申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Bare Metalサーバー

オラクルのベア・メタル・サーバーは、お客様に専用サーバーの分離、可視化、コントロールを提供します。サーバーは、多数のコア、大量のメモリ、および高帯域幅を必要とするアプリケーションをサポートします。最大128コア(業界最大)、2 TBのRAM、および最大1 PBのブロック・ストレージにスケールアップできます。

OracleはArmベースのプロセッサのパワーを引き出す

Oracleの革命的なArmベースのコンピュート・サービスであるOCI Ampere A1 ComputeがOracle Cloud Infrastructure (OCI)で使用できるようになりました。顧客は、クラウド・ネイティブで汎用的なワークロードをArmベースのインスタンス上で実行でき、価格性能の大幅な利点を享受できます。

AMDプロセッサベースのサーバーで計画と運用を簡素化

コンピュート・インスタンスのE4ファミリには、128個のOCPUと2 TBのメモリを備えた業界最大のベアメタルオプションが含まれています。ほとんどのエンタープライズ・アプリケーションは、単一のAMDベースのコンピュート・インスタンスで実行できます。

ベア・メタル・サーバーの主要な機能

フル制御された専用クラウド・コンピューティング

クラウド・スタック全体を完全に制御

ベアメタル・サーバーを使用すると、お客様は、オンプレミスと同様に、専用のサーバー・ハードウェア上で、高性能でレイテンシに敏感な、特殊かつ従来のワークロードを直接実行できます。ベアメタル・インスタンスは、仮想化されていない環境で実行する必要があるワークロードに最適です。

エージェントやハイパーバイザーは不要

他のクラウド・プロバイダーはエージェントと追加ソフトウェアをインストールしますが、オラクルではベアメタル・マシンにソフトウェアをインストールしません。その結果、お客様は、アプリケーションの呼び出しに応答して一貫性を提供する環境内で、セキュリティとパフォーマンスを向上させることができます。

テナンシー内で保護

ベアメタル・インスタンスは、安全な仮想クラウド・ネットワーク(VCN)内で管理され、お客様はデフォルトでセキュリティ、分離、およびガバナンス機能を利用できます。ネットワーキングは、隣接するOracle Cloud Infrastructureサービスにアクセスするために簡単に拡張できます。

要求の厳しいワークロードのパフォーマンスとスケーラビリティ

パフォーマンスを考慮した設計

お客様は、仮想化のオーバーヘッドなしに最新世代のハードウェアを活用し、最も要求の厳しいワークロードに対して高レベルのパフォーマンスを実現します。オールフラッシュ・ローカル・ストレージと隣接する高性能ブロック・ストレージは、IOPSを多用するワークロードに理想的なプラットフォームを提供します。

高性能コンピューティング(HPC)ワークロードに最適

Oracle Cloud Infrastructure HPCプラットフォームには、ベアメタル・コンピュート・インスタンス、リモート・ダイレクト・メモリ・アクセス(RDMA)over Converged Ethernet(RoCE)に基づく低レイテンシ・クラスター・ネットワーク、高性能ストレージ・ソリューションとファイル・システム、ネットワーク・トラフィックの分離、およびお客様がクラウド内でジョブを自動化して実行する必要のある各種ツールが含まれます。

「うるさい隣人」に悩まされることはありません

レイヤー2ネットワーク仮想化による分離の結果、お客様のワークロードが他のお客様の活動の影響を受けることはありません。コンピュート、ネットワーキング、またはストレージ・リソースをオーバーサブスクライブしないという事実と相まって、お客様はベアメタル・サーバー全体から最大のパフォーマンスを期待できます。

さまざまなワークロード向けに設計されたサーバー

最適な構成の選択

ワークロードを正しいインスタンス・タイプと照合して、最適なものを見つけます。

  • 標準インスタンス:ブロック・ボリュームまたはオブジェクト・ストレージとペアリングして、ストレージの永続性を取得し、従来のアプリケーション・ニーズを満たします。
  • Dense I/O instances: ローカルNVMe(Non-Volatile Memory express)ストレージが提供する速度、パフォーマンス、およびスループットの利点を実現します。
  • HPC instances: 最も要求の厳しいワークロードにRDMAクラスター・ネットワーキングを利用します。
  • GPU instances: ベアメタルGPUは、機械学習やデータ・テレメトリ分析などの高度なアルゴリズムを実行する要求の厳しいアプリケーションに対して、高性能を発揮します。
  • 最適化されたインスタンス: 高いCPUパフォーマンスおよび低レイテンシを必要とする、コンピュート集中型の高パフォーマンス・コンピューティング・ワークロードを実行します。
Intel、AMD、またはAmpereプロセッサを選択

業界リーダーのプロセッサは、ワークロードのニーズに基づいて最適なパフォーマンスを提供します。

  • デュアル・ソケット・サーバー内のAmpere Altra 3.0GHzプロセッサの160コア
  • Intel Xeon上に最大52コア
  • AMD EPYCプロセッサに64または128コア
  • 最大2,048 GBのRAM
  • 最大1 PBのブロック・ストレージ
  • StandardおよびDense I / Oインスタンス用の2 x 50 Gbpsネットワーク・インターフェイス

最適なコストとパフォーマンス

ネットワーク効率の向上

Oracle Cloudのネットワーク・インフラストラクチャは、高速かつ予測可能、料金も定額であるため、主要なクラウド・プロバイダーからのデータ出力料金を最小限に抑えることができます(無料分の10 TBを含む)。重要なデータ転送要件を持つお客様にとっては、これにより大きなコスト上の利点があります。

ブロック・ストレージの価格性能の利点

オラクルの、世界中で一貫している分かりやすいクラウド・ストレージの料金設定には、標準のIOPS使用量に対するプロビジョニング料金がなく、費用を予測するための複雑な料金計算式を使用することもありません。

一貫したグローバル料金

コンピュート、ストレージ、データベースおよびインフラの価格は、世界各地で同じです。

安全なクラウド・インフラストラクチャ

分離されたネットワーク仮想化

分離されたネットワーク仮想化により、顧客テナンシへの攻撃を防止します。Oracle Cloud Infrastructureのセキュリティを第一とするアーキテクチャの基本要素である設計により、ネットワークを分離して仮想化するカスタム設計されたSmartNICを使用してマルウェアを阻止します。

Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management

ユーザーとリソースの論理グループによって整理された、簡単に定義できるポリシーを使用して、Oracle Cloud Infrastructureリソースにアクセスできるユーザーとアクセスの種類を制御します。お客様は、既存の組織階層と、Microsoft、Okta、およびその他のSAMLディレクトリ・プロバイダーを含むフェデレーション・ディレクトリ・サービスを活用して、IDを管理し、アクセスを許可します。

信頼のハードウェア・ルート

新しいサーバーがプロビジョニングされたり新しい顧客テナンシが確立されたりするたびにファームウェアを消去して再インストールするように設計された、カスタムビルドでハードウェアベースの信頼のルート・テクノロジーを使用して、Oracle Cloud Infrastructure顧客テナントに対するファームウェアベースの攻撃リスクを軽減します。

Oracle Web Application Firewall

クラウドベースかつPCI準拠のグローバルWeb Application Firewall(WAF)サービスによって、悪意のある不要なインターネット・トラフィックからアプリケーションを保護します。このサービスは、脅威インテリジェンスと一貫したルールの適用を組み合わせることで防御を強化し、インターネットに接続されたアプリケーション・サーバーを保護します。

Oracle Cloud Infrastructure Vault

エンタープライズ・データの保護とリソースへのアクセスに使用される暗号化キーと秘密の資格情報の制御を一元的に管理および維持します。どちらのセキュリティも、連邦情報処理標準(FIPS)140-2、レベル3認定のハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)に保存されています。

ユーザーは、Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Managementを使用して個々のキーとVaultの権限をさらに制御できます。また、Oracle Auditを使用して主要なライフサイクルを監視し、強化されたコンプライアンス要件を満たすことができます。

オペレーティング・システムとアプリケーション・イメージの選択

人気のあるオペレーティング・システムから選択

オラクルでは、Microsoft Windows Serverオペレーティング・システムおよびエンタープライズLinuxオペレーティング・システム(Oracle Linux、CentOS、Ubuntuなど多数)の広範なリストをサポートしています。Oracle Autonomous Linuxは、コスト削減、セキュリティ、可用性の向上を実現できるように、複雑さと人的エラーを軽減する、自由な自律型操作環境です。

オラクルおよびパートナーでのディスク・イメージの開始

拡大するOracle PartnersのエコシステムからOracle Applicationsやサードパーティのビジネス・アプリケーション向けのイメージを簡単に見つけて開始できます。

Oracle Cloud Marketplaceの詳細

BYOI(OSイメージ持ち込み)

お客様は、独自のオペレーティング・システムとハイパーバイザーをオラクルのコンピュート・インスタンスで実行でき、さまざまな構成サイズで同じイメージを使用できます。

マイクロサービスとコンテナ

コンテナ・レジストリ

コンテナを使用してアプリケーションを構築する開発者は、オラクルが管理する可用性の高いプライベート・コンテナ・ レジストリ・サービスを活用して、コンテナ・イメージを保存および共有できます。Docker V2 APIおよび標準のDockerコマンド・ライン・インターフェイス(CLI)を使用して、レジストリとの間でDockerイメージをプッシュまたはプルします。イメージをKubernetesデプロイメントに直接プルできます。

Oracle Container Engine for Kubernetes

クラウドネイティブ・アプリケーションを構築する開発者は、マネージドKubernetesサービスを利用して、企業が必要とする制御とセキュリティを備えた高可用性クラスターを実行します。ユーザーは、Kubernetesの最新のアップデートを自動的に取得し、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)と足並みをそろえながら、クラスタ管理と管理オーバーヘッドを排除できます。

Oracle Functions

Functions as a Service(FaaS)を使用すると、開発者はOracle Cloud Infrastructure、Oracle Cloud Applications、およびサードパーティのサービスと統合されるサーバーレス・アプリケーションを実行できます。オープン・ソースFnプロジェクトのコミュニティとともに開発者の効率を改善します。

ベアメタルのユース・ケースと利点

  • ISV向けの費用効果の高いプラットフォーム

    ISVは高パフォーマンスにより、アプリケーションをOracle Cloud上で構築、デプロイおよび実行することができます。最先端の設計アプリケーションのリーダーであるAltairは、OCIの高パフォーマンス・コンピュート・インスタンスを使用して、ソフトウェアの開発と実行を迅速化します。

    AltairのOCI事例を読む

  • Oracle Applicationsの最適化

    Oracle Cloudは、E-Business Suite、JD Edwards、PeopleSoft、Siebel、Hyperionなどのオラクル・アプリケーション、および関連するカスタマイズと関連データベースの移行、プロビジョニング、管理ツールのスイートを提供して、お客様のクラウド移行をサポートします。自動化された移行およびプロビジョニング・ツールによって、主要なカスタマイズを維持しながら迅速な導入を促進します。

    セブン-イレブンがOCIをどのように利用しているかを探る

  • 包括的な管理とガバナンス

    アプリケーションとインフラストラクチャを監視および管理する際に必要であった人的作業を排除できます。Oracle Cloud管理およびガバナンス・サービスによってオンプレミス環境とOracle Cloud環境の管理を自動化し、ハイブリッド戦略およびマルチクラウド戦略をサポートします。

    管理とガバナンスの詳細を見る

  • リアルタイム・ビデオ・ストリーミング

    急速に増大するサービスの需要に対応するため、Zoom社は追加のクラウド容量を即座に必要としていました。Zoom社は、パフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性、および優れたクラウド・セキュリティにおける利点から、Oracle Cloud Infrastructureを選択しました。

    Zoom社がオラクルを選択した理由

  • Oracle Cloud Infrastructure Monitoring

    Oracle Cloud Infrastructure Monitoringは、組織がインフラストラクチャとアプリケーションのリソース使用率と稼働時間を最適化するのに役立ちます。このサービスにより、きめ細かい、すぐに使用できるメトリックとダッシュボードを提供して、DevOps、IT、およびサイト・リライアビリティ・エンジニア(SRE)が、発生した異常に対応するためのインサイトをリアルタイムで得られるようにします。

    Oracle Cloud Monitoringの詳細を見る

ベアメタルのお客様成功事例

さまざまな業界のお客様が、Oracle Cloud Infrastructureのベアメタル・サーバーで提供される分離、可視性、および制御を活用しています。

Altairのロゴ
Cisco Tetrationのロゴ
日産のロゴ
Optimaのロゴ
7-Eleven logo
YellowDogのロゴ
2021年4月6日

第3世代のIntel Xeon Ice Lakeプロセッサによりコンピュート・インスタンスを発表

オラクル、バイス・プレジデント、Karan Batta

当社のコア・テネットは常に最高の価格性能であり、オンプレミスでのメリットを享受できるとともに、パブリック・クラウドの柔軟性をお客様に提供します。この目標は、昨年9月に、Intelの3世代のXeonスケーラブル・プロセッサ(Ice Lake)に基づくインスタンスを含む、コンピュート・ハードウェア・インスタンスのロードマップを発表した際に明らかでした。

全文を読む

ベアメタル・サーバーを使ってみよう


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入します。一度サインアップすると、2つの無料オファーにアクセスできます。


Oracle Cloud Infrastructureプラットフォームの概要

パフォーマンス重視のエンタープライズ・アプリケーションのコストを削減しながら、パフォーマンスとセキュリティを向上させます。


クラウド・トレーニング - Oracle Cloud Infrastructure

Oracle Cloud Infrastructureトレーニングビデオ、セルフペース・ラーニング・ラボ、認定などのクラウド・トレーニング・リソースをご覧ください。


Oracle Cloud Infrastructureの詳細を見る

Oracle Cloud Infrastructureは、パブリック・クラウドの伸縮性および利便性と、オンプレミス・コンピューティング環境のコントロール、セキュリティ、パフォーマンス、予測可能性を兼ね備えています。