申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

eコマースとは

Oracle Commerce

オラクルの包括的なB2BおよびB2C eコマース・ソリューションについて解説します。

eコマースは、インターネット上で商品やサービスを売買するビジネスです。eコマースの顧客は、パソコン、スマートフォン、スマートウォッチ、AmazonのEchoデバイスなどのデジタル・アシスタントを含む他のタッチポイントから購入できます。

eコマースは企業対消費者(B2C)および企業間(B2B)の活動分野の両方で好調です。B2Cのeコマースでは、小売業者などの企業がエンド・カスタマーに直接販売します。B2Bのeコマースでは、企業が別の企業に販売します。どちらの活動分野においても、ほとんどのビジネスの目標は、顧客がいつでもどこでも、任意のデジタル・デバイスを使用して、好きなものを購入できるようにすることです。

簡単に言うと、ビッグ・データは特に新しいデータ・ソースからのさらに大きく複雑なデータセットです。このようなデータセットは、非常に大きいため、従来のデータ処理ソフトウェアでは管理できません。しかし、このような大量のデータを使用して、これまで取り組むことができなかったビジネス上の問題に対処できます。

eコマースのビジネス価値

eコマースの売上高の伸び率は、驚異的にも265%という予測がされています。2017年の全世界の小売eコマースの売上は2.3兆ドルに達し、2021年までにそのちょうど4年後の売上高は4.88兆ドルに達すると予測されています。1

その爆発的な成長によって、eコマースは企業が以下を実現するためのツールとしてますます価値が高まっており、もはや不可欠とさえ言えます。

  • 競合他社との差別化
  • 世界のより多くの地域でより多くの顧客に行き届きます
  • 顧客に直接販売し、実店舗を減らすことでコストを削減
  • 顧客が好みのデバイスを使用して、いつでもどこでも購入できるようにすることは、ミレニアル世代などのデジタルネイティブ世代にとって不可欠な機能です。
  • オンライン指標によって、貴重なカスタマー・データを取得
  • 事前投資を最小限に抑え、新製品、サービス、ブランド、ビジネスをテストマーケティング
  • セルフサービス・オプションを顧客に提供し、小規模な販売スタッフがより多くの顧客に販売できるようにする
  • 迅速で低コストで拡大

1統計。(2018、 March)。2014年から2021年までの全世界におけるeコマースの小売売上高。https://www.statista.com/statistics/379046/worldwide-retail-e-commerce-sales/から取得

eコマースによる購入体験の変化

より多くの選択肢、より簡単なアクセス、より高速な納品といった顧客の高まる要求に対応するために、企業は店頭とeコマースの製品を統合して、顧客ができるシームレスなマルチチャネルの購入体験を生み出しています。

  • オンラインまたは店頭で購入する前に、製品とサービスをオンラインで検索および調査
  • オンラインまたは店頭で購入する前に、インタラクティブ・キオスク、パーソナル・コンシェルジュなど、製品とサービスによって、商品を店頭で体験
  • コンピューター、スマートフォン、スマートウォッチ、デジタル・アシスタントなど、任意のデバイスを使用していつでもどこでも買い物
  • オンラインまたは店頭で収集された情報に基づいて、パーソナライズされた推奨事項、クーポンなどのオンライン・オファーを受け取る
  • 大抵の場合で1日か2日以内に、どこへでも(自宅または地元の店舗に)配送
  • 実店舗に適切な在庫(スタイル、サイズ、色など)がない場合、実店舗のオンラインでアイテムを注文

eコマース・ビジネスの例

eコマースは1990年代から主流の現象になりました。現在、世界最大のeコマース・プラットフォームであるAmazon.comは1995年に登場し、その後すぐに、Alibaba、PayPal、eBayなど、他の大規模なeコマース企業も登場しました。2000年代初頭には、すべての規模の企業がeコマース・エクスペリエンスを提供していました。

Amazonなどの一部のB2BおよびB2Cビジネスは、実店舗のないeコマース・ビジネスとして生まれました。このような専業ビジネスは通常、eコマース専用ソリューションで埋めることができる従来の小売市場のギャップを特定します。

Warby Parkerは消費者が自宅で眼鏡を試着したいと考えていることに気付いた企業の一例です。同社は、2010年に処方箋眼鏡のオンライン専門の小売業者として設立され、2015年までに10億ドル以上の価値があると評価されました。現在、Warby Parkerは、eコマースの販売を補完するために、実店舗の数を限定して運営しています。(後で物理的な店舗を追加する専業企業は、ブリックアンドクリック企業と呼ばれます。)

Casperのマットレスもeコマースのみの小売業者としても始まりました。Casperは2014年に設立され、2019年までに11億ドル以上の価値となり、前年比の売上高は成長を続けています。Casperは、オンラインだけでなく、限られた数の物理的なショールーム、およびTargetなどの企業とのパートナーシップによって、マットレスと関連商品を販売しています。

Blonde Saladは、2009年にChiara Ferragniによって開始されるもう1つのeコマースの成功事例です。Blonde Saladは、ソーシャル・メディアのインフルエンサーとミレニアル世代の購入者をターゲティングして、ファッション・ブログからオンライン・マガジンまで急成長し、衣料品とアクセサリーを販売するeコマース・ビジネスを急速に拡大しました。

他の企業は、伝統的な実店舗の小売業者として長い歴史があり、eコマースを従来の販売サービスと統合しています。たとえば、ロンドンを拠点とする百貨店であるJohn Lewis & Partnersは、1864年に最初のJohn Lewisを開店し、現在は英国中に50以上の実店舗を維持しています。同時に、この企業は洗練されたeコマースサービスを統合しているため、顧客はさまざまなデバイスからオンラインで買い物をしたり、宅配や店頭での受け取り用にアイテムを購入したりできます。

Louis Vuitton(1854年に設立)、Thing Remembered(1967年にCan Doとして設立)、およびTJX Companies(1956年にZayre Corp.として設立)は、eコマースの統合に成功した伝統的な小売業者の例です。すべてが実店舗を維持しており、顧客は商品を試したり、販売担当者とやりとりしたり、製品を実際に手に取って試したりできます。同時に、このようなeコマース・チャネルによって、世界中の顧客が製品を調査して、好きなときに好きなデバイスを使用して注文し、必要なときに必要な場所に配送できます。

eコマース・プラットフォームの主要な要素

B2BまたはB2Cのeコマース、またはその両方を提供するかどうかにかかわらず、ビジネスには、現在および将来の顧客のニーズを満たす強力で柔軟でスケーラブルなeコマース・プラットフォームが必要です。最高のeコマース・プラットフォームは

柔軟 プラットフォームはハイブリッド・クラウド環境などのモデルで導入できる1つのプラットフォームでB2BとB2Cの両方の販売をサポートする必要があります。
手頃な価格 サービスとしてのソフトウェア(SaaS)・サブスクリプション・モデルは通常、オンプレミス・プラットフォームより手頃な価格であり、普通は継続的な高額のインフラ投資が必要です。
使いやすい eコマースは、顧客がフロントエンドで簡単にナビゲートでき、企業がバックエンドで簡単に管理できることが必要です。技術者以外のユーザーがページや機能を簡単に追加できるように、ユーザー・インターフェイスは明確でシンプルである必要があります。
統合が簡単 企業が古いテクノロジーをプラットフォームに統合してコストを抑え、既存の投資を簡単に活用できるようにする必要があります。
カスタマイズが可能 企業は、必要に応じてフロントエンドのカスタマー・エクスペリエンスをカスタマイズして、ブランドをサポートできるようにする必要があります。
高速 企業は、導入を簡素化し、必要に応じてアプリケーションと機能を簡単に追加できるセルフサービス・アーキテクチャと標準ベースのフレームワークを備えた簡単に実装できるeコマース・プラットフォームを必要としています。
シンプル eコマース・プラットフォームは、自動更新、最新機能への即時アクセス、ビジネス全体のパフォーマンス指標へのリアルタイムの可視性によって、保守と監視が簡単でなければなりません。
セキュリティ eコマース・プラットフォームは、最新の包括的なセキュリティ対策を提供すると同時に、Payment Card Industryデータセキュリティスタンダード(PCI DSS)、一般データ保護規則(GDPR)などの規制へのコンプライアンスを確保する必要があります。
スケーラブル ブラックフライデーも、新しいブランドの発売日も、プラットフォームは急速に拡張して、世界中の顧客に優れたエクスペリエンスを毎日提供できる必要があります。

eコマースの未来

eコマースは急速に成長しており、AI、機械学習、Internet of Things(IoT)などのテクノロジー革新によって、顧客の需要は高まり続けており、企業はこのような要求に新しい方法で応えることができます。

注目すべきeコマースの動向

より多くの市場への拡大 eコマースは世界中で成長しており、企業は新興市場だけでなく既存の市場でも何百万もの新規顧客を獲得するために競争します。
パーソナライゼーションの向上 顧客は、購入履歴に基づく割引やアップセルの提案など、パーソナライズされたeコマース・エクスペリエンスを求めています。AIを活用してより正確な予測と推奨を行うeコマース・プラットフォームは、より多くの顧客を獲得し、維持します。
速い配達 ドローンなどの手段による同日配達や同時間配達もますます一般的になり、すべての企業はサプライチェーンを効率化し、競争力を維持するために配達をスピードアップする必要があります。
サブスクリプション・ベースの購入 こだわりのある顧客に精選された商品を提供して、ライフスタイル製品などの商品の定期購入が増える見込みです。
その他のタッチポイント 顧客は、携帯電話、デジタル・アシスタントなどのデジタル・デバイスでより多くの買い物をするようになり、eコマース小売業者はより多くのタッチポイントでシームレスなサービスを提供する必要があります。
優れたチャットボット デジタル・アシスタントなどのチャットボットは次第に洗練され、顧客は音声で取引できるようになり、AIを使用してより多くの対話アシスタンスを提供できるようになります。
体験ストア 実店舗の小売業者は、より体験的でイマーシブなサービスに移行し、デジタルキオスク、タッチスクリーン拡張ミラー、店内クラス、バーチャル・リアリティ機能、店内カフェなど、インタラクティブなディスプレイとエクスペリエンスで顧客を魅了します。
強化された可視化 eコマースの小売業者は、バーチャル・リアリティ、3Dイメージング、拡張現実などのテクノロジーを活用して、かつては実店舗でしか提供されていなかったハンズオンの体験を模倣します。

オラクルのB2Bのeコマースのカスタマー・エクスペリエンス・ソリューションはイマーシブで簡単に拡張できるオムニチャネルの体験を提供するように設計されています。