Oracle Subscription Management

CRMとバックオフィスを接続し、顧客の購買行動の完全なビューを提供することで、サブスクリプションの新規作成、更新、アップグレードを管理します。機械学習(ML)を基盤として構築されたOracle Subscription Managementは、契約、請求、収益の管理を簡素化する唯一の完全に統合されたクラウドベース・サブスクリプション管理システムであり、製品ベースの企業とサービスベースの企業のどちらにも適しています。

Oracle Subscription Managementの製品ツアー
実際の様子をご覧ください

Subscription Managementの詳細

ビジネスモデルの柔軟性

サブスクリプション・サービスでビジネスを進化させます。複数のシステムやタッチポイントにまたがる複雑なプロセスを簡素化する俊敏なソリューションを活用してください。複雑な管理や手動のプロセスを排除しながら、複数の構成が関わる製品とサービス、見積もりと取引管理、顧客セルフサービス機能、フィールドサービスへのアクセスをサポートします。

販売、CPQ、サービス、そしてeコマース

価格設定、納品、サポート、請求モデル全体にわたって何千ものエンゲージメント・ポイントをサポートします。導入オプションを簡単に変更、管理、および更新するために必要なツールを営業チームと顧客サービス・チームに提供します。交渉された価格、使用法、またはサブスクリプション・ベースの見積もりと注文の条件を提供します。

フィールドサービスの可視性

フィールドサービス・チームは、サービス、料金、割引などの資格が顧客のサブスクリプションの対象となっているかどうかをリアルタイムで確認できます。

顧客によるセルフサービス

営業担当者や顧客サービスオペレーターの手を借りずに、顧客が自身のサブスクリプションの注文とアカウントを制御できるようにします。セルフサービス機能により、顧客はサブスクリプションを容易に購入または変更できます。

収益成長率

新しいビジネスモデル、新しい製品、新しいサービスで経常収益を伸ばします。顧客の生涯価値を高め、関与する方法を増やすことで顧客との関係を強化します。

更新とインサイト

更新が簡単にアクセスできるようにすることで、更新管理を改善します。チームがリスクの高い顧客を早期に特定して更新率を向上させるのに役立つ賢いインサイトで顧客解約数を最小化します。顧客との関係と顧客の生涯価値を拡大し続けることができるよう、追加のニーズを持つ顧客のクロスセルおよびアップセルの機会を賢く決定します。


注文から収益までのプロセス

顧客の請求と支払いの速度と正確さを向上させます。サブスクリプションのライフサイクル全体ですべてのアプリケーションと顧客タッチポイントを連動して、正確な請求と請求を自動化し、支払いの回収と収益認識を改善します。

管理の簡素化

既存のテクノロジー・エコシステムをさらに活用します。オラクルは、複雑なワークフローを自動化し、精度を高め、コストを削減しながら、新しい収益モデルを管理するのに必要なソリューションの数を減らすのに役立ちます。

動的価格モデル

固定、1回限り、定期的、消費または使用量ベースの請求の混合注文を1つの要約請求書に統合することにより、請求を簡素化します。既存の収益認識ルールに沿った価格設定と請求モデルを選択します。

収益認識

使用量の計算とRevenue Managementを合理化しながら、収益の漏れを防ぎます。APIファーストのアプローチを通じて、収益認識ルールを維持しながら、サブスクリプションを既存のERPシステムに簡単に追加します。


レポートとコンプライアンス

レポート作成プロセスを合理化し、アカウントの状態、サブスクリプションの使用状況、消費状況を同時に明確に把握します。営業、顧客サービス、フィールドサービス、財務の各チームをサポートするために必要なすべての詳細情報を正確に収集します。より高い信頼性で予測し、規制へのコンプライアンスを確保します。

360度のアカウントビュー

1つの包括的なビューで顧客データにアクセスして、顧客およびサブスクリプションのライフサイクル全体にわたるユーザーのサブスクリプション・アクティビティを深く理解します。全方位ビューのダッシュボードにある事前作成済みレポートは、重要なKPIの評価に効果的です。

ビジネス成功指標

主要業績評価指標を追跡して、サブスクリプションがビジネスにどのように影響しているかを特定します。これには、毎月の定期的な収益、総契約価値、ユーザーあたりの平均収益、解約率、顧客の生涯価値などが含まれます。

保証と補償サービス

保証などの無料補償範囲サービスの管理を改善します。

パイプラインの予測

事前定義のAIモデルは、現在および過去の指標を使用して顧客離れの確率を予測するため、パイプラインをより適切に予測し、是正措置が必要な機会を特定できます。

規制コンプライアンス

ASC 606およびIFRS 15へのコンプライアンスを維持するのに役立つすべての詳細情報を提供することにより、ビジネスが規制コンプライアンスを確実に維持するようにします。


新たな収益源の獲得

継続的な収益を通じてビジネスの関係構築が強化される中で、商品とサービスの価値を最大化します。Oracle Subscription Managementは、サブスクリプション・ライフサイクル全体のタッチポイントを結び付け、インボイス発行と支払い請求の自動化、収益認識の向上、顧客の支払プロセスの迅速化を実現します。


オラクルの収益トランスフォーメーション・ソリューションの詳細

ビジネスプロセスをつなぎ合わせることで、最大限の収益を得る方法をご覧ください。

Edmunds.com社、サブスクリプション機能の変革のためにオラクルを採用

Edmunds.com社は、どのようにOracle Subscription Managementを使用して、優れたカスタマー・エクスペリエンスを購読者に提供しているのでしょう。

主要な利点 - サブスクリプション管理

01顧客に対する理解を深め、顧客を維持

統一された360度の顧客ビューと、新規および過去の取引活動、機会、および顧客の購買習慣に関するインサイトを使用することで、セールスチャネル、顧客サービスチャネル、eコマースチャネルを通じて顧客維持を改善する方法を見つけることができます。

動画: Oracle Salesを利用して、顧客との関係を継続する方法(1:53)

02「一度の管理、どこにでも導入」方式でコストを削減

すべての顧客タッチポイントにわたってサブスクリプション料金を一元化します。顧客はサブスクリプションを自己選択して開始し、製品の変更や使用状況の確認をいつでも行うことができます。

動画: Oracle Subscription Managementによって継続的な収益を生み出す(1:30)

03新しいセールスおよび料金モデルをサポート

自社のビジネス要件に合った料金モデルや消費モデルを使用して複雑な製品やサービスを販売します。定期請求と消費請求のレポートを作成し、現在のサブスクリプションと保留中の契約を確認して、成長を促進できます。

動画: Oracle Subscription Managementの概要(1:30)

04ハイブリッドのセールスおよびビジネスモデルを運用

サブスクリプション・セールスモデルと1回限りのセールスモデルを同じプラットフォームで運用します。サービスと物理的資産が混在した受注処理をサポートします。

デモ: Oracle SalesおよびSubscription Managementのソリューションの確認(1:41)

05収益の認識と報告に関する財務プロセスを簡素化

収益認識と請求処理を自動化して時間とコストを節約します。自社の基幹ERP/財務システム内で経常収益を認識および報告することで、コンプライアンスを維持します。カスタマー・エクスペリエンスを高い水準に維持するため、保証とサービスの適用範囲を調整し、契約条件を適切に設定します。

どうすればサブスクリプション管理と収益認識が容易になるか(PDF)

2022年4月19日

お客様のビジネスに、サブスクリプション販売が適しているか

Oracle Advertising and CX担当シニア・プロダクト・ストラテジスト、Elizabeth Shaheen

予測可能な経常収益、顧客生涯価値の向上、アップセルやクロスセルの機会の増加など、B2B企業にとってサブスクリプション・ビジネスモデルの利点は数え切れないほどあります。そして、多くの企業にとって、サブスクリプション管理ソリューションを導入することは、これらの利点を得るうえで不可欠です。

ここでは、サブスクリプション・ビジネスモデルの導入を検討する際に問うべき6つの質問を紹介します。

ブログを読む

注目のブログ

すべて表示する

リソース

Oracle Salesの新機能を見る

Oracle Advertising and CXチームによるブログ、動画、製品デモ、イベントなどの最新情報を参照して、オラクルがどのような方法で顧客とのすべてのやり取りを意味のあるものにしているをご覧ください。

Oracle Salesがリーダーとされる理由を見る

Oracle Advertising and CXは、それぞれの顧客のオンライン行動に合わせてリアルタイムでエクスペリエンスを提供する点で、CRMより優れています。

コミュニティの顧客とつながる

Customer Cloud Connectに参加すると、ピアコラボレーションやベストプラクティスの共有を行い、オラクルの製品戦略に追随するために必要なツールを入手できます。

スキルを磨く

Oracle Universityでは、クラウドスキルの構築、専門知識の確認、導入の促進に役立つさまざまな学習ソリューションを提供しています。

関連コンテンツ:

Oracle Configure, Price, Quote

見積もりから入金までの包括的なソリューション

Oracle Commerce

コネクテッドB2BおよびB2C eコマース

Oracle ERP

セルフサービスeコマース