申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

ハイブリッド・クラウド

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)は、エッジでのポータブル・デバイスの導入から、お客様のデータセンターでのクラウド・ポートフォリオ全体の導入まで、最も幅広いハイブリッド・クラウド戦略をサポートします。これらのハイブリッド・クラウド・プラットフォームは、お客様にワークロードや各種規制、レイテンシのニーズに基づいてインフラストラクチャを選択できる柔軟性を提供するものです。

ハイブリッド・クラウドの再定義: 最新の、比類なきOCIソリューション(11:08)

OCIは、2022 Gartner® Magic Quadrant™のクラウド・インフラストラクチャおよびプラットフォーム・サービス部門で「ビジョナリー(Visionary)」に選出されました。

Oracle Alloy発表: クラウドのパワーをあなたの手に

パートナーがクラウド・プロバイダーとなり、ビジネスを拡大するための幅広いクラウド・サービスを提供できる、完全なクラウド・インフラストラクチャ・プラットフォームです。

企業の76%がマルチクラウドとハイブリッド・クラウドのアプローチを導入している理由

アプリケーションとインフラストラクチャの需要に戦略的に対応するため、ハイブリッド環境を採用する企業が増えています。

各社で異なるクラウド製品

企業がデジタル・トランスフォーメーションにおいてクラウド・コンピューティングを導入する機会が増えるにつれ、マルチクラウドやハイブリッド・クラウドのインフラストラクチャが広く普及しつつあります。

OCIと他のクラウドプロバイダーとの連携について

OCIのハイブリッド・クラウド・サービスにより、お客様がどのような選択肢と柔軟性を手に入れたかをご覧ください。

OCIのお客様事例をすべて見る
Government
オマーン国は、政府のデジタル・トランスフォーメーションを支援するため、Dedicated Regionを選択しました。
輸送業
Rumo社は、3ヶ月でデータセンターをOCIに移行しました。
コミュニケーション
Samsung SDS社は、Exadata Cloud@Customerを採用し、デジタル・イノベーション戦略を構築しました。
金融サービス
NRIは、2番目のOCI Dedicated Regionを導入し、高可用性とセキュリティを備えたクラウド・プラットフォーム上で主要な金融サービスを稼動させています。
通信業
Altair社は、パフォーマンスを向上させながら20%のコスト削減を実現するためにOCIを選択しました。
Government
ノルウェー公共道路公団は、400のデータベースをExadata Cloud@Customerに移行することで、メンテナンスコストを30%削減しました。

ハイブリッド・クラウドの導入について

ハイブリッド・クラウドの導入について

ハイブリッド・クラウドは、企業のITニーズに対応するため、OCIなどのパブリック・クラウドとオンプレミスのインフラストラクチャを組み合わせたものです。このアプローチでは、一部のワークロードをパブリック・クラウドに移行し、他のワークロードをオンプレミスに残すという柔軟な対応が可能です。

業界アナリストのIDCは、「企業の大きな発展と将来の成長は、ハイブリッド環境の実現に関連している」と述べています。データ・レジデンシー、ネットワーク・レイテンシ、インフラストラクチャのパフォーマンス要件などの理由から、特定のワークロードをパブリック・クラウド・データセンターに移行できない場合があるため、ハイブリッド・クラウド・アーキテクチャの重要性が増しています。Oracle AlloyOracle Cloud@Customerなどの専用リージョンによるデプロイ・オプションは、パブリック・クラウド・ベンダーの中で唯一、100以上のクラウドサービスの完全なポートフォリオを顧客のデータセンターに導入し、ハイブリッド・クラウド・アーキテクチャを実現するサービスです。

Oracle Exadata Cloud@Customerは、パブリック・クラウドとお客様のデータセンターの利点を組み合わせたものです。OCIは、パブリック・クラウドで提供しているのと同じフル機能、セルフサービス、ハイパフォーマンスのExadata Database ServiceとOracle Autonomous Databaseをオンプレミスで提供し、さらにグローバルに利用できるクラウドベースの管理という利点を備えているのが特徴です。Exadata Cloud@Customer上のAutonomous Databaseにより、スケーリング、チューニング、プロビジョニング、パッチ適用、障害管理を自動化します。

Oracle Dedicated Region Cloud@Customerは、すべてのOCIサービスとOracle Fusion Cloud Applicationsをお客様のデータセンター内で提供します。これらのサービスやアプリケーションは、クラウドへの移行を促進するだけでなく、自社のデータセンター内で安心して移行できるよう支援します。

大規模なデータセンターのユーザーの多くは、クラウドへの移行計画を進めていますが、処理をオンプレミスに残しつつ、アプリケーションとデータを段階的にクラウドに移行するという、段階的な移行に苦労しています。Exadata Cloud@CustomerとOracle Dedicated Region Cloud@Customerは、事実上、クラウドをお客様のもとへ持ち込むことによって、この問題を克服しています

Carl Olofson氏
IDC社、リサーチ・バイス・プレジデント

エッジでのクラウド・コンピューティングとストレージ・サービス

Oracle Roving Edge Infrastructure は、データセンター外へのクラウド・ワークロードの展開を加速させます。耐久性のあるOracle Rove Edge Devices(Oracle REDs)は、ネットワーク・エッジおよびネットワークに接続していない場所でクラウド・コンピューティングおよびストレージ・サービスを提供するため、データ・ソース付近の処理をさらに迅速に実行し、データをさらに迅速に分析できます。

既存のOCI仮想マシン(VM)とオブジェクト・ストレージは、パブリック・リージョンと同じポータルとテナント・ツールを使用して、Oracle Roving Edgeデバイスに同期させることが可能です。Roving Edge Devicesは、フィールドでの高速データ収集・処理、遠隔地へのアプリケーション展開、クラウドでの開発・テストとエッジへの展開、エッジでの人工知能・機械学習(AI/ML)などに利用できます。

リソース

超並列のインメモリ・クエリによるMySQLデータベースの高速化

Oracle MySQL HeatWaveによって、MySQLデータベースから直接OLTPおよびOLAPワークロードを実行できるため、複雑で時間のかかる高コストのデータ移動、および別の分析データベースとの統合が不要になります。大規模パラレル、高性能のインメモリ・クエリ・アクセラレータにより、分析および混合ワークロードのパフォーマンスが桁違いに向上します。

HeatWaveを使用する際、既存のアプリケーションへの変更作業は不要です。お客様は、オンプレミスのデータベースとクラウド上のHeatWave搭載MySQL Database Serviceの間で、標準的なMySQLレプリケーションを使用することができます。これにより、オンプレミスのデータベースはHeatWaveを利用してクエリを高速化することができます。

複数のクラウド環境でアプリケーションを実行する場合、Oracle Interconnect for Microsoft AzureまたはOracle Cloud Infrastructure FastConnectサービスで直接アクセスすることで、MySQL HeatWaveの高いパフォーマンス、優れたコスト・パフォーマンス、および統合機能を活用することができます。

特長
  • OLTPおよびOLAP用の単一のデータベース
  • ETLプロセスなしでOLTPトランザクションをリアルタイムに分析
  • 既存のMySQLアプリケーションとBIツールの変更は不要
  • 超並列のインメモリ・クエリによるMySQLデータベースの直接的な高速化
  • Oracle MySQL Autopilot、高いクエリ・パフォーマンスの大幅な達成を自動化
  • プロビジョニングの自動化、並列ロード、およびクエリ・プランの改善
リソース

お客様データセンター向けのハイパフォーマンスなマネージド・データベース

Oracle Exadata Cloud@Customerは、Oracle Exadataのパフォーマンスと、お客様のデータセンターにおけるマネージド・データベース・サービスのシンプルさ、柔軟性、および手頃な価格設定を兼ね備えています。また、既存のExadataのシステムおよび Exadata Database Cloud Serviceとの完全な互換性を提供しており、既存のOracle Databaseをクラウドに移行する際の、もっともシンプルな方法です。

このソリューションは、OCIのパブリック・クラウド・サービスと組み合わせてハイブリッド・クラウドのデプロイメントに利用できるほか、他のクラウド・プロバイダとの相互接続も可能です。Exadata Cloud@Customerにより、お客様は既存のデータセンター・リソースでデータ・レジデンシーと低レイテンシの要件を満たしながら、オンプレミスでは不可能だった、データベースの統合と高い拡張性を実現することができます。

オンプレミスで展開する機械学習ベースの先進的なデータベース

Oracle Autonomous Database on Exadata Cloud@Customerは、データセンターにOracle Exadataを設置することで得られるメリットと、自律的なクラウドサービスのシンプルさを兼ね備えたものです。Exadataの高いパフォーマンスを備えたオンプレミス・エンタープライズ・アプリケーションをサポートしながら、厳格なデータ・レジデンシーとセキュリティ要件を満たし、多くの手動データベースおよびインフラストラクチャ管理タスクを取り除くことができます。

このソリューションは、OCIのパブリック・クラウド・サービスと組み合わせてハイブリッド・クラウドのデプロイメントに利用できるほか、他のクラウド・プロバイダとの相互接続も可能です。Oracle Autonomous Databaseは、データベースを自律型運用で統合し、オンプレミス・データを移動する際に発生する課題やコストをかけることなく、最新のエンタープライズ・データウェアハウスを構築することができます。またIT部門は、機械学習に基づくプロビジョニング、構成、チューニングの自動化により、管理コストを削減し、エラー検出、修正、パッチ適用の自動化によりダウンタイムなくすことができます。

ハイブリッド・クラウド環境における可観測性と管理

Oracle Cloud Observability and Management Platformはハイブリッド・クラウド環境とマルチクラウド環境を監視および管理するための統合的なクラウド機能を実装しています。

IDC社の調査によると、最近行われた世界中のITおよび基幹業務の意思決定者の77%が、デジタル・インフラストラクチャの最適化には、エンドユーザーによる包括的な可視化および可観測性の分析が不可欠であることに、「やや同意する」または「強く同意する」と回答しています。

ハイブリッド・クラウド環境では、ユーザーが影響を受ける前に、問題をどのように検出、診断、および修復するかが常に問題になっています。従来の監視ツールでは、このような課題に対処することはできません。

インフラストラクチャの監視、アプリケーション・パフォーマンスの監視、ロギング、ログ分析、データベース管理、Infrastructure as Codeなどの機能を備えることにより、ITオペレーターは、ハイブリッド・クラウド環境のためのフルスタックの可視化、事前構築済みの分析、および自動化を実現することができます。

関連するクラウド導入・管理ソリューション

  • 可観測性と管理

    DevOps監視とIT運用の自動化・高機能化によるIT問題の予防と解決

  • Oracle Analytics Platform

    エンド・ツー・エンドの分析プロセスのためのクラウド・ネイティブ・サービス

  • Oracle Integration

    あらゆるアプリケーションとデータ・ソースを繋げ、エンド・ツー・エンドのプロセスの自動化と管理の一元化を実現

  • FastConnect

    高帯域幅のネットワーク経路であらゆるクラウドプロバイダーに対応する、マルチクラウド環境を実現

ハイブリッド・クラウド・リファレンス・アーキテクチャ

すべてのリファレンス・アーキテクチャを見る

Oracle Cloud Infrastructure上でのハイブリッド・クラウドの導入

リファレンス・アーキテクチャやユースケースを見て、技術要件を検証し、ハイブリッド・クラウド・アーキテクチャのベスト・プラクティスを学びましょう。

VPNによるオンプレミス・ネットワークの接続
FastConnectでオンプレミス・ネットワークをサポート対象のSaaSサービスに接続
オンプレミスのデータをクラウドにバックアップ
Micro FocusとOracle Cloud@Customerで銀行のコア業務のメインフレームのモダナイゼーションを実現
オンプレミスのログをOCIに保存し、分析する
オンプレミスのOracle Exadataにハイブリッド・ディザスタ・リカバリ (DR)のトポロジーを導入

追加のクラウド・アーキテクチャとデプロイメント・リソース

OCI Cloudの導入フレームワーク(CAF)

Oracle Cloud Infrastructure Professional and Managed Servicesのマーケット・ガイド

Oracle Dedicated Region Cloud@Customer: どこでもクラウドを体験

計画、導入、イノベーションのロゴ計画、導入、イノベーション

オラクルは、計画、導入から継続的なイノベーションに至るまでの各ステップを成功に導くために必要なテクノロジとガイダンスの両方を提供します。

ハイブリッド・クラウドを今すぐ始める

Always Free Cloud Servicesを試し、30日間の試用版を入手

オラクルは、Autonomous Database、Compute、Storageなどの一部のサービスについて時間制限のない無料枠を設けています。また、その他のクラウド・サービスをお試しいただくために300米ドル分の無料クレジットもご用意しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierの内容

    • Always Freeサービス
    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • コンピューティングVM
    • 100GBのブロック・ボリューム
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ

営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • OCIで最適に動作するワークロードは何ですか?
    • オラクルへの投資全体を最大限に活用するには、どうすればよいですか?
    • OCIと他プロバイダとの比較
    • OCIはIaaSPaaSの目標をどのようにサポートできますか?