申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Cloud EPM 収益性およびコスト管理

コストと収益性をより深く理解して、リソースをより効果的に割り当てます。

Oracle Cloud EPM Profitability and Cost Managementをご覧ください。

Oracle Cloud EPM 収益性およびコスト管理

柔軟なモデリング

コストと収益性をモデル化する

ビジネスの中で、どの顧客、製品、および他のセグメントが利益を上げているのか、そしてどれが上げていないのかを特定することで、リソースをどこに投資すべきかに注目することができます。

共有サービスのコストをモデル化する

共有サービスのコストを、それらを使用する部門やグループに簡単に割り当てることができます。コストが割り当てられた理由を確認できるため、それ以上追求する必要はありません。

ビジネスのようにITを運用する

ITコストと共有サービスに関するインサイトと透明性を確保して、ITの投資についてより良い意思決定をサポートします。。

税移転価格設定をモデル化する

法人間の税移転価格設定を自動化し、コンプライアンスを目的とした監査証跡を提供します。

規制関連コストをモデル化する

規制報告を目的として、コストを計算して自動的に文書化します。これには、保険、公益事業、電気通信などの業界における価格/料金交渉、間接費割合の正当化、および管轄区域の収益性の報告が含まれます。


ビジネスオーナーが所有

ポイントアンドクリック・テクノロジーでモデルを構築する

業務担当者は、ポイントアンドクリック操作で収益性とコストのモデルを構築および維持できます。スクリプトやコーディングは必要ありません。

再構築せずに容易にモデルを変更する

業務担当者や専門家は、想定や割り当て方法などを簡単に変更できます。毎回モデルを再構築したり、ITに再構築を依頼したりする必要はありません。


柔軟な割り当て

財務データと他のデータを組み合わせる

財務データを、任意の運用指標やビジネス推進要因と組み合わせます。ERPシステムのデータだけに計算を限定する必要はありません。

複雑なリソース割り当てを計算する

部門間の関係と、そのような部門による共有リソースの使用は複雑になる可能性があります。組織のさまざまな部分で使用されるリソースを容易にモデル化できます。

割り当ての詳細を簡単に表示する

ERPおよびカスタムソリューションには、多くの場合、表示できない、または理解するのが難しい割り当てがプログラムされています。当社のモデルの割り当てには、読みやすいコストと収益のトレーサビリティマップが用意されています

検証レポートを実行する

ステップバイステップの検証レポートを表示して、コストと収益が完全に割り当てられていることと、目的の場所に配分されていることを確認します。

ビジネスの成長に合わせてモデルを拡張および変更する

事業の買収や、製品およびサービスの拡張に伴い、モデルを新しいセグメントまたはディメンションで簡単に更新して、変更を表すことができます。

クラウドベースのセキュリティを体験する

適切な人が適切なアクセス権を持つように、役割とデータへのアクセス権が設定された安全なクラウドベースのアプリケーションを快適に使用できます。


what-ifによる収益性とコストのシナリオ

潜在的なビジネスの変化をテストする

製品の追加や削除、配送オプションの変更、新規顧客の追加など、収益性を最適化するためにいつでもモデルを変更できます。記録システムを変更してしまう危険はありません。

潜在的な規制の変更を評価する

起こりうる税金または関税の変更による影響をモデル化し、結果として生じる料金の変更またはコストの増加を正当化します。

要因、割り当て方法などを変更する

どのコスト要因、共有リソースの割り当て方法、およびコストオブジェクト間の関係が、全体的なコストと収益性に最も影響を与える可能性があるのかを理解します。


分析

ダッシュボードとレポートを確認する

構成可能なダッシュボードを使用して、最新のデータを視覚的に分析します。

事前に作成されたグラフとKPIを活用する

収益曲線などの複雑なクエリについては事前に作成されたグラフにアクセスして、収益性を損なうものと後押しするものを確認できます。

アドホック分析を使用する

表示対象とする特定のディメンションと期間を多次元データから選択し、Oracle Smart View for Microsoft Officeを使用して基盤となるデータにドリルダウンします。

分散分析を実施する

前の期間のレポートを実行して、時間の経過に伴う収益性とコストの変化、およびそれらの原因を確認します。コスト要因や数量を変更して影響を確認し、今後の収益性の最適化に役立てることができます。

モバイルでの仕事をサポートす

タブレットなどのモバイルデバイスでモデルを操作できるため、オフィスにいないときでも簡単にアクセスできます。


Oracle Cloud EPM Profitability and Cost Managementのお客様成功事例

多くの業界のお客様がProfitability and Cost Managementを使用してコストと収益性の理解を深めています。

Royal Bank of Scotlandは、Oracle Cloud EPMを使用してどのようにwhat-if収益性シナリオを迅速にモデル化しているのか

Profitability and Cost Managementの主なメリット

有益なものとそうでないものを把握する

どの製品、サービス、および顧客に収益性があり、どれがそうでないのかを特定し、コストを削減できる場所、および収益性を最適化するためにリソースを集中すべき場所を見つけます。

ITに依存しない柔軟なモデリング

業務担当者は、ITに依存することなく、柔軟なモデルを自分で構築および維持できます。組織全体のコストと収益の流れをモデル化します。

モデルを容易に更新し、再構築は不要

毎回再構築することなく、ビジネスの変化に応じて、コスト要因、割り当て方法、および財務関係を容易に変更できます。

組み込みおよびアドホックのレポート機能を利用可能

組み込みのレポート機能により、モデルのパフォーマンスが良好であること、および資金が完全に割り当てられていることを確認し、生産された場所から消費された場所まで追跡し、ルールを自動的に文書化できます。

what-ifシナリオで条件の変更に備える

what-ifシナリオを使用すると、ビジネスに対する変更の影響を容易にテストし、将来または予期しないイベントに備えることができます。

リソース

レディネス

EPMの最新リリース情報を確認する

レディネス資料を見てCloud EPMサービスの最新情報を確認し、四半期ごとの更新に備えましょう。

ドキュメント

資料ライブラリにアクセスする

オラクルヘルプセンターでは、対象のソリューション、スタートガイド、最新のユースケースのコンテンツを含め、当社の製品とサービスに関する詳細情報を提供しています。

顧客コミュニティ

仲間が集まるコミュニティに参加する

Cloud Customer Connectは、オラクルの主要なオンライン・クラウドコミュニティです。20万人以上のメンバーで、ピアツーピアでのコラボレーションや、ベストプラクティス、製品の最新情報、フィードバックの共有を促進することを目的としています。

クラウドについて学習する

Oracle Cloud EPMのスキルを高める

Oracle Universityは、組織の成功実現に役立つ無償のトレーニングと認定を提供します。すべてが希望する形式で提供されます。

関連コンテンツ

オンプレミス製品

Oracle Hyperion Planningは、企業全体の計画、予算編成、および予測をサポートする俊敏な計画ソリューションであり、企業が信頼できる財務予測を開発し、費用対効果の高い企業の調整を生み出すのに役立つ堅牢なモデリング・フレームワークを提供します。

ページ

Oracle Cloud EPMの関連製品

コネクテッド・プランニング

俊敏性と正確性を備えた計画

コネクテッド・ファイナンシャル・クローズ

柔軟性、速度、正確性に優れた決算

税務レポート

税金と財政の調整

Narrative Reporting

分析とレポート、改革

はじめる


デモのリクエスト

当社のエキスパートによるウォークスルーをご体験ください。


ツアーを見る

Oracle Cloud EPMの詳細をご確認ください。


営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud EPMについて当社チームの担当者がご案内します。