅れているか、今日が期限、または期限が迫っているのか、それらに関する差異の詳細とコメントを確認できます。ポリシーと手順に対して組織がどのように対応しているかがわかります。

外れ値を簡単に特定

自動差異レポートは、外れ値である調整にエネルギーを集中させるのに役立ち、説明が必要になり、財務クローズの速度が低下する可能性があります。

監査サポートを提供

安全なドキュメント・リポジトリにより、調整が失われたり失われたりすることがなくなり、グローバルな監査機能が提供されます。調整の証拠は、コンプライアンスのニーズを満たすために監査され、アプリケーションにログインされます。

コネクテッド・ファイナンシャル・クローズ・プロセス

Cloud EPMを使用して決算全体をモダナイズしましょう

Account Reconciliationはスタンドアロンのソリューションではなく、Oracle Cloud EPMに統合されているソリューションです。、財務連結や決算処理、ナラティブ・レポートを含む、完全なエンド・ツー・エンドの財務決算処理を実現します。

多くのソースからのデータに自動的に接続

他のOracle Cloud EPMビジネス・プロセスおよびOracle Cloud ERP、E-Business SuiteやSAP ERPなどのERPアプリケーションにすぐに接続します。スプレッドシートのデータを含む多くのソースからのデータやメタデータに接続することにより、オラクルおよびオラクル以外のアプリケーションへの既存のIT投資を活用します。

仕訳プロセスの効率化

Oracle Cloud EPMのエンタープライズ・ジャーナル機能は、口座照合から任意のクラウドまたはオンプレミスのERPシステムへの仕訳入力の作成、管理、転記を効率化します。仕訳プロセスが中心的な場所から仕訳を追跡、管理および転記する場所を把握します。


Montefioreが命を救うためにOracle Cloud EPMを活用している事例をご覧ください

Account Reconciliationの主なメリット

調整を自動化することでより速くクローズする

多くの場合、バランスがゼロで、アクティビティが少ないことによるリスクの低いアカウントが多数あります。低リスクの口座を自動的に検出して照合し、決算処理を迅速に行うことができます。

ビデオ: Oracle Cloud EPMの勘定科目照合に関するツアーを見る (6:15)

複雑な調整を自動化することにより、時間を節約し、精度を高める

調整の割合が少ないと、調整プロセス全体に費やされる時間の大部分が発生してしまう可能性があります。それらの自動化にトランザクション照合を使用してください。インテリジェントな自動照合により、基本的な照合にとどまらず、さらに多くの照合を提案することができます。

ビデオ: EPM Cloudによる照合プロセスの管理 (4:50)

仕訳入力を自動化して差異を解決し、コンプライアンスのニーズに対応

差異が発生し、それが適切と思われる場合は、仕分記入を自動的に生成して解決し、コンプライアンスのニーズを満たして、プロセスを高速化、精度を維持できます。

調整をクローズ・システムの一部にして、クローズを高速化

Account Reconciliationは、スタンドアロンのアプリケーションではなく、包括的なOracle Cloud EPMシステムの一部であるため、Financial Consolidation and CloseおよびNarrative reportingとすでに統合されています。データの移動やインターフェイスの構築に無駄な時間を費やす必要はありません。

ビデオ: 口座照合の業務プロセスのベストプラクティス (3:15)

ツールキットではなくソリューションを使用するため、財務はITに依存する必要がありません。

Account Reconciliationは、Oracle Cloud EPM suiteのソリューションのひとつであり、IT知識が求められるVBスクリプトやコードのカスタマイズの必要性はありません。

ビデオ: Account Reconciliation のスタート・ガイド (3:44)

リソース

準備

EPMの最新リリースの新機能を確認

準備資料を見てCloud EPMサービスの新機能を確認し、四半期ごとの更新に備えましょう。

ドキュメント

ドキュメント・ライブラリにアクセスする

オラクル・ヘルプ・センターでは、対象のソリューション、スタート・ガイド、最新のユース・ケースのコンテンツを含め、当社の製品とサービスに関する詳細情報を提供しています。

顧客コミュニティ

仲間が集まるコミュニティに参加する

Cloud Customer Connectは、オラクルの主要なオンライン・クラウド・コミュニティです。20万人以上のメンバーで、ピアツーピアでのコラボレーションや、ベスト・プラクティス、製品の最新情報、フィードバックの共有を促進することを目的としています。

クラウドについて学習する

Oracle Cloud EPMのスキルを高める

Oracle Universityは、組織の成功実現に役立つ無償のトレーニングと認定資格を提供します。すべてが希望する形式で提供されます。

関連コンテンツ

ページ

関連するEPM製品情報

データシート

Account Reconciliation

コネクテッド・ファイナンシャル・クローズ

柔軟性、速度、正確性に優れた決算

Tax Reporting

税金と財政の調整

Narrative Reporting

分析とレポート、改革

はじめる


デモのリクエスト

当社のエキスパートによるウォークスルーをご体験ください。


ツアーを見る

Oracle Cloud EPMの詳細をご確認ください。


営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud EPMについて当社チームの担当者がご案内します。