該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

サプライチェーン管理とは

サプライチェーン管理(SCM)とは、最も基本的なレベルにおいて、原材料の調達から最終目的地での製品の配送まで、製品やサービスに関連する商品、データ、財務の流れを管理することです。

多くの人がサプライチェーンをロジスティクスと同一視していますが、ロジスティクスは実際にはサプライチェーンのコンポーネントの1つにすぎません。今日のデジタルベースのSCMシステムには、製品やサービスの作成、受注処理、情報追跡を連携して行うすべての関係者(サプライヤー、メーカー、卸売業者、輸送手段提供者、物流業者、小売業者など)のためのマテリアル・ハンドリングとソフトウェアが含まれます。

サプライチェーンの活動は、調達製品ライフサイクル管理サプライチェーン計画(在庫計画、企業資産と生産ラインの保守など)、ロジスティクス(輸送とフリート管理など)、注文管理など多岐にわたります。SCMは、グローバル・サプライヤーの管理や多国籍生産プロセスなど、グローバルな売買に関連する活動にも拡張できます。

SCMの歴史

サプライチェーンは古代から存在しており、最初の製品やサービスが作られ、販売されたときから始まっています。産業化の進展に伴い、SCMはより洗練されたものになりました。そのため、企業はより効率的に商品やサービスの生産と配送を行うことができるようになりました。例えば、Henry Ford社の自動車部品の標準化は、商品の大量生産を可能にする画期的なものであり、拡大する顧客ベースの要求に応えることができました。時間の経過とともに、(コンピュータの発明などの)段階的な変化によってSCMシステムはさらに洗練されてきました。ただし、何世代にもわたって、SCMは本質的に個別のサイロに隔離されたままであり、サプライチェーンの専門家によって管理されていました。

インターネット、技術革新、需要主導型のグローバル経済の爆発的な発展が、従来のサプライチェーン・システムのすべてを変えました。今日のサプライチェーンは個別に隔離されてはいません。むしろ、24時間アクセス可能な異種ネットワークの複雑な集合体となっています。これらのネットワークの中心にあるのは、欲しいときに、望む方法で注文が処理されることを期待している消費者です。

私たちは今、前例のないグローバルなビジネスと売買の時代に生きています。継続的な技術革新と急速に変化する顧客の期待については言うまでもありません。今日の優れたサプライチェーン戦略では、統合された機能を中心として、すべての人員、プロセス、テクノロジーを首尾よく統合し、並外れたスピードと正確さで商品とサービスを提供できる需要主導型のオペレーティング・モデルが必要とされています。

SCMは常に企業の基本となってきましたが、今日のサプライチェーンは、ビジネス成功の指標としてこれまで以上に重要なものとなっています。サプライチェーンを効果的に管理し、今日の不安定で変化し続けるテクノロジー主導のビジネス環境に適応できる企業こそが生き残り、成功を手に入れることができるのです。

インダストリー4.0とSCM

今日の製造業への急激な新しいテクノロジーの応用は、インダストリー4.0 、または「第4次産業革命」と呼ばれています。この最新のイテレーションでは、AI、機械学習、Internet of Things、自動化、センサーなどのテクノロジーにより、企業が新しい製品やサービスを製造、維持管理し、流通させる方法を変革しています。インダストリー4.0はサプライチェーン上に構築されていると言えます。

インダストリー4.0において、企業がテクノロジーをサプライチェーンに適用する方法は、これまでの方法とは根本的に異なります。例えばメンテナンス機能において、企業は通常、機器が故障するまで待ってから修理を行っていました。スマート・テクノロジーはその流れを変えました。障害が発生する前に予測し、防ぐための対策を講じることで、サプライチェーンは途切れることなく継続できるようになりました。今日のSCMとは、テクノロジーを使用してサプライチェーン(および企業)をよりスマートにすることです。

インダストリー4.0のSCMは、従来のSCMと比較して、計画と実行の整合性を保ちながら大幅なコスト削減を実現できるため、大きなメリットをもたらします。例えば、「計画生産」モデル(製品の生産と顧客の需要をできるだけ密接に結び付ける)のもとで事業を行う企業は、正確な予測を立てる必要があります。これには、市場の需要を上回ることなく製品を適切に供給し、コストのかかる過剰在庫を回避するために非常に多くの情報を処理することが関係しています。インテリジェントなSCMソリューションにより、顧客の需要と財務目標を同時に満たすことができます。

インテリジェントなSCMを導入することには他にもメリットがあります。例えば、サプライチェーンの従業員を解放して、より付加価値の高い方法でビジネスに貢献することができます。優れたSCMシステムで日常的なタスクを自動化することにより、サプライチェーンの設計に関連する製品やサービスを適切に提供するために必要なツールをサプライチェーンの専門家に提供することができます。

インダストリー4.0の段階的な実現

オンデマンド・ウェビナーの“インダストリー4.0の段階的な実現”をご覧になり、インダストリー4.0についてのインサイトを得てください。

今日のSCMはすべてお客様を対象としています

SCMはこれまで、効率化とコスト削減に取り組んできました。これらのニーズは変化していませんが、変化したのは、SCMの優先順位が顧客中心に設定されるようになったことです。「顧客体験は生かすも殺すもサプライチェーン次第」と言われています。

顧客ロイヤルティは、企業が顧客の期待に迅速かつ正確に応えることができることを前提としています。原材料、製造、ロジスティクス、売買、注文管理はすべて、合理的な時間枠内で特定の品目を顧客に届けるために調整される必要があります。そのために、企業は顧客の観点からサプライチェーンを見る必要があります。注文された商品を時間通りに顧客に届けるだけでなく、注文の配送前、配送中、配送後のすべてを適切なタイミングで行うことが重要です。

敏捷性の必要性

今日のサプライチェーンは幅広く、深く、継続的に進化しています。つまり、効果的に機能するには俊敏でなければなりません。サプライチェーンはこれまで、変更による影響をほとんど受けない「最初から最後まで」(beginning-to-end)のモデルを通じて、企業と顧客のニーズを満たしていました。今や消費者は、店舗やオンラインなど、製品の購入方法に複数の選択肢を持つようになりました。また、カスタマイズのレベルの向上も期待するようになっています。俊敏なサプライチェーンにより、これらの期待に応えることができます。

それだけでなく、サプライチェーンの調達は非常に流動的になっています。例えば、地政学的で経済的な発展は、製造業のサプライチェーンに大きな影響を与える可能性があります。あるメーカーがアルミニウムを必要としているにもかかわらず、貿易政策のために1つのサプライヤーからアルミニウムを入手できない場合、そのメーカーは他の場所で調達するために迅速にピボットできる必要があります。このタイプのシナリオに首尾よく対処するには、サプライチェーンを迅速に再構成する機能が不可欠です。このようなリアルタイムの再構成を実現するには、俊敏性が非常に重要です。

サプライチェーンの課題は、効率性やコスト管理の問題だけではありません。状況の変化もコンプライアンスに影響を与える可能性があります。SCMシステムは、変化するさまざまな規制要件など、サプライチェーンの変化によって生じるすべての影響を緩和するのに十分な柔軟性を備えている必要があります。インテリジェントなSCMシステムを導入することにより、刻々と変化するさまざまな法規制に準拠しながら、効率性を高め、コストを削減することができます。

SCMとクラウド

今日のSCMパラメータを考えると、クラウドはうってつけです。その理由の1つは、クラウドベースのアプリケーションの方が本質的に柔軟性が高く、変化への適応性が高いからです。今日の企業環境では、予期しない調達の問題など、定期的に発生する変動の激しい状況に応じてオンプレミスなカスタムコーディングされたアプリケーションを調整することは非常に困難です。クラウド・ソリューションは、インダストリー4.0モデルで普及しつつあるテクノロジーを有効に活用するよう本質的に設計されています。これらのテクノロジーが従来のアプリケーションで機能するように環境を変更することは複雑で、コストもかかります。

クラウドをSCMシステムに統合することのもう1つの大きなメリットは、本格的な移行を行わなくても、特定のビジネス・ニーズに応じてクラウドベースのSCMの要素を取り入れることができることです。多くの企業は、クラウドへの移行の合理化という短期的なニーズを抱えています。最高のSCMシステムは、現在の資産からより多くの価値を引き出し、現在と将来の両方のSCMのニーズに合わせてクラウド統合をカスタマイズするのに役立ちます。

ブロックチェーンによるトレーサビリティ、否認、信頼

サプライチェーンのあらゆる側面で起こっていることを常に把握しておく必要があります。インテリジェントなSCMソリューションにより、それを実現できます。SCMソリューションを検討している場合は、ブロックチェーンの機能をSCMプロセスに構築することで、可視性とインサイトの入手を容易にするシステムを探してください。これにより、サプライ・ネットワーク全体のトレーサビリティ、否認、信頼を実現できます。

特に食品業界は、このようなSCMの恩恵を大きく受けています。例えば、LiDestri Food and Drink社では、非常に複雑なサプライチェーンを管理し、可視性の向上、正確な予測、収益性の向上を実現するとともに、組織と顧客との間に深い信頼関係を築くことに役立っています。

今日の最先端のSCMシステムはエンドツーエンドの製品スイートであり、企業がサプライチェーンを1つの包括的なエコシステムとして管理したり最適化したりするのに役立ちます。これらのシステムは完全に統合されたクラウド・テクノロジーであるため、サプライチェーン全体で100%の可視性を実現し、市場の現状に合わせて拡大したり縮小したりできます。最新の需要主導型サプライチェーンにより、顧客の期待値の上昇、短期化する製品ライフサイクル、分散する需要などの課題に対応できます。

SCMの未来

未来のサプライチェーンは線形モデルではなく、ネットワーク内で把握と管理が行われる応答性と顧客体験にすべて関係しています。ネットワークの各ノードは、消費者のニーズに合わせて柔軟に対応しながら、調達、売買についてのポリシー、輸送方法などの要因にも対応できる必要があります。

このネットワーク全体の透明性と可視性だけでなく、接続性とSCMの使用率をさらに向上させるため、高度なテクノロジーがますます活用されることになります。SCMの計画機能全体は、消費者の要求を考慮に入れるため、よりインテリジェントなものになります。また、適応能力が必須となります。

これまでのサプライチェーン計画はビジネスにおいて定期的に行われてきました。将来においてもそれは継続的に行なわれます。未来のSCMシステムでは、計画と実行の連携がより強固なものとなります。現在、ほとんどの企業においてこれは実現していません。SCMの導入によるスピードと正確性の必要性は高まるばかりです。インテリジェントなSCMシステムを導入してサプライチェーンをサポートし、将来に向けてサプライチェーンの準備ができているようにしてください。

明日のサプライチェーンのニーズに今すぐ対応する

オラクルのインテリジェントなクラウドベースのSCMソリューションにより、調達、製品ライフサイクル管理、サプライチェーン計画からロジスティクス、注文管理に至るまで、常に最先端を行くことができます。オラクルのSCMソリューションの詳細を見る