申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Sovereign Cloud

データ主権と地域に特化した運用ができることは、お客様がクラウドに移行する際の重要な検討事項です。お客様は、データの場所、クラウドのセキュリティ、およびクラウドの運用に関して透明性を求めています。地域の主権に関する要件を満たすために、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)は、商業および政府機関のお客様向けにいくつかの導入モデルを提供しており、そのそれぞれが、すべてのOCIサービスを提供可能です。

主権要件を満たすクラウドのカスタマイズ・オプション

Oracle Sovereign Cloud Regionsは、厳しいデータ・レジデンシ、セキュリティ、レイテンシ要件を満たしています。Oracle Cloudは、業界をリードする価格パフォーマンスを提供し、運用コストを大幅に削減しながら、主権要件を持つ顧客にワークロードを実行できるようにします。これらの主権リージョンは、他のOCIリージョンと同じクラウド・サービスである「あらゆる場所」を提供します。

Oracleは、リージョン・デプロイメント・オプションを拡張して、顧客および政府の主権要件に対応します。お客様は、デプロイメントの場所、アクセシビリティ、操作、サポート、規制要件およびインターネット接続を制御できます。コア・デプロイメントでこれらのオプションを組み合せることで、お客様は小さい初期環境から開始し、Oracle Cloudの全範囲を享受しながら、厳しいセキュリティ、コンプライアンスおよび主権の要件を満たすことができます。

Oracle Cloudリージョン配信の図
  • 場所の選択:顧客は、データがホストされる場所を制御します。Oracleの小さい初期フットプリント内にクラウド・サービスをデプロイする機能により、Oracleソースのコロケーション、顧客によって指定されたロケーション、または顧客のデータ・センターでも選択したリージョンを構築し、データ・レジデンシを制御できます。
  • アクセス制限:お客様はクラウド環境へのアクセスを制御します。デプロイメント・オプションに応じて、主権クラウド内のテナンシは、特定の会社、地理または組織(政府機関や部門、防衛の規制依存組織、顧客によって指定されたその他のグループなど)に限定できます。
  • 業務およびサポート・チーム:主権の業務およびサポートは、地元のスタッフに制限でき、政府主導のセキュリティクリアランス、市民権または居住に関する追加の要件の対象となる場合があります。
  • 規制要件:ソブリン地域は、顧客固有のコンプライアンス・バー、規制またはセキュリティ基準(あるいはその両方)を満たす必要がある場合があります。Oracleを使用すると、必要な管理を実装し、独自のコンプライアンス認定を実現できます。
  • 専用ネットワーク接続:ほとんどの主権クラウド・デプロイメントには、パブリック・インターネットへの接続が必要です。ただし、空輸リージョンでは、一部の政府顧客に対してインターネットからの完全な分離が提供されるため、顧客はセキュリティ要件を満たすことができます。

これらのオプションの実装を通じて、Oracleは顧客に次の主権導入モデルを提供できます。

国別セキュリティのためのOracleの主権クラウド

前述のオプションをすべて組み合せたOracle National Security Regions (ONSR)は、Oracle Cloudを使用して政府ネットワークを保護し、インターネット接続された主権クラウド・リージョンを超える機密性の高いワークロード、顧客認定、コンプライアンス要件に対応します。ONSRは、マルチリージョン構成にデプロイされた高可用性アーキテクチャでミッションの継続性を確保するように設計されています。ONSRは、次の厳しい要件を満たすための追加の保護を提供します。

  • 空輸、安全性の高いデータ・センター: ONSRは、インターネットから空気を排出し、政府の基準を満たし、それを超える政府の仕様に構築された施設に導入されています。セキュアなデータ・センターを構築するOracleの経験により、ミッションにかかる時間を最速化できます。
  • セキュアな施設での運用: ONSRは、顧客固有のセキュリティ・クリアランスを維持するローカル市民によって運営およびサポートされます。業務は、お客様の選択した地域内に物理的に配置された、分離された、安全性の高い専用施設から実施されます。これにより、最も重要なワークロードに対して冗長で独立した運用継続性が実現されます。
  • 政府認定: ONSRは、最高レベルの政府分類および標準に対して認定できます。ONSRは、Oracleのパブリック・クラウド・リージョンと同じサービスを提供します。

詳細を見る

欧州連合のソブリン・クラウド・リージョン

Oracleは2023年に欧州連合の主権クラウド・リージョンを立ち上げる予定です。EU内の民間企業と公共部門の両方の組織が、これらの新しいOCI主権クラウド・リージョンを使用して、機密性、規制、または戦略的地域にとって重要なデータやアプリケーションをホストできます。一般的なポリシーとして、OCIでは、お客様がワークロード用に選択したリージョンからお客様のコンテンツを移動することはありません。OCIの主権クラウドは、運用とカスタマー・サポートの責任をEUの居住者に制限することで、この手法を拡張します。これらの主権クラウド・リージョンは、関連するEUの規制およびガイダンスとの整合性をさらに実証できるように設計されています。

  • EUの法律への準拠に対応するように設計:これらの新しい主権クラウド・リージョンは、データ・レジデンシ、セキュリティ、プライバシおよびコンプライアンスに関するOCIの既存の機能を強化する包括的なポリシーとガバナンス・セットに基づいて運用されます。これらの追加ポリシーによって、顧客データの格納およびアクセス方法、およびデータ・アクセスの要求の処理方法など、データおよび運用主権のフレームワークが確立されます。
  • EU内で位置付けおよび運営: EUの最初の2つの主権クラウド・リージョンはドイツおよびスペインに配置され、EUの居住者およびEUの法的エンティティに操作およびサポートが制限されます。これらのOCIリージョンは、EUの既存のパブリックOCIリージョンとは論理的かつ物理的に分離されます。
  • パブリック・クラウドと同じサービス、価値、イノベーションへのアクセス: EUの新しい主権クラウド・リージョンでは、OCIの既存のパブリック・クラウド・リージョンで使用できる100を超えるOCIサービスと、欧州連合制限付きアクセス(EURA)アプリケーション・サービスが提供されます。OCIサービスの価格は、既存のOCIリージョンと同じになります。EURAの価格は、同じレベルのサポートと財務的に裏付けられたSLAで、変更されることはありません。お客様は、Oracle Universal Creditsを使用してサービスを購入し、Oracle Support RewardsなどのOCIプログラムに参加できます。

詳細を見る