該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

仮想マシン - Oracle Cloud Infrastructure

仮想マシン(VM)は、小規模な開発プロジェクトからリアルタイム通信プラットフォームなどの大規模なグローバル・アプリケーションに至るまでのワークロードに対して、クラウド内に安全かつ柔軟なコンピュート容量を提供します。新しいE3.Flexシェイプなど、さまざまなVMシェイプを利用できます。これにより、お客様は、ワークロード要件に合わせてコアの正確な数(最大64)と対応するメモリ(コアあたり最大64 GB)を指定できます。この機能により、事前定義されたサイズを選択する必要性に関する懸念が軽減されます。

Oracle Cloud Infrastructure

既存のオンプレミス・アプリケーション向けに、より高いパフォーマンス、一貫した低コスト、および簡単なクラウド移行を求める企業のために構築されています。

仮想マシンの主な機能

クラウドでの柔軟なコンピュート容量

オン・デマンドのスケーラブルなコンピュート・インスタンス

自動スケーリングによって、お客様はプール内のコンピュート・インスタンスの数を自動的に調整し、予期しない需要に対応したり、必要なリソースが少ない場合にコストを節約したりします。コンソール、コマンド・ライン・インターフェイス(CLI)、またはアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を介して、お客様に複数のアクセス方法を提供します。

VMシェイプによるきめ細かい柔軟性

柔軟なVMインスタンスによって、お客様は、既存のフットプリントにCPUとメモリを追加することにより、容量を数分で増減させることができます。お客様は、ワークロードの需要に正確に一致し、コストを最適化するために、1〜64コア、およびコアあたり1〜64 GB(インスタンスあたり最大1024 GB)の範囲で選択できます。

最適化されたVMシェイプの範囲から選択

VMのタイプと構成の範囲

ワークロードをインスタンス・タイプと照合して、最適なものを見つけます。

  • Standardインスタンス:1、2、4、8、16、24コアを選択
  • Flexインスタンス:1〜64コア、コアあたり1〜64 GB RAM、インスタンスあたり最大1024 GBの範囲で選択
  • Dense I / Oインスタンス:最大25.6 TBのNVMeローカル・ストレージを選択
  • GPUインスタンス:NVIDIA A100*、V100、およびP100 GPUから選択

*利用可能予定

IntelまたはAMDプロセッサを選択

ワークロードの需要に基づいて、必要なCPUアーキテクチャを利用します。

  • Intel XeonまたはAMD EPYCプロセッサ(最大64コア)で利用可能
  • 最大1024 GBのメモリ
  • 最大25.6 TBのローカルSSDストレージ
  • 最大1 PBのブロック・ストレージ

より優れたコスト・パフォーマンス

AWSよりも低コストで優れた経済性

Oracle Cloud Infrastructureの仮想マシンは、パフォーマンス、柔軟性、コストの面で最適化されています。オラクルのStandard2.4 VMインスタンスは、AWS r5.2xlargeインスタンスよりも49%安価です。

ブロック・ストレージの価格性能の利点

オラクルのブロック・ボリュームは、競合他社より57%低額の料金で、他社が提供する以上のパフォーマンスを実現します。オラクルの、世界中で一貫している分かりやすいクラウド・ストレージの料金設定には、標準のIOPS使用量に対するプロビジョニング料金がなく、費用を予測するための複雑な料金計算式を使用する必要もありません。

ネットワーク効率の向上

Oracle Cloudのネットワーク・インフラストラクチャは、高速かつ予測可能、料金も定額であるため、主要なクラウド・プロバイダーからのデータ出力料金を最小限に抑えることができます(無料分の10 TBを含む)。重要なデータ転送要件を持つお客様は、ネットワークのアウトバウンド・コストを80%以上も節約した8x8社のように、コストにおける相当の恩恵を受けることができます。

一貫したグローバル料金

コンピュート、ストレージ、データベース、およびインフラストラクチャの料金設定は世界中で一律であり、一部の地域では競合他社と比較して30%以上の節約を実現できます。

安全なクラウド・インフラストラクチャ

分離されたネットワーク仮想化

分離されたネットワーク仮想化により、顧客テナンシへの攻撃を防止します。Oracle Cloud Infrastructureのセキュリティを第一とするアーキテクチャの基本要素である設計により、ネットワークを分離して仮想化するカスタム設計されたSmartNICを使用してマルウェアを阻止します。

Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management

ユーザーとリソースの論理グループによって整理された、簡単に定義できるポリシーを使用して、Oracle Cloud Infrastructureリソースにアクセスできるユーザーとアクセスの種類を制御します。お客様は、既存の組織階層と、Microsoft、Okta、およびその他のSAMLディレクトリ・プロバイダーを含むフェデレーション・ディレクトリ・サービスを活用して、IDを管理し、アクセスを許可します。

信頼のハードウェア・ルート

新しいサーバーがプロビジョニングされたり新しい顧客テナンシが確立されたりするたびにファームウェアを消去して再インストールするように設計された、カスタムビルドでハードウェアベースの信頼のルート・テクノロジーを使用して、Oracle Cloud Infrastructure顧客テナントに対するファームウェアベースの攻撃リスクを軽減します。

Oracle Web Application Firewall

クラウドベースかつPCI準拠のグローバルWeb Application Firewall(WAF)サービスによって、悪意のある不要なインターネット・トラフィックからアプリケーションを保護します。このサービスは、脅威インテリジェンスと一貫したルールの適用を組み合わせることで防御を強化し、インターネットに接続されたアプリケーション・サーバーを保護します。

Oracle Cloud Infrastructure Vault

エンタープライズ・データの保護とリソースへのアクセスに使用される暗号化キーと秘密の資格情報の制御を一元的に管理および維持します。どちらのセキュリティも、連邦情報処理標準(FIPS)140-2、レベル3認定のハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)に保存されています。

ユーザーは、Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Managementを使用して個々のキーとVaultの権限をさらに制御できます。また、Oracle Auditを使用して主要なライフサイクルを監視し、強化されたコンプライアンス要件を満たすことができます。

オペレーティング・システムとアプリケーション・イメージの選択

人気のあるオペレーティング・システムから選択

オラクルでは、Microsoft Windows Serverオペレーティング・システムおよびエンタープライズLinuxオペレーティング・システム(Oracle Linux、CentOS、Ubuntuなど多数)の広範なリストをサポートしています。Oracle Autonomous Linuxは、コスト削減、セキュリティ、可用性の向上を実現できるように、複雑さと人的エラーを軽減する、自由な自律型操作環境です。

オラクルおよびパートナーでのディスク・イメージの開始

拡大するOracle PartnersのエコシステムからOracle Applicationsやサードパーティのビジネス・アプリケーション向けのイメージを簡単に見つけて開始できます。

Oracle Cloud Marketplaceを見る

BYOI(OSイメージ持ち込み)

お客様は、独自のオペレーティング・システムとハイパーバイザーをオラクルのコンピュート・インスタンスで実行でき、さまざまな構成サイズで同じイメージを使用できます。

マイクロサービスとコンテナ

Container Registry

コンテナを使用してアプリケーションを構築する開発者は、オラクルが管理する可用性の高いプライベート・コンテナ・レジストリ・サービスを活用して、コンテナ・イメージを保存および共有できます。Docker V2 APIおよび標準のDockerコマンド・ライン・インターフェイス(CLI)を使用して、レジストリとの間でDockerイメージをプッシュまたはプルします。イメージをKubernetesデプロイメントに直接プルできます。

Oracle Container Engine for Kubernetes

クラウドネイティブ・アプリケーションを構築する開発者は、マネージドKubernetesサービスを利用して、企業が必要とする制御とセキュリティを備えた高可用性クラスターを実行します。ユーザーは、Kubernetesの最新のアップデートを自動的に取得し、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)と足並みをそろえながら、クラスタ管理と管理オーバーヘッドを排除できます。

Oracle Functions

Functions as a Service(FaaS)を使用すると、開発者はOracle Cloud Infrastructure、Oracle Cloud Applications、およびサードパーティのサービスと統合されるサーバーレス・アプリケーションを実行できます。オープン・ソースFnプロジェクトのコミュニティとともに開発者の効率を改善します。

Oracle Cloud仮想マシンのユース・ケース

  • Oracle Applicationsの最適化

    Oracle Cloudは、E-Business Suite、JD Edwards、PeopleSoft、Siebel、Hyperionなどのオラクル・アプリケーション、および関連するカスタマイズと関連データベースの移行、プロビジョニング、管理ツールのスイートを提供して、お客様のクラウド移行をサポートします。自動化された移行およびプロビジョニング・ツールによって、主要なカスタマイズを維持しながら迅速な導入を促進します。

    オラクル・アプリケーションをOracle Cloudに移行

  • ISV向けの費用効果の高いプラットフォーム

    ISVは、AWSよりもパフォーマンスが高く、一貫してコストが低いことから、Oracle Cloudでアプリケーションを構築、導入、実行しています。オラクルのISVであるMcAfee ESM CloudはOracle Cloud Infrastructure上で動作することにより、リアルタイムのセキュリティを提供しています。また、毎秒最大500,000件のイベントを処理しながら75%のコスト削減を実現しています。

  • 包括的な管理とガバナンス

    アプリケーションとインフラストラクチャを監視および管理する際に必要であった人的作業を排除できます。Oracle Cloud管理およびガバナンス・サービスによってオンプレミス環境とOracle Cloud環境の管理を自動化し、ハイブリッド戦略およびマルチクラウド戦略をサポートします。

    管理とガバナンスの詳細を見る

  • リアルタイム・ビデオ・ストリーミング

    急速に増大するサービスの需要に対応するため、Zoom社は追加のクラウド容量を即座に必要としていました。Zoom社は、パフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性、および優れたクラウド・セキュリティにおける利点から、Oracle Cloud Infrastructureを選択しました。

    Zoom社がオラクルを選択した理由

  • Oracle Cloud Infrastructure Monitoring

    Oracle Cloud Infrastructure Monitoringは、組織がインフラストラクチャとアプリケーションのリソース使用率と稼働時間を最適化するのに役立ちます。このサービスにより、きめ細かい、すぐに使用できるメトリックとダッシュボードを提供して、DevOps、IT、およびサイト・リライアビリティ・エンジニア(SRE)が、発生した異常に対応するためのインサイトをリアルタイムで得られるようにします。

    Oracle Cloud Monitoringの詳細を見る

仮想マシンのお客様成功事例

さまざまな業界のお客様が、Oracle Cloud Infrastructureの仮想マシンで提供される分離、可視性、および制御を活用しています。

8x8社のロゴ
Alliance Data社のロゴ
Bandai Namco社のロゴ
Beeline社のロゴ
Darling Ingredients社のロゴ
Frozen Mountain社のロゴ
GridMarkets社のロゴ
Zoom社のロゴ
Zoom社のロゴ

前例のない成長に直面したZoomは、Oracle Cloud Infrastructureによって何百万ものユーザーをサポートしています。

2020年9月14日

利用できるようになりました:Oracle Maximum Security ZonesおよびSecurity Advisors

オラクル、グループ・プロダクト・マネージャ、Oracle Cloud Infrastructureセキュリティ製品、Chris Ries

Oracle Cloud Infrastructureチームは、次の2つの新機能を発表します。Oracle Maximum Security ZonesおよびOracle Security AdvisorsがOracle Cloud Infrastructureに導入できるようになりました。これらの2つの新機能は補完的な機能であり、Oracle Cloud Infrastructureの他の組み込みセキュリティ機能とともに、クラウド・インフラストラクチャを安全かつ簡単に構築できるようにします。これらの機能により、セキュリティの責任の多くをお客様からクラウド・プロバイダーに移行することができます。

全文を読む

ここから始めよう


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入します。一度サインアップすると、2つの無料オファーにアクセスできます。


Oracle Cloud Infrastructureプラットフォームの概要

パフォーマンス重視のエンタープライズ・アプリケーションのコストを削減しながら、パフォーマンスとセキュリティを向上させます。


Oracle Cloud Infrastructureのクラウド・トレーニング

Oracle Cloud Infrastructureトレーニングビデオ、セルフペース・ラーニング・ラボ、認定などのクラウド・トレーニング・リソースをご覧ください。


Oracle Cloud Infrastructureの詳細を見る

Oracle Cloud Infrastructureは、パブリック・クラウドの伸縮性および利便性と、オンプレミス・コンピューティング環境のコントロール、セキュリティ、パフォーマンス、予測可能性を兼ね備えています。