該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Subscription Management

エンド・ツー・エンドのソリューションを使用して、予測可能な定期的な収益モデルを構築し、販売、コマース、およびサービスのチャネル全体に展開できます。フロントオフィスとバックオフィスのプロセスを統合して、契約、請求、収益を管理しながら、顧客の購入行動の完全なビューをチームに提供します。顧客がサブスクリプションを開始、更新、アップグレード、および変更するときに、修正と変更を処理します。

Oracle Subscription Managementがどのように役立つかをご覧ください。

Subscription Managementの詳細

ビジネスモデルの柔軟性

複雑な管理と手動のプロセスを排除しながら、複雑な製品とサービス、見積もりとDeal Management、顧客のセルフサービス機能をサポートする俊敏なソリューションを利用することで、サブスクリプション・サービスでビジネスを進化させます。

販売、CPQ、およびコマース

複数のシステムとタッチポイントにわたる複雑なプロセスを簡素化します。価格設定、配信、請求モデル全体で何千ものエンゲージメント・ポイントをサポートします。導入オプションを簡単に変更、管理、および更新するために必要なツールを営業チームとサービスチームに提供します。交渉された価格、使用法、またはサブスクリプション・ベースの見積もりと注文の条件を提供します。

収益成長率

新しいビジネスモデル、新しい製品、新しいサービスで経常収益を伸ばします。顧客の生涯価値を高め、関与する方法を増やすことで顧客との関係を強化します。

更新とインサイト

更新が簡単にアクセスできるようにすることで、更新管理を改善します。チームがリスクの高い顧客を早期に特定して更新率を向上させるのに役立つ賢いインサイトで顧客解約数を最小化します。顧客との関係と顧客の生涯価値を拡大し続けることができるよう、追加のニーズを持つ顧客のクロスセルおよびアップセルの機会を賢く決定します。


注文から収益までのプロセス

顧客の請求と支払いの速度と正確さを向上させます。サブスクリプションのライフサイクル全体ですべてのアプリケーションと顧客タッチポイントを連動して、正確な請求と請求を自動化し、支払いの回収と収益認識を改善します。

管理の簡素化

既存のテクノロジー・エコシステムをさらに活用します。オラクルは、複雑なワークフローを自動化し、精度を高め、コストを削減しながら、新しい収益モデルを管理するのに必要なソリューションの数を減らすのに役立ちます。

動的価格モデル

固定、1回限り、定期的、消費または使用量ベースの請求の混合注文を1つの要約請求書に統合することにより、請求を簡素化します。既存の収益認識ルールに沿った価格設定と請求モデルを選択します。

収益認識

使用量の計算とRevenue Managementを合理化しながら、収益の漏れを防ぎます。APIファーストのアプローチを通じて、収益認識ルールを維持しながら、サブスクリプションを既存のERPシステムに簡単に追加します。


レポートとコンプライアンス

販売、サービス、財務の各チームをサポートするために必要なすべての詳細を正確にキャプチャすることにより、レポートプロセスを合理化します。より高い信頼性で予測し、規制へのコンプライアンスを確保します。

360度のアカウントビュー

1つの包括的なビューで顧客データにアクセスして、顧客およびサブスクリプションのライフサイクル全体にわたるユーザーのサブスクリプション・アクティビティを深く理解します。

ビジネス成功指標

主要業績評価指標を追跡して、サブスクリプションがビジネスにどのように影響しているかを特定します。これには、毎月の定期的な収益、合計契約値、ユーザーあたりの平均収益、解約率、顧客の生涯価値などが含まれます。

保証と補償サービス

保証などの無料補償範囲サービスの管理を改善します。

規制コンプライアンス

ASC 606およびIFRS 15へのコンプライアンスを維持するのに役立つすべての詳細情報を提供することにより、ビジネスが規制コンプライアンスを確実に維持するようにします。


主な特長

  • 顧客維持の強化および改善

    ライフサイクル全体で統一された360度のビューを活用して、顧客がビジネスにもたらしている影響を理解します。販売、サービス、eコマースのチャネル全体で顧客維持を強化し、改善します。

    サブスクリプションへの移行(PDF)

  • コストの削減—一度の管理でどこにでも導入

    クラウドベースのソリューションを活用して、サブスクリプションを顧客のタッチポイントに簡単に統合します。エンドユーザーがサブスクリプションを選択して開始し、製品を変更、いつでも使用状況を確認できるようにします。

  • 新しい販売モデルで成長を促進

    ビジネス要件に合わせて、価格設定や消費モデルを使用して複雑な製品やサービスを販売します。定期請求と消費請求のレポートを作成し、現在のサブスクリプションと保留中の契約を確認して、成長を促進できます。

  • 財務的履行を簡素化

    既存の請求プロセスを理解し、更新と請求書の作成を自動化します。ビジネスモデルがより複雑になると、保証とサービスの適用範囲を調整し、契約条件と期間を適切に設定することにより、カスタマー・エクスペリエンスの高水準を維持します。

主な特長
2020年6月23日

サブスクリプション・ビジネスモデルを構築できても、その成功は測定できますか?

OracleのCloud GTM CX、シニア・コンテンツ・マネージャー、Christiane Soto

サブスクリプション価格モデルにより、いわば「設定して放置」体験とも言える、継続的な料金で定期的な製品の配信またはサービスをお楽しみいただけます。—この支払い構造の一部として、顧客はより幅広い商品やサービスにアクセスできます。

投稿全体を読む

特集ブログ

すべて表示する

リソース

CXサブスクリプション管理リリースの準備

Oracle Subscription Managementリリースの準備

Subscription Managementの最新リリースを入手し、アップグレードが正常に行われることを確認してください。最新の機能を確認します。これには機能の概要、ビジネス上のメリット、セットアップに関する考慮事項、使用上のヒントなどが含まれます。

その他の情報

Oracle Subscription Managementヘルプセンター

Oracle Subscription Managementヘルプセンター

オラクルでは、Oracle CXの詳細を学習するのに役立つさまざまなドキュメント、ビデオ、チュートリアルを提供します。これらすべてのリソースは、オラクル・ヘルプ・センターでご覧いただけます。

Cloud Customer Connect

Cloud Customer Connect

Cloud Customer Connectは、オラクルのプレミア・オンライン・クラウド・コミュニティです。特に、ピアツーピア・コラボレーションとベスト・プラクティスの共有を促進し、メンバーが製品戦略に対応し、クラウド・ソリューションのフィードバック・チャネルをオラクルの開発に直接提供できるように設計されています。メンバーには、Oracle Cloudの顧客と製品の専門家の集合的な知識を活用できるというメリットがあります。

Oracle University

Oracle University

トレーニングにアクセス、または認定を取得する。Oracle Universityは、CXアプリケーションを実装、構成、管理、および使用するためのスキルを開発するのに役立ちます。選択した形式でトレーニングを獲得する。利用可能なCX Salesの認定をご確認ください。

Cloud Marketplace

Cloud Marketplace

Oracle Cloud Marketplaceで利用できるパートナー・アプリケーションとサービスにより、イノベーションを促進します。販売、サービス、マーケティングなどに適したアプリの最も包括的なリストをご確認ください。

関連コンテンツ:

Oracle CPQ

構成、価格、見積り

Oracle Cloud ERP

最新のエンタープライズのリソース計画で俊敏性を獲得

Oracle CX Sales

統一された販売計画と実行

Oracle CX Commerce

Connected CXがB2BおよびB2C eコマースを向上

始めよう


デモをリクエストする

Oracle Cloud CXの機能をご覧ください。


ツアーを見る

Cloud CXスイートのツアーをご覧いただけます。


申し込む

メールで送られるCXニュースで最新情報を入手してください。


お問い合わせ

チームメンバーがOracle Cloud CXについてご案内します。