該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Risk Management

高度なセキュリティとトランザクションの監視を自動化して、財務管理を強化し、職務の分散(SoD)の確保、不正行為の阻止、監査ワークフローを合理化します。

AIとクラウドのリスクとコンプライアンスを管理する方法を学びます。

危機管理

ビルトインのセキュリティ、トランザクション、および監査の監視により、リスクインテリジェントな文化を構築します。

設計により最適化されたセキュリティ

ERPセキュリティ構成を加速

すべての役割が監査対応であることを確認するために必要な分析を自動化します。

固有のリスクなく役割を設計

視覚化とシミュレーションを利用して、最適な設計上の決定を下します。

事前に構築されたセキュリティルールのライブラリにアクセス

埋め込まれた機密アクセスとSoDルールを使用して、運用開始前に役割が準拠していることを確認します。


コンプライアンスレポートの職務分散(SoD)制御を自動化

SoDの結果を自信を持って簡単にレポート

データセキュリティのコンテキスト(ビジネスユニット、元帳など)内のきめ細かい機能アクセスの完全な組み込み分析に頼ります。

SoD分析を数分で視覚化

構成可能なSODレポートとダッシュボードを備えた100を超えるSoDルールのライブラリを使用します。

セキュリティデータを露出から保護

サードパーティサービスの機密セキュリティデータをエクスポートする必要がなくなります。


ユーザーのアクセス認証ワークフローをデジタル化

機密機能へのアクセスを認定

機密性の高い役割をスコープし、ユーザーが認定および承認されていることを確認します。

直属の上司へのルーティングを自動化

マネージャー階層や指定されたプロセス所有者に基づいてルーティングすることにより、ワークフローを合理化します。

リスクの高いアクセス権を持つ新規ユーザーを継続的に認定

機密アクセスを許可された新しいユーザーが迅速にレビューおよび認定されるようにすることで、アクセスリスクを最小限に抑えます。


継続的なユーザーのセキュリティ監視

コンプライアンスを超えたセキュリティとプライバシーのリスクを積極的に監視

すべてのユーザーのセキュリティ構成を継続的に分析して、ポリシー違反をすばやく特定します。

使いやすいビジュアルのワークベンチを活用して、独自のルールを調整および作成

ベストプラクティスのセキュリティルールの構築済みライブラリを使用して、新しいルールをすばやく作成します。

アクセスの例外を簡単に管理

簡単なインシデントのワークフローとダッシュボードを使用して、問題を管理します。


重要な構成変更の継続的な監視

セットアップおよびマスターデータ変更のリスクベースの分析を自動化

総勘定元帳、売掛金/買掛金、経費、プロジェクト管理、調達などの主要なプロセス全体で構成の変更を追跡および評価します。

ベストプラクティスの構成ルールのライブラリに頼る

例として、サプライヤーの銀行口座、支払い方法、項目元帳、会計期間などに頻繁に加えられた変更に関するアラートを受け取ります。ビルトインのビジュアルワークベンチを使用して、事前に作成されたルールを調整するか、新しいルールを作成します。

例外を簡単に管理

すべての例外がプロセス所有者にルーティングされ、タイムリーなレビューが行われ、メールやスプレッドシートが置き換えられるようにします。


金融取引の継続的な監視

すべての支払い関連のトランザクションを100%監査

組み込みAIを使用して、すべての購買依頼、発注書、請求書、経費報告書、ウォッチリスト上の顧客による注文などを分析します。

大幅な現金損失を食い止める

ケースあたりの平均損失は1,509,000米ドルです。

例外を簡単に管理

すべての例外がプロセス所有者にルーティングされ、タイムリーなレビューが行われるようにします(メールやスプレッドシートの置き換え)。

機密データの露出と損失を排除

セキュリティと不正分析のためにERPの外部に顧客、サプライヤ、および財務データを抽出する必要をなくすことにより、重要で機密性の高いデータを保護します。


監査およびSOXコンプライアンスのワークフローをデジタル化

監査と評価を簡素化

合理化されたドキュメントレビュー、臨時調査、自己評価、監査テスト計画、および認証を使用して、ビジネスプロセスの所有者を関与させます。

コンプライアンスの問題を報告および追跡

問題を特定し、所有者を割り当て、修復計画を管理します。

埋め込まれたダッシュボードで信頼と透明性を構築

リアルタイムのダッシュボードをすべての利害関係者と共有し、外部監査人へのアクセスを制限します。


リスク(エンタープライズのRisk Management)と継続性(ビジネス継続性管理)ワークフローをデジタル化

リスクインテリジェントな文化を構築

定期的な調査、評価、ダッシュボードを使用して、事業主と協力します。

リスクを理解する

分析モデルとコンテキストモデルを使用してリスクを計算し、最善の行動方針を決定します。

予期せぬ事態に備える

更新された計画と準備調査でビジネスの継続性を確保します。


Skechersのロゴ

Skechersがグローバルな成長をサポートするために内部監査を変革

わずか6人の内部監査チームで数十億ドル規模のビジネスをどのように管理していますか?Skechersは45億ドルのグローバル組織に成長し、世界中に60ものビジネスユニットを展開していますが、従業員は2人しか増えていません。

Oracle Risk Managementのメリット

  • ERPを導入し、初日から監査の準備を確実にする

    システムが稼働する前に安全なERPロールを設計することにより、コストのかかるユーザー受け入れテストと監査の問題を回避します。

  • 不正から保護

    組み込みのAIを使用してトランザクションと機密性の高いERPデータを継続的に監視することにより、改ざんを防止します。

  • 予期せぬ事態に備える

    リスク管理とセキュリティにAI主導のアプローチを採用することで、ビジネスの継続性と回復力を実現します。

  • リスクインテリジェントな文化を構築

    リスクを業績に結び付けることにより、財務監視を改善します。従業員が機会とリスクのバランスを取ることができるようにします。

  • Risk Managementのユースケースを読む(PDF)

2020年5月20日

ビジネス継続性と準備の取り組みを合理化

Oracle、副社長、リスククラウド製品戦略担当、Sid Sinha

COVID-19からの迅速な回復を確実にするために、組織は今後18か月間のビジネスの混乱を管理するための実用的なツールを必要としています。影響は引き続き予測不可能であるため、リーダーは継続性と対応のポリシーに柔軟に対応する必要があります。組織の状況はそれぞれ異なりますが、迅速かつ持続的な回復のための新しいベストプラクティスがあります。

投稿全体を読む

特集ブログ

すべて表示する

リソース

準備

クラウドの準備と製品ドキュメント

Oracle Cloudの新機能をご覧になりますか?クラウドの準備セクションから、アップデート、ドキュメント、チュートリアルを確認してください。

コミュニティ

Oracleおよび顧客とのコラボレーション

プレミアオンラインクラウドコミュニティに参加して、ベストプラクティスを共有、製品の専門家とチャット、同僚とコラボレーションしたり、新製品の機能に関するアイデアを投稿したりできます。

学習

知識を広げる

Oracle Cloud ERPを使用して、会計、プロジェクト、調達、リスクを管理する方法をご覧ください。

関連するクラウドアプリ

EPM

エンタープライズのパフォーマンス管理

財務

財務レジリエンスを構築

プロジェクト

プロジェクト管理の改善

調達

調達の合理化

はじめよう


デモをリクエストする

当社のエキスパートによるウォークスルーをご体験ください。


ツアーを見る

ご自身でOracle Cloud ERPを確認する


担当営業に問い合わせる

Oracle Cloud ERPについて当社チームの担当者がご案内します。