OCIの専用リージョン

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)Dedicated Regionは、OCIパブリック・クラウドのアジリティ、スケーラビリティ、および経済性を提供する、お客様のデータセンター内の完全なOCIクラウド・リージョンです。インフラストラクチャを最新化しながら、データおよびアプリケーションを完全に制御し、最も厳しいセキュリティ要件、規制要件、データ・レジデンシー要件を満たすことができます。

ガートナー・レポート®を読む

クイックアンサー: 分離されたプライベート・クラウド・サービスを取得する方法を教えてください。

エグゼクティブ・リーダーが「エア・ギャップ」されたプライベート・クラウドなどのオプションを評価する際にとるべき方法を教えてください。

OCI Dedicated Regionのユースケース

  • データ・レジデンシー

    自社のデータセンターでパブリック・クラウドのメリットを享受しながら、ガバナンス、企業コンプライアンス、データ・プライバシーに関する要件を満たすことができます。アプリケーションとデータをオンプレミスに残し、データ・レジデンシー要件を遵守できるようにします。

  • 低レイテンシのアプリケーション

    レイテンシの影響を受けやすいアプリケーションを、フルマネージドのオンプレミス・クラウド・リージョンで実行することができます。エンドユーザーのアプリケーションにリアルタイムで応答したり、他のオンプレミス・システムと通信したりすることができます。銀行、支払い処理、およびリスク管理サービスを国内の拠点から顧客および金融クライアントに提供することで、データ・ローカリティの要件がを満たすことができます。

  • インフラストラクチャとアプリケーションの最新化

    オラクルが管理するハイパフォーマンスなクラウド・インフラストラクチャにレガシー・アプリケーションを統合します。パブリック・クラウドとお客様のデータセンターで一貫したプラットフォームを使用して、アプリケーションを最新化し、クラウド・ネイティブ・アプリケーションを構築することができます。

OCI Dedicated Regionの機能

自己完結型のクラウド・リージョン

Dedicated Regionでは、Oracle Cloud Infrastructureのすべてのパブリック・クラウド・サービスを、お客様が選択した物理的な場所にある、自己完結型の独立したクラウド・リージョンで提供します。お客様は、最高のセキュリティ、規制、データ・レジデンシー要件を満たすためにデータとサービスを完全に制御しながら、小規模からスタートして迅速に拡張(最大450ラック以上まで)することができます。オラクルは、世界中のOCIパブリック・クラウド・リージョンを管理するのと同じ方法で、各OCI Dedicated Regionの設置、運用、サポート、およびアップグレードを行います。


すべてのクラウド・サービス

Dedicated Regionでは、Oracle Cloud Infrastructureのパブリック・クラウド・リージョンで利用できる100以上のパブリック・クラウド・サービスと全く同じものが提供されます。IaaS、PaaS、SaaS向けの完全に統合されたクラウド・エクスペリエンスをオンプレミスで提供する唯一の製品であるDedicated Regionにより、お客様はレガシー・アプリケーションを最新化し、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションを迅速に構築することができます。

  • ベアメタル・コンピューティング、VM、GPU、Oracle Autonomous Databaseなどのデータベース・サービス、Oracle Container Engine for Kubernetesなどのコンテナ・ベースのサービスなど、Oracle Cloudのあらゆるサービスを使ってレガシー・ワークロードをシームレスにリフト・アンド・シフトします。
  • オラクルから新しいクラウド・サービスや機能がパブリック・クラウド・リージョンに公開されたら、すぐにそれらにオンプレミスでアクセスし、アジリティおよびイノベーションを向上させることができます。
  • 業界をリードするOracle Cloud Infrastructureのコスト・パフォーマンスと最高レベルのセキュリティにより、オンプレミス・ワークロードの実行コストを削減できます。
  • Oracle Fusion Cloud ERP、Financials、HCM、SCMなどのOracle SaaSサービスを実行します。
  • OCIコンソールの拡張機能であるOCI Control Centerにより、キャパシティ管理を簡素化できます。
  • オンプレミスのVMwareクラスタと同じルートアクセスと深い可視性を提供する唯一のVMwareクラウド・ソリューションのメリットを享受できます。

パブリック・クラウドの経済性

Dedicated RegionはOCI独自の価格設定モデルを継承しています。これは、価格設定の制約を受けずに拡大したいグローバル企業に最適なモデルです。お客様はOCIの組み込み機能を活用して、リソース・アクセス権の制限、予算の管理、未活用のリソースの削減、支出の正確な予測を行うことができます。オラクルの低い製品コストにより、さまざまなワークロードでのTCOを、同等のオンプレミスのインフラストラクチャと比較して20%から60%削減できます。OCI Dedicated Regionのサービスの多くは秒単位で課金されるため、必要なときにリソースを拡張することが可能です。

  • オラクルがパブリック・クラウド・リージョンで提供する場合と同じ予測可能な低価格で、利用したサービスに対してのみ料金を支払います。
  • OCIのプリエンプティブル・インスタンスとバースタブル・インスタンスが、ユーザーのクラウド運用に経済的なメリットをもたらします。割り込み可能なワークロードの場合、オラクルのプリエンプティブル・インスタンスはオンデマンド・インスタンスより50%も低コストです。
  • フル・コアを必要としないスケールダウンしたワークロードの場合、バースタブル・インスタンスを複数レベルのベースラインCPU使用率(12.5%および50%)で提供します。
  • Oracle Autonomous Database on Cloud@Customerを使用して、データベース管理コストを最大80%削減し、イノベーションにリソースを再投入できます。
  • データベース・システムとアプリケーションを、可用性の高いセキュアなクラウド・インフラストラクチャに統合することで、運用効率を高め、コストを削減できます。

競争上の優位性

特長
  • Oracleのパブリック・クラウドと全く同等です。競合他社はアーキテクチャが異なり、自社のパブリック・クラウドで利用できるクラウド・サービスのサブセットのみを提供しています。
  • ベア・メタルやVMwareを必要とするワークロードを含め、あらゆるワークロードをそのまま移行して実行することができます。競合他社は、仮想化ワークロードと非仮想化ワークロードの両方を実行することはできません。
  • お客様は、移行後もデータベースの全機能を保持します。競合他社は、Oracle DatabaseやOracle Real Application Clusters、Oracle Advanced Data Guardなどをサポートしていません。
  • パブリック・クラウド・サービスのサブセットではなく、フルセットがオンプレミスで利用可能です。競合他社はサブセットしか提供していないため、お客様はビジネス要件に応じた幅広いワークロードを実装することができません。
  • エンドツーエンドのエンタープライズSLAと単一ベンダーのサポートでリスクを低減します。競合他社はSLAを公開しておらず、サポートは外部ベンダーに依存しています。
  • パブリック・クラウドと同じセキュリティ機能セットでワークロードを保護します。競合他社は、パブリック・クラウドで使用可能なセキュリティ・サービスのサブセットのみを提供するため、顧客のワークロードを完全に保護できません。

多層防御セキュリティ

OCI Dedicated Regionは、オラクルのセキュリティ制御とサービスによってプラットフォーム、データ、アプリケーションのセキュリティを強化しながら、物理および境界ネットワーク・セキュリティを強化します。OCI Dedicated Regionは、OCIと同じ多層防御アーキテクチャのアプローチと、階層化されたセキュリティ制御を組み合わせて使用しています。

  • データセンターは、複数レベルの認証によるアクセス制限、クリーンなハードウェアおよびファームウェアによって物理的に保護されています。
  • インフラストラクチャは、お客様のネットワーク、テナント、およびコンパートメントから分離された管理ネットワークによって保護されます。
  • アプリケーションは、Oracle Cloud Infrastructure Web Application Firewall、Identity and Access Management、Vault、Cloud Guardなどによって保護されます。
  • 保存中および移動中のデータは、AES 256ビットおよびAES 128 TDE暗号化、TLS 1.2、キー・ストレージ・サービス用のFIPS 140-2 Level 3認定ハードウェアによって保護されます。
  • セキュリティ自動化、監査ログ、Oracle Cloud Infrastructure Monitoring and Reporting、およびSIEMによる24時間365日の監視により、可観測性を実現します。
  • ダウンタイムなしのパッチ適用とOS管理—セキュリティ更新はオラクルからパブリック・クラウド・リージョンに公開された時点で利用できます。
  • オラクルは、OCI専用リージョン上で稼働するサービスについて、CSA STAR、SOC 1、SOC 2、SOC 3、ISO 27001、ISO 27017、ISO 27018の認証を追加費用なしで取得し、半期ごとの監査を実施しています。

優れた経済性

OCI Dedicated Regionは、OCIのパブリック・クラウド・リージョンが持つ、価格競争力とグローバルな一貫性のある価格モデルを継承しています。企業は自社でクラウドを構築するのではなく、クラウドサービスを利用するためにサブスクリプションを購入するため、発生する費用はCapExではなくOpExとなります。お客様は、OCI Dedicated Regionに組み込まれた機能により、経費削減、未使用リソースの削減、正確な支出予測を行うことができます。

  • オラクルがパブリック・クラウド・リージョンで提供する場合と同じ予測可能な低価格で、利用したサービスに対してのみ料金を支払います。
  • 世界中で同じ価格設定で提供されます。ワークロードは、OCI Dedicated Regionsが導入されている場所に関係なく同じ価格で実行されるため、複数のリージョンで実行されるアプリケーションのコストを正確に予測することが容易になります。
  • OCIの柔軟なシェイプにより、ワークロードに必要なコンピュートとメモリのリソースを正確に作成します。プリエンプティブ・インスタンスを活用し、オンデマンド・インスタンスと比較して最大50%のコスト削減を実現します。バースト可能なインスタンスは、CPUコアをフルに必要としないスケールダウンされたワークロードに使用します。
  • オラクル標準の運用とサポートは追加費用なしで含まれます。

一貫した業務・開発エクスペリエンス

OCI Dedicated Regionでは、OCIのパブリック・クラウド・リージョンで利用できるものと全く同じツール、API、SLAを使用することにより、すべてのIaaSおよびPaaSワークロードに対して真に一貫した開発エクスペリエンスを構築することができます。

  • オラクルは、消費量を監視し、お客様と協力して容量を補充します。お客様は、OCIコンソール内のOCI Control Centerを通じて消費量を監視することができます。
  • オラクルは、各Dedicated Regionの設置、運用、サポート、アップグレードを、世界中のOCIパブリック・クラウド・リージョンの管理と同じ方法で行うため、お客様はビジネスの優先事項に集中することができます。
  • オラクルのパブリック・クラウド・リージョンで利用できるものとまったく同じツールとAPIを利用して、オンプレミスのワークロードに一貫した開発エクスペリエンスを提供します。
  • 複数のDedicated Regionを使用して、国内で、またはグローバルに、高可用性ソリューションやビジネス継続性ソリューションを作成できます。

OCI Dedicated Regionをご活用のお客様

  • 「OCI Dedicated Regionを使用することで、データ・センター内で次世代のパブリック・クラウド・サービスによるイノベーションを実現し、データ・レジデンシー要件に対応できます。

  • 「OCIは、東京と大阪のデータセンター内に分散クラウド環境を構築することで、OCIのハイパフォーマンスかつ柔軟なリソースを活用し、当社が求める高いレベルの財務ガバナンスと可用性の維持を実現できました。」

  • 「国内でインフラストラクチャを構築できたことで、インフラストラクチャとデータを物理的に管理しながら、マルチテナントのクラウド・インフラストラクチャ上で、すべてのITサービスを実行できるようになりました。その結果、わが国の規制、データ・レジデンシー、レイテンシの要件を満たしながら、デジタル経済の活性化を推進できるようになりました」

OCI Dedicated Regionに関するアナリストのコメント

  • 「...現在Oracle Public Cloudで提供されているIaaS、PaaS、SaaSサービスの全メニューを利用することができます。Dedicated Regionでは、それを実現するクラウド・プロバイダーは、オラクルだけです」

2022年10月18日

OCIの分散クラウド:パブリック・クラウド以上のお客様のニーズに応える

OCI、製品担当バイス・プレジデント、Karan Batta

OCIの分散クラウドは、複数のクラウドにまたがっても、データ・レジデンシー、ローカリティ、権限をより詳細に制御できるクラウドのメリットをお客様に提供します。OCIは、すでに世界中のお客様に分散クラウドサービスを提供しています。

ここから始めよう


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、デプロイしましょう。


当社をフォローする

ソーシャル・メディアで当社をフォローして、Oracle Cloudの最新情報を入手しましょう。


お問い合わせ

OCI Dedicated Regionの詳細については、オラクルまでお問い合わせください。

*ガートナーのクイックアンサー: 分離されたプライベート・クラウド・サービスを取得する方法を教えてください。Lydia Leong、2023年3月8日

ガートナーおよびGartnerは、Gartner, Inc.および/または米国とその他の国におけるその関連会社の商標およびサービス・マークであり、本書では許可を得て使用しています。All rights reserved.