申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
Country お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

EU Sovereign Cloud

Oracle EU Sovereign Cloudは、EUのデータ・プライバシーおよび主権要件に基づき、民間企業および公的機関が機密データやアプリケーションをクラウド上に置くことを可能にします。

「EU以外のクラウド・リージョンとの隔離を維持しながら、EUに位置し、EU居住者によって運用、更新、サポートされているデータセンターで、クラウドサービスにアクセスできることは、当社のクラウド導入の重要ポイントでした。これにより、フィンランド政府が、IaaS、PaaS、SaaSのソリューションを導入できる可能性でてきます」

Jarkko Levasma  フィンランド財務省長官、政府CIO

Oracle EU Sovereign Cloudを選ぶ理由

オラクルのパブリック・クラウドのフルパワーを同価格で利用できるソブリン・クラウド

Oracle EU Sovereign Cloudでは、オラクルの商用パブリック・クラウドと同じ100以上のサービスにアクセスできます。同じアプリケーションやワークロードをOracle EU Sovereign Cloudで実行できるため、新しいスキルや運用プロセスは必要ありません。

お客様は、オラクルの商用クラウド・リージョンと同じ価格設定、SLA、エンタープライズクラスのサポートと言ったメリットを、一貫して受けることができます。

ソブリン・クラウドの価格設定
オラクルのパブリック・クラウドのフルパワーを同価格で利用できるソブリン・クラウド

物理的および論理的に分離されたクラウド・アーキテクチャでデータ・レジデンシーを確保

スペインとドイツの2つのEU Sovereign Cloudリージョンは、オラクルの商用および政府向けクラウド・リージョンから分離されています。このEUクラウド・アーキテクチャの分離により、デジタル主権と制御を簡素化し強化することができます。

お客様への導入においても、複雑なポリシーツールを用いて構成するのではなく、デフォルトでデータ・レジデンシーとEU封じ込めを適用することで、より迅速かつ低リスクに導入可能となっています。

データ・レジデンシーの強制適用
データ・レジデンシーの強制適用により、クラウド・アーキテクチャを物理的・論理的に分離

EUのデータ・プライバシーと主権要件に基づき設計、運用

Oracle EU Sovereign Cloudは、民間企業と公的機関の両方が、機密データとアプリケーションをより詳細に制御し、EUのデジタル・プライバシーと主権要件により合致した状態で、EU全域で事業を展開できるようにします。

Oracle EU Sovereign Cloudは、完全に欧州連合内に設置、運用され、EUの慣行基準に準拠しています。

EUソブリン・クラウドの地図
EUのデータ・プライバシーと主権要件に基づき設計、運用されるEUソブリン・クラウド

Oracle EU Sovereign Cloudの機能

    • 100以上のOCIサービス

      EU Sovereign Cloudは、OCIで利用可能な100以上のクラウド・サービスを提供しています。企業はすべてのワークロードをOCIと同じ方法で実行できます。デジタル主権戦略を実行するために、追加のクラウド・サービスやクラウド機能を付け足す必要はありません。

      Oracle Cloud Applications

      Oracle Fusion Cloud Applicationsは、まもなくEU Sovereign Cloudで利用可能になります。

    • 主権要件のための追加コストは不要

      お客様は、オラクルの商用クラウド・リージョンと同じ価格で、Oracle EU Sovereign CloudのOCIサービスを活用できます。また、Universal CreditsやSupport Rewardsなど、既存の契約をオラクルの他のクラウド・リージョンから引き継ぐこともできます。
    • 同じ財務的裏付けのあるSLA

      Oracle EU Sovereign Cloudは、オラクルの他のクラウド・リージョンと同じ財務的裏付けのあるSLAを提供します。ミッションクリティカルなワークロードに関し、クラウド・プロバイダーに求められるのは、可用性だけではありません。安定したパフォーマンスと、リソースをいつでも管理、監視、および変更できる能力も求められます。サービスのパフォーマンス、可用性、管理性をカバーするエンドツーエンドのSLAを提供しているのはオラクルだけです。
    • 物理的に分離

      EU Sovereign Cloudレルムは、オラクルの商用および政府向けリージョンとインフラストラクチャを共有していません。また、オラクルの他のクラウド・リージョンとのネットワーク接続もありません。

      個別に運用

      このアーキテクチャにより、オラクルは、EUに拠点を置く新しい法人の従業員のみを使用して、カスタマーサポートとクラウド運用を行うことができます。
    • 少ない運用オーバーヘッドで管理

      分離されたクラウドのレルムでは、クラウド・アーキテクチャにデータ・レジデンシーとEU封じ込めが組み込まれているため、ソブリン・クラウドにおけるデプロイを迅速化するとともに、設定ミスの可能性を最小限に抑えることができます。これに対し、他の多くのクラウド・プロバイダーの場合、商用クラウド・リージョン内でデータ・レジデンシーを強制するためには、お客様自身が複雑な管理ポリシーを適用する必要があります。
    • 自分のキーを保持

      Oracle EU Sovereign Cloudでは、お客様がデータの安全性を高め、EUのデータ主権要件を満たすことができるよう、新しいOCI External Key ManagementサービスとDedicated Key Managementサービスを提供しています。お客様の暗号化キーは、OCIの外部または専用のハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)で作成および管理できます。
    • EU内で運営

      Oracle EU Sovereign Cloudデータセンターは、ハードウェア、アセット、データセンターのリースを所有し、これらの地域のお客様をサポートするために設立された、EUベースの法人によって運営されています。 Sovereign Cloudを運用するためにオラクルが設立したこれらのEUベースの法人は、個別のガバナンス・ポリシーを有し、EUのデータ・プライバシーおよび主権要件の下で運用を行っています。
    • EU内のサポートと運用

      カスタマーサポートとデータセンターの運用は、EU法人に雇用されたEU在住の担当者によりEU内で行われます。サポートと運用のプロセスは、オラクルのグローバルなクラウド運用とは別のものです。
    • EUおよびグローバル・コンプライアンス

      Oracle Cloudは、SOC 1、2、3、ISO 27001、27017、27018、PCI、CSA STARなどのグローバル・コンプライアンス・プログラム、GDPR、C5、IT-Grundshutz、AgID、EU CoC、EBAなどの地域および業界の規制およびプログラムに準拠しています。さらに、Oracle EU Sovereign Cloudは、データ転送を制限するガイダンス(EU司法裁判所のシュレムスII裁定や欧州データ保護委員会など)や監視規制(NIS 2など)とも整合しています。Oracle EU Sovereign Cloudリージョンの一般提供開始に伴い、これらのガイダンスを拡張していく予定です。

OCIの分散クラウド:必要な場所でクラウド・サービスを提供

パブリック・クラウド、マルチクラウド、ハイブリッド・クラウド、専用クラウド機能などを備えた分散型クラウド・オプションを展開しています。

2023年6月20日

欧州連合向けに設計されたソブリン・クラウドを提供

欧州連合におけるデータ・レジデンシーと主権要件に対応するために、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の商用パブリック・クラウド・リージョンで提供されるサービス、メリット、およびSLAを提供するハイパースケール・クラウドである、Oracle EU Sovereign Cloudの提供を開始します。Oracle EU Sovereign Cloudは、規制の厳しい業界の民間企業だけでなく、クラウド・コンピューティングを使用してアプリケーションや機密データをEU内でホストする公共機関の要件にも対応できるように設計されています。

全文を読む

OCIを使い始める

営業へのお問い合わせ

Oracle EU Sovereign Cloudは近日中に提供開始予定です。詳細を知りたいですか?当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • OCIで最適に動作するワークロードは何ですか?
    • オラクルへの投資全体を最大限に活用するには、どうすればよいですか?
    • OCIと他プロバイダとの比較

Oracle Cloud Insider

最新の業界トレンド、ベストプラクティス、製品アップデートをお届けし、新しいトレーニング・プログラムや今後のイベントについてご理解いただけます。

エキスパートの視点

業界アナリストからクラウドのオプションの詳細を学びましょう。最新の戦略やソリューションについて、詳細で客観的な視点を提供します。