該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問合せ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Cloud VMwareソリューション

Oracle Cloud VMwareソリューションは、お客様のテナンシー内にインストールされたお客様が管理するネイティブなVMwareベースのクラウド環境を提供します。また、使い慣れたVMwareツールを使用して完全に制御できます。アプリケーションの再設計や操作の再構築を行わずに、VMwareベースのワークロードをクラウドに移動または拡張します。

Virtual Cloud Summit:Oracle Cloud - VMwareに理想的なプラットフォーム

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)がVMwareのワークロードに理想的なプラットフォームである理由について、オラクルとVMwareのビジネスとテクノロジーの専門家が見解を示します。

CTO Advisorレポート:VMware Cloud Solutionsの比較

CTO Advisorチームが実施したVMwareクラウドの調査とテストの主要な結果について説明します。

IDCレポート:異種ワークロード向けのOracle Cloud Infrastructure

IDCがOracle Cloud Infrastructureをクラウドネイティブとエンタープライズ・アプリケーションを含む「異種ワークロードの実行に理想的なプラットフォーム」と呼ぶ理由をご覧ください

Oracle Cloud VMwareソリューションの機能

Oracle CloudでネイティブにVMwareワークロードを実行

VMwareエステートを移行する

Oracle Cloud VMware Solutionを使用すると、VMwareワークロードを変更することなくOracle Cloudに移行できます。お客様は、既存のVMwareベースのツール、プロセス、ポリシーとの継続性を維持しながら、規模と俊敏性を獲得できます。

自分のペースでイノベーション

今すぐ変更を加えることなくアプリケーションを移行し、後でOracle Autonomous Databaseからチャットボットに至るまでOracle Cloud servicesを使用して、アプリケーションを最新化できます。

クラウドで運用アプリケーションを実行する

Oracle Cloud VMwareソリューションは、オラクルやその他のエンタープライズ・プラットフォームのアプリケーションを含む、エンタープライズクラスのサーバー・プロセッサーで実行されるVMwareでサポートされたエンタープライズ・アプリケーション向けに構築されています。

必要に応じた災害復旧

Oracle Cloud VMware Solutionは、商用の(政府向けでない)すべてのOracle Cloudリージョンに導入できます。選択した場所に複製またはバックアップを作成します。

VMware Cloudで検証済み

Oracle Cloud VMware Solutionは、VMware Cloudで検証済みです。VMwareへの包括的な管理アクセスとVMware vCenterとの互換性を維持しながら、VMware Cloud Foundationをオラクルの次世代クラウドで実行できます。


フル制御の専用環境

クラウドスタックを完全に制御

Oracle Cloud VMware Solutionは、ルートアクセスを含む完全な管理権限を備えたセルフサービスプロビジョニングをお客様に提供します。ルートアクセスにより、ハードウェアおよびソフトウェア環境全体を完全に制御できます。

分離された専用のソリューション

Oracle Cloud VMware Solutionはシングルテナントソリューションのため、ワークロードが分離されたインフラストラクチャを必要とし、競争の激しいマルチテナント環境で見られるリソース競合を回避したいお客様に最適です。

セキュリティファーストのアーキテクチャ

Oracle Cloudの組み込みのテナント分離、最小特権アクセス、保存時のデータ暗号化を利用するセキュリティファーストの設計アーキテクチャによりリスクを軽減します。Oracle Cloud VMware Solutionを使用すると、「マネージドサービス」のセキュリティへの考慮すべき影響はなく、アクセスはプライベートで行われ、完全にユーザーの管理下に置くことができます。

現在使用しているものと同じVMwareツールを使用する

おなじみのアプリケーション管理

オンプレミスで実行されているVMwareベースのアプリケーションは、単一の統合ビューを使用し、Oracle Cloudでも同じ方法で管理できます。

再トレーニングが不要

オンプレミスですでに使用中のvSphere、vCenter Server、vSAN、NSX、HCXなどのツールを使えるため、既存のスキルセットを活用できます。

シームレスなクラウド移行

テスト済みかつ実証済みのオンプレミスIT導入アーキテクチャおよびプロセスを拡張します。オンプレミスと一致するようにクラウド環境を構成し、それらの同期を維持します。

VMwareのベストプラクティスを活用

ネイティブツールの統合によるVMwareのベスト・プラクティスを活用して、クラウド移行時の中断を最小限に抑えます。


操作の易しさ

アプリケーションの変更を回避

オンプレミスとクラウドの両方で機能する単一のVMware仕様を活用できます。アプリケーションの移植、コードのリファクタリング、または構成の違いの解決に費やす労力を回避できます。

ネイティブVMwareツールを活用

使い慣れたネイティブVMwareツールを活用して、インフラストラクチャと移行のニーズを管理し、組織への影響を最小限に抑えます。

既存のスキルセットを活用

変更と従業員への影響を最小限に抑えられるように、Oracle Cloud VMware Solutionは、既存のVMwareスキルセットおよびツールと連携するように設計されています。

隣接するOracle Cloud Servicesを活用する

コンテナとマイクロサービス

Container Engine for KubernetesおよびOracle Functionsへのネイティブアクセスにより、アプリケーションスタックの一部またはすべてを最新化できます。

クラウドデータベース管理

Oracle Exadata、Autonomous Data Warehouse、Autonomous Transaction Processing、Oracle NoSQL Databaseなどの幅広いクラウドデータベースを使用して、サービスレベルを向上させ、オーバーヘッドを削減します。

ビジネス分析とデータサイエンス

最新のベアメタルGPUや仮想マシン(VM)GPUを活用しながら、堅牢なビジネス分析機能とデータサイエンス機能をビジネスに簡単に提供できます。

柔軟で強力なコンピューティング

1〜64個のOCPUの範囲で顧客が必要なコア数を正確に指定できる、新しい柔軟なE3シェイプで一般的なアプリケーションに取り組めます。利用可能な中で最も強力なIntel、AMD、NVIDIAベースのベアメタルマシンを使用して、最高のパフォーマンスのワークロードを処理できます。

ネットワーキングと接続

オンライントランザクション処理(OLTP)、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、リアルタイムストリーミングなど、パフォーマンスに敏感なアプリケーションを対象とした、高速で高信頼性と安全性が確保されたネットワーキング。FastConnectによる施設への低コストプライベート接続。

ブロック、オブジェクト、ファイル、NVMeストレージ

クラウドベースのブロック、オブジェクト、ファイル、アーカイブ、ローカルNVMeストレージにより、あらゆるストレージのニーズに効率的に対応できます。データ転送アプライアンスで移行できます。

高性能、柔軟性、検証済み

強力なベアメタルハードウェア

Oracle Cloud VMware Solutionのベアメタルコンピューティングインスタンスは、お客様に156コアを提供します。これは、VMwareベースソリューションでは現在の市場で利用可能な最大のCPUコア数です。

高速仮想クラウドネットワーク

Oracle仮想クラウドネットワーク(VCN)は、従来のデータセンターネットワークと同様のカスタマイズ可能なプライベートネットワークを提供します。Oracle Cloud VMwareソリューション環境から、隣接するOracle Cloud Infrastructureクラウドサービスに簡単にアクセスできます。

柔軟な容量

大規模なVMwareの導入を3ノードから現在のVMwareの制限である64ホストに拡張して、成長に対応します。

Oracleによる設計、構築、サポート

VMware Cloudで検証済みです。VMwareエコシステムと互換性があります。

TIM Brasil社のロゴ

TIM Brasil、データセンターのワークロードをすべてクラウドに移行するためにOracleとMicrosoftを選択

“当社は、マルチクラウド戦略を使用して、ブラジルで最初にワークロードの100%をクラウドに移行したキャリアです。これには、顧客課金システム、CRM、VMwareをOracle Cloud Infrastructureに移行することが含まれます。オラクルは、技術進展において素晴らしいパートナーです。”
TIM Brasil、CEO、Pietro Labriola

Oracle Cloud Infrastructureパートナー・エコシステム

Oracle Cloud VMwareソリューション・エコシステムをご覧ください。

Oracle Cloud VMwareソリューションのユースケース

  • VMwareワークロードをクラウドに移行する

    実証済みのアーキテクチャとプロセスを損なうことなく、クラウドまたはハイブリッド環境を管理する単一の統合ビューを維持しながら、クラウドに移行できます。

    ソリューションハンドブックを読む

  • ネイティブVMwareツールによるハイブリッドクラウド

    vCenter、ESXi、vSAN、vMotionなどの使い慣れた管理および移行ツールを使用して、ハイブリッドクラウドによる容量と柔軟性を獲得できます。

    ハイブリッドクラウドソリューションハンドブックを見る

  • 事業継続性と災害復旧

    既存のインフラストラクチャをOracle Cloudの代替サイトにブリッジすることにより、vSphereでビジネスの継続性と災害復旧のための回復力を獲得できます。

    災害復旧ソリューションハンドブックを読む

Oracle VMware Cloud Solutionテクノロジー・センター

クラウドに移行
クラウドに移行

VMware環境のOCIへの移行の詳細を見る

ハイブリッド環境をデプロイする
ハイブリッド環境をデプロイする

Oracle VMware Cloudソリューションを使用して、オンプレミス環境とOCI間でワークロードを移行する

災害保護向けのVMwareソフトウェア定義データセンター
災害保護向けのVMwareソフトウェア定義データセンター(SDDC)

災害復旧向けのOracle Cloud VMwareソリューションを理解する

OCIにVMware SDDCをデプロイする
OCIにVMware SDDCをデプロイする

OCIにSDDCを準備およびデプロイする方法を見る

仮想マシンの柔軟性を最大限に高める
仮想マシンの柔軟性を最大限に高める

OCIでのVMのさまざまな導入オプションを検討する

多層アプリケーションスタックを展開する
多層アプリケーションスタックを展開する

フル制御を維持しながら、パブリッククラウドでVMwareワークロードを運用する

価格設定

Oracle Cloud VMwareソリューション*

コミットメント期間
ホストあたりの定価
1時間あたりの実質料金
オンデマンド(時間単位) 1時間あたり12.67ドル 1時間あたり12.67ドル
1か月のコミットメント 1か月あたり7,857ドル 1時間あたり10.56ドル
1年間のコミットメント 1年間で74,013ドル 1時間あたり8.45ドル
3年間のコミットメント 3年間で180,407ドル 1時間あたり6.86ドル
*ホストの仕様:Densel052;コア/ホスト:52;メモリ/ホスト(GiB):768;ストレージ:〜51 TiBの未加工ストレージ容量を備えたNVMe

VMwareクラウドとOracleに関するその他のリソース

Oracle Cloud VMwareソリューションを使い始める

VMwareをクラウドに移行する

VMwareとのハイブリッドクラウド

災害復旧とクラウドVMware

ここから始めよう


VMwareをOracle Cloudに接続する

本社やリモートブランチオフィスなどの1つ以上の物理的な場所をOracle Cloudでつなぎます。


VMwareのニーズをお聞かせください

VMwareとOracle Cloud Infrastructureについて詳しくお聞かせください。