申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

収益の転換

業務プロセスをつなげて、収益の可能性を最大限に引き出します。オラクルの収益トランスフォーメーション・ソリューションは、Configure, Price, Quote (CPQサービス)営業実績管理サブスクリプション管理、およびその他の収益業務アプリケーションを組み合わせて、販売目標の設定と正確な管理、製品およびサービスのあらゆる組み合わせのサブスクリプション販売、販売実績と収益報告に関するグローバルな可視性の提供を支援します。

そのCRMは、商談を逃していませんか?

オラクルの最新のレポートでは、営業担当者がCRMについてどのように感じているのか、また状況を改善するために何ができるのかをご紹介しています。

オラクル、収益実績管理のリーダーに

Oracle Sales Performance Managementが販売戦略の調整、ビジネス目標の達成、およびトップライン収益の増加にどのように役立つかをご覧ください。

オラクル、2021 Gartner Magic Quadrant for Configure, Price, Quoteでリーダーに選出

オラクルのセールスとCPQに対する統一されたアプローチにより、最も複雑な構成と見積もりに関する要件を大規模に解決する方法をご覧ください。

オラクル、2021年のGartner Peer Insightsのセールス・パフォーマンス管理部門でCustomers' Choiceに選出

セールス・チームの効率を最大化することで、組織の営業実績の向上をさせる方法をご覧ください。

収益変革のポイント

収益の潜在能力を最大限に引き出すには、CRMアプリケーションをERPEPMHCMなどのバックオフィス・ソリューションとと統合する必要があります。収益トランスフォーメーションは、従来の収益オペレーション(RevOps)のベストプラクティスを活用して、ビジネスの成果を向上させるための連携プロセスを推進し、顧客を収益戦略の中心に据えて、顧客とトップラインにとって価値のあるものにします。

収益データの管理

財務および請求データを顧客およびセールス・データに連携するように設計された、CPQソリューションを活用しましょう。これは、現在利用可能な唯一なものです。Oracle Configure, Price, Quote (CPQ)は、顧客関係管理 (CRM)システムとエンタープライズ・リソース・プランニング (ERP)間のギャップを埋め、エンドツーエンドの受注から入金までのプロセスをガイドし、販売サイクルをより正確に短縮して、より多くの収益を得ることができます。

新たな収益源の獲得

継続的な収益を通じてビジネスの関係構築が強化される中で、商品とサービスの価値を最大化します。Oracle Subscription Managementは、サブスクリプション・ライフサイクル全体のタッチポイントを結び付け、インボイス発行と支払い請求の自動化、収益認識の向上、顧客の支払プロセスの迅速化を実現します。


成長戦略と営業担当者の連携

EPMのベストプラクティスを基に開発されたセールス専用のカスタム構成により、ノルマやテリトリー、予測の計画と分析を改善します。テリトリーやアカウント、チャネルごとに分類された What-if シナリオにより、ビジネスや市場における小さな変化や大きな変化を予見し、対応することができます。高度な予測により、営業担当者とマネージャーがパイプラインの目標達成に責任を持って取り組めるようにします。

低コストでの可視性の向上

営業担当者は、CRMに直接組み込まれたインセンティブ報酬によって、いつでも自分の報酬予定にアクセスすることができます。営業担当者は、ノルマや商談について「what-if」分析を行い、さまざまな割引や価格設定モデルに基づく支払いシナリオを確認することができます。営業部門は、フロントオフィスとバックオフィスのすべてのアプリケーションで、計画、与信、経費の運用プロセスを連携させることにより、営業プログラムの実行コストを削減することができます。


過去の経験を活かした収益を拡大

収益を上げるには、部門横断的な収益の流れと過去実績を可視化する必要があります。CRMシステムのデータ管理ツールは、収益目標の達成に向けた鍵を握っています。適切なカスタマー・データと記録を簡単に利用できない場合、営業担当者はCRMに対する信頼をなくしてしまい、潜在的な収益能力を十分に発揮できなくなる可能性があります。

カスタマー・データの管理強化

Oracle Customer Data Management (CDM)により、営業担当者は、複数のソースから統合され、正確性が検証された各顧客の単一ビューを使用することができます。新しい成長機会の発見と予測、次の最適なアクションを講じるためのモデルの構築、既存の販売戦略の検証、販売実績の向上に必要な調整を行うことができます。

AIで新たな収益源を予測

豊富なカスタマー・データとビジネス・データを活用したセールスに特化した人工知能(AI)で収益を新しいレベルに引き上げます。AIを使用して、どのアカウントまたは見込み客が、将来的に成約、次のターゲット、あるいは購入に至る可能性があるかを特定します。さらに、予測機能により、フォーキャストの精度を高める要因を予測し、初期段階からより良い収益結果を導くことができます(PDF)。


Customer Spotlight

Broadcom、Oracle Cloudで急増する顧客数を管理

この半導体およびソフトウェア企業は、大規模な買収の後、多様な顧客構成を管理するために、Oracle Sales、Oracle CPQ、およびOracle DataFoxによるデータ管理に目を向けました。

オラクルの収益変革ソリューションのメリット

  • 01生産性と効率の向上

    Oracle Salesの導入により、Ricoh Americaas社は、より正確でアクセスしやすいカスタマー・データを営業担当者のCRMで直接確認できるようにすることで、より複雑なソリューションを販売するためのビジネスと市場参入戦略に転換しました。

  • 02収益の拡大とコスト削減

    Aon社はオラクルを採用し、データのサイロをなくし、部門内および部門間の顧客対応活動の可視化を実現しました。より良いターゲティングとクロスセルに向けた深いインサイトにより、Aon社は収益向上とコスト削減を実現しました(金額と時間の節約)。

  • 03従業員満足度と定着率の向上

    Broadcom社はOracle Sales を使用することで、ノルマやテリトリー、インセンティブ・プランをより柔軟に調整し、営業担当者にはパイプラインと目標に関するインサイトを提供できるようになりました。現在、Broadcomの営業担当者は本来の仕事である営業活動により注力できるようになりました。

当社の営業担当者による収益変革ソリューションの詳細をご覧ください。

ソート・リーダーシップ

2022年の売上: 収益の最適化で将来の営業を成功に導く

Oracle Sales、CXプロダクト・ストラテジスト、Heather Sieberg

収益リーダーは、販売実績を作成、追跡、予測するために、もはやCRMシステムだけに頼ることはできないのです。プランニングとパフォーマンス管理に向けて、統一された戦略を開発するには、ERPアプリケーションからの情報も必要です。一言で言うと、これはCRM営業実績管理およびプランニングCPQおよびサブスクリプション管理システムを財務アプリケーションと組み合わせた収益最適化です。

注目のブログ

すべて表示する

関連コンテンツ

Oracle Sales Performance Management

より多くの取引を獲得できる、高パフォーマンスの営業チームを構築する方法をご覧ください。

Oracle Configure, Price, Quote

案件の価値を高め、成約までの時間を短縮できるように営業担当者を支援

Oracle Subscription Management

新しい収益モデルを実現するための支援

Oracle Customer Data Management

顧客に関する信頼性の高い記録の提供