申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Dedicated Region Cloud@Customer

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)Dedicated Regionは、OCIパブリック・クラウドのアジリティ、スケーラビリティ、および経済性を提供する、お客様のデータセンター内の完全なOCIクラウド・リージョンです。インフラストラクチャを最新化しながら、データおよびアプリケーションを完全に制御し、最も厳しいセキュリティ要件、規制要件、データ・レジデンシー要件を満たすことができます。

Dedicated Regionの詳細(22:54)

Oracle Live: お客様のデータセンター向けに新しくなったクラウドサービスをご紹介します。

IDCが語る、データセンターにおける完全なパブリック・クラウド・サービスの価値

IDC社のSriram Subramanian氏とオラクルのFaye Hutsellが、最も厳しいレイテンシ、パフォーマンス、およびデータ・レジデンシーの要件を持つ組織にも対応する、Oracle Dedicated Regionの比類なきクラウド・コンピューティング能力について説明します。

OCI Dedicated Regionに関するFAQ

Oracle Dedicated Region Cloud@Customerに関するよくある質問への回答を確認できます。提供されるサービス、経済性、可用性、セキュリティなどのトピックの詳細を確認しましょう。

Dedicated Region Cloud@Customerの機能

自己完結型のクラウド・リージョン

オラクルはすべてのパブリック・クラウド・サービスを、お客様が選択する物理的な場所にオンプレミスで提供します。お客様は小規模な構成からスタートし、迅速に構築することができます。ベース・フットプリントは18ラックから450ラック以上へと拡張することが可能です。Oracle Dedicated Regionを使用すると、データとサービスの完全な制御を維持したままOCI機能へアクセスすることが可能になり、最も厳しいセキュリティ、規制、データ・レジデンシー要件を満たします。企業や政府は、Oracle Dedicated Regionでクラウド・リージョンのインストール、管理、サポートを行うことで、クラウドの構築に伴う課題を回避します。

「Oracle Dedicated Region Cloud@Customerにより、オマーン国のデータ・レジデンシーとデータ・プライバシーの要件を満たすパブリック・クラウドのフル機能を、オンプレミスで利用できるようになりました。国内でインフラストラクチャを構築できたことで、インフラストラクチャとデータを物理的に管理しながら、マルチテナントのクラウド・インフラストラクチャ上で、すべてのITサービスを実行できるようになりました。その結果、わが国の規制、データ・レジデンシー、レイテンシの要件を満たしながら、デジタル経済の活性化を推進できるようになりました。」

Said Al-Mandhari氏 Oman ICT GroupのCEO

オラクルのすべてのパブリック・クラウド・サービスをデータ・センターで利用可能

Dedicated Regionでは、Oracle Cloud Infrastructureのパブリック・リージョンで利用できるパブリック・クラウドサービスと全く同じセットが提供されます。また、Dedicated Regionでは、Oracle Fusion Cloud ERP、Financials、HCM、SCMなどのOracle SaaS製品の動作が保証されており、完全に統合されたクラウド体験を提供します。Dedicated Regionでは、OCIのクラウドサービスをリフト&シフトの用途やレガシー・アプリケーションのアップグレードなどに利用できます。

  • オラクルの80を超えるパブリック・クラウドサービスを自由に組み合わせて、レガシー・アプリケーションを簡単に最新化できます。
  • オラクルから新しいクラウド・サービスや機能がパブリック・クラウド・リージョンに公開されたら、すぐにそれらにオンプレミスでアクセスし、アジリティおよびイノベーションを向上させることができます。
  • 業界をリードするOracle Cloud Infrastructureのコスト・パフォーマンスと最高レベルのセキュリティにより、オンプレミス・ワークロードの実行コストを削減できます。
  • IaaS、PaaS、SaaS(ERP財務やHCMなどのオラクルSaaSアプリケーションを含む)に対して、オンプレミスで完全に統合されたクラウド・エクスペリエンスを提供する唯一の製品です。

パブリック・クラウドの経済性

Dedicated RegionはOCI独自の価格設定モデルを継承しています。これは、価格設定の制約を受けずに拡大したいグローバル企業に最適なモデルです。お客様はOCIの組み込み機能を活用して、リソース・アクセス権の制限、予算の管理、未活用のリソースの削減、支出の正確な予測を行うことができます。オラクルの低い製品コストにより、さまざまなワークロードでのTCOを、同等のオンプレミスのインフラストラクチャと比較して20%から60%削減できます。OCI Dedicated Regionのサービスの多くは秒単位で課金されるため、必要なときにリソースを拡張することが可能です。

  • オラクルがパブリック・クラウド・リージョンで提供する場合と同じ予測可能な低価格で、利用したサービスに対してのみ料金を支払います。
  • OCIのプリエンプティブル・インスタンスとバースタブル・インスタンスが、ユーザーのクラウド運用に経済的なメリットをもたらします。割り込み可能なワークロードの場合、オラクルのプリエンプティブル・インスタンスはオンデマンド・インスタンスより50%も低コストです。
  • フル・コアを必要としないスケールダウンしたワークロードの場合、バースタブル・インスタンスを複数レベルのベースラインCPU使用率(12.5%および50%)で提供します。
  • Oracle Autonomous Database on Cloud@Customerを使用して、データベース管理コストを最大80%削減し、イノベーションにリソースを再投入できます。
  • データベース・システムとアプリケーションを、可用性の高いセキュアなクラウド・インフラストラクチャに統合することで、運用効率を高め、コストを削減できます。

オンプレミスのパブリック・クラウド:競合他社よりも顧客の要件を満たしている

パブリック・クラウドのメリットを享受したいが、ロケーションの柔軟性も必要である、というように、クラウドに関しては、ほとんどのお客様が難しい状況に置かれています。

AWSや Microsoftはお客様のニーズに対応できていませんでした。AWS OutpostsおよびMicrosoft Azureスタック

Hubは、パブリック・クラウド・サービスの小規模なサブセットを顧客のデータセンターに導入します。Outpostsでは、顧客がVMware環境を完全にコントロールすることができないため、すべてのワークロードをそのまま移行することはできません。非仮想化ワークロードは、OutpostsやAzure Stack Hubでは実行できません。

自社でパブリック・クラウドを持たないHPEとDellは、レガシー・ハードウェアに「クラウドライク」な機能を持たせていると位置づけています。しかし、こうした企業の提供する製品は、パブリック・クラウドを所有も運営もしていないため、パブリック・クラウドの延長線上にあるものではありません。また、ハードウェア・ポートフォリオの大部分は、外部のソフトウェア・ベンダーに依存しています。

Oracle Dedicated Region Cloud@Customerは、まさにオラクルのパブリック・クラウドをお客様のデータセンターに拡張したものに相当します。お客様は、最新のIaaS、PaaS、SaaSサービスの完全なポートフォリオを使用して、幅広いワークロードを実装することができます。これほど幅広いクラウド・サービスをオンプレミスで提供することができる製品は、他には類がありません。

"ついに、パブリック・クラウドと同一のプライベート・クラウドが登場...これまで誰も、お客様が本当に望んでいると思うものを提供することはできませんでした。"

Lydia Leong Gartner、VP兼アナリスト
特長
  • Oracleのパブリック・クラウドと全く同等です。競合他社はアーキテクチャが異なり、自社のパブリック・クラウドで利用できるクラウド・サービスのサブセットのみを提供しています。
  • ベア・メタルやVMwareを必要とするワークロードを含め、あらゆるワークロードをそのまま移行して実行することができます。競合他社は、仮想化ワークロードと非仮想化ワークロードの両方を実行することはできません。
  • お客様は、移行後もデータベースの全機能を保持します。競合他社は、Oracle DatabaseやOracle Real Application Clusters、Oracle Advanced Data Guardなどをサポートしていません。
  • パブリック・クラウド・サービスのサブセットではなく、フルセットがオンプレミスで利用可能です。競合他社はサブセットしか提供していないため、お客様はビジネス要件に応じた幅広いワークロードを実装することができません。
  • エンドツーエンドのエンタープライズSLAと単一ベンダーのサポートでリスクを低減します。競合他社はSLAを公開しておらず、サポートは外部ベンダーに依存しています。
  • パブリック・クラウドと同じセキュリティ機能セットでワークロードを保護します。競合他社は、パブリック・クラウドで使用可能なセキュリティ・サービスのサブセットのみを提供するため、顧客のワークロードを完全に保護できません。
リソース

パブリック・クラウドのセキュリティ

Dedicated Regionは、物理および境界ネットワーク・セキュリティを強固にして、オラクルのセキュリティ制御とサービスによって、プラットフォーム、データ、アプリケーションのセキュリティを強化します。Dedicated Regionは、同じ多層防御アーキテクチャに従い、スタックのすべてのレイヤーでセキュリティ制御を提供します。

  • セキュリティファーストの設計—クリーンなハードウェアとファームウェア、強力なテナント分離、随所で最小権限、継続的な監視。
  • 追加費用なしで、SOC 1、SOC 2、ISO 27001、27017、27018、HIPAA、およびPCI ISO 準拠についてサービスを認定しているのはオラクルだけです。
  • データの保存時および転送時にデフォルトで、FIPS 140-2レベル3認定ハードウェアに保存されたお客様が管理するキーを使用してデータが暗号化されます。
  • ダウンタイムなしのパッチ適用とOS管理—セキュリティ更新はオラクルからパブリック・クラウド・リージョンに公開された時点で利用できます。
  • セキュリティ・ゾーンの展開 — 規範的なセキュリティ・ポリシーとベストプラクティスを初日から施行できます。
  • Always-Onのクラウド・セキュリティ・ポスチャ管理と修復が自動化されています。

データ・レジデンシー要件およびレイテンシー要件の充足

Dedicated Regionでは、パブリック・クラウドの利点を享受しながら、お客様のガバナンス、企業コンプライアンス、データ・プライバシーに関する要件を満たすことができます。さらに、すべてのアプリケーション・データは、データ・ガバナンスの要件に従って、オンプレミスに維持されます。

  • Dedicated Regionは、最も要求の厳しいデータ・レジデンシーとデータ・プライバシーの要件に対応しています。
  • OCI組織管理を使用して親テナントと子テナントを作成し、データとワークロードを保護するために追加の分離制御を実装します。
  • 自己完結型のDedicated Regionでは、API操作やメタデータを含むすべてのデータはリージョン内にとどまります。
  • 機密性の高いワークロードやデータを保護するために、追加の物理的なセキュリティ制御を実装できます。

運用および開発エクスペリエンスの一貫性

Oracle Dedicated Regionでは、オラクルのパブリック・クラウドで利用可能なものとまったく同じツール、API、およびSLAを使用することにより、すべてのIaaSおよびPaaSワークロードに対して真に一貫した開発エクスペリエンスを実現できます。

  • オラクルのパブリック・クラウド・リージョンで利用できるものとまったく同じツールとAPIを利用して、オンプレミスのワークロードに一貫した開発エクスペリエンスを提供します。
  • 複数のDedicated Regionを使用して、国内で、またはグローバルに、高可用性ソリューションやビジネス継続性ソリューションを作成できます。
  • Dedicated Regionでは、オラクルのパブリック・クラウドのリージョン拡大に伴い、ワークロードのニーズに合わせて適切な導入モデルを選択することができます。
  • ハードウェア・サポートや容量管理などのすべての運用をオラクルが担当するため、お客様はビジネスの優先事項に集中できます。
  • お客様は、容量の使用状況を常に監視し、変化するビジネスニーズに合わせて、容量の増加や新しいコンピュート・シェイプを要求することができます。
通信業
Vodafone、データ・センター内の制御とデータ・レジデンシーを維持

「OCIの専用リージョンを使用することで、データ・センター内で次世代のパブリック・クラウド・サービスによるイノベーションを実現し、データ・レジデンシー要件に対応できます。オンプレミスのデータ・センター業務を完全に管理しながら、専用リージョンが提供する、パフォーマンス、スケーラビリティ、回復力を備えたデジタル変革に投資することができます。オラクルとともにインフラストラクチャを最新化することで、ITコストを削減すると同時に、製品をより早く市場に投入できるようになりました。」

Vodafone、デジタルおよびIT担当最高責任者
Scott Petty氏

野村総合研究所(NRI)、ローカル・データ・レジデンシー要件を満たしながら、最新のクラウド・サービスによりアプリケーションをアップグレード

「東京のデータセンターで最初の導入に成功した後、金融業界向けのSaaSソリューションの運用のために、大阪のデータセンターでOCI Dedicated Regionの利用を拡大しました。OCIは、東京と大阪のデータセンター内に分散型クラウド環境を構築することで、OCIのハイパフォーマンスかつ柔軟なリソースを活用し、当社が求めるハイレベルな財務ガバナンスと可用性の維持を実現できました。」

竹本具城氏
株式会社野村総合研究所 専務執行役員 IT基盤サービス担当

オマーン国、オンプレミスで展開される完全なクラウドサービスによりデジタル経済を強化

「Oracle Dedicated Region Cloud@Customerにより、オマーン国のデータ・レジデンシーとデータ・プライバシーの要件を満たすパブリック・クラウドのフル機能を、オンプレミスで利用できるようになりました。国内でインフラストラクチャを構築できたことで、インフラストラクチャとデータを物理的に管理しながら、マルチテナントのクラウド・インフラストラクチャ上で、すべてのITサービスを実行できるようになりました。その結果、わが国の規制、データ・レジデンシー、レイテンシの要件を満たしながら、デジタル経済の活性化を推進できるようになりました。」

Said Al-Mandhari
Oman ICT GroupのCEO

Australian Data Centres、OCIで政府機関のワークロードを保護

「Oracle Dedicated Regionは、接続性、セキュリティ、および導入の簡素化に重点を置き、オーストラリアの政府系企業が100%管理するデータセンターで、政府機関が世界をリードするクラウドサービスを利用するための選択肢拡大に大きく貢献するものです。Oracle Dedicated Regionは、政府のクラウドサービスへの移行を加速させるために必要なデータ・ホスティングの主権、高度セキュリティ、およびパフォーマンスの属性に対応しています。」

Rob Kelly氏
Australian Data Centres、マネージング・ディレクター


Oracle Dedicated Region Cloud@Customerの使用事例

  • データをローカルに管理しながら、組織や機関の最高レベルのデータ・レジデンシー要件を満たす

    Dedicated Region Cloud@Customerでは、自社のデータセンターでパブリッククラウドの利点を享受しながら、ガバナンス、企業コンプライアンス、データ・プライバシーに関する要件を満たすことができます。さらに、すべてのアプリケーション・データは、データ・ガバナンスの要件に従って、オンプレミスに維持されます。政府機関は、必要に応じて、インターネットから切り離された認定クラウドにデータを保存できます。

  • すべてのOCIサービスを提供する、フルマネージドなオンプレミスのDedicated Regionで、レイテンシの影響を受けやすいアプリケーションを実行します。

    オラクルがインフラストラクチャの運用と可用性を管理するため、お客様はビジネス・イノベーションに集中することができます。銀行や金融機関は、バンキング・アプリケーション、決済処理、リスク管理サービスを国内の拠点から顧客や金融顧客に提供し、データ・ローカリティの要件に対応することができます。Dedicated Regionsをデータソースの近くに配置することで、これらの金融機関は24時間365日、取引および為替プラットフォームを、希望する1桁ミリ秒のレイテンシで維持できます。同様に、企業は、データおよびレイテンシ処理の要件によりオンプレミスに留める必要がある健康管理システムに対し、分析および機械学習サービスを適用することができます。

  • SLAと最新化ツールに支えられたハイパフォーマンスなクラウド・インフラストラクチャに、レガシー・アプリケーションを統合

    Dedicated Region Cloud@Customerを利用すれば、レガシー・アプリケーションを簡単に最新化することができます。ベアメタル・コンピュート、VM、GPUなどのOracle Cloudサービスや、Autonomous Databaseなどのデータベース・サービス、Oracle Container Engine for Kubernetesなどのコンテナベースのサービスを利用して、レガシー・ワークロードをシームレスにリフト&シフトできます。Dedicated Regionにワークロードを集約することで、企業はオラクルのパブリック・クラウド・リージョンと同様の可用性、管理性、パフォーマンスに関するSLAでアプリケーションを実行できるため、TCOを劇的に改善することができます。Dedicated Regionは、パブリック・クラウドに移行できないオンプレミスのレガシー・アプリケーションやデータにおいて、オラクルのすべてのクラウド・サービスを利用できるようにする、オンプレミス・クラウドです。

2022年6月21日

Oracle Cloud Infrastructure Dedicated Regionsが、より小さな設置面積と低価格で利用可能に

OCI担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント、Clay Magouyrk

より幅広いお客様が、自社のデータセンターでパブリック・クラウドのアジリティ、経済性、スケーラビリティを活用できるようになりました。OCI Dedicated Regionは、データセンターの面積と電力を60%から75%削減するとともに、年間100万ドルという大幅な低価格で導入できるようになりました。パブリック・クラウド以外の環境でワークロードを実行する必要がある多くの企業にとって、この新しい導入価格と設置面積の縮小が、どのようにOCI Dedicated Regionsの可能性を広げるのかをご覧ください。

関連製品

ここから始めよう


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、デプロイしましょう。


当社をフォローする

ソーシャル・メディアで当社をフォローして、Oracle Cloudの最新情報を入手しましょう。


お問い合わせ

Oracle Dedicated Region Cloud@Customerの詳細については、オラクルまでお問い合わせください。