VMのクラウド移行

Oracle Cloud Migrationsにより、仮想マシンをOracle Cloud Infrastructure (OCI) Computeインスタンスに移行できます。これにより、手動の移行タスクをなくすことができ、アセットの検出と移行の計画と実行におけるエラーを最終的に削減できます。

仮想マシンのクラウド移行の仕組み


Cloud Migrationsの流れの図(下に詳細説明)
図は5つの段階を表しています: 接続と発見、インベントリの構築、評価と計画、レプリケート、そして最後に起動です。接続および検出のフェーズ。ステップ1: リモート・エージェント・アプライアンスをインストールします。ステップ2: Oracle Cloud Migrationsに登録し、メタデータおよびメトリックがインベントリに送信されるアセットを検出します。インベントリ構築のフェーズ。ステップ3: 用途別または事業別にアセットに注釈を付けてグループ化します。ステップ4: アセットを分析し、プロジェクトのスコープを設定します。評価および計画のフェーズ。ステップ5: Oracle Cloud Migrationsが、メトリックの分析、互換性の評価、シェイプの推奨を行い、コスト見積りを提供します。ステップ6: 推奨事項を評価し、リモート・アセットをターゲットOCIリソースにマップします。レプリケーションのフェーズ。ステップ7: フル・スナップショットまたは増分スナップショットが取得され、ソース環境からOCI Object Storageにアップロードされてから、OCI Block Volumesに変換されます。ローンチのフェーズ。ステップ8: 実行計画はTerraformコードとして生成されます。ステップ9: OCI Resource Managerを使用して、移行されたアセットをデプロイおよび起動します。

2022年10月6日

Oracle Cloud Migrationsのご紹介

Ops、プロダクト・マネジメント担当ディレクター、Stephen Cross

オンプレミス環境や他のクラウドからOracle Cloud Infrastructure(OCI)への仮想マシン(VM)の移行をネイティブでサポートし、ワークロード移行のための移行ツールやサービスの範囲を拡大する「Oracle Cloud Migrations」サービスの提供を開始したことをお知らせします。

Oracle Playbookシリーズ

人材、プロセス、システム戦略の秘訣をまとめました。そして、それを皆さんにお伝えできればと考えています。

ここから始めよう

20を超えるAlways Freeクラウド・サービスを試し、30日間トライアルでさらに試してみる

オラクルは、Oracle Autonomous Database、Arm Compute、ストレージなどの一部のサービスについて時間制限のない無償枠を設けています。また、その他のクラウド・サービスをお試しいただくために300米ドル分の無償クレジットもご用意しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierの内容

    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • AMDおよびArm Compute VM
    • 200GBの合計ブロック・ストレージ
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ
    • 10TBのアウトバウンド・データ転送/月
    • 10以上のAlways Freeサービス
    • 300ドルの無料クレジットが30日間提供

営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • OCIで最適に動作するワークロードは何ですか?
    • オラクルへの投資全体を最大限に活用するには、どうすればよいですか?
    • OCIは、他のクラウド・コンピューティング・プロバイダーと比較して、どうですか?
    • OCIはIaaSPaaSの目標をどのようにサポートできますか?