該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

顧客のライフサイクル全体にわたるAI対応のインサイト

お客様の営業チームは、取引の成立のために直感とリレーションシップ販売にのみ依存していませんか。もしそうであれば、お客様の担当地域とアカウントには、その営業チームであれば実現できるような収益性がないことが考えられます。データとインテリジェンスに重点を置いたソリューションは、適切な取引への集中、リスクの軽減、長期的なアカウントの適切な管理、解約率の低減、生涯価値の引き上げを販売担当者が図るうえで効果的です。Oracle Salesの新しいセールス・インテリジェンス機能が、顧客のライフサイクル全体を通じたお客様の成長、より多くの収益の維持に役立つ様子をご覧ください。

リードと案件のセールス・インテリジェンス

リードや案件に注意が必要なときに販売担当者に警告することで、取引の速度を加速します。スマートな会話のポイントを提供することにより、顧客との効果的なやり取りを作成するために必要なコンテキストとインサイトを販売担当者が得られるようにします。組み込みのAIと高度な分析により、これまでの成果を分析し、その結果を現在アクティブで同様なリードや案件と比較することで、何が機能し、何が機能しなかったかについての当て推量を排除します。あるべき状態と現状との不一致を洗い出し、現在の案件を軌道に乗せて成約に至るための措置を講じます。

リードと案件のセールス・インテリジェンス

AIを活用して合理化した販売プロセスにより、取引を短期間で成立:

  • AI予測のリードスコアリングを使用して、コンバージョンにつながる可能性が最も高いリードを重視
  • 実行できるインテリジェンスを活用することで、リードスコアリングと案件管理に要する時間を短縮
  • 長期的な販売実績の向上を図るために使用できるインサイトを販売担当者に提供
AIを活用して合理化した販売プロセスにより、取引を短期間で成立

Oracle Sales Automationの詳細。

新しい案件の可能性があるアカウントを特定

各販売地域からより多くの収益が見込める案件を発見します。Oracle Salesは、組み込みのAIと高度な分析を使用して、アカウント全体のリード、案件、およびサービスリクエストをインテリジェントに追跡し、収益の可能性があるものを判別します。販売担当者は、高、中、低のわかりやすい評価でアカウントのエンゲージメント・レベルを容易に表示できます。このような評価により、販売担当者はアカウントと再度関わって成長の機会を探し、アクティブなアカウントに潜むリスクを事前対応的に探し出すことができます。

  • アクティブなアカウントのリスクを特定
  • 休眠中のアカウントに存在する潜在的な案件を顕在化
  • 注意が必要なアカウントを見つけ、顧客の生涯価値(CLV)を引き上げる案件が発生したときにそのアカウントに連絡
新しい案件の可能性があるアカウントを特定

Oracleの販売ソリューションの詳細をご覧ください。

エンドツーエンドのサブスクリプション管理エクスペリエンス

財務、運用、カスタマー・エクスペリエンス(CX)のソリューションを含む、サブスクリプションのライフサイクル全体を接続します。Oracle Subscription Managementの新機能には、Subscription 360ダッシュボードでの健全性と解約の予測レポート、顧客向けのセルフサービス・サブスクリプションへのアクセス、フィールド・サービス・チーム向けのサブスクリプション資格のリアルタイムな可視性などがあります。

サブスクリプションを全方位で捉え、健全性と解約を予測するダッシュボード

新しいサブスクリプションのレポート機能と分析機能により、アカウントの状態およびサブスクリプションの使用状況と消費状況を明確に把握できます。事前定義のAIモデルは、現在および過去の指標を使用して解約の確率を予測し、販売担当者がパイプラインを予測して是正措置が必要な案件を特定できるようにします。

販売ダッシュボードのアクション主導型インフォレット

全方位ビューのダッシュボードにある事前作成済みレポートは、主なKPIの評価に効果的です。

  • 更新されたアカウントと解約されたアカウントの傾向
  • 月間経常収益(MRR)で上位を占める顧客と製品
  • 製品の頻繁なアップグレードとダウングレード
  • アカウントおよび製品別の年間経常収益(ARR)および総契約価値(TCV)
  • 顧客別の平均収益

セルフサービス・サブスクリプションへのアクセス

営業担当者や顧客サービスエージェントの手を借りずに、顧客が自身のサブスクリプションの注文とアカウントを制御できるようにします。セルフサービス機能により、顧客はサブスクリプションを容易に購入または変更できます。

  • セルフサービスのeコマース・アプリケーションを介して、いつでも変更、アップグレードまたはダウングレード、一時停止または再開、キャンセルができます
  • クレジットカードまたは請求書で支払い
  • 契約期間の終了時にサブスクリプションを更新
  • 販売、サービス、eコマースなど、あらゆるタッチポイントで作成されたすべてのサブスクリプションを表示
販売ダッシュボードのアクション主導型インフォレット

サブスクリプション資格

販売、顧客サービス、eコマースチャネルのすべての顧客タッチポイントまでサブスクリプション・ビジネスを拡張します。フィールドサービスチームは、サービス・ロジスティクス機能をサブスクリプション管理に接続することにより、サービス、料金、割引などの資格が顧客のサブスクリプションの対象となっているかどうかをリアルタイムで確認できます。

販売ダッシュボードのアクション主導型インフォレット

 

Oracle Subscription Managementは、販売モデルを単一の1回限りのトランザクションから、顧客のライフサイクル全体にわたって継続的に価値が高くなるリレーションシップ販売モデルに変更します。

  • 顧客サービス、eコマース、および販売チャネルをロジスティクス、サプライチェーン、および金融ソリューションと接続して、サブスクリプションのライフサイクルの全体像を把握する統合型サブスクリプション・ビジネスを構築します。
  • 顧客のあらゆるタッチポイントから請求、使用状況、および資格を管理します。
  • 主要な指標を追跡して何が機能しているかを理解し、是正措置を講じてより多くの顧客を維持し、顧客の生涯価値を引き上げます。

Oracle Subscription Managementの詳細

顧客のライフサイクル全体を対象とする次世代イノベーション(11:00)

販売担当者が適切な取引に集中し、リスクを軽減して、解約率を下げ、生涯価値を引き上げるうえで効果的です。

Oracle Liveのハイライト(5:21)

Oracle AdvertisingおよびOracle CXの四半期ごとの最新イノベーション・アップデートのハイライトをRob Tarkoffが説明します。

Aonでのカスタマー・エクスペリエンスの向上(8:36)

AonでCIOを務めるTeffani Zadeh氏が、Oracle AdvertisingとOracle CXで営業チーム全体にわたって顧客とのやり取りを調整する様子について説明します。

四半期ごとのイノベーション・アップデート

広告、マーケティング、販売、およびサービスに関する最新のOracle AdvertisingとOracle CXのイノベーションをご覧ください。

デモに興味をお持ちですか。