セールス・フォース・オートメーション

Oracle Sales Force Automation(SFA)は、営業担当者が、顧客を理解し、セールス・プロセス全体でタスクを自動化できるように、カスタマー・データと業務データをCRMで収集および連携する営業支援アプリケーションです。

Oracle Sales Automationの製品ツアー
実際の様子をご覧ください

Sales Force Automationの機能

AIに支えられたセールス・インテリジェンス

戦略的に導入され、パーソナライズされたガイダンスと、包括的なセールス・インテリジェンスで、営業担当者の売り上げを支援します。組み込みAIによって、CRMの採用が増え、データの整合性が向上し、営業担当者がより速く、よりスマートに、そして適切な照準を設定して販売できるようになります。

自動化されたデータ基盤

スマートな販売をサポートするために必要な質の高いデータを作成する責任から、担当者を解放します。住所、メール、電話の自動認証に加え、プロアクティブなデータ重複排除により、営業担当者は常に最高の顧客関連データをCRM内に保持することができます。

効果的なセールス・ガイダンス

営業担当者は、インサイト、インテリジェントなスコアリング、優先順位付け、およびエンゲージメントのための推奨アクションの提供により、最も価値のあるリード、商談、アカウントに集中できます。営業担当者はコンタクト・マッピングにより取引を加速させ、類似アカウント推薦により新しい収益機会を発見することができます。データ入力やレコード管理の負担を軽減しつつ、重要なタスクやフォローアップを自動化することで、営業担当者が計画通りに業務を進められるようにします。

機械学習の簡素化

データサイエンスのスキルがなくても、AIや機械学習(ML)の微調整を簡素化することで、IT部門の負担を軽減し、ビジネスユーザーの業務効率を向上させることができます。ビジネスに最も適した属性で独自のモデルを構築したり、オラクルのネイティブMLを調整してAIの成果を微調整したりして、お客様の業界、ビジネス、および営業組織の優先順位に適合させることができます。


完全なカスタマー・データ

クリーンで完全なカスタマー・データを使用して、すべてのやりとりで見込顧客と顧客をさらに深く理解できます。情報を探し回る無駄な時間をなくし、営業チームが重要なカスタマー・インサイトに直接アクセスできるようにします。AIによるファーストパーティ・データとサードパーティ・データによって、このようなインサイトを簡単に強化して、見込顧客とのエンゲージメントを向上します。

顧客の全体像

営業担当者は、顧客や見込顧客の情報を探す時間を減らし、営業により多くの時間を費やすことができるようになります。CRMと、検証済みのサードパーティの顧客データや企業データによって収集および強化されたバックオフィス・システムデータで顧客レコードを強化します。

データ品質およびエンリッチメントの理解(PDF)


直感的なユーザー・エクスペリエンス

管理タスクを自動化するCRMセールスツールを使用して、面倒なデータ入力や無限にあるクリックを排除し、顧客と取引成立により多くの時間を費やすことができます。

新たなバーチャル・セールス機能

営業担当者が使用したいと考えるCRMでセールス・プロセスを簡素化します。オラクルのインタラクティブ・ダッシュボードは、営業担当者の仕事を容易にします。簡単なコマンドとキー操作でデータを検索・入力したり、すべての顧客情報とアクティビティを包括的に表示したり、個人とチームのパフォーマンスに関するインサイトを得たりすることができます。

営業担当者360

重要なタスクや記録を実行可能なリストにして一日のスタートをサポートするセールスダッシュボードを、あらゆる役割の担当者に提供します。これにより、重要なレコードのリストにアクセスし、素早く仕事をこなすことができます。スマート・リストでは、ユーザーの過去の行動に基づいて生成された、パーソナライズされたインテリジェントなリストが表示されます。

対話型のユーザー・エクスペリエンス

担当者は、アプリケーション内のすべての画面で、アクションバーを使って検索、アクション、アップデート、コミュニケーション、ナビゲーションを行うことができます。使い方は検索バーと同じなので、営業担当者はすぐに使いこなせるようになります。

コンテキストに応じたアクティビティ・ストリーム

このソーシャル・ニュースフィード形式のビューは、スクロール、検索、フィルタリングが可能なので、担当者は簡単に見込顧客に対応したり、エンゲージメントしたりすることができます。関連するすべてのセールス・エンゲージメントを1つのビューで整理して表示するだけでなく、すべてのやり取りを自動的に記録するため、営業担当者がCRMを更新する必要はありません。

ユーザーのパーソナライズ

営業担当者の働き方にマッチしたCRMを提供します。強力なフィルター機能を備えたリストビューを作成することで、担当者は効率的に作業を進めることができます。レコードの変更、再編成、再グループ化も自在に行えます。

効率的なレコード管理

人気のメールソリューション(Outlook、Notesなど)およびコラボレーション・スイートと完全に統合されたシステムを通じて、予定とタスクを簡単に更新し、通話ログを完了してフォローアップを割り当て、連絡先を追加します。

営業とマーケティングのコラボレーション

Sales and Marketingのエンゲージメントの全体像から利益を得ます。マーケティング・エンゲージメントの完全な履歴を表示し、連絡先を追加して、マーケティング・キャンペーンに直接つなげ、有効性と関心についてのフィードバックを提供します。


営業生産性ツール

すでに使用していて、簡単にアクセスして更新できるツール、システム、デバイスを活用して、これらのチャネルからCRMのデータを更新します:

Oracle Salesモバイルアプリ

実用的なホームページや新しい検索エクスペリエンス、さらに生体認証ログインとネイティブデバイスの統合により、外出先での生産性を高めるとともに日々の営業タスクを簡素化します。

Oracle Salesアシスタント

重要なレコードにアクセスする際に営業チームが直面する障壁を減らします。外出先でも取引、パイプライン、予定、毎日の営業タスクの更新を簡単に更新できるデジタルアシスタントを提供します。

統合メール

CRMとその他のアプリケーションの切り替えにかかる時間をなくします。営業担当者はCRMシステムから移動することなく、取引内容の編集、会議のスケジュール設定、メモの記録などを迅速に行うことができます。

統合されたコラボレーション

すでにおなじみの使い慣れたコラボレーション・ツールで、Oracle Salesデータを直接表示および更新します。


個人の目標を企業の販売戦略と連携

チームは営業実績管理ツールでパフォーマンスを向上できます。このようなツールは、接続されたデータの基盤上に構築されており、高度なAIを実装しています。

 

営業実績ダッシュボード

検証されたデータで営業実績を動的に追跡します。個人とチームのダッシュボード内のコンテストと目標の指標で営業実績全体を向上します。

オラクル、収益実績管理で1位に

担当地域管理

担当地域計画を改善し、営業地域のバランスをとります。AI対応のリードスコアリングを使用して、どれだけ複雑な営業地域であっても、現在のビジネスニーズに一致するように営業地域を作成および変更します。

地域管理の理解(PDF)

売上予算管理

売上予算を、直感ではなく、データとインテリジェンスを使用して計算し、パイプラインの結果を改善します。最良、最悪、および保守的なWhat-Ifシナリオモデリングを使用してすべてのオプションを理解し、変化に対応できるよう準備します。

営業担当者の1/3がノルマの達成に苦慮している理由

インセンティブ報酬

報酬プランを最適化するさまざまなシナリオのWhat-ifモデリングを使用して、チームを推進する動機を理解し、改善します。

インセンティブ報酬の詳細


セールス・アライメントおよび目標達成に向けたパフォーマンスを促進する

個人とチームの目標設定や分析、調整を行い、営業担当のモチベーションと機動力を高めましょう。予測分析を使用して、モデリングを改善し、最適な地域割り当てを特定します。

 

目標計画

売上予算を、直感ではなく、データとインテリジェンスを使用して計算し、パイプラインの結果を改善します。最良、最悪、および保守的なWhat-Ifシナリオモデリングを使用してすべてのオプションを理解し、変化に対応できるよう準備します。

アカウント・プランニング

データドリブンの販売およびプロモーション計画ツールで適切なプロモーション戦略を策定し、コラボレーションを促進し、What-Ifシナリオを実行します。

予測

セールス・パイプラインと財務実績のデータによって、さらに正確な予測と高度な統計的予測を実現します。


Oracle Sales Force Automationのお客様事例

お客様事例をさらに表示

営業担当者はSFAについてどのように感じていますか?

営業担当者は、営業支援(SFA)テクノロジーが、有用であるものの、不十分であると感じています。

33%データ入力以上の機能をSFAに求めている
78%データ入力または一般的なタスクを自動化するツールを求めている
67%リードを自動的に認定するツールを求めている

主要な利点 - 営業支援システム

01販売の生産性を高める

適切なタスクとアクションに集中することで、より多くのビジネスをより速く、少ないクリックで取引成立します。

営業的成功を持続させるための方法を学ぶ

02販売効率を高める

手動でのデータ入力の検索、クリック、実行に費やす時間を削減します。

販売者が効率を高める必要性を感じていること

営業担当の成果向上: Gartner Magic Quadrant for Sales Force Automation

03ユーザーの採用を促進する

任意のデバイスで積極的なAIドリブンのガイダンスを提供し、CRMを単なる記録システムではなく、推奨システムにします。

記録のためのシステムから推奨のためのシステムに進化させてCRMをよりスマートにする方法

04連動カスタマー・エクスペリエンスを提供する

オラクルのフロントおよびバックオフィス・アプリケーションとの事前構築された統合のおかげで、単一かつ完全な顧客ビューを取得します。

05より多くの収益機会を明らかにする

アカウント全体のリード、機会、サービスリクエストをインテリジェントに追跡して、収益が増える可能性のあるものを特定します。

アカウントのセールス・インテリジェンス

06当て推量を排除し、役立つものと役立たないものを見極める

何が役立ち、何が役立たなかったかをめぐる当て推量を排除します。過去の成功を分析し、それらの成功を現在アクティブな類似のリードや機会と比較することにより、戦略を微調整します。

リードと機会のセールス・インテリジェンスの詳細を見る

デジタル営業に向けた基礎的な戦略構築について学びましょう(PDF)

オラクル、2023年のGartner® Magic Quadrant for Sales Force Automationで7年連続でリーダーに選出

Oracle Advertising and CX、シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャ、Carrie West

オラクルは、2023 Gartner® Magic Quadrant™ for Sales Force Automationにおいて、7年連続でリーダーに選出されました。

Gartnerは、B2B、B2C、および間接販売を対象にした営業支援ソリューション・ベンダー13社を評価しました。営業、CPQ、コマースおよびサブスクリプション・クラウド開発担当シニア・バイスプレジデントのKartik Raghavanは、次のように述べています。「2023 Gartner Magic Quadrant for Sales Force Automation」において、再びリーダーに選ばれたことを嬉しく思います。顧客ライフサイクル全体に対する比類のない可視性をもたらすSFAは、オラクルがお客様のアカウント重視の成長戦略をサポートする上で極めて重要な要素となっています。」

注目のブログ

すべて表示する

リソース

Oracle Salesの新機能を見る

Oracle Advertising and CXチームによるブログ、動画、製品デモ、イベントなどの最新情報を参照して、オラクルがどのような方法で顧客とのすべてのやり取りを意味のあるものにしているをご覧ください。

Oracle Salesがリーダーとされる理由を見る

Oracle Advertising and CXは、それぞれの顧客のオンライン行動に合わせてリアルタイムでエクスペリエンスを提供する点で、CRMより優れています。

コミュニティの顧客とつながる

Customer Cloud Connectに参加すると、ピアコラボレーションやベストプラクティスの共有を行い、オラクルの製品戦略に追随するために必要なツールを入手できます。

スキルを磨く

Oracle Universityでは、クラウドスキルの構築、専門知識の確認、導入の促進に役立つさまざまな学習ソリューションを提供しています。

Gartner、Magic Quadrant for Sales Force Automation、Adnan Zijadic、Ilona Hansen、Steve Rietberg、Varun Agarwal、Guy Wood、2023年9月5日

GARTNERは登録商標およびサービスマーク、MAGIC QUADRANTは米国および国際的なGartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標であり、本書では許可を得て使用しています。All rights reserved.

このグラフィックは調査ドキュメントの一部としてGartner, Inc.が発行したものであり、ドキュメント全体の内容に沿って評価する必要があります。Gartnerのドキュメントを入手するには、オラクルにリクエストしてください。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。