OCI Dedicated Regionに関するFAQ

FAQのトピック

全般

OCI Dedicated Regionとは

OCI専用リージョン(Oracle Dedicated Region Cloud@Customerとも呼ばれる)は、お客様が選択した1つ以上の物理的な場所への、デプロイメント用のすべてのOracleクラウド・サービス(IaaS/PaaS/SaaS)で構成されます。セキュリティ、規制、低レイテンシおよびデータ・レジデンシの最大要件を満たすために、顧客はデータおよびアプリケーションを完全に制御できます。OCI Dedicated Regionは、数年間パブリック・クラウドに移行する可能性が低いミッションクリティカルなワークロードに対して、クラス最高の価格パフォーマンスとセキュリティを提供します。

OCIパブリック・クラウド・リージョンのかわりにOCI専用リージョンを使用するのはどのような場合ですか。

低レイテンシまたはローカル・データ・レジデンシを必要とするアプリケーションには、OCI専用リージョンを使用できます。これらのアプリケーションは、エンド・ユーザー・アプリケーションに対するほぼリアルタイムのレスポンスを生成したり、他のオンプレミス・システムと通信する必要がある場合があります。銀行業務、決済処理、リスク管理サービス(FLEXCUBEやModern Risk & FinanceなどのOracle製品を含む)向けのアプリケーションは、エンド・ユーザーと財務クライアントに国内の拠点から提供され、データの地域要件を満たすことができます。OCI Dedicated Regionは、OCIのすべての分析および機械学習サービスを、レイテンシ要件を満たすためにオンプレミスを維持する必要があるヘルス管理システムに提供します。

OCI Dedicated Regionではどのようなサービスが提供されますか。

OCI Dedicated Regionは、Oracleのパブリック・クラウド・リージョンとまったく同じサービス・セットを提供します。OCI Dedicated Regionは、ERP、Financials、HCM、SCMなどのOracle SaaS製品の実行も認定されており、オンプレミスIaaS、PaaS、SaaSソフトウェアに対して完全に統合されたクラウド・エクスペリエンスを提供する唯一のソリューションとなります。お客様は、これらのサービスをリフト・アンド・シフトのシナリオで使用したり、最新のクラウド・プリミティブを使用してレガシー・アプリケーションを段階的にアップグレードしながら、厳しいパフォーマンスとコンプライアンスの目標に対応することができます。

OCI Dedicated Regionはどのくらい弾力性がありますか?

オラクルは、オラクル独自のパブリック・クラウド・リージョンと同様に、キャパシティ・プランニングに関して顧客と協力しています。このようにして、需要に先立って十分な物理リソースを確保できます。

OCI専用リージョンで提供されるSLAのタイプは何ですか。

OCI Dedicated Regionは、可用性、管理性およびパフォーマンスについて、Oracleパブリック・クラウド・リージョンの1つのアベイラビリティ・ドメインとまったく同じSLAを提供します。たとえば、アプリケーションを複数のフォルト・ドメインにデプロイする場合は、99.95%の可用性を保証するコンピュートSLAが適用されます。OCI専用リージョンSLAの詳細は、https://www.oracle.com/cloud/sla/を参照してください

OCI Dedicated Regionはどの国で使用できますか。

OCI専用リージョンをデプロイできる国のリストは、Oracleにお問い合せください

OCI Dedicated Regionをマイ・ロケーションにデプロイするための前提条件はありますか。

はい。OCI専用リージョンを適切にインストールおよびデプロイするには、サイト・プランニング(電源、スペース、ネットワーキングなど)が必要です。まず、この Webフォームに記入してください。Oracle担当者が3~5営業日以内にご連絡いたします。

OCI専用リージョンの使用にはどのくらいの時間がかかりますか。

OCI専用リージョンは、データ・センターの準備が完了してから数週間以内に使用できます。Oracleプロジェクト・マネージャーは毎週の更新を提供し、タイムリーかつ安全な納品を確保するために施設管理チームと連携します。

OCI Dedicated Regionの価格を教えてください。

OCI Dedicated Regionの価格は、Oracleのパブリック・クラウド・リージョンと同じです。予測可能な低価格なサービスに対してのみ支払います。予算、コスト分析、請求書、使用状況レポートなどの既存のすべてのOracleツールを使用して、OCI専用リージョンの使用状況を監視および監査できます。Oracleパブリック・クラウド・リージョンの価格は、https://www.oracle.com/cloud/pricing/にあります

OCI専用リージョンの最小コミットメントはありますか。

顧客は小規模から始めることができます。5年間の消費ベースのコミットメントと引き換えに、ワークロードの正確な量とタイプを選択できる柔軟性があります。OCI Dedicated Regionのハードウェア・フットプリントは、お客様のワークロードとともに拡張するように設計されています。初期デプロイメントでは、フットプリントは最初の年の顧客の予測消費に基づきます。その後、リソースの消費と可用性は継続的に監視され、OCI専用リージョンのフットプリントは必要に応じて拡張されます。

OCI Dedicated Regionは新機能とセキュリティの更新を取得できますか?

その答えは「はい」です。OCI専用リージョンは完全に機能するクラウド・リージョンで、Oracleは、パブリック・クラウド・リージョンで利用可能な新機能でアップグレードします。さらに、最高レベルのセキュリティを維持できるように、Oracleはセキュリティ更新を継続的に実行します。追加インフラストラクチャを必要とする新しいサービスまたは機能は、Oracleがデータ・センター施設に拡張できる速度でデプロイされます。

OCI専用リージョンの稼働後、新しいコンピュート・シェイプを追加したり、容量を増やすことはできますか。

その答えは「はい」です。OCI専用リージョンの稼働後に、より多くのストレージ容量と追加のコンピュート・リソースをリクエストできます。これらの要求は、Oracle営業担当を介して管理できます。

ハードウェアを個別に担当する必要がありますか。

いいえ。OCI Dedicated Regionは、ハードウェア、ソフトウェア、クラウド・サービス、サポートなど、Oracleから完全に管理されたサービスです。個別の資本購入、ハードウェア・ソフトウェア統合などは必要ありません。

OCI Dedicated Regionで実行中のワークロードのテクニカル・サポートをリクエストするにはどうすればよいですか。

OCIコンソール、SDK、APIなどの既存のツールを引き続き使用して、テクニカル・サポートをリクエストできます。物理的なメンテナンスを行う場合、Oracleは時間をスケジュールし、物理的な施設へのアクセスを必要とすることに注意してください。追加料金で、Oracle担当者がハードウェア関連の問題を迅速にトラブルシューティングおよび修正できる24x7オンサイト・サポートを購入することもできます。詳細は、https://docs.oracle.com/en-us/iaas/Content/GSG/Tasks/contactingsupport.htmを参照してください

OCI専用リージョンの物理的なセキュリティは誰が担当しますか。

OCI専用リージョンは、Oracleと顧客間の共有責任モデルに基づいて運用および管理されます。アクティブ化後、Oracleは、Oracle所有のコンピューティングおよびネットワーキング機器(Oracleセキュア・エリア)を顧客とともに収容する施設内で必要なすべての物理アクティビティを引き続きサポートします。Oracleは、物理的なハードウェアの問題をトラブルシューティングして解決し、データ破棄イベントを管理し、Oracleセキュア領域内で計画された操作監査を実行します。お客様は、データセンターの稼働時間、施設の物理的なコンプライアンス、合意された温度および湿度レベル内でのデータセンターの保守、およびOracleセキュアエリアでのすべてのラックの電力および冷却の確保を担当します。

開発者体験

OCI専用リージョンにはどのように接続するのですか。

Oracleツール、SDKおよび管理コンソールを使用して、パブリック・クラウド・リージョンに現在のようにOCI専用リージョンに接続できます。たとえば、OCI専用リージョンが使用可能になったら、リージョン・プロビジョニング・プロセスの一部として作成されたリージョン識別子を使用してCLIを構成できます。このリージョン識別子は、「リージョンの管理」ページのOCI専用リージョン・クラウド管理コンソールの項にあります。注意: サービス・ルートおよびコンソール・ルートはインターネットにアドバタイズされないため、Oracleのクラウド・サービスに到達するようにリージョン内のOracleルート・ネーム・サーバーがネットワークで構成されていることを確認してください。詳細は、Oracleサポート担当者にお問い合わせください。

オンプレミス・システムをOCI専用リージョンのVCN (Virtual Cloud Network)に接続するには、どうすればいいですか。

Oracle FastConnectを使用すると、お客様はオンプレミス・システムとOracle Cloud Infrastructure間に専用のプライベート接続を作成できます。FastConnectプライベート・ピアリングを使用すると、既存のインフラをOracle Cloud InfrastructureのVCNに拡張できます。接続間の通信は、IPv4プライベート・アドレスを使用して行われます。詳細については、https://www.oracle.com/cloud/networking/fastconnect/を参照してください。

施設のネットワーク接続が停止するとどうなりますか。

すべてのサービスは引き続き正常に動作し、ローカルでアクセスできます。同様に、APIの可用性は低下しません。たとえば、APIの実行/起動/停止/終了は引き続き機能します。ロールアップ・メトリックは数時間ローカルにキャッシュされ続け、接続が返されるとOracleによってキャッシュされます。数時間を超える接続が切断されると、OracleがSLAを満たせなくなる可能性があります。ただし、ネットワークが復帰するまでOracleの更新およびパッチは使用できなくなりますが、OCI専用リージョンは、計画外ネットワークが中断された場合、その最後の既知の状態で動作します。Oracleは、SLAに従って予期しない障害に対処することはできませんが、すべての組込みの冗長性が適用されます。

OCI Dedicated RegionでOracle CloudのVMWareソリューションを実行できますか。

その答えは「はい」です。OCI専用リージョンでOracle Cloud VMWareソリューション(OCVS)を実行できます。OCVSには、VMware vSphere、vCenter、vSAN、NSXおよびHCXが含まれます。お客様は、オンプレミスのVMwareクラスタと同じレベルの可視性とアクセス(ハイパーバイザへのSSH、ホストの構成、vSAN設定の編集など)が可能です。OCVSソリューションの詳細は、https://www.oracle.com/cloud/compute/vmware/を参照してください。

Oracleパブリック・クラウド・リージョンとOCI専用リージョン全体のワークロードを一元的に管理できますか。

Oracleパブリック・クラウド・リージョンとOCI専用リージョンは別々のレルムにあります。したがって、これらは接続されておらず、現在、単一のコンソールを使用して管理することはできません。OCI専用リージョンは、Oracleパブリック・リージョンと同じ体験を提供する独自のコンソールを使用して管理されます。